未来すぎる……Amazonが「手のひら=クレジットカード」にする技術を開発中!

Amazonでおすすめのクレジットカード7選

ニューヨークポストが、Amazonが生体認証機能を使って、手のひらクレジットカード代わりにする技術を開発中と報じました。もし実現すれば、カード忘れや紛失も心配する必要がなくなります。

開発はどの位進んでいるのでしょうか?
本記事でご紹介します。

ニューヨークポストが発表

2019年9月に「内部情報」として報じましたが、2019年12月アメリカの特許商標庁が「非接触式生体認証システム」を公開したことで開発が真実であったことが裏付けられました。
9月の記事によると既に手のひらをクレジットカードにする機能は既にテスト段階で、オフィスでは自動販売機を手をかざしただけで購入する実験を行っているそうです。興味深いのがこの技術は指紋や静脈、手相ではなく手の形や大きさで個人を判別するとのことです。
実験にはアメリカのカード会社ビザと協力して行っています。

実現すればカードも携帯も不要に

手のひらの認証が実現すれば、クレジットカードもスマートフォンも不要になります。
偽造や盗難も難しいため、安全面でもメリットが大きそうです。
小銭やサインが不要なのはもちろん、カードやスマートフォンを出す手間も要らなくなるので、買い物もよりスピーディーに便利になり、私たちの生活をより便利にしてくれることが期待できそうです。また、指紋認証や顔認証よりも手のひらでの認証であれば、利用者の抵抗も少ないというのも魅力的です。

過去には「ドローン配達」など画期的な開発も

Amazonといえば、過去には荷物をドローンで配達する「Amazon Prime Air」でも話題になりました。
一般向けへの実装はまだどの国でも難しいようですが、開発はどんどん進んでいますので日本でも数年後には利用できる可能性も可能性もあります。
ちなみにAmazonでは、手のひら認証と同様にドローンの技術でも特許を取得済みです。

ますます便利になっていく私たちの生活。
昔思い描いていた近未来の世界もそう遠くないのかも知れません。