高ステータスなのに審査は以外にも難しくないアメックスゴールド

この記事を読んで分かること

・アメックス・ゴールドカードのメリットとデメリット

・審査や申請の流れ

・お得に使える豊富なサービスについて

高ステータスのアメックスゴールドはどんなカードなの?

アメックスゴールドのコンセプト

「日常も旅も夢中になる瞬間を」

高いステータス性とゴールドカードにふさわしいサービスの質、多さで暮らしを豊かにしてくれます。

アメリカン・エキスプレス(通称:アメックス)について

アメリカン・エキスプレスはクレジットカードの国際ブランドの1つです。

アメリカン・エキスプレスはステイタスの高さを重視しています。

アメリカン・エキスプレスが発行するアメックスカードはクレジットカードの中でも、持っているだけでその人の信用まで高く評価されるほどのものとなっています。

ステイタスが高い理由は審査の厳しさにあります。

審査を厳しくすることで発行されたら、それほどの信用に値することを意味します。

審査についてもあとで詳しく説明します。

世界中で使える最高クラスの国際ブランド

国際ブランドとは、クレジットカードの支配の決済システムを24時間365日、世界中で提供しているブランドです。

国際ブランドの表記はクレジットカードの表面の右下の大きくされています。

それぞれの国際ブランドが別の決済ネットワークを使っており、店舗によってどの国際ブランドと提携しているかで決済ができるかが変わります。

例えばVISAのクレジットカード決済しか取り扱っていない店舗ではな他の国際ブランドのカードでは支払いができません。

国際ブランドの中でも世界7大ブランドがあります。

世界7大ブランド

VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERS CLUB、DISCOVER Card、銀聯カード

世界のシェア率は1位がVISA、2位がMasterCard、3位が銀聯カード、4位がAMERICAN EXPRESSとなっています。

つまりアメリカン・エキスプレスは世界でVISA、マスターカードに比べて使える場所というのは少ないです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのメリットや特典をチェック

アメリカン・エキスプレスが発行しているクレジットカードはグリーン、ゴールド、プラチナ、ブラックのランクがあり、ゴールドは3番目のランクです。

一般的なクレジットカードよりもランクが高くゴールドに輝くカードとなっており、一眼でゴールドカードであることがわかります。

入会特典で最高45000ポイント!

入会後利用で最大45000ポイント獲得可能

特典①

入会後1ヶ月にカードを3回以上利用すると3000ポイント

特典②

入会後3ヶ月以内に合計40万円(税込)の利用で16,000ポイント

特典③

入会後6ヶ月以内に合計80万円(税込)の利用で18,000ポイント

  • 通常の利用ポイントで8000ポイント獲得
  • 合計でメンバーシップリワードのポイントが45000ポイント獲得が可能です

お得なポイント制度

公共料金の支払い、スーパーマーケット、コンビニなどの日常の買い物なども含めた利用代金100円につき1ポイントが貯まります。

注意

ポイント加算対象外の加盟店、100円=1ポイントとして換算されない加盟店、年会費などポイント加算対象外の利用分が一部あります。

  • たまるポイント:メンバーシップ・リワードのポイント
  • 還元率:100円=1ポイント
  • 使い道:

マイルへの交換

ANA、CHINA AIRLINES、BRITISH AIRLINES、AIR FRANCEなど、多くの航空会社

のマイルと交換が可能です。

ポイントの還元率は航空会社によって異なります。

例えばANAの場合2000ポイント=1000マイルです。最少移行ポイント数は2000ポイントからとなっています。

提携ホテルグループのポイントへの移行

スターウッドプリファードゲスト、ヒルトンオナーズのポイントと交換可能です。

スターウッドプリファードゲスト(SPG)の対象ホテルブランドはシェラトン、ウエスティンホテル、セントレジス、ラグジュアリーコレクション、Wホテル、ルメリディアン、 デザインホテル、トリビュートポートフォリオ、フォーポイント、アロフト ホテル、 エレメント

11ブランドあります。

世界中に1300ものホテルが対象です。

ヒルトンオナーズはヒルトンホテルで利用することができます。

その他の提携各社のポイントと交換

楽天スーパーポイント、Tポイントと交換が可能です。

それぞれ300ポイントで100ポイントに交換することができます。

最小移行ポイントは3000ポイントです。

クーポン商品券への交換

交換できるものは全国の180の百貨店で使えるカードタイプの商品券であるアメリカン・エキスプレス1000円分を3000ポイントで交換することができます。1000円分、3000円分、5000円分、10000円分、20000円分、30000円分、50000円分と交換が可能です。

イケアギフトカードにも交換可能です。

こちらも3000ポイントで1000円分と交換できます。

モスバーガーモスカードにも3000ポイント1000円分と交換できます。

全国百貨店共通商品券にも交換可能で、3000ポイント1000円分と交換できます。

Eクーポンもも交換可能

Eクーポンとはウェブ上で発行されるクーポンであり、インターネットショッピングの時などスムーズに使用できます。

Amazonギフト券、ANA ANASKYコイン、GOOGLE PLAY、iTunesカード、nanaco、LAWSON、StarbucksなどのEクーポンと交換可能です。

多くのクーポンが1000円分3000ポイントで交換可能ですが、よくキャンペーンが実施され例えばAmazonプライムビフトコードであれば12500円分を12500ポイントで交換が可能です。

ショッピングクーポンでショッピングをもっと楽しく

サムソナイト、ハンティング・ワールド、ユナイテッドアローズのショッピングクーポンとと交換可能です。

サムソナイト、ハンティング・ワールドは5000ポイント5000円分、ユナイテッドアローズは5000円分6000ポイントで交換可能です。

ポイント支払いでもっとお得感を

「ポイントフリーダム」とは対応している店舗の支払いにポイントを利用できるサービスです。利用可能なのは、日本旅行、ヨドバシカメラ、高島屋、カード利用後の代金に利用するです。

ポイント交換レートはメンバーシップ・リワード・プラスに登録しているかで変わります。登録していると基本的に1ポイント=1円で利用できます。

ポイントと豪華アイテムの交換もできちゃう

例をあげて紹介します。

BOSEのイヤフォンBOSE(R)が41000ポイント、AppleWatchseries3を140000〜186000ポイントを交換できるなど様々なアイテムと交換することができます。

電子機器以外にも、高級なお菓子、ホエールアンドドルフィンウォッチング体験イベント、世界遺産清水寺の夜間特別拝観券、アメリカン・エキスペレス・メンバーズカップのゴルフ大会招待などのイベントに行く権利などにも交換可能です。

メンバーシップ・リワード・プラスについて

「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、「貯まる」「使う」の両面でポイントプログラムがアップグレードされます。

年間参加費は3000円+消費税です。2年目以降自動更新です。

登録するとポイントの有効期限が無期限になります。

ポイントはカード入会後3年が経過した時点で1年目に貯まったポイントが失効します。

このポイント有効期限が無期限になるのでポイントを長期的に貯めることができます。

他にはマイル、ポイントの交換レートが上がります。

例えばANAのマイルはメンバーシップ・リワード・プラスに登録していると1000ポイントから1000マイルになります。

https://catalogue.membershiprewards.jp/index.mtw

こちらから交換可能できる商品を見ることができます。

年会費:29000円+消費税

申し込み条件:記載なし

審査は意外と通りやすい?

unsplash

アメックスゴールド の審査は他のカードに比べると厳しいですが、多くの方が審査に通る可能性があります。

無職や学生などの安定収入がない人、フリーターやパート主婦といった人以外であれば、アメックスゴールドを発行できる可能性があります。

アメックスゴールド はバブル時代にこのカードを持っているとステータスになっていました。しかし当時よりも審査の基準が低くなっています。なぜならアメックスゴールドはゴールドよりもランクが高いプラチナ、ブラックカードの通り門となっており、お手軽にカードを発行できるようになりました。ゴールドを使っている人の中から、プラチナカードの発行の声がかかり、ブラックの発行はプラチナカードの利用者の中から数人選ばれます。

バブル当時のアメックスゴールドが超お金持ちの印象だが、今ではアメックスブラックがい金持ちが待つことができるカードと印象があるので、自然とゴールドカードの審査の条件が低くなったと考えることができます。

インターネットからの情報で年収200万円台でも発行ができたという声もあります。

さらに10代でのゴールドカード作成は不可能ですが20代であれば作成可能です。

アメックスゴールド に憧れを持っているかたは一度審査申し込みを行なって見てください、思ったよりすんなりと審査を通過できるかもしれません。

申し込みの流れをチェック

アメックスゴールドの申し込みはWEBですることができます。

必要項目を入力します。名前やメールアドレス、住所、職業、収入などの一般的な質問事項でそこまで時間はかかりません。

審査の結果は人によっては2、3日で結果がわかる人もいますが、1週間以上は結果まで見た方がいいでしょう。

審査の時間がすぐに終わっても自宅に届くまでに時間がかかるのがアメックスの特徴です。1週間〜10日ぐらいは覚悟しておいてください。

アメックスゴールドカードのメリット

アメックスを持っているというステータス

元々アメックスは医師や弁護士などの富裕よう向けにカードを発行していました。

バブル当時に今の30代、40代、50代にとても人気で金持ちはアメックゴールドカードを持っていると言うイメージがつきました。なので現在もアメックスを持っていると、ステータスの高いクレジットカードはアメックスというブランドイメージが定着しています。ステータスというのは社会的信用という意味です。

日本ではホテルに泊まる時、クレジットカードは必要ありませんが、海外ではホテルに泊まるときクレジットカードの提出が必要になります。

クレジットカードがないと高額なデポジットが必要になります。なぜならクレジットカードが身分証明証となるからです。

クレジットカードの審査を通過していると言うことはカード会社が所有者の素性を保証しています。つまりアメックスなどのステータス性があるカードであればステイタスの高い人物と周りから評価されます。

ゴールドカードを発行しているカード会社はたくさんありますが、その中でも最高位のステータスを感じることができます。

家族カードの一枚の年会費が無料

家族カードの年会費通常12000円が一枚無料です。

家族カードとは本人会員のクレジットカードと同じサービスを利用できる会員の家族専用のクレジットカードです。

請求は本人会員の口座から一括引き落としされ、利用分をまとめることができ家系の管理が簡単になります。さらに家族カードで利用した代金分もポイントが貯まりますので、お得です。

家族カードはアメックスゴールドカードまたはアメリカン・エキスプレス・カードのどちらかを選ぶことができます。

家族カード二枚目以降はアメックスゴールドカード、アメリカン・エキスプレス・カードのいずれの場合でも一枚に月年会費が12000円+消費税かかります。

ゴールド・ダイニング by 招待日和で外食サービスが無料に

ゴールド・ダイニング by 招待日和とは国内外約200点のレストランンの所定のコースを2名以上で予約すると1名分のコース料理代が無料になるサービスです。

招待日和とは入会条件が医師または、会社が入会を承認した人しか入会できないサービスです。通常年会費が個人会員の場合32,400円かかります。

そのサービスをアメックスゴールドを持つだけで無料でそのサービスを利用することができます。

一店舗につき半年に1回年に2回利用が可能です。4月1日〜9月30日の間に1回、10月1日〜翌年3月31日まで1回です。

旅のプランを立てる

Young man planning travel on vacation trip with map. Top view.

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン

アメリカン・エキスプレスカード会員専用の旅行予約サイトです。

国内外ホテル、海外航空券、レンタカーのオンライン予約が可能です。

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインならではのメリットは予約時にポイントで支払いができます。さらにカードの利用で100円につき1ポイントのところ2ポイントと通常よりも多くたまります。

カード会員だけの特典で手数料一切不要、優待価格の商品、様々なキャンペーンがありリーズナブルに予約することが可能です。

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクは電話一本でHISが海外・国内の旅行の手配をしてくれるサービスです。

国内・海外のパッケージツアーやクルーズの予約、日本発着の国際線航空券、国内線の予約海外ホテルやレンタカーの予約、国内ホテル・旅館、レンタカー、JRチケットの予約がサービス内容です。

取扱手数料は国内・海外パッケージ・ツアーは無料、国航空券は1200円+消費税、海外航空券は3000円+消費税にて手配してくれます。

結構面倒になる、旅行の手配を誰かにしてもらえるのはとても便利です。

Expedia海外・国内ホテル宿泊料金8%オフ、ツアー代金優待

Expediaとは世界3万都市の国内外のホテル、やツアーを24時間365日オンライン上で予約できるオンラインサービスです。アメリカン・エキスプレスのカード会員は優待価格で利用できます。

海外、国内ホテル宿泊料金は8%オフ、海外ツアー料金は15万円以上(税抜)利用で3750円オフです。

アップルワールド

各内外の旅行世予約サービスです。世界約10万軒のホテルを最安値よりさらに5%オフで利用できます。

空の旅の出発をもっと快適に

スーツケース1個無料配達

海外旅行の際に出発に自宅から空港まで、帰国時に空港から自宅までカード会員1名に月スーツケース1個を無料で配達してくれます。

対応するのは、対象空港は成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港の4つです。

出発までの7日前までにウェブサイト、電話で予約します。

次に宅配業者が自宅までスーツケースを集荷に来てくれます。

最後に出発日までに空港でカード、宅配原票、搭乗券を定時すれば引き取りすることができます。

エアポート送迎サービス

海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定場所と空港との間を格安の定額料金で送迎してくれます。

対象空港は成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港の4つです。

料金は地域によって違います。例えば関西国際空港から大阪市内の送迎ですと一律10000円です。H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクにて日本発着の国際線航空券(大人運賃)、海外パッケージツアーを購入の場合に利用可能です。

空港でくつろぐゆとりの時間を

空港ラウンジ

アメックスゴールドと利用当日の搭乗券を提示すると国内28空港・海外2空港の空港ラウンジをカード会員本人と同伴者1名も無料で利用可能です。

利用可能ラウンジ:

国内:新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台空港、羽田空港、成田国際空港、新潟空港、富山空港、中部国際空港、小松空港、大阪国際空港、(伊丹空港)関西国際空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、高松空港、松山空港、徳島空港、北九州空港、福岡空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港

海外:ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)、韓国 仁川国際空港

プライオリティ・パス

「Priority Pass Ltd.」が運営する国内外1000箇所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に通常99USDのところ年会費無料で登録できます。さらに1回27USDの利用料が年間2回まで無料になります。

プライオリティ・パスのメリットは飛行機に乗り祭すれば、その空港にあるラウンジが利用できることです。たとえLCCを利用した時など飛行機代が安くても関係なく利用することができます。

航空便遅延補償

カード会員ご本人が海外に旅行の際、航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金や食事代を補償されます。また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償してくれます。

主な補償

乗継遅延費用:到着便の実際の到着時刻から4時間いないに代替便に登場できなかった場合、宿泊費、食事代を最高2万円を限度で補償してくれます。

出航遅延、欠航、搭乗不能費用:到着便の実際の到着時刻から4時間いないに代替便に登場できなかった場合、宿泊費、食事代を最高2万円を限度で補償してくれます。

受託手荷物遅延:航空便が目的地に到着してから6時間以内に、カード会員の身の回り品で搭乗時に航空会社が受託した手荷物が目的地に運搬されなかったために、会員が目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を2万円まで補償されます。

受託手荷物紛失:航空便が目的地に到着してから48時間以内に、受託した手荷物が目的地に運搬されなかった場合、手荷物は紛失したものとみなし、到着後96時間以内に目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を4万円まで補償してくれます。

旅行先の優待やサポート

American Express Invites® レストラン優待

世界中から厳選した400以上のレストランにて、優待特典を利用できるサービスAmerican Express Invites。飲食代金の20%オフやボトルワインのサービス等の特典を利用することができます。

プリファード・ゴルフ

世界50箇所以上の提携ホテルに2泊以上宿泊すると、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代1名分が無料になるプログラムです。通常年会費295USDの本プログラムに、ゴールド会員は無料で登録することができます。

プリファード・ゴルフが運営しており、サービスの利用はプリファード・ゴルフへの登録が必要です。

オーバーシーズ・アシスト

海外から日本語で電話問い合わせが可能でレストランの予約をはじめ医療機関の紹介、緊急時の支援まで、世界中ほとんどの国から24時間通話料無料で利用が可能です。

ほとんどの国でオーバーシーズ・アシストは利用可能でアメリカ、カナダ、中南米、カリブ諸島、フランス、ドイツ、イギリス、スペイン、イタリア、スイス、ロシア、アフリカ、中近東、オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール、韓国、台湾、などの国で利用が可能です。

キャンセルプロテクション

急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気、怪我による入院などで、予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償する画期的なサービスです。さらに、同行するご予定のあった配偶者の方の分も併せて補償してくれます。

年間最高10万円まで補償してくれます。

Apple Payが利用可能

Apple PayとはiPhone7、Apple Watch series2以降利用できるサービスでクレジットカードやプリペイドカードをiPhoneで持ち運び、使えるようにする電子ウォレット機能です。

Apple Payでは「Suica(スイカ)」と「iD(アイディ)」「QUICPay(クイックペイ)」の3つの電子マネーに対応しています。

Apple Payで使える電子マネーのうち、Suicaは前もってお金をチャージして使うプリペイド型電子マネーで、iDとQUICPayはクレジットカードのようにあとで請求がくるポストペイ型電子マネーです。これのどちらもiPhoneで使用することができます。

日本国内では使えるところが多くコンビニや電車など小さな買い物をタッチでスムーズに済ますことができます。

アメックスゴールドカードのデメリット

世界で利用できる店が少ない

アメックスの世界シェア率がVISAなどと比べて低く利用できる店舗が世界的に見ると低い。日本ではJCBがアメックスに加盟店を解放しているので国内での利用は不自由なしです。

年会費が高い

年会費が29000円+消費税と高額、他のカードよりも高額であるがサービスが充実している

ポイントの還元率が少ない

メンバーシップ・リワード・プラスに加入しないと還元率が少なくマイルなどとの交換もレートが低い。年間参加費は3000円+消費税課金が必要

付帯保険

国内旅行傷害保険

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでチケットなどを購入した公共交通乗用具に搭乗中の事故、予約の際、事前にアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで宿泊料金を支払いになる旨を伝え宿泊施設での宿泊中の火災・爆発が原因による事故、またはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでご購入のパッケージ・ツアーに参加中の事故によって傷害を受けられた場合に補償されます。

基本カード会員は傷害死亡保険金5000万円、カード会員の家族は1000万円、家族カード会員は5000万円です。傷害後遺障害保険金はかーど会員最高5000万円、会員の家族最高1000万円、家族カード会員最高5000万円が補償されます。

海外旅行傷害保険

海外旅行を目的に住居(日本国内)を出発した時から、住居に戻るまで(日本国出国の前日から入国の翌日まで)の最長90日間補償されます。基本カード会員本人が日本出入国のために、時刻表に基づいて運行される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージ・ツアーの料金をアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードにて支払いした場合、傷害死亡・後遺障害保険金額最高1億円を補償します。

海外旅行の場合、日本出入国のために時刻表に基づいて運行される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージ・ツアーの料金などの旅行代金をカードで決済しない場合の傷害死亡保険金5000万円、カード会員の家族は1000万円、傷害治療費用保険金はカード会員、基本カード、カード会員の家族は最高200万円、疾病治療費用保険金はカード会員、カード会員の家族は最高200万円、賠償責任保険金はカード会員、カード会員の家族は最高4000万円、携行品損害保険金(免責3千円/年間限度額100万円)はカード会員、カード会員の家族1旅行中最高50万円、救援者費用保険金は保険期間中最高300万円保証されます。

旅行代金をカードで決済する場合、傷害死亡保険金カード会員は1億円、カード会員の家族は1000万円、家族カード会員は5000万円、傷害治療費用保険金基本カード会員、家族カード会員は最高300万円、カード会員の家族は200万円、疾病治療費用保険金は基本カード会員、家族カード会員は最高300万円、カード会員の家族は200万円です。

賠償責任保険金はカード会員、カード会員の家族、家族カード会員は最高4000万円、

携行品損害保険金(免責3千円/年間限度額100万円)はカード会員、カード会員の家族、家族カード会員は1旅行中最高50万円、救援者費用保険金は保険期間中カード会員、家族カード会員は最高400万円、カード会員の家族は最高300万円補償されます。

口コミ

価格コムの口コミより引用します。

「ひどい誤解や評価、このカードを理解せずに他ブランドとの比較は、どうなのかなぁ…年会費は安くありませんが、付帯サービスや海外で得られる安心感は、他ブランドと比較出来ないプライスレスだと思います。このカードを所有するには、ほんの少し早かった方もいらっしゃれば、目的や用途にミスマッチがあった方もいることだと思います。まあまあ人それぞれ感じ方が違うから、仕方ないことです。その辺を理解した上でお薦めします。」

「関空まで荷物を一つ無料で送れるのは便利。

年に何度でも。遅延のとき、領収書ナシで食事代も負担!

これはわりと嬉しいサービスだった。一年使ったら、プラチナカードの招待がきた。

年会費13万。これはさすがに、、、。

ポイント重視なら楽天だけど、海外旅行保険とか、もろもろの付帯はこっちのほうがいいかな。」

「ポイントも電子マネー系でポイントは付きませんが、おおむね1%程度付きますし、満足です。付帯サービスも招待日和で年会費を回収できるぐらい、利用できますし、海外旅行でのプライオリティパス、国内旅行で、ラウンジを同伴者無料で利用できるのも魅力です。

あと会員専用サイトもシンプルで見やすいし、スマホ用のアプリもシンプルで使いやすいです。

デザインも他のクレジットカードに比べてシンプルに渋いですし、ステータス感もあります。

ゴールドカードですが、付帯サービス、デザインの渋さ等、好みもあるでしょうが、私は満足してます。

使い方によっては大変素晴らしいカードですし、利用用途によっては、不要なカードなのかなぁと思います。」

「キャンペーンでポイント目当てに入会するかたは申し込みをやめたほうがいいでしょう。アメックスもビジネスでやっている企業です。自社に損失をもたらすことが行われれば打ち切ることがあっても不思議ではありません。因みにJCBはアメックスに加盟店を開放していますから国内でも困ることはございません。日本国内で利用されるかたには不評のようですね。海外では事情がちがいます。日本のカードはみなAMEXに追いつけ追いこせでしたが、結局い似たり寄ったりでしょう。」

高いステータス、海外での利用のサービスの数々、利用者はポイント還元率などや安さでこのクレジットカードに価値を見出していない印象です。

アメックスゴールドカードについてのまとめ

「日常も旅も夢中になる瞬間を」というキャッチフレーズのクレジットカードです。

まさにその通りだと思います。

ステータス重視のカードにもかかわらずポイント還元率が1%あり、旅行に関してのサービス、保証が大変充実しています。

このカードを持つべき人は海外出張の多いビジネスマン、海外旅行をよくする人、日本でも高いステータス性を感じたい人です。

このクレジットカードのサービス、使いかたなどの本質を理解して、それでも欲しいと言う人にはとても満足できるものだと思います。

年会費
初年度2年目~
無料29,000円(税別)
申込み条件
20歳以上(学生は除く)で電話連絡が可能な方
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
今ならご入会で初年度年会費無料キャンペーン実施中!