公共料金支払いでポイントGET!賢くクレカを利用しよう

まだまだ見通しが不明な国内の景気。
どうせ同じ金額を支払うのであれば、1円でも得をしたいという方、公共料金をクレジットカードで支払うことを検討してみてはいかがでしょうか?

今回、クレジットカードで日々の生活に必須な公共料金を支払うメリットと注意点をまとめました。是非、ご参考ください。

公共料金・NHKもクレカで払おう

電気やガス、水道、NHK料金などの使用料もクレジットカードで支払いすることが可能です。支払い方法で選択できるのは、「現金・口座振替・クレジットカード」の3種類です。

例えば東京ガスの場合、口座振替では月額55円、年間で660円の割引を受けることができます。しかし、東京ガス以外のガス会社の場合は割引がありませんので、クレカ支払いにしてポイントを受け取った方が得になります。

ただし、支払うカードの還元率や利用料金によっては、口座振替の割引を受けた方がお得なパターンもありますのでご注意下さい。

年間ポイントはかなりの額に

家族が多い場合は公共料金の支払い額も多くなりますので、その分、クレジットカードのポイント還元率も高くなります。

例えば、4人家族でひと月にかかる光熱費は平均月22,000円という統計が出ています。還元率1%のクレカ払いにすることでポイントが月220円、年間ですと2,640円となります。10年ですと26,400円、20年で5万円以上もお得になります。

私達の生活を支える公共料金は、必ず支払うものですので塵も積もればかなりの金額になりますね。特に、現金払いですと割引がありませんので、よりお得感が増します。

クレカで支払う注意点は?

最後に、公共料金をクレジットカードで支払う注意点ですが、前述しましたようにクレカ払いが必ずしもお得になる訳ではありません。

1人暮らしやガス・水道・光熱費の支払いが極端に低い方は、口座振替の割引を選択した方がお得な場合もあります。割引情報は、各会社のホームページでも確認できます。

契約会社で、口座振替の割引が無い場合や支払う金額がそれなりに多い方(目安は1万円前後)は、是非クレカ支払いを検討してみるのも良いかもしれません。