思い出せない…クレカの暗証番号を忘れた時にやるべき事

皆さんはクレジットカードの暗証番号、きちんと覚えていますか?
コンビニやスーパーで利用するときなど、暗証番号やサインも不要な場合が多いです。その為、久しぶりにお店で「暗証番号を入力して下さい」と言われて焦ってしまったことはありませんか?

実際に、暗証番号を忘れてしまったとき、どういった対応をするのがベストなのでしょうか?
分かりやすくまとめてみましたので、是非、ご参考下さい。

暗証番号がどうしても思い出せない!

クレジットカードの暗証番号は、裏面に記載されている3桁のセキュリティコードとは違い、カードを新規申込み時に自分で設定する4桁の番号です。

ちなみに筆者は定期券の購入時と、d払いのアプリにdカードを登録しようとしたときにセキュリティの問題でクレカの暗証番号が必要になりました。普段、暗証番号は使っていなかったのでかなり焦った記憶があります。

さらにカードによっては複数回間違えると、ロックがかかりその後、利用不可となってしまいます。ロックが何回でかかるのかは、カード会社によって異なり正常に戻す方法もそれぞれ異なります。大体3回以上でロックがかかるパターンが多いようです。

買い物はサインで対応

実はクレジットカードの暗証番号は実店舗であれば手書きのサインで代用できることがほとんどです。ただし、券売機やWEB上で必要になった場合は、当然サインでは代用できません。

暗証番号を求められても店舗によっては、「忘れました」と伝えるとサインでもOKしてくれる場合も多いです。前述したように暗証番号は複数回間違えるとロックがかかってしまい、解除にはカード会社への連絡や手続きが必要になります。「もしかしてこの番号かな?」と異なる番号を、何度も試すよりはサインで対応してもらえるか聞いた方が効率的です。

人によっては「暗証番号を覗かれるかも知れないから……」という理由で、常にサインで買い物をする人もいますので、気後れせずにお店の方に確認しましょう。

カード会社に照会しよう

暗証番号が分からなくても困らない場合がありますが、やはりいざという時に使えなくなるのは困ってしまいます。
お持ちのクレジットカードの暗証番号が分からない場合は、速やかにカード会社に照会を行うようにしましょう。

照会方法はカード会社によって異なりますが、JCBなどはWEB上で、「WEB会員専用のパスワード 」「カード有効期限 」「セキュリティコード」の3点が分かれば暗証番号を紹介することも可能です。

通常の手続きですと、電話かWEBで暗証番号照会手続きを行い1週間~2週間で自宅に郵送される流れになります。

上記のように、暗証番号の紹介は以外と時間がかかるので、今すぐ必要としていなくても時間に余裕があるときに、照会を行い暗証番号はきちんと管理しておくことをおすすめします。同様に住所や電話番号の変更、結婚で苗字が変わった場合も速やかに変更を行いましょう。

実際、筆者はdカードの暗証番号照会をしたところ、住所が実家のままだったことが判明し通常よりも時間がかかってしまいました。