留守中に配達員が!?クレジットカードを受け取れなかった場合の対処法

クレジットカードを受け取れなかった場合の対処法

意を決して申し込み、審査も無事通ったクレジットカード。

あとは受け取るだけ。そう思っていたら、留守にしていたり用事の関係で受け取れなかったということもあると思います。

仕事、学校、買い物、友人との約束、旅行などさまざまな理由があるでしょう。はたまた、お昼寝している間に宅配業者が来てしまったという方もいらっしゃるでしょう。

今回はそのようにクレジットカードを受け取れなかった方に向けて、その対処法を解説していきます。

クレジットカードを受け取れなかった場合の対処法を紹介

クレジットカードを受け取れなかった場合の対処法を紹介

受け取れなかったといっても、人それぞれ状況は異なります。

1番大切なポイントは初回配達日がいつだったかということです。そして、再配達期間はいつまでかということ。

今のご自身の状況をしっかり整理した上で、対処していきましょう。

最も気を付けたいことは、クレジットカードの再配達期間を過ぎ、カード会社の保管期間も過ぎた場合です。そのような場合、カード会社の「社内ブラック」になってしまうことです。社内ブラックの情報は個人信用情報機関には登録されませんが、カード会社のグループ会社にも共有されることはあるようです。

将来、新しいクレジットカードを作ろうと思っても、受け取らなかったことが原因で審査に通過できないかもしれません。

そのような事態をさけるためにも、きちんと受け取るようにしましょう。

気づいたら再配達の申し込みを業者にする

気づいたら再配達の申し込みを業者にする

配達があったことに気づくのは、大半が不在票が投函されていたときです。

MEMO
不在票を見たら、すぐに記載されている方法で配送業者に再配達を申し込みましょう。当然ですが、あなたが受け取れる日時を指定しましょう。

配送業者での保管期間は、配送業者によって異なります。

【佐川急便「受取人確認サポート」】

  • 通常の保管期間は初回配達日から7日間(1週間)です。
  • 再配達依頼を行えば、7日延長され、14日間(2週間)まで保管されます。
  • 再配達依頼を初回配達日から7日以内に行わなければ、7日で返送されます。

【日本郵便「本人限定受取郵便」「簡易書留」】

  • 通常の保管期間は初回配達日から7日間(1週間)です。
  • 延長申請を行えば、3日延長され、10日間まで保管されます。
  • 再配達依頼を初回配達日から7日以内に行わなければ、7日で返送されます。

2014年に佐川急便は通常の保管期間を2週間から1週間に短縮しました。そのため、今後も各配送業者の保管期間は変更される可能性があります。不在票が手元にある場合はそちらを必ず確認しましょう。

また、郵便局には「転居・転送サービス」がありますが、クレジットカードの受け取りには利用できないので注意しましょう。

再配達期間を過ぎたらクレジットカード業者に再発送依頼

再配達期間を過ぎたらクレジットカード業者に再発送依頼

再配達期間を過ぎると、クレジットカードは発送元であるクレジットカード会社に返送されます。返送されてしまうと、配送業者による再配達依頼を行うことはできません。

クレジットカード会社にカードが到着した後は、一定期間はカード会社で保管されます。保管期間内に発行元のクレジットカード会社に再発送依頼を行うことができれば、改めて発送作業が行われます。

注意
クレジットカード会社によって保管期間は異なり、平均するとおよそ1か月程度です。

保管期間内に連絡をしなかった場合は、クレジットカードを廃棄されてしまいます。

カード会社によっては、連絡がなくとも再発送を行うことがあるようですが、やはり気づいた時点で連絡を行うことが何よりも大切です。

廃棄が確定していたら再申し込みをするしかない

MEMO
カード会社でクレジットカードの廃棄が決まった後に連絡をしても、そのクレジットカードはもう存在しないので改めて発送を行うことはできません。

その場合、カード会社の判断によりますが、再発行か再申し込みの手続きを行うようになります。どちらになるかは私たちでは判断できませんので、クレジットカード会社に問い合わせをして確認しましょう。

クレジットカード会社としても、できる限り自社のクレジットカードを利用してもらいたいところです。そのため、受け取れなかった事情をきちんと説明して、次回は受け取りができるように相談をしましょう。

受け取れるときに受け取ればいい」という考え方では、クレジットカード会社にも配送業者にも迷惑をかけ、印象が悪くなります。時間指定などをした場合には、その時間には在宅するように努めましょう。

再配達や再発送に間に合わない場合は業者を自分で訪れるのも手

再配達や再発送に間に合わない場合は業者を自分で訪れるのも手

再配達の時間指定はピンポイントの時間で指定できるものではありません。

日本郵便は以下のように再配達の時間指定が可能です。

  • 午前:8時~12時頃
  • 午後(1):12時~14時頃
  • 午後(2):14時~16時頃
  • 夕方:16時~18時頃
  • 夜間(1):18時~20時頃
  • 夜間(2):19時~21時頃

佐川急便は以下のように再配達の時間指定が可能です。

  • 午前中(8時~12時)
  • 12時~14時
  • 14時~16時
  • 16時~18時
  • 18時~20時
  • 18時~21時
  • 19時~21時

このように最低でも2時間ほど在宅可能時間を作らなければなりません。

MEMO

どうしても予定の関係でそのような時間を作ることが難しい場合があると思います。そのような場合は、荷物が保管されている配送業者の営業所で受け取るよう連絡を行い、受け取りに訪れましょう。

再発送の場合も同様です。クレジットカード会社に連絡を行い、発送場所が自分の行動範囲であれば、受け取りに行くことを相談してみるのも一つの手だと思います。

まとめ

クレジットカードを受け取れなかった場合の対処法のまとめ

受け取りの時間を作るのも大変なくらい忙しいこともあると思います。

そのようなときでも焦らず落ち着いて行動しましょう。

まずは再配達期間などの情報を整理して、配送業者やクレジットカード会社にすぐに連絡しましょう。もし、不在票も届いてなく、あまりにも届くのが遅いと感じる場合にはクレジットカード会社に連絡をし、審査結果や発送状況などの確認を行ってください。

無事、念願のクレジットカードを受け取れることを願っています!