ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴・メリット・デメリットまとめ

おすすめ5選
この記事を読んで分かること

・ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードのとは?

・ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードの特徴・メリット

・ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードのデメリット・口コミ

・ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードはこんな人におすすめ!

ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードというクレジットカードをご存知でしょうか?

日系航空会社大手の全日空(ANA)とアメリカンエキスプレスが提携して発行しているANAアメリカンエキスプレスカードの上位クレジットカードです。

ANAワイドカードの特典とアメリカンエキスプレスゴールドカードの一部特典を利用することができます。

年会費は税抜30,000円と一般カードに比べて各段に高くなりますが、マイルが無制限で貯められたり、トラベル&エンターテイメント関連の様々な優待が受けられたりと、年会費以上の特典が充実したカードなのでANAのヘビーユーザーにとっては魅力的な一枚です。

ここではANAアメリカンエキスプレスゴールドカードの特徴やメリット・デメリット、お得な使い方、どんな方におすすめなのかを詳しくお伝えしていきます。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとはどんなカード?

年会費
初年度2年目~
31,000円(税別)31,000円(税別)
申込み条件
原則として20歳以上で定職のある方家族カードは、配偶者、両親、18歳以上の子供など。
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
・ご入会&ご利用特典で最大60,000マイル相当進呈(2019年4月2日申込み分まで)
・さらに、申込ページからANAサイトに進むと最大18,000マイル進呈!(2018年11月30日申込み受付分まで)

ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードの年会費は税抜30,000円、家族カードは年会費税抜15,000円です。

一般カードが税抜7,000円であることを考えるとずいぶん高く感じます。

しかし、詳しくは後述しますが、ANAアメックスゴールドには年会費以上の特典があります。

ANAアメックスゴールドでは税込100円利用ごとに1ポイントの「メンバーシップリワード」のポイントが貯まります。

また、航空券や機内販売、提携店舗でのショッピングではポイント還元率がぐっと上がります

ポイントは1,000ポイント単位で1,000ANAマイルに交換することができるのでマイル還元率は1%となります。

ANAアメックスゴールドの場合ポイントには有効期限がなくマイル移行の手数料も不要なので任意のタイミングでマイル移行することができます。

移行マイルの上限もないのでじっくり貯めて好きなときに使うことができます。

ANAアメックスゴールドでは入会時と継続時のボーナスマイルが一般カードの2倍の2000マイルもらえます。

また、搭乗ボーナスは一般カードの2.5倍の25%となり、ANAのヘビーユーザーにとっては非常にマイルの貯めやすいカードです。

また一般カードでは海外旅行保険が利用付帯なのに対し、ANAアメックスゴールドの場合自動付帯となるのも嬉しいですね。

その他空港からの手荷物宅配サービスや、ANAアメックスゴールド独自の特典であるオンラインプロテクション、リターンプロテクション、キャンセルプロテクションなどの特典も魅力的です。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴・メリット

ポイントに有効期限がない

ANAアメックスカードのポイントプログラムは「メンバーシップリワード」です。

税込100円で1ポイントが貯まり、1,000ポイント単位で1,000ANAマイルと交換できるのでマイル換算率は1%です。

通常1マイル=2~3円として換算されるので、マイル交換した場合ポイント還元率は2~3%と非常に優秀なカードです。

注意

SuicaやICOCA、Edyなどの電子マネーへはチャージはできますがポイント還元の対象外となります。

PASMO、nanaco、WAONへのチャージはできませんので注意しましょう。

NHK受信料、UNICEFもポイント還元対象外です。

電気・ガス・水道などの公共料金、各種税金の支払い、ふるさと納税の支払いの際に貯まるポイントは200円で1ポイントとなります。

ANAマイルに関しては交換月から36か月後の月末に有効期限が来てしまいますが、ANAアメックスゴールドの場合メンバーシップリワードポイントには有効期限も交換上限もないのでポイントをじっくり貯めて無駄なくマイルに交換することができます。

一般カードのポイントには3年の有効期限があるのでこれは嬉しい特典ですね。

また、一般カードの場合にはポイントをANAマイルに移行する際に税抜6,000円の「ポイント移行コース」への登録が必要になりますが、ANAアメックスゴールドの場合、ポイントを無料でマイルに交換することができます

貯まったポイントはアメリカンエキスプレスメンバーシップリワードの各種アイテムに交換することもできます。

ただしANAアメックスゴールドカードの場合、ポイントの交換はANAマイルへの移行が最も交換率が良いので、このカードをメインで使う場合はANAマイルに交換するのがおすすめです。

とにかくマイルが貯まりやすい

PhotoAC

①ANAグループ商品の決済でマイル付与率3%

ANAアメックスゴールドカードでANAグループの航空券、機内販売、旅行商品を決済した場合ポイントが通常の2倍となります。

ANAアメックス一般カードでの同じ条件での還元率は1.5倍なのでポイントがずいぶん貯まりやすい設計になっていますね。

通常ポイントは100円ごとに1ポイント貯まりますが、ANA商品の場合は通常ポイントにプラスして200円ごとに1ポイントのボーナスポイントがもらえます。

この時点ですでにマイル付与率は2%となります。

さらにANAカードマイルプラス特典として1%のANAマイルが付与されるのでマイル付与率は合計3%となります。

ANA航空券購入でポイント付与率がアップするのはANAワイドカードゴールドの中ではANAアメックスゴールドカードのみとなります。

②特約店での決済でマイル付与率1.5~2%

ANAカードマイルプラスの提携店舗や商品の決済では利用金額100円または200円ごとに1マイルが付与されます。

通常のショッピングで得られる1%のポイントに加えて0.5~1%のマイルがもらえるのでマイル付与率は合計1.5~2%となります。

ANAカードマイルプラスの提携店舗は、ANA国内線・国際線の航空券や機内販売、ホテルやレンタカーなどの旅行関連商品からマツモトキヨシ、セブンイレブン、イトーヨーカドー、百貨店、レストランなど日常使いしやすい店舗まで多岐にわたります。

ときおり店舗ごとにマイル還元率アップのキャンペーンを実施しているので見逃さないようにしましょう。

③ボーナスポイント・パートナーズでマイル付与率最大10%

アメリカンエキスプレスのポイントプログラムでは「ボーナスポイント・パートナーズ」という事前登録不要の制度があります。

ボーナスポイント・パートナーズの提携先でANAアメックスゴールドを決済に使うと100円ごとに2ポイント、3ポイント、5ポイント、10ポイントのいずれかのポイントが付与されます。

最大マイル還元率は10%とかなりの高還元率となります。

入会、継続、搭乗でもどんどんマイルが貯まる

https://bit.ly/2DfmxUU

ANAアメックスの一般カードの場合、もらえるボーナスマイルは入会時1,000マイル、カード継続時1,000マイル、搭乗ボーナスマイルの積算率はプラス10%であるのに対し、ANAアメックスゴールドの場合入会時2,000マイル、カード継続時2,000マイル、搭乗ボーナスマイルはプラス25%となります。

搭乗ボーナスマイルがもらえるのはANA便だけでなくスターアライアンス加盟の航空会社のフライトが対象となります。

ANA便、グループ便にマイル精算運賃で搭乗した場合、または他社運航の日本国内コードシェア便をANA便名で予約・搭乗した場合のみ対象になります。

注意

航空券の便名がANA便名であっても、国際線の他社運航のコードシェア便は対象外なので注意して下さい。

ANA「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」の期間中は、それぞれの割増ボーナスが加算されます。

割増率の高いほうが適用され、合算はされません。

例えばファーストクラスで利用して1マイル=10円で使うとすると実質的に毎年2万円がバックされることになります。

ANAプレミアムメンバーの「ダイヤモンド」「プラチナ」「ブロンズ」ステイタスを保持している場合は、ANAゴールドカード限定で通常の継続ボーナスマイルに加えてさらに2,000マイルがプラスされます。

また、「ANAカードファミリーマイル」に登録すれば、家族全員のマイルが合算できます。

ANAカードファミリーマイルの登録は無料です

もちろんANAマイレージクラブカードの「スキップサービス機能」も付帯しておりANA 国内線搭乗時にチェックイン無しでスムーズに搭乗できます。

オンラインショッピングでもマイルが貯まる

https://bit.ly/2vi7AO8

ANAアメックスゴールドカードではANAの運営するオンラインECサイト「ANAマイレージモール」でのショッピングもお得です。

ANAマイレージモールでのショッピングはポイントではなくANAマイルが直接貯まるのでわかりやすいのがいいですね。

ANAマイレージモール経由でお買い物をし、ANAアメックスゴールドで決済をすると利用金額に応じて通常のカードショッピングでのポイントに加えてANAマイルが貯まります。

ANAマイレージモールには楽天市場やYahoo!ショッピング、セブンネットマルイウェブチャネル、ベルメゾン、ロフト、ユニクロオンラインといった大手のショッピングサイトや、マツモトキヨシオンライン、爽快ドラッグと言ったドラッグストアも出店しているので非常に使いやすいです。

注意

Amazonは出店していません。

主な出店サイトは以下の通りです。

オンラインショッピングの際はANAマイレージモールの経由を忘れないようにしましょう。

ジャンル 名称 マイル付与量 マイル付与率
ANA A-style 100円=1マイル 1%
総合 楽天市場 200円=1マイル 0.5%
Yahoo!ショッピング 300円=1マイル 0.33%
セブンネットショッピング 100円=1マイル 1%
ヤフオク! 300円=1マイル 0.33%
LOHACO 100円=1マイル 1%
ベルメゾン 100円=1マイル 1%
ドラッグ

ストア

マツモトキヨシ 100円=1マイル 1%
爽快ドラッグ 100円=1マイル 1%
ケンコーコム 200円=1マイル 1%
スーパー SEIYUドットコム 200円=1マイル 1%
オイシックス 200円=1マイル 1%
雑貨 ロフト 100円=1マイル 1%
フランフラン 300円=1マイル 0.33%
アイリスプラザ 100円=1マイル 1%
トラベル ホテルズドットコム 200円=1マイル 1%
一休ドットコム 200円=1マイル 1%
楽天トラベル 200円=1マイル 1%
じゃらん 200円=1マイル 1%
ブッキングドットコム 200円=1マイル 1%
エクスペディア 200円=1マイル 1%
ヤフートラベル 300円=1マイル 0.33%
ニッポンレンタカー 100円=1マイル 1%
ファション マルイウェブチャネル 100円=1マイル 1%
アイルミネ 100円=1マイル 1%
ZOZOTOWN 200円=1マイル 1%
GAP 100円=1マイル 1%
ミキハウス 100円=1マイル 1%
グッチ 100円=1マイル 1%
コーチ 100円=1マイル 1%
ユニクロ 300円=1マイル 0.33%
ニッセン 100円=1マイル 1%
セシール 100円=1マイル 1%
ABCマート 200円=1マイル 0.5%
クーポン グルーポン 100円=1マイル 1%
くまポン 100円=1マイル 1%
年会費
初年度2年目~
31,000円(税別)31,000円(税別)
申込み条件
原則として20歳以上で定職のある方家族カードは、配偶者、両親、18歳以上の子供など。
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
・ご入会&ご利用特典で最大60,000マイル相当進呈(2019年4月2日申込み分まで)
・さらに、申込ページからANAサイトに進むと最大18,000マイル進呈!(2018年11月30日申込み受付分まで)

ANAワイドカードと共通の特典が受けられる

ANAアメックス・ゴールド保有者はANAワイドカードの特典・割引も受けられます。

出張や旅行の際に役立つ嬉しい特典がたくさんあります。

具体的な特典は以下の通りです。

特典一覧
  • ビジネスクラス専用チェックイン
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引 (10%OFF)
  • 空港内免税店での割引 (10%OFF)
  • 国内線・国際線の機内販売割引 (10%OFF)
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 「ANAショッピング A-style」での割引 (5%OFF)
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売 (5%OFF)
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料割引(15%OFF)
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンクサービス
  • ANAカード会員専用運賃「プレミアムビジネスきっぷ」
  • ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカー5%割引
  • ハーツレンタカー5~20%割引

エコノミークラス利用の際にもビジネスクラス専用カウンターを利用できるのは嬉しいですね。

空港にある免税店「ANA FESTA」の10%割引は非常に使いやすいです。1,000円(税込)以上のお買い物の際にレジでANAカードを提示するだけです。

海外旅行保険は自動付帯

ANAアメックスゴールドカードの場合、一般カードでは利用付帯だった海外旅行保険が自動付帯となります。

渡航関連の決済をANAアメックスゴールドでしていなくても持っているだけで万が一の際に備えることができるのはありがたいサービスですね。

本人会員は最高5,000万円、会員の家族または家族カード会員に関しては最高4,000万円の補償が付帯しているので安心です。

項目 本人会員 会員の家族/家族カード会員
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高200万円 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円 最高200万円
賠償責任 最高4,000万円 最高4,000万円
携行品損害 1回の旅行で最高50万円 1回の旅行で最高50万円
救援者費用 最高300万円 最高300万円

携行品の損害と救援者費用については年間限度額と自己負担3,000円が発生します。

ANAアメックスゴールドカードでは国内旅行保険は利用付帯となっていますが、航空機の搭乗中に限り自動付帯の保険がついています。

ANA国内線搭乗中にケガをした場合に適用されます。

項目 補償金額
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害入院(最高180日) 10,000円
手術/回 入院中:10万円/それ以外:5万円
傷害通院(最高90日) 2,000円

なお、利用付帯とはなりますが国内旅行保険の補償金額は以下の通りとなっています。

補償項目 カード会員 会員の家族 家族カード会員
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円 最高5,000万円
傷害治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円
賠償責任 最高4,000万円 最高4,000万円 最高4,000万円
携行品損害 1回の旅行で最高50万円 1回の旅行で最高50万円 1回の旅行で最高50万円
救援者費用 最高400万円 最高300万円 最高400万円

安心のプロテクションサービス

PhotAC

ANAアメックスゴールドカードにはカードの盗難や紛失、購入商品の破損、返品不可のセール品など商品の返品が受け付けてもらえないがどうしても返品したい場合、予定していた旅行などをキャンセルしなければならなくなった場合など、万が一の際の様々な補償が充実しています。

①カードの緊急再発行

万が一カードが盗難にあったり紛失してしまった場合、無料で再発行してもらえます。

場合によってはすぐに再発行対応してもらえるので海外渡航中にカードを紛失してしまった場合でも安心です。

また、不正利用が判明した場合には損害がカード会社によって補償されます

②ショッピングプロテクション

国内外を問わずANAアメックスゴールドカードで購入した商品に破損や盗難などの損害が発生した場合補償してもらうことができます。

補償は購入日から90日後まで、最高年間500万円までとなります。

1回につき10,000円の自己負担が発生します。

注意

有価証券、預貯金証書、旅券、印紙、切手、船舶、航空機および自動車など一部対象外となります。

パソコンや携帯電話なども補償の対象となるのが特筆すべき点であります。

③リターンプロテクション

商品が未使用で損傷のない場合に限り、お店が返品を受け付けてくれない商品であってもアメリカンエキスプレスに送付すれば払い戻しをしてくれるというユニークなサービスがあります。

購入日から90日後まで、1商品につき3万円まで、年間15万円までと上限はありますが、安心してお買い物ができそうです。

④キャンセルプロテクション

仕事や病気などで予定していた旅行やコンサートなどキャンセルせざるを得なくなった場合、損害を最高10万円まで補償してくれるサービスです。

同行予定の配偶者分も併せて補償されます。

補償の対象となるもの

旅行商品や交通、ホテル、コンサートチケット、施設代金など

⑤オンラインプロテクション

ANAアメックスゴールドカードで決済した場合、インターネットショッピングでの不正利用による損害は全額補償されます。

安心してネットショッピングができるのは大きなメリットです。

その他充実の付帯特典

https://www.pakutaso.com/20181149305post-18314.html

ANAアメックスゴールドカードには他にも充実した特典がそろっています。

空港から自宅への復路で手荷物を宅配してくれるサービスや空港ラウンジが同伴者一名まで無料、事前予約で空港にてポーターサービスが無料、空港までの送迎チャーター、空港レストランのミールクーポン、空港でのクロークサービスなど旅行の際に嬉しい特典が充実しています。

またアメックス会員限定の旅行商品の割引サービスやトラベルサポートデスク、先行販売でチケット購入ができるサービスなどもあります。

ANAアメックスゴールドカード会員は成田空港でのANA便チェックインの際にはビジネスクラスのチェックインカウンターを使うことができたり、ANA国内線利用時には事前のスキップ予約(航空券購入、チェックイン、座席指定)を済ませておくとチェックインなして保安検査上までダイレクトに行けるのも魅力的です。

年会費
初年度2年目~
31,000円(税別)31,000円(税別)
申込み条件
原則として20歳以上で定職のある方家族カードは、配偶者、両親、18歳以上の子供など。
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
・ご入会&ご利用特典で最大60,000マイル相当進呈(2019年4月2日申込み分まで)
・さらに、申込ページからANAサイトに進むと最大18,000マイル進呈!(2018年11月30日申込み受付分まで)

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリット

PhotoAC

年会費の高さ

ANAアメックスゴールドカードのデメリットはなんといってもその年会費の高さにあります。

ANA便に頻繁に乗る方にとってはこれ以上無いくらいマイルが貯まり、かつ旅行関係の特典が充実しているのでいうまでもなくおすすめの一枚です。

一方、年に数回程度のANA航空券の利用ではそのメリットを活かしきれず、3万円の年会費が負担になってしまうかもしれません。

年会費が負担と感じる方にはANAアメックスの一般カードも検討してみましょう。

年会費が税抜7,000円で通常ポイント還元率はゴールドカードと同じ1%なので持ちやすいかと思います。

ただし、ANAアメックスゴールドカードには年会費以上の特典があるので、使い方によってはその特典を十分に受けることができます。

電子マネーのチャージでポイントが貯まらない

ANAアメックスゴールドカードでは楽天Edyに対応しています。

楽天Edy、Suica、ICOCAチャージすることはできますがポイントは貯まりません。

また、nanaco、WAON、PASMOにはチャージができません。

電子マネーを使う方はサブカードとして他のクレジットカードを持つと良いでしょう。

ANAマイルの貯まるカードですと、Suicaにチャージしたい場合はANA VISA Suica、PASMOはソラチカカードやANA Tokyuカードが年会費も安く維持しやすいです。

利用者の口コミ評判

https://bit.ly/2kCjz17

このカードの評価
カードデザイン
(4.0)
ポイント・マイル
(4.5)
付帯サービス
(3.5)
作りやすさ
(3.0)
ステイタス
(4.0)
総合評価
(4.0)

年会費は高いけどANAに乗るなら元は取れる!(30歳/男性)

出張でよく飛行機を利用するので、年会費がネックでしたが思い切ってこのカードを作りました。

結果、マイルが非常に貯まりやすく大正解でした。

ANAグループでの利用なら還元率2倍になり、ボーナスポイントの二重取りができるのもいいです。

年会費は若干高いかなという気もしますが、アメックスゴールドの付帯サービスに加えて、ANAオリジナルの上級サービスまで付帯しているので、とにかくよく利用する方ならおすすめです。

年会費分くらいはすぐにペイできます。

入会キャンペーンを活用しよう(42歳/女性)

入会キャンペーンがかなりお得です。

私の場合、入会後3ヶ月以内の50万円の利用と公共料金の支払いだけで数万ポイント貯まりました。

また、ANA便の航空券購入でポイント2倍になるので航空券購入や利用の多い人はどんどんポイントが貯まっていきますよ。

ただし、ポイントは100円未満が切り捨てで計算されるため、198円などの少額決済には向きません。

また年会費もやや高いように感じますね。

使い方によってはマイルがざくざく貯まりますし、海外旅行保険や空港ラウンジの利用などアメックスの標準的なサービスも付帯しているので、良いカードだと思います。

持っていて恥ずかしくないカード(48歳/女性)

見た目がかっこよく、持っていて恥ずかしくないカードですね。

ANAマイルは貯まりやすいし、ポイントが無期限だし満足しています。

ステータスや補償・会員特典がも充実していて素晴らしいカードだと思います。

旅行や宿泊、飲食に関する優待特典を多数あり、頻繁に旅行にいく方には必携の一枚だと思います。

空港ラウンジが同伴者1名まで無料なのもありがたいです。

同伴者の空港ラウンジ利用料は有料のゴールドカードもあるので助かりますね。

旅行好きでよく出掛ける方はうまく使えると思います。

旅行がワンランクアップするカードです。

陸マイラーですがメインで使ってます(32歳/女性)

ANAマイルを貯めるために使用しています。

公共料金の支払いもこれでしているので、毎月約30万円ほどの利用です。

飛行機のチケットももちろんこれで購入します。

ANAプラチナステータスなのでチケット購入ではマイル割増になります。

しかし3月にスターフライヤーズに切り替わらず、問い合わせてみると別途申込みが必要と言われました。

また同じゴールドを申込むことになり、年会費も必要と言われ不満です。

マイルは貯まる…が、お得かな?(45歳/男性)

ANAでアメックスでゴールドで、と憧れて申し込みました。

マイルはかなり貯まります。

搭乗ボーナスで、日々の買い物で、空港での買い物で、キャンペーンでと数万マイルならすぐたまると思います。

しかしながら、年会費が高いためお得かと言われると、、、です。

保障が良いため海外に頻繁に行かれる方はお得かもしれませんが、それは他のステータスカードでも同じです。

マイルはたまりやすいですが、ダイナースとそう大差はないし、年会費は一万円以上高いし。

決定打にかけると思います。

航空チケットはネットで買ったり、LCCで買い、ポイントは高還元カードで貯める方が効率が高いと思います。

ステータスはもちろんありますが、年会費を考慮して選択すると良いと思います。

年会費
初年度2年目~
31,000円(税別)31,000円(税別)
申込み条件
原則として20歳以上で定職のある方家族カードは、配偶者、両親、18歳以上の子供など。
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
・ご入会&ご利用特典で最大60,000マイル相当進呈(2019年4月2日申込み分まで)
・さらに、申込ページからANAサイトに進むと最大18,000マイル進呈!(2018年11月30日申込み受付分まで)

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはこんな人におすすめ!

PAKUTASO

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴・メリットをまとめると、以下のような人におすすめのクレジットカードと言えます!

ANA便に頻繁に乗る人

https://bit.ly/2S0Emep

ANA便に頻繁に乗る方にはANAアメックスゴールドカードは言うまでも無くおすすめのカードです。

ANAアメックス一般カードでもらえるボーナスマイルが入会時1,000マイル、カード継続時1,000マイル、ANA便搭乗時プラス10%なのに対して、ANAアメックスゴールドカードでは入会時2,000マイル、カード継続時2,000マイル、搭乗時のボーナスマイルプラス25%となります。

それぞれ倍以上です。

また、航空券やANA便の機内販売、旅行商品などANAグループでの商品購入の決済でのマイル還元率がANAアメックス一般ガードが1.5%なのに対し、ANAアメックスゴールドカードの場合は3%と各段にアップします。

ボーナスマイルだけでもポイントやマイルがどんどん貯まっていきます。

また、海外旅行保険の自動付帯や空港ラウンジの利用、海外旅行中のサポートデスクといったゴールドカードならではの特典も充実しています。

その他空港送迎や駐車場の優待、クロークサービス、手荷物宅配と言った旅行をグレードアップさせる優待が盛りだくさんです。

マイルを大きく貯めて一気に使いたい人

https://www.pakutaso.com/20181142311post-18427.html

ANAアメックスゴールドカードのポイントプログラム「メンバーシップリワード」のポイントには有効期限がありません。

一度ANAマイルに交換すると交換した月から36か月後の月末に有効期限がきてしまいますが、ANAアメックスゴールドカードの場合は使いたいタイミングぎりぎりまでポイントを貯めて一気にマイルに移行することができます

ANAアメックス一般カードではマイル移行するためには年税抜6,000円の「ポイント移行コース」への申し込みが必要ですが、ANAアメックスゴールドカードでは手続き不要、無料で自分の好きなタイミングでポイントをマイルに交換することができます。

ポイント交換

ポイントは1,000ポイント単位で1,000ANAマイルと交換することができます。

じっくり貯めてしっかり貯まったタイミングで一気にマイル移行すれば狙った特典航空券などに無駄なく交換しやすいです。

旅行やレジャーで優待を受けたい人

https://bit.ly/2RVxEGH

ANAアメックスゴールドカードには様々な旅行関連の特典が付帯しています。

カード付帯の保険に関しては、海外旅行保険が最高5,000万円の補償が自動付帯、ANA国内便の搭乗中の傷害保険が最高5,000万円の補償が自動付帯、国内旅行保険は最高5,000万円の補償で利用付帯となっています。

また、ANAアメックスゴールドカードと搭乗予定の航空券チケットの提示でアメリカンエキスプレス提供の空港ラウンジが無料で利用できます。

同行者も1名まで無料です。

海外渡航の際に何か困ったことがあれば日本語対応のサポートデスク「オーバーシーズアシスト」に電話してみて下さい。

世界中ほとんどの国から24時間無料またはコレクトコールでサポートを受けることができます。

会員1人につき海外旅行からの復路で空港から自宅までスーツケース1個まで無料で宅配できるサービス空港への送迎を格安の定額料金でチャーターできるサービスもありがたいですね。

その他新幹線やレンタカー、空港駐車場を優待価格で利用できるなど、旅行関連で様々な優待を受けることができます。

ANAアメックススーパーフライヤーズゴールドカードを狙っている人

スーパーフライヤーズカード(SFC)は「ダイヤモンドサービス」メンバー、または「プラチナサービス」メンバーになると申し込みできるクレジットカード機能付・年会費有料のカードです。

スーパーフライヤーズカードへ切り替え後も、それまでのカードで貯めたマイルを、継続できます。

また、ANAグループ運航便の搭乗で100万ライフタイムマイルに到達した場合には、「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」のステイタスを問わず、SFCに申し込むことができます。

SFC会員になるとANAラウンジ(同行者1名無料)、国際線特典航空券の優先予約、フライトごとのボーナスマイルアップ、座席アップグレード、優先チェックインカウンター・専用保安検査場、手荷物受け取りの優先、手荷物許容量の優待、優先搭乗など旅行がグレードアップできる特典満載です。

将来的にSFC入会を予定している方は申し込み予定のANAカードを事前に持っておくと切り替えがスムーズになります。

ANAアメックスゴールドカードからはANAアメリカンエキスプレススーパーフライヤーズカード切り替える場合は審査落ちのリスクなくスムーズに切り替えが可能です。

まとめ

ここではANAアメックスゴールドカードの特徴やメリット・デメリット、お得な使い方、どんな方におすすめなのかについて触れてきましたがいかかでしたでしょうか?

ANAアメックスゴールドカードはANA一般カードに比べて各段にマイルが貯まりやすく、年会費以上のトラベル&エンターテイメント関連の優待が充実していることはおわかりいただけたかと思います。

ANA便に頻繁に乗る方、さらに上位のANAアメックスプラチナカードやスーパーフライヤーズカードを狙っている方にもおすすめの一枚です。

年会費
初年度2年目~
31,000円(税別)31,000円(税別)
申込み条件
原則として20歳以上で定職のある方家族カードは、配偶者、両親、18歳以上の子供など。
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
・ご入会&ご利用特典で最大60,000マイル相当進呈(2019年4月2日申込み分まで)
・さらに、申込ページからANAサイトに進むと最大18,000マイル進呈!(2018年11月30日申込み受付分まで)