元祖ブラックカード、日本で持つのは7000人?豪華すぎるアメックスセンチュリオンの特徴

アメリカンエキスプレスが発行するプラチナカードのさらに上をいく最上のクレジットカード。それが、アメックスセンチュリオンカードです。

『ブラックカード』とは、本来アメックスのセンチュリオンカードのことを言います。

つまり、アメリカンエキスプレスセンチュリオンこそが、本物のブラックカードであり、ブラックカードの中のブラックカードと言えます。

もちろん、ほしいからと言って申し込みをすれば手に入るわけではありません。そこでアメックスセンチュリオンにつながるクレジットカードを集めてみました。

アメックス・センチュリオンとは

アメリカンエキスプレス・センチュリオン・カード(アメックス・センチュリオン)はアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(AmericanExpressInternational,Inc.)が発行しているブラックカードになります。

ちなみに、センチュリオンとは古代ローマ兵士(重装歩兵)の「百人隊長」という意味で、アメックスの象徴となっており、プロパーカードに記載されております。

センチュリオンは市民社会からも大きな敬意をもって遇される名誉ある地位でした。質実剛健な強さと名誉を象徴する存在でした。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードは、アメックスの象徴であるセンチュリオンが名前に入ったカードということで、まさに「アメックスの中のアメックス」、「The.Amex」のカードです。

高級カードの歴史はアメックスがリードしてきたようなものです。アメリカン・エキスプレスが一般カードの上位カードとして1966年に、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」をリリースしました。

この当時はアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが最上位カードだったんですが、アメックス・ゴールドの成功を見て、同業他社が追随をしてまいり、アメックス・ゴールドはステータスが相対的に低下していったのです。

これではいけないということで、次は更なるステータス・サービスを求める顧客のニーズを応えるために、アメックスがゴールド・カードの更に上のプラチナカード(アメックス・プラチナ)を1984年に開始しました。

しかし、こちらも発売当初は成功を収めましたが、ほどなくして同業他社が追随をし、アメックス・プラチナを模倣したプラチナカードを発行しだしました。

そこで、アメリカン・エキスプレスは、他社の追随を許さないほどのサービスが充実した、プラチナカードの更に上位をいく「センチュリオン・カード」を1999年に発行しました。これが、「ブラックカード」の誕生です。

最高のサービスを提供するカードですが、ここもやはり現在では、同業他社も、アメックス・センチュリオンを模倣したカードに追随し、次々とリリースをしました

また、「ブラックカード」と呼ばれる由縁ですが、アメックス・センチュリオンのカード面が黒色だったことから、同業他社も最上級カードの色を黒くするようになり、最上位のクレジットカード=ブラックカードという構図が定着していったので、最上位カードはブラックカードと呼ばれるようになりました。

ただ、特筆されるのは、クオリティ、インビテーションの希少性、1年の会費、ステータス等をトータルでみると、アメックス・センチュリオンは他社の追随を許さない存在となっております。

誕生してから10数年ほどですが、いまだ全世界における圧巻なブラックカードとしての地位は揺ぎないものになっています。圧倒的な存在感です。

その統計の参考値といたしまして、価格.comの「クレジットカードでもっともステータスを感じる国際ブランドは?」というアンケートでは、1位アメリカン・エキスプレス、2位ダイナースクラブ、3位VISAとなってました。

ステータス性が高いカードはというと、やはりアメックスが評価されています。

  • アメリカン・エキスプレス:35.7%
  • ダイナースクラブ:31.5%
  • VISA:14.6%
  • JCB:8.0%
  • Mastercard:7.0%

さらに詳しいアメックスセンチュリオンについてはコチラから!

世界で一番のクレジットカードと称されるアメックスセンチュリオンのサービスの全貌を公開!

アメックス・センチュリオンの種類

アメックス・センチュリオンのカードの種類は、通常のプラスチック製のカードと、チタン製のカード(チタンカード)の二種類がございます。

チタンは酸化物が安定していて侵されにくく、空気中では不動態となるため、プラチナとほぼ同等の強い耐食性を誇ります。

500℃の高温でも耐えられる耐熱性といった特質から、航空機や潜水艦、自転車、ゴルフクラブ等の競技用機器、化学プラント、生体インプラントの材料、打楽器等で使用されています。

アメックス・センチュリオンはこのような貴重なチタン製のカードを選ぶことも可能です。通常のプラスチック製カードよりずっしりと重く、非常に存在がでるカードになってまいります。

カード番号や名前等、プラスチック製カードの場合はエンボス凸版になっている部分は、機械加工により1枚ずつ削りだし加工されています。

職人が一つ一つ手作りで作成するクレジットカードはアメックス・センチュリオンだけで非常に希少価値が高いものとなっております。

以前は、日本で最初に発行されたアメックス・センチュリオンのチタンカードは厚くて、ATMやクレジットカードを入れる機械に入らず、不便を感じることもありました。

ですが、現在はチタンカードが改良され薄くなって、問題なくATMやクレジットカードを入れる機械を利用できるようになっております。ただし、ごくまれに機械に通らなかったり、吸い込み式のタイプの機械だと出てこなくなるケースもあるようです。その点は少し不安です。

チタンカードの正式名称は「センチュリオン・チタニウム・カード」となっています。

2016年時点では、アメックス・センチュリオン・チタニウム・カードは、諸外国では発行が取りやめられており、日本だけで発行されているという説もあります。

1年の会費・利用限度額

1年の会費は350,000円(税抜)です。8%税込だと378,000円です。初年度は入会金として別途500,000円(税抜)がかかります。8%税込だと540,000円です。

ですので、まとめますと初年度:合計918,000円(税込)/2年目以降:378,000円(税込)となります。

2007年までは168,000円でしたが、一気に約20万円も1年の会費がアップしました。倍増以上です。すごく上がったように感じます。通常の一般的なクレジットカードで20万円のアップなんてありえません。ですが、その代わりに入会員には専用担当者が付くようになりサービスも非常に強化されました。これは心強いです。

また、アメックス・センチュリオンには家族カードもあります。配偶者にはアメックス・センチュリオン(プラスチック製カード及びチタンカード)、その他の家族には、アメックス・プラチナが無料で4枚までですが発行されます。

アメックスは家族会員の範囲が広く、配偶者、18歳以上の子供、両親だけではなく、内縁・同性婚のパートナー、婚約者でも家族カードを発行可能です。寛大ですね。

家族カードの1年の会費は全て無料です。これは嬉しいですね。一人では高価な1年の会費でも、大家族なら一人当たりの費用はプラチナカード並みに引き下げることも可能となります。

発行枚数 1枚あたり1年の会費(税込)
1枚 378,000
2枚 189,000
3枚 126,000
4枚 94,500
5枚 75,600
6枚 63,000
7枚 54,000
8枚 47,250
9枚 42,000
10枚 37,800

1年の会費は同業他社を見ても最高峰であり、他社のブラックカードを圧倒する水準です。ですが、その代わりに最高峰のサービス、コンシェルジェがあり、世界の頂点のステータスがございます。

アメックスセンチュリオンを手に入れたい方へ!

アメックスセンチュリオンは現存するクレジットカードで最も豪華で敷居の高いクレジットカードとして君臨しています。もちろん地道なクレヒスを積むことが重要です。将来的にアメックスセンチュリオンがほしい方は、入り口となるカードを集めたのでそちらも参考にしてみてください!

センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ

アメックス・センチュリオンの入会員には専用の電話番号が作られ、「センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ」の担当が付きます。専用の担当ですよ。

アメックスは「コンシェルジュ」ではなく、「コンシェルジェ」という呼び方ですので、留意ください。

専用フリーダイヤルは24時間365日つながるようになっており、いつでも電話での依頼やお問い合わせが可能となっております。海外からも基本的に依頼やお問い合わせができます。

センチュリオンの所有者には専用の担当者が付きます。専用担当者は時間の制限がございますが、10:00~18:30の時間帯は担当者が対応してくれます。まるで執事のような存在です。

専用の担当者のメリットは、入会員からの依頼については把握しているので、依頼した内容の変更・キャンセルを行う場合等においては、確認時間なしにすぐに伝わることです。一般的なクレジットカードであれば、本人確認からはじまり、一から要件を伝えていくので、その煩わしさが全くないのでよいですね。

電話に出たオペレーターがコンピューターの履歴をチェックして確認する間に待つという無駄な時間が一切発生しません。

担当者のコンシェルジェは交代することもあります。ここは対面の証券の担当制度と同じような運営です。

対応時間外は専任の担当者の対応ではありませんが、アメックスのコールセンターの従業員は、ほとんどがアメリカン・エキスプレスの正社員であり、丁寧なサポートを受けられます。ここもしっかり教育もされており、安心ができる材料ではないでしょうか。

コンシェルジュの評判という意味での情報としましては、複数のブラックカードの所有者の間では、いくつかのカードのコンシェルジュの中でも、アメックス・センチュリオンのコンシェルジェのクオリティは随一という評判が多くよせられているようです。

まさに世界有数のコンシェルジュといっても過言ではないでしょうか。レストラン・料亭・居酒屋等の予約を依頼した場合は、もちろんアメックスが使えないお店もピックアップして案内してくれます。ステータスやカードの所有者の満足度優先で動いてくれますね。

レストラン、ホテルからイベントまで希少な席を予約してくれたりします。アメリカン・エクスプレスは、ステータスの高いレストラン・ホテルで席・部屋が全滅という事態を避けるために、カード所有者のためだけに用意された席を確保しています。

また、ご自身の興味があるジャンルを事前に伝えておけば、コンシェルジェからチケット等の提案が届きます。事前にチケットの販売開始前の大人気のコンサートチケットやスポーツ試合の良い席を確保できる場合もあります。こういった世間一般に公開前の人気イベント情報を提供してくれるなんて、とてもすばらしいサービスですね。

これはセンチュリオンの所有者だけが享受できるならではの特権です。大人気のイベントでなかなか席が取れない中で、良い席はどうやったら予約できるだろうというわからないことがありますよね。

その答えの一つには、アメックス・センチュリオンの所有者がチケット販売前に席を確保しているからという仕組みがあったのです。

東京スカイツリーの開業日のチケットをセンチュリオンのコンシェルジェに依頼して入手した方もいます。

東京スカイツリーの開業日のチケットは、なんと数百倍であったそうで、その熾烈な競争を脇目に手に入れたのです。このとき、複数のブラックカード・プラチナカードに依頼したのですが、確保できたのはセンチュリオンだけだったそうです。

また、レストランの予約では、センチュリオンのコンシェルジェから予約すると、ワインのボトルサービス等の特典がつく場合があります。

「一見さんお断り」のレストラン・料亭だって使用することができます。敷居が高いお店はコンシェルジェ経由で予約すると心配ご無用です。

コンシェルジェ経由で依頼すると、一部のショップでは閉店後にお店を開けてくれて、営業時間外に貸しきりで買い物をさせてくれるサービスがございます。

ご多忙な方ですと、逆に買い物の時間がもったいないという方もいらっしゃいます。そういう場合は必要なもの全てを代理で買ってきてくれるというサービスも手配できます。

スポーツ、コンサート、オペラ、観劇、その他イベント等、全世界のチケットも可能な限り手配をしてくれます。

日本では発売していないの商品の購入等の調達の依頼もできます。海外で見かけて購入できなかった商品や、もう一度飲みたいワインの調査等も依頼できます。

アメックスはT&Eカードであることもあり、旅行・エンターテイメントに関するコンシェルジュのサービスは超越しております。

スケジュール期間や、費用の目安、イベントとして入れたいエンタメ・スポーツ・オプションツアー等を言えば、的確な旅行プランを提案してくれます。

コンシェルジェからの折り返しの提案連絡を聞いてから、頼むか否かは決められます。依頼した結果、提案を受けたプランが気に入らなければ却下しても大丈夫です。

OKすると、ホテル、航空券・鉄道、オペラ鑑賞やスポーツ観戦、リゾート地でのオプションツアー等あらゆる項目について予約・手配してくれます。最適なプランを提案してもらって、その後に予約手配までしてくれるなんて至れり尽くせりですよね。

航空会社はスターアライアンス系あるいはワンワールド系といった指定も全然大丈夫です。マイルを使ったアップグレード対象のフライト便も調べてくれます。

またホテルの予約については、センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ経由でホテルの予約を取ると、部屋がアップグレードされることもあります。

アメックスのトラベル関連の特典が優れていることもあり、ホテル・旅館の手配も超越しており、アメックス・プラチナのコンシェルジェは卓越したクオリティを発揮しています。

航空券や電車のチケット、レンタカー、ホテル、旅館、レストラン等について手配してもらったチケット・領収書・その他書類は、すべて指定の住所に無料で送ってくれます。

また、センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェは、当然ですが、評判が良くない店舗は排除してくれます。クオリティが良好なお店のみを提案してくれますのでその点でも非常に安心です。

出席するメンバーの年齢・性別・趣味趣向等を伝えると、ピンポイントでそれに合わせたお店を紹介してくれます。

お店によっては上顧客としての待遇を受けられることもあります。マネージャーやシェフが挨拶に出迎えてくれたり、お見送りをしてくれる等の特別な待遇を受けられることもあります。

また、良い席に通してめることが多く、自分で予約するよりもアメックスのコンシェルジェを通した方が、よい待遇を受けられることが多く、快適に利用できます。

タクシーやリムジンの予約、その他プレゼントの手配等も当然にできます。

いちいち様々な事柄を探す手間や、情報をたくさん集める手間が省けます。秘書がいない中小企業の経営者、個人事業主、会社員、専業投資家にとってはかなり絶大なメリットでるのではないでしょうか。

代表的なものは、家族の誕生日をサプライズでお祝いする演出も可能です。こちらもアメックスならではコンシェルジェ・サービスで至福の一時を過ごせるのではないでしょうか。

ただし、既に完売でアメックス自身も保有していない席やチケットを用意したりはできません。

夜11時に「明日の朝食用に6時にクロワッサンの焼きたてパンを店から直接持ってきてください」等を依頼してもこれは無理です。物理的にできないご依頼はNGです。

「営業時間外にお店を開けてくれた」等の話は、アメックス・センチュリオンを持っているからというよりは、所有者のパワーの影響が大きいです。

当日はいきなりでは難しくて、事前に連絡して対応していただくところが多いです。

ホテルに部屋がない時でも、カード会社が枠を抑えていてコンシェルジュ経由なら予約可能な時がございます。

インバウンド増加やイベント等でホテルが、インターネットの予約サイトでは全滅でも、プラチナカードのコンシェルジュに電話したら確保できたことがございます。

アメックス・センチュリオンの場合、電話のみというコンシェルジュも多いですが、電話のみだけではなく、メールでの回答を受け取ることもできます。

電話の場合、出れなかった場合は、ご自身から折り返す必要があって、手間がかかる場合がございます。また、聞き取った内容をメモする必要が出て、出先だと面倒に感じることがあったりします。

ですが、メールであれば手が空いている時には必ず見られますし、メモをとったりする必要もありません。メールそのものが記録になり、非常に便利に感じます。

レストランや居酒屋の予約を依頼して、予約結果を他の参加者に連絡する場合、メールだとコンシェルジェの連絡メールを転送したり、コピペして案内文を送ればOKなので、非常に楽で便利です。

メール回答OKで状況に応じて電話の回答と使い分けることができるので、数多くあるコンシェルジュ・サービスの中でも優位性のあるサービスと思います。

JCBのTHE CLASS/JCBプラチナの場合、ホテルの予約とレストラン予約に関連する依頼についてはメールの回答がOKというものがありますが、それ以外に関しては電話のみの回答となっております。

専用の秘書がいらっしゃる方にとっては、あまり優位性がないかもしれませんが、コンシェルジェを活用すると、1日24時間しかない貴重な時間を有意義に過ごせることができます。ホテル予約等では、自分では取れないものも予約できることがございますで、ぜひ、ご自身以外の分身をもう一人作ったような感覚で、コンシェルジェ・サービスをお使いいただいてはいかがでしょうか。

アメックスセンチュリオンの詳しいサービス内容の詳細をまとめた記事はこちらになります。

世界で一番のクレジットカードと称されるアメックスセンチュリオンのサービスの全貌を公開!

圧巻のショッピング・サービスがございます

ファイン・ショッピング

国内の有名ブランド店で営業時間外(営業時間終了後)に貸し切り状態でショッピングができるサービスです。こちらは、コンシェルジェ・サービスと同じようなものになります。

また、限定商品の優先予約等も可能です。情報が先に入ったりするので、こういったことも可能ですね。ショッピングで人目が気になる方には非常に便利なサービスですね。

通常の営業時間内でお客様が多いと、試着室が混んでいて待つ時間がイライラしてしまうことなどありませんか。そういったことを回避するために、他のお客様がいないところでお買い物したい場合には非常に便利です。かなりセレブなサービスになります。

これを使って何も買わないというのはなかなか厳しいと思うので、何か確実に買う候補があることが前提ですね。こういった保険もあるので、お店側としても、営業時間外に営業をするということにメリットがでます。ウィンウィンの関係ですね。

このファイン・ショッピングサービスが実施できる高級ショップは、いくつか揃っております。実施しているお店は以下のとおりです。

ヴァンクリーフ&アーペル-VanCleef&Arpels/ウブロブティック銀座(日本初の直営店)
エルメネジルドゼニア/Kitonキートン/Gucci/サルヴァトーレフェラガモ/ジョルジオ・アルマーニ:GiorgioArmani/ティファニー/デビアスダイヤモンドジュエラーズ/Dolce&Gabbana:ドルチェ&ガッバーナ/NicolaiBergmannFlowers&Design/バリー/バーニーズニューヨーク/バーバリー/ブレゲブティック銀座/ボッテガ・ヴェネタ銀座店/ミキモト/ランバンブティック銀座店/ロロ・ピアーナ/ワインショップ・エノテカ広尾本店/

エクセレントルームコンシェルジェサービス

豊富な経験と知識を持っているコンシェルジェが、ショッピングをサポートしてくれるサービスになります。ご自身にあったファッションのコーディネイトの提案をしてくれたりします。

最近は有料でこういったビジネスやサービスが流行ったりしています。身近にこのサービスを使っている方もいました。エクセレントルームコンシェルジェサービスを使えば、別途サービス申込みを行わずにコーディネートを行ってくれるので、非常に便利です。

通常は利用日の3日前までに予約が必要ですが、3日前を超えても柔軟に予約の対応してくれたりします。こういった柔軟な対応ができるところもエクセレントですね。

商品配送や駐車場のサービス

東京ミッドタウンの駐車場が無料になりました。特筆すべきは、お買い物しなくてもカードを提示するだけで大丈夫なのです。

お車でミッドタウンに行く機会があったら非常に便利です。滞在時間など気にすることなくゆとりをもって滞在できますね。

バーニーズニューヨークにおきましても、駐車場の無料サービスがあり、こちらでは、国内のみですが商品配送サービスまでもございます。

送れる商品はもちろん購入した品だけになります。銀座店、新宿店、横浜店、神戸店が対象になります。

プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料

アメックス・センチュリオンは、世界の130の国と地域と、約500の都市、箇所でいきますと、約1,200ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用することができるプライオリティ・パスを無料で発行することができます。

搭乗する航空会社、搭乗クラスにこだわりはなくラウンジが利用することが可能ですのでその点はたいへん大きなメリットになっております。また格安航空券を使ってときでもラウンジが使えます。1日に2回以上のラウンジを利用することもできます。

通常は、1年の会費は399米ドルであるプレステージ会員が無料となることが多いです。1ドル110.98円(2018/9/8時点)換算だと1年の会費は44,281円になり、こちらが無料になるということです。

アメックス・センチュリオンでプライオリティパスに入会した場合、入会したご自身だけではなく、同伴者も2名まで無料になります。

ですので、入会者ご本人を含め、合計3名まではラウンジで無料で使うことができるので、この快適に過ごせるのはメリットは非常に大きものですね。他のブラックカードは、同伴者は有料でだったり、無料は1名までというカードが多いので、この点でも、アメックス・センチュリオンは優位性が高いといってもよいのではないでしょうか。

しかも、アメックス・センチュリオンの場合は、家族会員もプライオリティ・パスが無料となります。これも非常に大きいですよね。家族は別ですよとなると、何か違和感を感じ、快適に過ごせたりしません。

家族会員は、5名まで無料になれますので、最大6名分のプライオリティ・パスが無料となります。大家族の方であればかなりお得ですね。

無料でプライオリティパスが利用できる人数では、日本1位と超越しております。

プライオリティパスで利用できるラウンジにはインターネットサービスや飲み物や軽食・スナック等があり、フライト前の一時を有意義に、快適に過ごせます。

ゴールドカードならOKのラウンジは人が多くて混んでいて落ち着かない時がございますが、プライオリティパスなら、利用対象者も少ないため、ストレスがない優雅な一時が過ごせますよね。

日本国内ではKALBusinessClassLounge等を利用可能です。中部国際空港ではSTARALLIANCELOUNGEも使えます(ファーストクラスセクションは対象外)。

各種ソフトドリンク、アルコール、パスタ、野菜炒め、揚げ物、デリ、サンドイッチ、サラダバー、ヌードルバー、おにぎり、カップラーメン、ケーキ、果物等が用意されているラウンジもあります。

また、プライオリティ・パスを所有していると、手荷物検査後にあるVIPラウンジを使えるというメリットもございます。

一般的なゴールドカードで使えるのは、手荷物検査前にあるラウンジがほとんでです。

飛行機に乗る前に手荷物検査を受ける必要があるので、搭乗時間より前もってラウンジを出て、手荷物検査終了後は待合室で待機する必要がございます。

一方、プライオリティ・パスで利用できる手荷物検査後にあるVIPラウンジは、搭乗開始のアナウンスがあってからラウンジを出ても十分に間に合うので、搭乗間際まで快適に過ごせます。

ちなみにご参考までに、プライオリティ・パスを利用できるクレジットカードで最も安価なもので、楽天プレミアムカードがあります。こちらは1年の会費は10,800円(税込)です。

プライオリティ・パスで世界中のラウンジが無料で使い放題になるので、使わなくてもお得なクレジットカードです。

1年間で200万円以上カードを使う場合は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスもお得となっております。1年の会費は通常21,600円(税込)になっておりますが、1年200万円以上だと半額の10,800円となり、楽天プレミアムカードと同じになってしまいます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスはJALマイルが1.125%貯まるので、コンシェルジェ・サービスや各種優待特典があり、破格の1年の会費です。JALマイルがお得に貯まるクレジットカードの1枚です。

また、お得という点では、プラチナ・アメックスもお得です。1年の会費は21,600円(税込)で、家族会員は無料になっております。一人あたり10,800円になっております。家族会員にもプライオリティ・パスが付帯しておりますので安心です。

楽天プレミアムカードは家族会員にはプライオリティ・パスは付きません、その点はご注意ください。

MUFGプラチナ・アメックスはコンシェルジュ、高級レストラン2名以上で1名分無料等充実したサービスというものもございます。

アメックス・センチュリオンは、もちろんアメックス・ゴールド以上で利用できる国内外の主要空港のラウンジも利用できます(アメックスのラウンジ一覧)。

 

地域 空港名 ラウンジ名
北海道 新千歳空港 スーパーラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ『A Spring』
東北 青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジ
関東 羽田空港 Sky Lounge
第1ターミナル エアポートラウンジ / POWER LOUNGE
第2ターミナル エアポートラウンジ / POWER LOUNGE
成田国際空港 IASS EXECUTIVE LOUNGE 1
IASS EXECUTIVE LOUNGE 2
北陸 新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジらいちょう
中部 中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
小松空港 スカイラウンジ白山
関西 大阪国際空港(伊丹空港) ラウンジオーサカ
関西国際空港 比叡
六甲、アネックス六甲
金剛
神戸空港 ラウンジ神戸
中国・四国 岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
米子空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 きらら
高松空港 ラウンジ 讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
九州・沖縄 北九州空港 ラウンジひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
長崎空港 ビジネスラウンジアザレア
大分空港 ラウンジくにさき
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~
海外 ホノルル国際空港(ハワイ) IASS EXECUTIVE LOUNGE
仁川国際空港(韓国) MATINA

 

アメックス・センチュリオンのインビテーション

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードは、インビテーション制(招待制)のブラックカードになっております。会員サイトの入り口のページも黒が基調となっておりますので、イメージカラーの統一は徹底してますね。

カード会員の中から、ご使用の実績やご利用店舗、職業、資産額(年収)等で厳密な審査がされ、そこで選定された方に、アメックスより、インビテーション・招待が来ます。

選定やインビテーションの基準評価の内容は一切公表されていませんので全くわかりません。審査基準は完全に謎に包まれております。数少ない明確な条件としましては、一定の利用金額は超えていることということは必須のようですが、この金額の設定値もいかほどなのかはわかっておりません。

センチュリオンと同じくインビテーション制を行っているのはアメックス・プラチナは、アメックス・ゴールドだけではなく、グリーンの所有者にもインビテーションが届きます。

センチュリオンの場合は、一般の方の場合は、個人の名義のプラチナカード所有者であることが必要でございます。以下、

アメックス・グリーン、アメックス・ゴールド、アメックス・ビジネスプラチナカード、ANAアメックス・SPGアメックス・スカイトラベラーカード等の所有者には、センチュリオンカードのインビテーションは届きません。

こちらも、少しわかっていることとして、現在では基本的にはアメックス・プラチナの保有年数は5年以上がたっていることが必要となっているようです。

インビテーションのまとめ

幾多ある様々な事例をトータル的に見て慮すると、アメックス・センチュリオンのインビテーションの基準としては、以下の条件をクリアすると届く可能性が高いと出ております。

ご参考にいただければと思います。

  • アメックス・プラチナを「5年以上」保有(最短で1年未満という例も)
  • 1年間の利用の金額が「2500万円~3000万円」程度(最低月100万円程度が目安)
  • 通算利用額が「1億円以上」(ここはバラツキがあるようです。数千万円~2億などの傾向も)

コンシェルジェを数多く使ってお金を落とすことはプラス材料という説もあります。
たしかに、アメックス・コンシェルジェを使ってモノ・コトを動かすことによって、さまざまな点に好循環をもたらすことになるので、この点は納得がいくものかもしれません。

もちろんこちらは参考基準ということですので、皆様の普段の生活・働きぶりによってはもっと早く届く方もいれば、これを達成しても届かない方もいると思いますので、あくまでも指標のひとつとしてご参考いただければとおもいます。。

アメックス・センチュリオンへの第一歩はアメックス・ゴールドから始まります。

最高のクレジットカードを入手するための入り口はここしかありません!

 

高ステータスなのに審査は以外にも難しくないアメックスゴールド

アメックスセンチュリオンのデメリット

アメックス・センチュリオンのデメリットは、やはり高額な1年の会費というところが大きくございます。1年の会費は378,000円(税込)という高額な会費となっております。

ブラックカードのダイナースプレミアムの2.69倍であり、これは世界一の水準となっております。プラチナカードまたはブラックカードのJCBTHECLASS、三井住友VISAプラチナカードでみたときでも、それらの「7倍」となっております。

アメックス・センチュリオンの1年の会費の3~4年分でロレックスデイトナ、サブマリーナデイト等が購入できてしまうほどの1年の会費です。ここは相当インパクトが大きいですね。

ですが、そう見たときに、どこで価値の有り無しを見極めていくかです。そこはサービスを徹底的に使いこなせば、高額の1年の会費もそこそこの部分は戻ってくるように思います。しかし、アメックス・センチュリオンを持つような方は、そのような細かい部分でコストパフォーマンスにこだわる方は少ないと思います。

1年の会費を気にしないような方にだけしかインビテーションが届くカードと言えるようか気がします。

アメックス・センチュリオンの会員は、インビテーションが緩かった時期に入った方を除くと、金銭面での費用対効果よりも、むしろ貴重な体験や、センチュリオンカード限定のもの、最高のおもてなしを行ってくれることを重視している気がします。

また、カード媒体で見たときに、アメックス・センチュリオンのチタンカードは、重くて不便な側面もありますが、やはり所有者に大人気なのはアメックス・センチュリオンならではの重厚感のあって圧倒的な存在感のあるカードだからだと思います。

現実的なメリットとしては、アメックス・センチュリオンの特典は、意外にも中小企業経営者・個人事業主・専業投資家・会社員に親和的です。前述いたしましたとおり、専用の秘書がおけない方々がよくコンシェルジェサービスを使われるところがこういったところになります。

ですので、大企業の役員や管理職、経営者、真の富裕層にとっては、実はあまりニーズが低いものとも考えられます。

一例を挙げますと、ホテル・飛行機・レストラン・プレゼント・チケットの手配等は、専用の秘書チームが対応してくれますので、いちいちセンチュリオンのコンシェルジェを使う必要はほとんどないように思われます。

また、航空ラウンジでも、航空会社の上級会員になっている方や、ビジネスクラス・ファーストクラスの利用が当たり前の方ですとラウンジの利用は当然になっておりますので、プライオリティパスのニーズは低いものとなってくると思います。

ホテルの上級会員の資格も、値段を気にせず常に高い部屋に泊まるような方ですと、さほどメリットはありません。一見さんお断りのレストラン・料亭も、知り合いに電話すれば紹介してもらます。

ブラックカードへの批判で、ブラックカードは単なる見栄であるという意見が著名人から出ております。

しかし、そういったスーパー・VIPな著名人は社員や秘書あるいはメイド、執事などが生活のあらゆるシーン・シチュエーションに面倒を見たり、世話をしてくれたりします。

他方、秘書や執事など、面倒を見てくれる人がいてなくて、また自社に福利厚生制度がない中小企業経営者・個人事業主・専業投資家・会社員であれば、アメックス・センチュリオンの様々なサービスをフルに活用して、様々なシチュエーションで恩恵を受けることができます。こういったサービスを有効に使って、日々の生活は、ビジネスを優位にたつために環境を整えたりしております。

ただし、アメックス・センチュリオンの1年の会費は高いのは言うまでもなく最もです。アメックス・プラチナで大丈夫という方は、無理にセンチュリオンを目指す必要はないと思います。

1年の会費54,000円とリーズナブルなブラックカード・プラチナカードで良質なカードには、JCB THECLASSや、三井住友VISAプラチナカードがございます。無理にセンチュリオンを目指す必要がないかたはこういった他のサービスもございます。

また、もう一つのデメリットとしまして、センチュリオン・カードは、VISA・Mastercard等と比較すると、使えることができる店舗が少ないというのもデメリットとして挙げられます。

このデメリットを緩和するためには、1ポイント1円で使えるVISA・Mastercardや、三菱UFJ銀行のVISAデビットカード等をサブカードとして所有し有効に使えれば大丈夫です。

アメックス・センチュリオンを所有するような方ですと、航空会社の上級会員資格もある方がが多いので、JALカードCLUB-AやANA VISA/マスターゴールドカード等をサブカードとして所有していると大丈夫な感じです。

なお、Visa/Mastercardと合わせてアメックスを保有する組み合わせというのは、万が一のトラブルやリスクに備えて、最適な組み合わせで非常に有効的かと思われます。

システムトラブルとしましては、2018年6月1日に、ヨーロッパの各国でVisaのシステム障害が発生したことがございます。このとき、カード決済ができなくなりました。イギリスの一部のATMでもシステム障害が報じられてから2時間未満の間に現金が空になったようです。

こうした、万が一の際に備えて、カード決済ができなくなるトラブルを回避するためにも、他の国際ブランド以外にアメックスも持っていればシステムトラブル等で困る心配が少なくなります。

さらに、電子マネーへのチャージして使っても、全くポイントが貯まらないのもデメリットとして挙げられます。いまのご時世、電子マネーが主流になってきているのに、こちらができないのは、少しもったいない感じはします。

電子マネーにチャージしたい場合は、サブカードとして対応しているクレジットカードを使うことがオススメでございます。

アメックスセンチュリオンの評価

このカードの評価
カードデザイン
(4.5)
ポイント・マイル
(3.0)
付帯サービス
(5.0)
作りやすさ
(1.0)
ステイタス
(5.0)
総合評価
(5.0)

選ばれた人しか見えない世界が見られるハイステータスカードの最高峰。ありあまる特典を使うのにも投資が必要。銀行での取引では支店長クラスが出てきます。下手に見せると営業されてしまいますが対応には満足しています。(50代、男性、会社経営)

入会に100万円、年会費に50万円。プラチナと特典は大きく変わらない。果たしてそこまで価値のあるカードなのか?(50代、男性、会社役員)

審査はジャパン→インターナショナル→本社の順であり、本社に決裁権があるので非常に厳しいといえるでしょう。またジャパンの推薦から本社の決済までに約半年から一年かかると言われています。アメックスのブラックカードですから当然ですね。(40代、男性、外資系)

普通に使っているだけで数十万ポイントが貯まっている。特に意識はしていませんが気付けば貯まっているのが良いですね。マイルに交換して飛行機の座席のグレードアップなどに使っています。(40代、男性、自営)

地方出張で一見の店やホテルで見せるときちんとした対応をしてもらえる。アメックスが使えるかどうかの確認も兼ねて最初に提示しておくようにしている。(40代、男性、会社経営)

まとめ

アメリカンエキスプレス・センチュリオン・カード(アメックス・センチュリオン)は1年の会費が非常に高くなってはいるものの、全世界中のクレジットカード界のサービスの頂点近辺に君臨しているブラックカードとなっております。

日本国内だけではなく全世界でのステータスが超越しており、カード媒体はチタンのカードでずっしりとした重みがあり、存在感としてはメタルスライムのようなものとして、非常に希少価値が高いものとなっております。

パラジウムカード、ダイヤモンド入りカード等に引けをとらない輝きを誇っております。

また、お得なメリットが満載のクレジットカード、メリットの特長のまとめとしては以下に記載しております。特に大きいメリットは以下のとおりです。

    • 希少なチタンカードの発行
    • 徹底教育された最高なおもてなしのセンチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ
    • 有名ホテル/グループの上級会員の資格
    • エミレーツ・スカイワーズ・ゴールドのステータス
    • JAL/ANAのファーストクラス/プレミアムクラスへのアップグレード
    • 営業時間終了後に貸し切りでショッピング
    • センチュリオン・ファイン・ホテル・アンド・リゾート
    • フリー・ステイ・ギフト(年1回の無料宿泊2名分)
    • プライオリティ・パスが無料
    • 高級レストランのコース料理が1名分無料
    • 「一見さんお断り」の高級料亭・レストランにアクセス可能
    • 国内のホテル・旅館で上級会員のような優待、国内ホテルから手荷物無料宅配
    • スパ(SPA)・エステ・リラクゼーション・アロマ・マッサージ優待
    • デルタスカイクラブ、アメリカンエキスプレス・エアポートラウンジを利用可能
    • 最上級の付帯保険
    • 充実のショッピング特典(ファインショッピング)、ダイニング特典(ファインダイニング)
    • 高級スポーツクラブを都度料金で利用可能(スポーツクラブ・アクセス)
    • コンフォート・カフェ(2018年5月末予約分で終了)
    • セカンド・センチュリオン・カード
    • センチュリオン・カード限定のボーナスポイント・パートナーズ
    • セカンドオピニオン・優秀な専門医の紹介
    • 海外旅行先での24時間日本語サポート
    • 国内外の手荷物無料宅配サービス(往復)
    • 無料の空港までの送迎
    • てぶらチェックイン
    • センチュリオン会員限定のラグジュアリーな特典・イベント
    • ポイントの有効期間が無期限(マイルも無期限で貯められる)

サービスの数は膨大にあり、メリットは計り知れませんが、やはり最大のメリットとしましては、幾多のコンシェルジュサービスの中でも定評がある「センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ」です。こちらが突出していると思います。

専用の担当者がつくのは、アメックス・センチュリオンならではですので特長としてあげられます。執事として様々な雑務・調べごとをアウトソーシングするといった感覚で使えば非常に有効なサービスではないでしょうか。

誰にでも1日には24時間しかなく、時間を有効に使うことが大切です。ですので、このように時間を有効に使うという点で、コンシェルジェサービスを使うには最も適しているのではないでしょうか。ビジネスマンや相場を常に監視するスタイルの専業投資家にとっては、時間は命・お金と並んで貴重です。

そんなプライスレスの時間を省くことができるのが絶大なメリットです。

自分がもう一人用意できたと思えば、価値も高く感じるのではないでしょうか。

日本以外では発行が停止されているチタンカードというもの貴重です。職人が作成した至極の一枚であり、しっかりとした重厚感のあるカードはまさに頂上級カードです。

上級会員の資格が得られるホテル・グループの数がアメックス・プラチナから大幅に増加していること、JAL・ANAの国内線ファーストクラスへのアップグレードも大きなメリットです。

また、おもてなしの観点でいけば、センチュリオンで決済したり、チェックインや入店時にカードチェックをすると、部屋のアップグレードがあったり、お店のオーナー、シェフ、店長など、偉い方が挨拶に来て名刺を渡してくれたり、ドリンクサービスがあったりしますので最高のおもてなしを受けることができます。

そして、特別に個室に案内してくれることもあります。高級ショップでお買い物すると、特注品の案内やごく一部の方にしか案内しない工場・工房見学等のオファーがあることもあります。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードを使って行ったら、センチュリオンならではのプライスレスな体験が可能です。

アメックス・センチュリオンはオンリー・ワン、スペシャル・ワンのブラックカードになります。

アメックス・センチュリオンを入手するには、段階を踏まないと入手ができないですが、入り口といたしましては、まずはアメックス・プラチナの入会・入手を目指すことが必要になります。

アメックス・プラチナも基本的にはインビテーションになっておりますので、その招待を受けるための前段として、まずはアメックス・ゴールドを作成して、クレジット・ビクトリー。ヒストリーを積み重ねることが必要になります。

アメックス・センチュリオンへの第一歩はアメックスのクレジットカードを手に入れるところからから始まります。

ぜひ、至高のサービスを受け、人生を絶頂で豊かなものにするために、アメックス・センチュリオンを目指されてはいかがでしょうか。

今すぐに申し込みができるアメックスセンチュリオンを見据えたクレジットカードを集めてみましたので参考にしてみてください。