エポスカードなら海外旅行傷害保険が自動付帯!補償内容・金額などを徹底解説

エポスカードには、海外旅行傷害保険が付帯しています。海外旅行時にトラブルがあっても、補償を受けられるので、安心して海外旅行を楽しむことができます。補償内容やグレードごとの補償金額などを理解しておくと、トラブル時に困らずに保険を利用できるようになります。本記事では、エポスカードの海外旅行傷害保険について、補償内容や補償金額、注意点などを詳しく解説していきます。

<h2>エポスカードは通常カードから海外旅行傷害保険が自動付帯</h2>

クレジットカードの海外旅行傷害保険には、利用付帯と自動付帯の2種類があります。利用付帯はクレジットカードの利用が保険を適用する条件になっています。一方、自動付帯はクレジットカードを利用しなくても持っているだけで補償を受けられます。

エポスカードは、グレードに関わらず、海外旅行傷害保険が自動付帯しています。エポスカードを持っているだけで補償を受けられるので、安心して海外旅行を楽しめます。ゴールドやプラチナでなくても自動付帯なのはうれしいポイントです。

<h2>エポスカードの海外旅行傷害保険の補償内容・金額</h2>

エポスカードの海外旅行傷害保険は、海外旅行時の傷害や疾病、携行品損害などについて補償を受けられます。通常カードからゴールド、プラチナとグレードが上がっていくと、補償金額や範囲が広がっていくので、グレードごとに補償内容・金額をまとめた下記の表を確認しておきましょう。

エポスカード エポスカードゴールド エポスカードプラチナ
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高1,000万円 本人:最高1億円

家族:最高2,000万円

傷害治療費用 200万円 300万円 本人:300万円

家族:200万円

疾病治療費用 270万円 300万円 本人:300万円

家族:200万円

賠償責任 2,000万円 2,000万円 本人・家族:1億円
救援者費用 100万円 100万円 本人・家族:200万円
携行品損害 20万円 20万円 本人・家族:100万円
航空機遅延費用等 本人・家族:2万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 本人・家族:10万円

<h2>エポスカードにはほかにも海外旅行サポートが充実</h2>

エポスカードの旅行サポートは、海外旅行傷害保険だけではありません。海外で困ったときに利用できる窓口が充実しているので、万が一のトラブルに心強いです。主な海外旅行サポートをご紹介します。

<h3>エポスカード海外旅行保険事故受付センターが出発前・帰国後の窓口に</h3>

保険についての問い合わせは、エポスカード海外旅行保険事故受付センターが対応しています。出発前に保険内容を確認しておきたい、補償を請求したいといったときの窓口になるので、海外旅行に行く際は必ず電話番号を控えておきましょう。

エポスカード海外旅行保険事故受付センター 0120-11-0101

<h3>緊急医療アシスタンスサービスで安心</h3>

海外旅行時にケガや病気に見舞われると、言葉が通じずに困ることが多いです。エポスカードであれば、緊急医療アシスタンスサービスによって、日本語でサービスを受けられます、医師・医療施設の紹介や遺体の移送、救援者の渡航などを案内・手配してくれるので、思いがけないトラブルでも手厚いサポートで状況に対応できます。

<h2>エポスカードの海外旅行傷害保険を利用する際の注意点</h2>

エポスカードでの海外旅行傷害保険を利用する際には、いくつかの注意点があります。補償を受けられない場合もあるので、注意点を理解した上で、海外旅行傷害保険を活用しましょう。

<h3>事故内容によって必要書類が異なる</h3>

保険の適用を受けるためには、必要書類をそろえなくてはいけません。補償内容共通ではなく、内容によって必要書類が異なります。医師の診断書や死亡診断書、損害額を証明する書類などが補償内容によって異なるので、エポスカードのWebページを参考に必要書類をそろえて申請しましょう。

<h3>他にも海外旅行傷害保険付きのカードを持っている場合の取り扱い</h3>

エポスカード以外にも、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードはあります。もし海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを複数持っていたら、傷害死亡・後遺障害については、合算されず、補償金額の高いクレジットカードの保険が適用されます。その他の補償内容においては、複数のカードの補償金額を合算した上で補償を受けられます。

<h3>補償を受けられない場合もある</h3>

ケガや疾病などの状況によっては、補償を受けられない場合があります。主な例には、山岳登はんやアクティビティなど危険を伴う運動によるケガ、歯科疾病、妊娠に起因する病気など含まれます。武力行使や放射線汚染などほとんどあり得ない条件もありますが、念のため海外旅行前に確認しておきましょう。

<h2>まとめ</h2>

エポスカードには、通常カードからプラチナカードまですべてに自動付帯で海外旅行傷害保険が付いています。プラチナになると、最大1億円の補償、家族も適用されるなどより手厚いサポートを受けられます。日本語サポートや問い合わせ窓口も設置されているので、海外旅行で困ったことがあれば相談を行いましょう。エポスカードの海外旅行傷害保険を活用して、万が一のトラブルに備えて安心して海外旅行を楽しみましょう。