ANA 学生カード(ANA JCBカード)のメリットとポイント還元について完全紹介

この記事を読んで分かること

・ANA 学生カード(ANA JCBカード)の概要

・ANA 学生カード(ANA JCBカード)で貯まるポイント

・Oki Dokiポイントを交換して得する一例

ANA 学生カード(ANA JCBカード)は学生専用のクレジットカードの中で一番ANAマイルの還元を受けることができるカードで、よく旅行するまたはマイルを貯めたい学生におすすめです。

この記事ではANA 学生カード(ANA JCBカード)のメリットとたまるポイントについて、またマイル以外の交換先についてわかりやすくなおかつ、詳しく紹介します。

ANA 学生カード(ANA JCBカード)の興味がある人、詳しく知りたい人、ポイントについて詳しく知りたい人向けの記事となっていますので参考していただければ幸いです。

ANA 学生カード(ANA JCBカード)の概要

年会費
初年度2年目~
1,150円(税別)1,150円(税別)
申込み条件
日本在住の18歳以上の学生(日本国内の大学、短大、専門学校、工業高専の4・5年生、大学院生)で日本国内でのお支払いが可能な方。
発行までのスピード
最短3営業日(通常1週間程度)
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
期間限定 今なら 最大19,600マイル相当プレゼント!
※期間:第一弾 2019年10月16日(水)~2019年12月31日(火) カード入会受付分まで
第二弾 2020年1月1日(水)~2020年2月29日(土) カード入会受付分まで
第三弾 2020年3月1日(日)~2020年4月30日(木) カード入会受付分まで
①新規入会で、1,000マイルプレゼント!
②MyJチェック登録で、1,200マイル相当プレゼント!
③入会したカードのご利用で、最大17,400マイル相当プレゼント!
ANA 学生カード(ANA JCBカード)の評価
カードデザイン
(3.5)
ポイント・マイル
(4.0)
付帯サービス
(5.0)
作りやすさ
(2.0)
ステイタス
(1.5)
総合評価
(4.5)

ANA 学生カード(ANA JCBカード)はANAとJCBが提携して発行しているカードです。

申し込み資格

「18歳以上の学生(日本国内の大学、大学院、短大、専門学校、高専の4・5年生)の方。」

安心のJCBブランド

JCBとは日本初の国際ブランドで、日本のクレジットカード業界でトップの会社です。

国際ブランドとはクレジットカードの支配の決済システムを24時間365日、世界中で提供しているブランドです。国際ブランドの表記はクレジットカードの表面の右下の大きくされています。

それぞれの国際ブランドが別の決済ネットワークを使っており、店舗によってどの国際ブランドと提携しているかで決済ができるかが変わります。

例えばVISAのクレジットカード決済しか取り扱っていない店舗ではJCBなどのカードでは支払いができません。

したがって地域によって国際ブランドごとに強い地域、弱い地域が出てきます。

JCBは日本発の国際ブランドであり、日本国内の支払いであればクレジットカード決済が可能な店舗でほぼ100%支払いが可能です。

ANA 学生カード(ANA JCBカード)は学生専用

学生の時からカードを利用している人は、今後社会人になってからも同じカード会社のものを更新して利用する傾向が強く、カード決済に対して抵抗がなく、長期的な顧客につながりやすいため、カード会社にとって学生は大きなターゲットなのです。

ANA 学生カード(ANA JCBカード)のメリット

ANA 学生カード(ANA JCBカード)では学生限定のサービスをたくさん用意します。

年会費の安さ

ANA 学生カード(ANA JCBカード)は通常1,242円(税込)のことろ在学期間中年会費無料で発行することができます。

カードを利用する為に何か初期投資がないので年会費分のもとがとれないなどのリスクが一切なしで発行できので、年会費が無料というのはカード初心者にとって大きなメリットです。

ボーナスマイル

ANA 学生カード(ANA JCBカード)は、学生がさらにANAの飛行機を使いやすくなるように通常よりにANAマイルが還元んされやすくなっています。

注意

この還元マイルは通常のカードで還元されるJCBカードのポイントとは別にたまるのでご注意ください。

ボーナスマイルの1つは「スマート U25」

「スマート U25」

25歳以下の方が利用可能な割引運賃で、通常は区間基本マイレージに対する積算率が50%ですが、ANAカード<学生用>会員に限り、積算率が100%になります。

2つ目は学生カード限定のボーナスマイル

フライトするたび獲得できるANAプレミアムポイントが一定以上貯まるごとに、ボーナスマイルをもらえます。

さらに搭乗ごとに区間基本マイルの10%が貯まる特典付きです。おトクに旅に出ながら、マイルもしっかり貯まります。

カードデスク

ANA 学生カード(ANA JCBカード)を持っていると、予約の際に客様番号を伝えるだけで、スピーディーな予約が可能です。

また、国内線の場合は、会員専用の国内線予約電話を設置しておりますので、はじめて旅行される際も安心です。

旅行が安い

ANAには多くの提携企業があります。よってさまざまな優待を受けることができますが、特に旅行会社の優待が充実しています。

パッケージツアーであれば、ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANA SKY WEB TOURの専用予約窓口から直接申込みをすると、パッケージツアーが5%OFFで利用できます。

ANAが提携するインターコンチネンタル ホテルズ グループ(IHG®)とANAの共同ブランドホテルやANAホテルでは、通常でも割安料金よりさらに5%OFFで宿泊可能です。

旅行先でのお土産の購入も安くなります。

特別価格!

ANA 学生カード(ANA JCBカード)は、成田空港、羽田空港、関西空港のANA系列免税店や空港内のANA FESTAをはじめ、機内販売、SKY SHOPによるネットショッピングで、特別価格での購入ができます。

生活のサポート

ANA 学生カード(ANA JCBカード)を持っているだけで学生の時に経験できる様々な出来事や体験をサポートしてくれます。

大学生活のスタート時

一人暮らしをはじめる方におすすめのサービスで提携の引っ越し業者による割引特典を受けれます。

通常よりも割安で、しかも引越マイルまで獲得できます。

他にも、カラオケの割引が受けられるなど、新しい生活を彩るさまざまなメリットを利用可能です。

新社会人生活

ANAグループが培ってきた研修プログラムを、特別価格で受けることができます。

社会人に備えて、低価格で質の高い機会を得ることができます。

国内・海外旅行時または留学時

ANA 学生カード(ANA JCBカード)には海外旅行傷害保険が付帯しています。

保険内容

海外でケガ、病気などのトラブルが起きた時にかかる費用として最高1,000万円まで補償してくれます。

さらに海外では日本とは買い物をする機会が多いにも関わらず、通貨が異なるので、支払いにクレジットカードを利用する機会がおおいと思います。

国内旅行には国内航空傷害保険が適応されるのでこちらも航空機や空港での事故に最高1,000万円補償してくれる安心のサービスが付帯しています。

これらの保険は自動付帯なので、旅行前などに面倒な手続きなどが必要ありません。

以上がANA JCBカード〈学生用〉のメリット・特徴です。

ANA 学生カード(ANA JCBカード)で貯まるポイント

貯まるポイントまとめ

  • Oki Dokiポイント

Oki Dokiポイント

ポイントの価値 1ポイント=10円(マイル)
ポイント還元率 1%
付与レート 1,000円(税込)=Oki Dokiポイント 1ポイント
交換レート
ポイントの有効期限 獲得月より2年間(24ヵ月)
ポイントモール名 Oki Dokiランド
ポイント特約店 あり
年間利用ボーナス あり
ステージ制度

Oki DokiポイントはANA 学生カード(ANA JCBカード)の利用で還元されるポイントです。

ANA 学生カード(ANA JCBカード)の毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとに1ポイント還元されるシステムです。

ポイント還元は・・・

普段のコンビニ、スーパーでの買いもの、カフェ、レストランの利用、光熱費などの公共料金の支払い、ガソリンスタンドの利用などでのカード決済を行うことで適応されます。

現金で支払いを行うよりも、ANA 学生カード(ANA JCBカード)で支払いを行う方が、ポイントが還元されるのでお得ということです。

もちろん貯まったOki DokiポイントはANAマイレージのポイントに交換することができますが、他にも様々な商品と交換することができます。

ポイントの使い道

ポイントの使い道について詳しく説明していきます。

ANAマイルへ交換

ANA 学生カード(ANA JCBカード)の利用で貯まったOki DokiポイントはANAのマイレージに交換するのがおすすめです。

移行レート

Oki Dokiポイント 1ポイント=10マイルに交換することができ、ANA 学生カード(ANA JCBカード)を1,000円利用=10マイル還元されるということです。

この還元はとてもお得で、学生限定のサービスです。

だれでも申し込みが可能な一般カードのOki DokiポイントをANAマイルに交換する移行レートは、1ポイント=5マイルなのです。

しかも、Oki Dokiポイント 1ポイント=5マイルの移行レートにするにはマイル移行手数料として年間5,400円(税込)を払わなければいけません。

しかし今回紹介しているANA 学生カード(ANA JCBカード)はそのマイル移行手数料5,400円がかかりませんし、年会費が無料で10マイルに交換することができます。

さらにANAマイルへの移行はマイル自動移行コースとマルチポイントコースを選ぶことができます。

マイル自動移行コース

毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとに1ポイント付与となる通常獲得ポイントが自動的にマイルに移行されます。

このコースを選ぶと他の商品と交換することができません。

しかし通常獲得ポイントが自動的に移行されますので移行の手続きは、不要で手間が省けます。

ポイントの交換はANAマイルだけに決めている人におすすめです。

マルチポイントコース

好きなタイミングで、マイルへの移行やOki Dokiポイントプログラムの商品に交換することができます。

このコースの場合、電話・会員専用WEBサービス「MyJCB」での申し込みすることができ、マイルが反映されるまで1週間ぐらいかかります。

ANAマイレージ1マイルの価値

ANAのマイルもまた交換可能の商品が多数存在し、楽天スーパーポイントやTポイントなどの他社ポイントなどに移行することができますが、マイルはやはり航空券と交換するのが、一番お得です。

なぜならマイルは1マイル=1円以上の価値になるからです。

国内線でも例えば、東京から大阪の片道は現金で8,790円です。

それをマイルで交換すると6,000マイルで交換できるので、1マイル=1.465円の価値が出てきます。

それがさらに国際線で長い距離をファーストクラスなどの高いクラスの航空券と交換するとさらに1マイルの価値が上がります。

例えば、東京からニューヨークまで往復チケットをとる場合、 2,500,000円ぐらいかかります。

もしマイルで交換するのであれば、必要マイル150,000ですので1マイルの価値は16円ぐらいの価値が出ます。

このようにANAマイルの価値は航空券に交換するタイミングや、予約するクラスなどで大きく変動するのが特徴です。

マルチポイントコースを選択した場合、Oki Dokiポイントをマイル以外にも様々な商品に交換することができます。

他ポイントに交換

nanacoポイント

1 Oki Dokiポイント=5ポイント

dポイント

1 Oki Dokiポイント=4ポイント

WALLETポイント

1 Oki Dokiポイント=4ポイント

ビックポイント

1 Oki Dokiポイント=5ポイント

ビックネットポイント

1 Oki Dokiポイント=5ポイント

ベルメゾンポイント

1 Oki Dokiポイント=5ポイント

ジョーシンポイント

1 Oki Dokiポイント=5ポイント

楽天スーパーポイント

1 Oki Dokiポイント=4ポイント

セシールマイルポイント

1 Oki Dokiポイント=5ポイント

楽天Edy

1 Oki Dokiポイント=3円分

カエトクカード

1 Oki Dokiポイント=4ポイント

スターバックスカード チャージ

1 Oki Dokiポイント=4円分

Tポイント

1 Oki Dokiポイント=4円分

WAONポイント

1 Oki Dokiポイント=4円分

JCBプレモカード OkiDokiチャージ

1 Oki Dokiポイント=5ポイント

ポイントの申し込み可能ポイント数

Tポイント以外Oki Dokiポイント200ポイントからで。Tポイントは500ポイントからです。

赤字を見るとわかるように、移行レートが低いので、他社ポイントへの交換はおすすめしません。

JALマイル等に交換

ANAマイル以外にも提携航空会社のマイルに交換することができます。

JALマイレージ
ANAマイレージ SKYコイン
デルタ航空 スカイマイル

ANAマイレージSKYコイン

1コイン=1円としてANAグループの航空券などで利用できるものです。

ANAマイルは有効期限が3年なので、有効期間が切れるギリギリでANAマイレージSKYコインに交換することで有効期限を3年に伸ばすことができます。

支払い金額に充当

ポイント数から換算した金額を、カード利用金額からマイナスできます。

交換レート

Oki Dokiポイント1ポイント→ 3円で、1ポイントから申し込み可能です。

移行レートはあまり高くありませんが、カード利用代金から直接値引きされるので、他社が発行しているポイントに様に利用できる商品を限定されることなく一番現金同様に使えるのが、この方法です。

ポイント利用先を考えるのがめんどくさい人におすすめです。

交換可能な他の商品

Oki Dokiポイントを他にも様々なJCBが用意している商品と交換することができます。

全ての商品を紹介することは多すぎて難しいので、例をあげます。

東京ディズニーリゾート パークチケット (2枚)

3,200P

Dyson V10 フラフィーコードレスクリーナー

16,100P

iRobot ロボット掃除機ルンバ643

9,850P

シャープ加湿空気清浄機

6,150P

Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker ブラック

6,550P

越後雪室屋 氷温熟成魚沼産コシヒカリ 4Kg

1,150P

人形町今半

黒毛和牛ロースステーキ すだち醤油ステーキたれ付

3,250P

サントリー

ザ・プレミアム・モルツ24缶セット

1,500P

これらの商品はJCBカード会員専用にJCBが用意したものなので、豪華な商品をおとくにポイントで交換することができます。

多くの商品は交換に多くのポイントが必要なので、ポイントに余裕があり、さらに商品の中にもともと欲しかったものなどがあれば、交換をおすすめします。

Oki Dokiランドとは?

JCBが運営するポイント優待サイトです。経由するだけで、いつものインターネットショッピングでたまるOki Dokiポイントが2倍から最大20倍になるサービスです。

利用方法は簡単でまず、Oki Dokiランドにログインし、好きなショップを選んでアクセスします。

その後ANA JCBカード(学生用)で購入すれば、普段は0.5%が還元されますが、この手順をふむだけで多くのポイントを貯めることができます。

例えば、Oki Dokiランドを経由して、ポイント20倍のショップで10,000円(税抜き)の買い物をすると、通常であれば10ポイント還元のところをOki Dokiランドボーナスポイントとして+190ポイントで合計200ポイントをもらえます。

さらに買い物したショップに独自のポイントがあるのであれば、Oki Dokiポイントとは別で両方たまります。

利用できるショップも人気通販竿とから旅行、レストラン予約まで人気ショップが揃っており、普段から利用しているオンラインショップがあるでしょう。

ANA JCBカード(学生用)を発行するのであれば、絶対に利用して欲しいサービスです。

人気オンラインショップの還元倍率一覧

アマゾン 2倍

楽天市場 2倍

Yahoo!ショッピング 2倍

ユニクロ 2倍

LOHACO 2倍

ベルメゾン 2倍

DHC 4倍

ビックカメラ.com 4倍

楽天トラベル 2倍

じゃらん 2倍

JTB 3倍

エクスペディア 4倍

一休.com 2倍

Apple公式サイト 2倍

Oki Dokiポイントを交換して得する一例

Oki Dokiポイントの使い道について詳しく説明してきましたが、その中でも特におすすめの交換先を改めて紹介します。

Oki DokiポイントからANAマイレージへ交換するとこんなにお得!

ANAマイレージ1マイルの価値はいくらなのでしょうか?

ANAのマイルもまた交換可能の商品が多数存在し、楽天スーパーポイントやTポイントなどの他社ポイントなどに移行することができますが、マイルはやはり航空券と交換するのが、一番お得です。

なぜならマイルは1マイル=1円以上の価値になるからです。

国内線でも例えば、東京から大阪の片道は現金で8,790円です。

それをマイルで交換すると6,000マイルで交換できるので、1マイル=1.465円の価値が出てきます。

それがさらに国際線で長い距離をファーストクラスなどの高いクラスの航空券と交換するとさらに1マイルの価値が上がります。

例えば、東京からニューヨークまで往復チケットをとる場合、 2,500,000円ぐらいかかります。

もしマイルで交換するのであれば、必要マイル150,000ですので1マイルの価値は16円ぐらいの価値が出ます。

このようにANAマイルの価値は航空券に交換するタイミングや、予約するクラスなどで大きく変動するのが特徴です。

前の項目でこのようにな説明を行いました。

このようにANAマイルは使いかた次第で1マイルの価値を大きくするとこができます。

さらにこのANA JCBカード(学生用)はANAのクレジットカードであり、やはりANAのサービスに交換することが一番お得となっています。

Oki DokiポイントからANAマイレージSKY コインへ交換するとこんなにお得!

ANA SKY コイン

オンラインにて10コイン(10円分)単位で使える電子クーポンです。

申し込み可能ポイント500ポイント以上1ポイント単位で、交換レートはOki Dokiポイント1ポイントをANA SKY コイン3コインに移行できます。

利便性も高く、ANAグループの航空券や、ツアー代に当てることができます。

年会費
初年度2年目~
1,150円(税別)1,150円(税別)
申込み条件
日本在住の18歳以上の学生(日本国内の大学、短大、専門学校、工業高専の4・5年生、大学院生)で日本国内でのお支払いが可能な方。
発行までのスピード
最短3営業日(通常1週間程度)
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
期間限定 今なら 最大19,600マイル相当プレゼント!
※期間:第一弾 2019年10月16日(水)~2019年12月31日(火) カード入会受付分まで
第二弾 2020年1月1日(水)~2020年2月29日(土) カード入会受付分まで
第三弾 2020年3月1日(日)~2020年4月30日(木) カード入会受付分まで
①新規入会で、1,000マイルプレゼント!
②MyJチェック登録で、1,200マイル相当プレゼント!
③入会したカードのご利用で、最大17,400マイル相当プレゼント!

 

Oki Dokiポイントから毎月の利用金額に充当するとこんなにお得!

月々の合計利用代金からポイントを利用してキャッシュバックをうけることができるサービスです。

交換レート

Oki Dokiポイント1ポイント→ 3円で、1ポイントから申し込み可能です。

移行レートはあまり高くありませんが、カード利用代金から直接値引きされるので、他社が発行しているポイントに様に利用できる商品を限定されることなく一番現金同様に使えるのが、この方法です。

1ポイントから利用できることもとても便利で、このOki Dokiポイントの有効期限が切れてしまいようなものを少量無駄なく消費できる他、キャッシュバックなので、現金同様に利用できるなど利便性がよくおすすめの交換先です。

Oki Dokiポイントから東京ディズニーリゾートのパークチケットへ交換するとこんなにお得!

JCBは東京ディズニーリゾートと提携しているため、JCBカード会員はポイントを東京ディズニーリゾートのパークチケットと交換することができます。

パークチケット

1枚から3枚まで交換することができ、1枚の場合は1,600P、2枚の場合は3,200P、3枚は4,800Pで交換可能です。

ポイントたくさんためて、恋人と、家族とディズニーランドに遊びに行くのがおすすめです。

ANA JCBカード(学生用)で貯まるポイント・交換できるポイントまとめ

この記事ではANA JCBカード(学生用)のポイント利用について詳しく説明してきました。

ANA JCBカード(学生用)は学生しか発行ができないクレジットカードであり、ANAの飛行機を使うとマイルがたまり、さらに日常での買い物でもカード決済を行うことがポイントが貯まりそのポイントを高還元でANAマイルに交換することができます。

ANA JCBカード(学生用)は学生専用のクレジットカードの中で一番ANAマイルの還元を受けることができるカードで、よく旅行するまたはマイルを貯めたい学生におすすめです。

学生で旅行が好きな人は必ず持っておきたいカードです。

以上、ANA 学生カード(ANA JCBカード)のメリットとポイント還元について完全紹介…という話題でした!