Amazonユーザー必見です!Amazonの買い物をオトクにするクレカベスト4!

Amazonでオトクなショッピング!クレジットカード選びを怠ることなかれ!

「amazon logo」の画像検索結果

突然ですが、みなさんはネット通販を利用することはどれくらいありますか?
たまに使う程度の人、月1程度で買う人、日常レベルで頻繁に使う人、様々な利用ペースの方々がいると思います。
どんな利用ペースであれ、楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonなどの有名通販サイトならば、1度は使ったことがあるのではないでしょうか?
今回はその中でも、最も世界的に販売スケールの大きいAmazonのオトクなショッピング法についてお教えいたします。
Amazonでのショッピングをお得にする方法……そのヒミツは「支払い方法」をどれだけ賢く選択できるかにあります。
Amazonでの支払いは主に3種類用意されています。

まず1つ目は、「代引き支払い」

配送業者に代金引換を依頼し、荷物の受け取りの際に支払いをします。
Amazonへの直接の支払いではないため、配送業者への手数料が発生します。

そして2つ目は、「コンビニ支払い」

指定のコンビニの店頭設置端末を利用し、バーコードを発券したのちレジで支払いをします。
コンビニや支払い方法によってはこちらも手数料が発生します。

して3つ目が「クレジットカード支払い」

支払い時にクレジットカード番号とセキュリティコードを入力することで、ネット上で処理を済ませることができます。手数料が発生することは、特殊な場合を除いてありません。
この3つのうち、ずばりオトクなのは「クレジットカード支払い」です。
「まぁ、手数料も発生しないし、そりゃそうでしょ」
と思われる方もいるかもしれません。それはそれで正解です。
しかしながら、クレジットカード支払いがオトクな本当の理由は、「手数料がいらない」以上のメリットがあるからです。
それは「クレジットカードの種類によってはショッピングでお金に還元できるポイントが付与される
という点にあります。ここ重要です。
しかも、やみくもにクレジットカードを使えばいいというわけではありません。
Amazonショッピング向きのクレジットカードを選び、積極的に利用することが大切です。
つまり、「Amazonをオトクに使う=適切なクレジットカードを選ぶ」という方程式があるのです。
さて、ここまで読んでいただいた方々には、きっとさらなる疑問が生じていることでしょう。

じゃあ結局、どんなクレジットカードを使えばAmazonがオトクに使えるの?

当然の疑問だと思います。
今回はAmazonでの買い物がオトクになるクレジットカードについて、オトクさと使い勝手の良さにフォーカスしたランキング形式でベスト4を紹介しようと思います。

Amazonでオトクなクレカベスト4!

4位 Amazon用王道カード!「Amazonマスターカード・クラシック」

Amazon Mastercardクラシック

まず、第4位にランクインしたのは「Amazonマスターカード・クラシック」です。「Amazonマスターカード」という名が表す通り、Amazonが発行、管理しているカードです。デザインもAmazonの段ボール包装を意識したカードになっており、Amazonユーザー向けであることが一目でわかる見た目です
このカードの優れている特徴は以下の3つです。

特徴1「優れたポイント還元率とポイントの使い勝手の良さ」

Amazon マスターカード・クラシックのポイント還元率は最大で2.0%です。
しかも、それはAmazonポイントとして還元されます。
Amazonポイントは1ポイント1円で利用できるAmazon専用のポイントサービスです。
還元率2.0%というと、1000円のモノを購入すれば20ポイント=20円が還元されるという計算です。ただし、これはプライム会員か学生向けの「Amazon Student会員」に限った話で、それ以外の方は還元率1.5%です。それでも、1000円のモノを購入すれば15ポイント=15円が帰ってきます。
「1000円で15円かぁ……そんなに高くないような……」なんて思ってしまった方もいるかもしれませんが、普段のショッピングを考えるとこの還元率はかなり高いです。
一般的なスーパーマーケットのポイントは200円で1ポイント、よくて100円で1ポイント程度です。これって、還元率を計算すると0.5%~1.0%しかありません。
つまり、Amazon マスターカード・クラシックのポイント還元率は普通の買い物に比べて、1.5~2.0倍オトクってことなんです。
また、Amazon上で管理されているため、ポイントをゲットしたら簡単かつすぐに使えます。Amazonが無くならない限り消滅することもありません(ポイントそのものに有効期限はあるのでご注意を)。
ちなみに、Amazon以外の利用でもちゃんと1.0%が還元されます。
オトクかつ安心にお買い物ができるカードといえます。

特徴2「年会費1350円。しかも簡単に削減可能」

Amazon マスターカード・クラシックは年会費1350円と設定されています。
クレジットカードの年会費としては安いほうですが、あることをするだけで簡単に無料にできます。そんな簡単な条件ではないと普通は思うところです。年間数万円以上の買い物…とかいう簡単ではない条件だろうと腹をくくっていました。
しかし、その条件はただ一つ「年1回以上利用すること」
つまり、Amazonをめったに使わない人でも、年に1度利用するだけで年会費が無料になってしまうのです。
なお、このとき無料になるのは「翌年」の年会費です。
では、初めてカードを発行する年は1350円払わなければいけないのか、と思った方。
ご安心を、さすがはAmazon、ぬかりはありません。
なんとこのカードは「初年度年会費無料」です。
つまり、カード発行するだけなら年会費がかからないんです。
その状態でショッピングで利用すれば、次の年が自動的に無料になります。
Amazon マスターカード・クラシックを持っているのに、Amazonを全く使わないなんて人はよっぽどのクレジットカードマニアでなければあり得ないと思います。
ずばり、「年会費はかからない」と言ってもいいぐらいの素晴らしいサービスです。

特徴3「スピーディで簡単な審査プロセス」

Amazon マスターカード・クラシックの3つ目の利点は、カードの審査がとっても早くて、かつ驚くほど簡単なことにあります。
まず、Amazonマスターカード・クラシックには「即時審査サービス」があります。
即時審査サービスを利用すると、申し込みからカードが手元に届いていない状態でも、対象金融機関の口座支払いを設定しておけば、Amazonテンポラリーカードとしてすぐに使うことができます。
テンポラリーカードのショッピングにも、もちろんポイント還元は付与されます。
さらなる特徴として、審査がかなり甘いという特徴があります。
あくまで様々な情報サイトのお話を総合したものになりますが、「安定した収入が無くても審査に通った」という情報も出回っています。
唯一あるとすれば「満18歳以上の方(高校生は除く)」という項目くらいでしょうか。
驚くほどスピーディ、かつ簡単な審査で利用できるカードといえます。

Amazonクラシックカードの特徴、メリットデメリットまとめ

3位 オールラウンドなポイント特化型カード「オリコカード・ザ・ポイント」

第3位にランクインしたのは「オリコカード・ザ・ポイント」です。
オリコ(正式名称は「株式会社オリエントコーポレーション」)が発行しているクレジットカードで、「オリコカード」という名称はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。
簡単にいうと、“ショッピングでたまるポイントシステムそのもの“に特化したカードです。
Amazonポイントに特化したAmazonマスターカード・クラシックとは違い、オールラウンドにポイントサービスを利用できるカードといえます。
Amazonが管理しているカードではないので、Amazonで利用する価値として疑問を抱く方もいるかもしれませんが、オリコカード・ザ・ポイントとAmazonの相性ははっきり言ってかなり良いです。
その相性の良さと、優れた利用価値を示す特徴は以下の3つです。

ポイント還元率の高さが特徴!年会費永年無料のオリコカードザポイント

特徴1「賢い利用法で、高いポイント還元率を実現」

>

オリコカード・ザ・ポイントの還元率は一律で1.0%とされています。
このとき、還元されるポイントはオリコポイントというオリコカードオリジナルのポイントです。
オリコポイントのままではAmazonで利用することができないため、500オリコポイントから500円分のAmazonギフト券と交換することで初めて利用できるようになります。
これだけ聞くと、Amazonマスターカード・クラシックの方がはるかに優れているような気がしますが、実はオリコカード・ザ・ポイントは利用法を工夫することで還元率を高めることができます。
それは、オリコモールというオリコ独自のショッピングサイトを利用することです。
オリコモールを知らない、という方は以下のサイトに1度目を通してみてください。
https://www.oricomall.com/
適当にサイトを見ていくと、Amazonのロゴが掲載されていることに気づくと思います。
実は、オリコモールはAmazonと提携していて、こちらのサイトを経由してAmazonでのショッピングをすることができるのです。
そして、この「オリコモールを経由する」という点が、何よりも重要です。
なんと、オリコカード・ザ・ポイントはオリコモールでのショッピングに関してはボーナスとして還元率+0.5%の特典が着いています。さらに、Amazonに関しては提携ショップとして追加ボーナスの還元率+0.5%が上乗せされます。
つまり、ポイント還元率の合計はなんと2.0%です
Amazon以外の発行カードながら、Amazonマスターカード・クラシックと全く同じポイント還元率になってしまうのです。
しかも、Amazonプライム会員である必要もありません。
したがって、「オリコモールを経由してショッピングをする」という簡単な方法によって、超オトクなポイント還元を実現できるのです。
注意すべき点として、オリコポイントは有効期限が1年しかないので、ポイントが溜まったら迷わずAmazonポイントへ変換してしったほうが良いでしょう。

特徴2「Amazonライトユーザーでも安心のオールラウンドさ」

オリコカード・ザ・ポイントの2点目の特徴は、そのオールラウンドさにあります。
先ほども書いたように、Amazonプライムに入会していなくても高い恩恵を受けることができるので、Amazonライトユーザーでも安心してオトクなサービスを受けることができます。
また、Amazonだけでなく、楽天市場やYahoo!ショッピングなどの他のネット通販サイトでもポイントを利用できます。
Amazonはとても便利ですが、万能という訳ではありません
「めっちゃほしい商品あがるのに、Amazonじゃないからポイントを取りこぼしてしまった……」
なんてことも、オリコカード・ザ・ポイントならほとんど起こらないワケです。
通販サイトによってはAmazon並みの高還元率を誇るものもあります。
Amazonヘビーユーザーではないけれどよく利用する方。もしくは、Amazonだけでなく、他のネット通販サイトもガンガン利用したい方にとっては、オススメできるカードです。

特徴3「年会費は永久無料、かつブランド力もあり」

オリコカード・ザ・ポイントの3つ目の優れた点。それは「年会費無料」であることです。
Amazonマスターカード・クラシックのように、「年1度の利用」というような縛りもなく、ただ単純に「年会費無料」です。
つまり、利用頻度が少なくなっても特に気にする必要もないのです。
1度お試しで持ってみて、使い勝手が良ければ継続、なんて利用方法でも全く問題ありません。
また、審査から利用までのスピーディさではテンポラリーカード利用できるAmazonマスターカード・クラシックには一歩及びませんが、オリコカード・ザ・ポイントには確たる「ブランド力」があります。
Amazonと違い、オリコはクレジットカード事業がメインですので、力の入れ具合やサービスの展開も地盤がしっかりしています。
「ブランド力」がもたらす安心感を得たい方におすすめです。

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)
発行までのスピード
最短8日程度
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
・入会特典で、最大8,000ポイントをプレゼント!(2019年3月31日発行分まで)
・入会後6カ月間はポイント還元率2倍の2.0%

2位 ワンランク上のAmazon発行カード!「Amazonマスターカード・ゴールド」

第2位にランクインしたのは「Amazonマスターカード・ゴールド」

Amazonマスターカード・クラシック同様、Amazonが発行、管理しているカードです。
このカードは、クラシックよりもワンランク上のクレジットカードです。
ほとんどの点において、クラシックを上回るメリットを備えています。
唯一懸念される点は、少々高めの年会費10,800円(税込)。
しかし、これもAmazonユーザーならば工夫次第で安くすることができるのです。

特徴1「さすがはAmazon、圧巻の高還元率」

 

Amazonマスターカード・ゴールドの最大の特徴は、何ら工夫をこらさなくてもAmazonショッピングでもポイント還元率が2.5%の恩恵を受けられる点にあります。これは1000円の買い物で25円が帰ってくることを示しています。

この還元率は、数あるクレジットカードのポイント還元率を見渡してみても圧倒的な高さです。
今まで紹介したAmazonマスターカード・クラシックやオリゴカード・ザ・ポイントがAmazonに特化したポイント還元サービスがあるにも関わらず、還元率は高々2.0%でした。それらと比較して、Amazonマスターカード・ゴールドは1.25倍もポイントが溜まりやすいのです。
例を挙げて説明すると、クラシックで1000ポイント貯めるころには、ゴールドでは1250ポイント貯まる計算になります。
単純に利用しているだけで、250円ものプラス収支。活用しない手はありません。
もちろん、Amazon以外の利用でも還元率1.0%のポイントが得られます。この点はクラシックとも同じです。
つまり、クラシックよりもさらにAmazonユーザー向けに洗練されているカードなのです。
Amazonを使えば使うほどオトクになる、まさにヘビーユーザー向けのカードと言えるでしょう。
さすがはAmazon。
通販企業としての自信すら感じられる、一点集中型カードとえいます。

特徴2「Amazonユーザー必見の特典の数々」

人気の映画・ドラマが見放題人気の映画・ドラマが見放題

https://goo.gl/XXQkur

Amazonマスターカード・ゴールドには、Amazonユーザーを喜ばせるさらなる特典が用意されています。
それが、「Amazonプライム会員特典無料」です。
Amazonプライムは、クラシックの紹介でチラッと言葉だけが出てきましたが、簡単にいうとAmazonが提供する様々なコンテンツを最大限に利用できる有料サービスのことです。
プライム会員の年会費は年間3900円(税込)とかなり安め。
月割りでも400円以下のお財布に優しいサービスです。
しかし、驚くべきはその特典の量。

当日配達・お急ぎ便・日時指定の追加料金(360~514円)が無料
プライムビデオにある25000以上の動画が見放題
プライムミュージックで100万曲近くが聴き放題
年一回のプライムセールに参加可能
Kindle端末所有者は毎月1冊電子書籍無料

Amazonマスターカード・ゴールドを持っていれば、このすべてが利用できるのです。
年会費に対して、過剰すぎるほどの特典です。
一体どうやったらこんなサービスで利益が成り立つのか…不思議でたまりませんが、Amazonユーザーならば利用しない手はありません。

特徴3「コスパ最強!?工夫次第で年会費たったの420円」

どうしてもAmazonマスターカード・ゴールドの年会費10,800円(税込)が気になる方へ朗報です。
実は、工夫次第でこの年会費を実質420円まで引き下げることができます。
そのポイントは以下の2つ。
1.カード申し込み時に「マイ・ペイすリボ」に登録 → 年会費が半額の5400円に
2. Web明細サービスを利用し年間6回以上のカード使用→さらに1,080円割引で4320円
このポイントを押さえれば、プライム会員の年会費3900円の無料分も差し引いて、年会費が実質420円になるのです。
一点、注意すべき点は「マイ・ペイすリボ」の登録でAmazonでのカード支払いを全てリボ払いに設定さてしまうところです。
リボ払いとは、『毎月一定額の支払いに抑える』方法ですが、一定の支払額を超えた場合は手数料が上乗せされるため注意が必要です。
逆に言えば、その点さえ注意しておけば安心。
「年会費420円で所持できるゴールドカード」という最強コスパなクレジットカードを所持できます。

Amazonクラシックカードの特徴、メリットデメリットまとめ

1位39歳以下ならこれで決まり!「JCBカードW」

JCB CARD W / JCB CARD W plus L

映えある第1位は、JCBカードWです。
JCBが発行する数あるクレジットカードの中でも、優れたポイント還元率を誇るカードです。2017年10月24日に登場したばかりの新しいタイプのカードですが、多方面から注目されています。
審査基準として「18歳以上39歳以下」を設けている、若年層をターゲットのカードである点も特徴で、この世代に該当する方は使わない手はない、と言ってもいいくらいの代物です。

特徴1「還元率・コスパ・ブランドの三拍子そろったカード」

まず、JCBカードWが優れている点は、還元率・コスパ・ブランドの三点がバランスよく充実している点にあります。
通常のショッピングでの還元率は1.0%ですが、JCBカードWはAmazonと特別なパートナーシップを結んでいます。このボーナスがまず+0.5%です。
さらに、Oki DokiランドというJCBカードに特化したショッピングサイトを経由してAmazonでショッピングをすればさらに+0.5%。
したがって計2.0%の還元率となるため、使い勝手としてはオリコカードと同等です。

次に、コスパの良さです。

年会費無料のため、手軽にカードを作れるコスパに優れたカードです。
そして最後にブランド力が段違いです。
JCBカードは日本発祥ですが、国際的にも認められているカードです。
加盟店であれば世界中で利用できる優れものなのです。
以上のことから、JCBカードWはあらゆる点でバランスの取れたクレジットカードといえます。

特徴2「若者狙い撃ちの提携ショップたち」

ここまではオリコカード・ザ・ポイントと似た特徴です。
オリコカード・ザ・ポイントと比較したJCBカードWの最大の特徴は「ターゲット年層」にあります。
JCBカードWは審査基準として「18歳以上39歳以下」を設けている若年層向けのクレジットカードであることは既にふれました。
この特性を最大限に生かしたサービスが、若者のニーズに特化した提携ショップの数々です。
提携ショップでは他のカードを圧倒するポイント還元率が得られます。
Amazon以外で主な提携ショップと還元率が以下です。

スターバックス → 還元率5.5%
セブンイレブン → 還元率2.0%
イトーヨーカドー → 還元率2.0%
エッソ&モービル → 還元率1.5%
中でもスタバの還元率は驚異の5.5%

2018年時点での調査によるとスタバの利用者層は20代と30代が50%近くを占めています。
このことからも、しっかりとニーズに対応したサービス展開であることがわかります。
社会人として落ち着いてきた20代後半から30代前半の方々にとってベストなカードです。

特徴3「未来を見据えたクレヒス構築。将来性バツグンのカード」

最後の特徴は、JCBカードWそのものより「JCB」というブランドを利用するうえでの利点です。それは、クレヒス構築で役に立つ、という点です。クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で、今までの人生でどんなクレジットカードを利用してきたかという履歴(ヒストリー)のことを示します。実は、グレードの高いカードを利用するためには、このクレヒスをしっかり構築していなければ審査にすら通らないのです。JCBカードWは審査も緩く、比較的簡単に手に入りやすいカードですが、国際的にも信用されているJCBブランドの看板は変わりません。つまり、優れたブランドのカードを利用することで、自分自身の信用構築にもつながる、という訳です。将来を見据えて、グレードの高いカードを目指すなら、JCBカードWは力強い味方になることでしょう。

Amazonがオトクになるクレカベスト4まとめ

Amazonをオトクに利用できるクレジットカードランキングを紹介は以上です。では最後にまとめてランキングを振り返ってみましょう。

利用目的や自分の性格、経済状況を考えながら、適切なカードを選ぶことが大切ですが、少なくともこの4つのうちから選択すれば大きなハズレはないはずです。それでは、みなさんの快適で素晴らしいネットショッピング・ライフがあることを願って、この記事を終わらせていただきます。それでは!