アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴・メリット・デメリットまとめ

この記事を読んで分かること

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのサービス・付帯保険
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリット・デメリット

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、ビジネスに役立つサービスが詰まったクレジットカードです。

個人でのカード利用だけでなく、法人として申し込むこともでき、会社でクレジットカードを導入する場合にも適しています。

今回は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴やメリット、デメリットなどを詳しく丁寧に解説していきます。

年会費
初年度2年目~
無料12,000円(税別)
申込み条件
20歳以上の法人の代表者または個人事業主
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!

目次

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、一般的なクレジットカードに比べてビジネスに向けたサービスが付帯しています。

申し込み資格や審査難易度などについては、アメリカンエキスプレスカードに共通した基準があるため、改めて確認していきましょう。

ポイントは、ビジネス利用でも貯まっていくなど他のカードとの使い方の違いに注目すると特徴を掴めます。基本的な特徴から順に解説していきます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの申し込み資格

ビジネスカードであることや世界的にもステータスがあるアメリカンエキスプレスカードであることからアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、申し込み資格が厳しいと捉えがちです。

ビジネスカードだからといって、特別申し込み資格が設定されているのではなく、アメリカンエキスプレスのカードとしての資格があれば、カード発行が可能です。

アメリカンエキスプレスのカードの申し込み資格は、年収300万円程度で、クレジットヒストリーに遅延や延滞がないことが挙げられます。

ビジネスマンが個人用として、カードを申し込む場合もありますが、法人カードとして発行し、社員に持たせるという形態に向いています。

法人カードの場合、代表者の資格の有無が問われます。社員それぞれではなく、代表者・法人の信用を評価するため、問題なく資格をクリアすることが多いと言えます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの審査難易度・基準

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはビジネスカードの中でも審査難易度が易しいカードと言えます。

アメリカンエキスプレスカードは、限度額を流動的に設定するため、低い限度額の設定でも発行可能で、幅広い支払い能力の方に発行されます。限度額に問わず、しっかりと支払いがされることを求めることもあり、クレジットヒストリーが重要視されます。

日頃からカード支払いを滞りなく行っていれば問題なく、カード発行のハードルは低くなっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを発行している方の中には、自営業の方や個人事業主、新規開業したベンチャーなど収入がまだ安定していない方もいるでしょう。

そのような方でも、クレジットヒストリーがしっかりとしていれば、発行されることが多く、追加カードを社員に持たせるということもできます。

確かなステータスがあり、付帯サービスが福利厚生代わりになるなど、ハードルの低さに合わない高水準なサービスを受けられるため、新規法人の方もぜひ申し込んで、審査を通してみましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの年会費

年会費

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの年会費は12,000円となっています。個人で使用する場合は12,000円のみですが、法人で利用する場合追加カードを1枚年会費6,000円で発行することができます。

追加カードを発行して、会社の社員が持つことで、経費にあたる支払いを一つの口座から引き落とすことが可能です。

一時的に建て替えるといった手間が省け、経費のかかり方も把握ができ、お金の管理が非常に楽になります。追加カードの年会費6,000円も経費に入れることができるため、申告など経費の計上にも最適なカードです。

12,000円という年会費は、他社のゴールドビジネスカードよりも高い場合もあります。一見高く見えてしまいますが、アメリカンエキスプレスのステータスや以下で紹介するサービスを考慮すると安いとも言える充実の特典が揃っています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの家族カード

個人でアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを発行した場合には、家族カードも発行することができます。年会費6,000円で発行可能です。

注意

基本カード会員による申し込みが必要であるため、会社から配布された追加カードでは発行できない点に注意しましょう。

ビジネスに役立つサービスをビジネスカードで受けつつ、家族カードで家族のクレジット利用をまとめたり、ポイントを貯めやすくしたりできるため、ビジネスにも家計にも役立つ使い方です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのETCカード

ETCカード

出張の多い職種の会社に最適な付属カードです。個人で利用する場合は、年会費無料で、発行料850円で発行することができます。法人カードを利用している場合は、年会費500円で発行料は無料です。

ビジネスシーンにおける移動は効率的である必要があります。できるだけ快適に負担の少ない移動をすることで、肝心の場面で力を発揮できるはずです。

ETCカードがあると、高速道路の支払いを簡略化でき、支払いも一元化できます。車移動の多い会社やビジネスマンはぜひETCカードも発行しておきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで貯まるポイント

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで支払いをすると、利用金額100円に対して1ポイント付与されます。

ポイントの有効期限は一度ポイントを使うと無期限になり、細かい支払いで貯まった少ないポイントでも長く貯めておいて各種交換に利用することができます。

普段のショッピングや公共料金などにクレジットカードを利用した効率よくポイントを貯めてみましょう。

ビジネスの支払いでもポイントが貯まる

ビジネスの支払いでもポイントが貯まる

ビジネスシーンでのクレジットカード利用にももちろんポイントが付与されます。

出張費や打ち合わせで使用したカフェやワーキングスペースの料金などもクレジットカードで支払えば、ポイントが貯まっていきます。

日常生活でのクレジットカード利用と合わせることで、ポイントが貯まる場面が増え、より効率的にポイントを貯めることができます。

貯めたポイントはマイルやアイテムと交換できる

普段遣いとビジネス利用で効率よく貯めたポイントは旅行に使用したり、商品と交換したりすることができます。

旅行に使用する場合は、マイルに交換する方法と提携航空パートナーのポイントに移行する方法があります。

マイル交換は、ANAマイルへの交換となります。マイル交換のためには、年会費5,000円のポイントコースに入る必要があるため、マイル交換が必要かどうかを見極めてから登録を行いましょう。

基本的には2,000ポイント1,000マイルに交換でき、ポイントがお得に貯まるメンバーシップ・リワード・プラスに加入していると1,000ポイント1,000マイルとなります。ただメンバーシップ・リワード・プラスへの登録も年間3,000円かかるため、出費や利用形態を考慮する必要があります。

交換レート

提携航空パートナーのポイントへの移行は基本2,000ポイント1,000マイル、メンバーシップ・リワード・プラス登録で1,250ポイント1,000マイルです。提携ホテルのポイントにも交換可能で、ヒルトンHオナーズ、スターウッドプリファードゲストのポイントに移行できます。基本2,000ポイント1,250Hオナーズポイント、リワード・プラスで1,000ポイント1,250Hオナーズポイントの交換レートです。

他にも楽天スーパーポイント、Tポイントにも移行可能です。どちらとも3,000ポイント1,000ポイント、リワード・プラスで3,000ポイント1,500ポイントで移行できます。貯めたポイントをオンラインショッピングや支払いに使用できるため、普段遣いにポイントを活用したい方におすすめの交換先です。

商品交換は、カタログサイトで商品を選んだり、ポイントを商品券に交換したりすることで可能になります。カタログサイトには、家電やグルメ、ホテル予約など豊富なラインナップとなっているため、お好きな商品を選んで交換してみましょう。

ポイントを支払いに活用する

カード利用代金やオンラインショッピングの支払いには、1ポイント0.3円として使用することができます。店頭での支払いにポイントを利用したい場合は、商品券に交換する必要があり、3,000ポイント1,000円分となっています。

他にも旅行代金の支払いにポイントを利用することもでき、1ポイント0.4円換算で使用できます。アイテム交換などは交換先が限定されますが、支払いに利用する場合は、使用したい商品やサービスを選んで利用できるため、利用の幅の広い活用方法です。

・ポイント交換表

基本交換比率 メンバーシップ・リワード・プラス登録
ANAマイル 2,000ポイント=1,000マイル 1,000ポイント=1,000マイル
提携航空パートナー 2,000ポイント=1,000マイル 1250ポイント=1,000マイル
提携ホテル 2,000ポイント=1,250Hオナーズポイント 1,000ポイント=1,250Hオナーズポイント
楽天スーパーポイント・Tポイント 3,000ポイント=1,000ポイント 3,000ポイント=1,500ポイント
カード支払い 1ポイント=0.4円 1ポイント=0.5~1円
旅行代金 1ポイント=0.4円 1ポイント=0.8~1円

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのサービス・付帯特典

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのサービス・付帯特典

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、ビジネスに役立つサービスが盛りだくさんです。経費の管理や快適な出張、ビジネスの活性化などあらゆる面からビジネスを支えます。サービスの特性ごとに主なサービスを確認していきましょう。

ビジネスの経費を分かりやすく整理・軽減しよう

ビジネスカードの魅力は、ビジネスで発生した経費を一つの口座で賄うことで、何にどれくらい使われたかが分かりやすく整理できることです。

経費の内容や金額が分かることで、経費削減に向けた対策を練ることにもつながります。

サービス・付帯特典1:ご利用代金明細書

追加カードを使用している社員に向けて、1ヶ月分の利用明細書を送付するサービスです。

クレジットカードを利用した店舗や費用などが一目で分かる明細書で、経費の管理に便利です。

個人の経費意識としても活用できますが、社員がどのように経費を使っているかをチェックするためにも活用可能です。

利用明細やカード利用金額は、ウェブサイトでも確認できます。ペーパーレス化を進めている会社において、ファイル形式で管理できる点は非常に便利です。データの打ち込みなどにも活用しやすく、業務の効率化に活躍します。

サービス・付帯特典2:クラウド会計ソフト freeeとのデータ連携

クラウド会計ソフト freeeとのデータ連携

会計ソフトであるfreeeとカード利用情報を連携させることができます。利用情報が自動で取り込まれるため、経費の管理に便利です。

会社はもちろん、フリーランスの方にはこころ強い味方となります。確定申告に向けた経費管理に要する労力を軽減でき、事務仕事に追われることなく仕事に時間を割くことができます。

サービス・付帯特典3:ビジネスセービング

通年で経費の見直しに役立つプログラムを受けることができます。経費削減は利益を最大にするために大切な要素で、どの会社でも課題となっている部分です。

通年で経費に関わる割引などが利用でき、経費を最小限に抑えることができます。

ビジネスをリサーチしよう

ビジネスで成功するためには、情報を取り入れることが大切です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、ビジネス情報を効率よく取り入れられるサービスも付帯しています。最大限に利用して、ビジネスを上手く進めていきましょう。

サービス・付帯特典4:ビジネスコンサルティング・サービス

ビジネスを改善・向上するための方法として、外部のコンサルティングを受ける方法があります。会社の中で気づかないことでも外から見ると改善点が見えることもあり、業務改善のために有効です。

ビジネス・カードのサービスでは、経営コンサルタントの紹介を行っています。開業して時間の経っていない企業やフリーランスなどの方は積極的に利用して、経営・仕事を見直してみましょう。

サービス・付帯特典5:ジーサーチの年会費無料

ビジネス情報データーベースであるジーサーチを年会費無料で利用することができます。

京商工リサーチ企業情報などの確かなビジネス情報をリサーチでき、ビジネス相手の情報を検索するなど、より効果的なビジネスの対策を練る助けとなります。ジーサーチは通常年会費6,000円となっています。

サービス・付帯特典6:ビジネス情報調査代行サービスの年会費無料

ジーサーチを利用して情報を取り入れる場合は、自ら検索する手間がかかります。

ビジネス情報調査代行サービスを利用すると、情報をレポート形式でまとめて報告を受けることができます。年会費無料であるため、手間なく、無料で得ばかりのサービスと言えます。

より快適な出張でビジネスに力を注ごう

出張の多いビジネスマンも多いことでしょう。出張の手配やフライトまでの手続きが面倒であるとビジネスに力を入れることができません。

快適な出張をするためのトラベルサービスを参考にして、ビジネスの準備を始めましょう。

サービス・付帯特典7:アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン

アメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインは、アメリカンエキスプレスカード会員専用のwebサイトです。

フライトの予約を初めとして、宿泊やレンタカーなどの予約ができるサイトとなっています。

ポイントの取得や使用ができるため、出張や旅行の手配の手間が軽減されるだけでなく、お得にポイントを活用することも可能です。

アメリカン・エキスプレストラベルオンラインの他にも、一休.comや日本旅行、Expedia、アップルワールド.comなどの優待も受けられるため、日本の出張か海外への出張かなどで使い分けてみてくださいね。

サービス・付帯特典8:JR東海エクスプレス予約サービス

JR東海エクスプレス予約サービス

出張や旅行に新幹線を使用するビジネスマンもいるでしょう。出張の度に窓口でチケットを購入するのは手間になる部分で、手続きなどを簡単にして、スムーズに新幹線に乗り込むことが快適な出張につながります。

東海道・山陽新幹線を対象にJR東海エクスプレスをWebで予約・変更ができるようになり、発行されるプラスEXカードを改札にタッチするだけで新幹線に乗ることができます。プラスEXカードの年会費は1,000円となっています。

サービス・付帯特典9:空港パーキング

地下駐車場

空港を利用する出張に、車で空港まで向かう方に便利なサービスが空港パーキングです。アクセスの良い空港周辺のパーキングをお得に利用することができます。

海外出張などの長期滞在だけでなく、日帰りの出張でも車で空港にアクセスするビジネスマンに嬉しいサービスとなっています。

サービス・付帯特典10:空港ラウンジ

空港ラウンジ

フライト前の混雑した状況を避けてゆっくりと過ごす場所として、空港ラウンジがおすすめです。

同伴者1名も空港ラウンジを無料で利用できるため、同僚や後輩と一緒に利用しましょう。

落ち着いてフライト前の時間を過ごし、身体を休めたり、資料を読んだりして、良いビジネスの準備時間にしましょう。

サービス・付帯特典11:無料ポーターサービス

無料ポーターサービスでは、空港駅改札やバス停からチェックインカウンターまで荷物を運んでもらうことができるサービスです。

ビジネスに向けて、疲れることなく身軽にチェックインまで済ませることができます。帰りは空港駅改札、バス停まで運んでもらえるため、疲れた身体にも優しいです。

対象の空港

成田国際空港、関西国際空港となっています。

サービス・付帯特典12:手荷物無料宅配サービス

手荷物を無料で宅配するサービスも付帯しています。自宅から空港、空港から自宅まで配送でき、身軽に仕事に向かい、帰宅することができます。

出張が続く場合には、不要な物を自宅に送り、次の仕事先に向かうといった使い方も可能です。カード

対象の空港

会員1名1スーツケースで、羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港が対象です。

サービス・付帯特典13:海外用レンタル携帯電話

ビジネスでは電話でのコミュニケーションも大切です。海外での携帯電話の利用は、通信料の違いなどがあるため、海外用に携帯電話を用意した方が経済的で使いやすいです。

対象の空港

成田国際空港、関西国際空港で海外用レンタル携帯電話を利用することができます。レンタル料125円/日、通話料10%割で使用可能です。

サービス14:クラブオフ

クラブオフ

クラブオフ

株式会社リロクラブから提供される福利厚生サービスをお得な料金で利用できるプログラムです。

よりお得にサービスを利用できるVIP会員登録が無料となっている点も見逃せません。宿泊やレジャー、映画、温泉など幅広いサービスを受けることができます。

最大90%オフで利用できるサービスもあり、家族にも適用されます。社員の福利厚生として、充実した優待プログラムを活用しましょう。

年会費
初年度2年目~
無料12,000円(税別)
申込み条件
20歳以上の法人の代表者または個人事業主
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの付帯保険

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの付帯保険

サービス・付帯特典だけでなく、付帯保険についても充実しています。

出張や旅行に役立つ海外旅行傷害保険を初めとして、普段のショッピングのトラブルにも対応できるプロテクションが揃っています。

付帯保険1:海外旅行傷害保険

航空系カードにも付帯していることが多い旅行時の傷害保険ですが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードにも付帯しています。

海外旅行を楽しむだけでなく、出張時のトラブルにも対応できるため、ワールドワイドに活躍するビジネスマンにおすすめです。

国内旅行に対しても保険が適用されるため、国内出張、旅行に対しても補償を受けることができます。

国内旅行に対しての補償

カード会員本人への補償で最高5,000万円、家族へ最高1,000万円となっています。海外旅行の場合は、最高5,000万円の補償を受けることができます。

適用される補償内容によって、金額が異なるため、以下に紹介する保険一覧表にて確認しておきましょう。

・保険一覧表

 

国内旅行 傷害死亡保険金 最高5,000万円
傷害後遺障害保険金
海外旅行 傷害死亡・後遺傷害保険金 最高5,000万円
傷害治療費用保険金 最高300万円
疾病治療費用保険金 最高300万円
賠償責任保険金 最高4,000万円
携行品損害保険金 1旅行中最高40万円
救援者費用保険金 保険期間中最高400万円

付帯保険2:オンライン・プロテクション

オンライン・プロテクションとは、オンラインショッピングにおけるカードの不正利用に対する保険です。

不正利用により、支払われたお金は負担する必要がなくなります。不正を可能にする技術もある現代では、何気なくショッピングをしていても、悪用されてしまうことが考えられます。

オンライン・プロテクションがあることで、不安なくショッピングを楽しむことができます。

付帯保険3:カードの再発行

個人用カードでも紛失すると面倒な事態となりますが、ビジネスカードの紛失においては、会社の口座が設定されていることもあり、素早い対処が求められます。

紛失してしまったり、盗難にあったりした場合、カードを無料で再発行することができます。緊急で新しいカードが必要な場合にも、要相談ですが、対応してもらえるため、万が一の時にも安心の保険と言えます。

付帯保険4:ショッピング・プロテクション

ビジネス利用だけでなく、普段の買い物や旅行でのショッピングに対してもプロテクションが付帯しています。

ショッピング・プロテクションはカードで購入した商品の破損や盗難による損害に対して、補償がされるサービスです。購入日から90日間の申請で、1名年間最高500万円の補償範囲となっています。

付帯保険5:リターン・プロテクション

カードで購入した商品にトラブルがあった際、返品ができず、お金が戻ってこないことも考えられます。

ショッピング・プロテクションと同じく、購入日から90日以内の申請で補償が可能です。アメリカン・エキスプレスに返品することで、1商品最高3万円、1口座年間最高15万円で返金されます。

年会費
初年度2年目~
無料12,000円(税別)
申込み条件
20歳以上の法人の代表者または個人事業主
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードとライフカードビジネスライトスタンダードカードを比較してみよう

ライフカードビジネスライトスタンダードカードとアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードとの共通点は、新規法人やフリーランスでも作りやすいカードである点です。

作りやすいながらもビジネスに効果を発揮する2枚のカードには、どのような違いがあるのでしょうか。

比較1:年会費

ライフカードビジネスライトスタンダードカードの年会費は無料となっています。

ビジネス決済に特化したカードであるため、サービスは必要最低限となっているためです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは年会費12,000円で、大きな差があるように感じます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードにはビジネス決済だけでなく、様々なサービスが付帯しているため、サービスを重視する方や法人におすすめです。

決済に特化して他のサービスを必要ないという場合には、ライフカードビジネスライトスタンダードが適していますが、年会費を除いては断然アメックスビジネスカードの方がステータス、サービスともに充実していると言えます。

比較2:サービスの数が段違い!

ライフカードビジネスライトスタンダードカードは、年会費が無料である代わりに付帯保険、トラベルサービス、ポイントプログラムなどが付いていません。

決済をまとめるためにはカード発行に経費がかからずお得ですが、カードサービスで福利厚生を整えることやポイントの恩恵を受けることはできないカードです。

サービス内容

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、ポイントプログラム、空港ラウンジなどのトラベルサービス、旅行保険を初めとした付帯保険など経費管理、快適な出張、福利厚生などあらゆる面でサービスが充実しています。

決済だけでなく、事業主本人や社員に快適なビジネスができるようにサポートを充実させるために、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードが最適です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリット

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードにはビジネスに最適なサービスがそろっていますが、数あるビジネスカードの中でもステータスが高いながらも作りやすい点がメリットと言えます。

2点メリットをピックアップしたため、ぜひビジネスカード選びの参考にしてみてください。

メリット1:社歴が少ない法人や個人事業主でも作りやすい!

ビジネスカードを法人として発行する場合、会社の信用や支払い能力などから社歴の短い会社や収入が一定ではない個人事業主は審査を通らない可能性もあります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、流動的な限度額設定やクレジットヒストリーを重視した申し込み資格などからベンチャー企業やフリーランスでも作りやすくなっています。

ビジネスカードは経費管理や福利厚生、カードステータスなどの面でビジネスシーンで活躍します。これから会社を作ろうとしている方や独立しようとしている方は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの発行を選択肢に入れておくことをおすすめします。

メリット2:経費の管理がしやすい!

会計ソフトとの連携や利用明細、カード利用を把握できるオンラインサービスなどにより経費を分かりやすく管理することができます。

会社であれば、経費がどのように使われているかを把握して、経費の効率化など経営面で改善を図る材料を得られます。

個人事業主の場合は、会社とは違い、仕事と経理を自分でしなくてはなりません。

ビジネスカードで経費の支払いをすることで、自動的に経費が分かりやすく整理され、申告や分析の手間が省け、仕事にパワーを注ぐことができます。

年会費
初年度2年目~
無料12,000円(税別)
申込み条件
20歳以上の法人の代表者または個人事業主
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのデメリット

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのデメリットとしては、ビジネスカードの中でも、年会費が高めに設定されている点です。

ゴールドではないビジネスカードを見てみると、ライフカードビジネスライトスタンダードは年会費無料、ライフカードビジネス年会費無料、MUFGビジネス一般カード年会費1,250円など年会費の安いカードも多くあります。

またゴールドビジネスカードにおいても、オリコビジネスカードゴールドは年会費2,000円、三井住友ビジネスゴールドカード年会費10,000円のようにゴールドカードでもアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの年会費12,000円を下回るカードがあります。

年会費が高い分、アメリカンエキスプレスカードには、国際的なステータスがあり、トラベルサポート、ビジネスサポートも兼ね備えています。

ポイントの期限が無期限であることなど、コストパフォーマンスの高いビジネスカードとも言うことができます。

注意

サービスを十分に使える環境でないと、コストの面が気になっていくため、ビジネスや普段遣いでのカード利用を改めてチェックしてみましょう。

年会費
初年度2年目~
無料12,000円(税別)
申込み条件
20歳以上の法人の代表者または個人事業主
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの口コミ

ビジネスカードは、利用者や利用シーンが限定されるため、より実感を伴った口コミが揃っています。口コミから利用シーンや利用方法を想像して、メリットやデメリットを確認していきましょう。

評価の高い口コミ

付帯保険や付帯するサービスに満足の声が多数ありました。

中でも付帯サービスを福利厚生に利用している声には、年会費だけの支払いでクラブオフといったサービスで賄える点が強調されています。

カード会員だけでなく、社員へ追加カードを配布し、サービスを利用することができ、経費面だけでなく、仕事に取り組むモチベーション作りにも役立ちます。

他に目立ったのは、手続きの早さやカードの作りやすさです。

手続きが簡単に済み、最小限の期間で手元にカードが届くようです。

海外出張に間に合わせたいと思って手続きをして間に合ったという声もありました。

個人事業主としてカードを作った口コミもあり、手続きの早さと合わせて、審査にも通りやすく、多くのビジネスマンにとって作りやすいビジネスカードと言えます。

評価の低い口コミ

限度額の設定で困ったという声がありました。カード発行時に支払い能力に合わせて限度額が設定されるため、まとまった金額が急に必要になった時に限度額を超えてしまうことがあるようです。

限度額は固定ではなく、カード実績によって限度額があがっていきます。

初めは低くても徐々に上がっていくため、カード実績がない間は、まとまった出費に注意するか、他の支払い手段を用意しておくのが得策でしょう。

年会費
初年度2年目~
無料12,000円(税別)
申込み条件
20歳以上の法人の代表者または個人事業主
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!

まとめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、一般カードでありながら、ビジネスサービスやトラベルサービス、付帯保険、ポイントプログラムなどあらゆる面でビジネスを支えるカードとなっています。ステータスも兼ね備えているため、ビジネスシーンでの信用も得られること間違いなしです。個人事業主や新規法人などでも作りやすいため、ビジネスパフォーマンスを高めるために、ぜひアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを作ってみましょう。

アメックス法人カード(アメックスコーポレートカード)で貯まるポイントと使い方を徹底紹介
年会費
初年度2年目~
無料12,000円(税別)
申込み条件
20歳以上の法人の代表者または個人事業主
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!

以上、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴・メリット・デメリットまとめ…という話題でした。