クレジットカードの申し込みに口座情報は影響する?適した口座はあるのか検証

クレジットカードの申し込みに口座情報は影響する?

クレジットカードを持ちたいけれど銀行口座に残高があまりない…という方も多いと思います。

クレジットカードを発行する際、銀行口座の情報や入出金の履歴は審査に影響するのでしょうか。

また、クレジットカードの支払い口座を設定する上でどのような口座がベストなのでしょうか。

ここではクレジットカードの申込時に銀行口座の情報は審査に必要になるのか、クレジットカードの支払いに利用するのに便利な銀行口座の条件についてまとめました。

クレジットカードの申し込みに口座残高は影響する?

クレジットカードの入会申し込みの際、銀行口座の情報がクレジットカード会社に開示されるのか不安になる方は多いようです。

たとえば大手メガバンクで口座開設をしたときにキャッシュカードの発行とともにクレジットカードの発行も申し込んだ場合、同一グループ内なので口座の残高や給与口座に指定されているかなど情報が各社で共有されるのではないかと思われますよね。

給与口座にしていない場合、開設したばかりであまり残高が無い場合など、クレジットカードの審査に悪い影響を与えてしまいそうな気もします。

ここでは口座情報が共有されるのか、クレジットカード会社の審査に影響するのか、その他口座についての注意点をまとめました。

口座の残高は審査に影響することはまずない

口座の残高は審査に影響することはまずない

結論からいうと、銀行口座の預金残高がクレジットカードの審査に影響を与えることはまずありません。

クレジットカードを申請する際には引き落とし口座に指定する口座の銀行名、支店名、口座番号を記入します。

MEMO

しかし銀行とクレジットカード会社はたとえ同一のグループであってもあくまで別会社であり、お互いに顧客情報を共有することはしません。これは銀行系のクレジットカードであっても同じで、預金残高が多くあっても審査に有利になるかと言えばそんなことなはいということです。

ただし、三菱東京UFJやみずほ銀行など一定以上の預金残高がある人向けにクレジットカードのインビテーションを送ることはあります。

この場合は例外として預金残高がクレジットカード発行に有利だと言えるでしょう。

口座情報は共有されることはないので漏洩しない

上記では銀行口座の情報がクレジットカードの審査に影響することは基本的にないとお伝えしました。

クレジットカード会社と銀行は全く別の会社であり、クレジットカードの申し込みをしても銀行には守秘義務があるためクレジットカード会社に顧客の口座情報を流すことはしないからです。

ですから、クレジットカードを申請するときに預金口座に残高があまりないからと気にする必要はまったくありません。

例外として銀行に一定額以上の預金がある人向けのクレジットカードのインビテーションを待っている方は銀行のプレミアム会員を目指すため資産をまとめてしまうのがおすすめです。

ただし目安の金額は1000万円ほどとある程度の富裕層向けのサービスとなります。

口座残高よりも安定した収入が必要

口座残高よりも安定した収入が必要

クレジットカード会社が審査の際に最も重要とみなす基準は「安定的な収入」です。

過去の収入や貯蓄額よりも、これから将来にわたって継続的にある程度の収入があるかどうかを判断するのです。

たとえ銀行口座に1億円の預金があったとしてもいま無職であればクレジットカードの審査には通りにくくなると言うことです。

MEMO

クレジットカードに入会申し込みをする場合、銀行預金の残高よりも、自分に安定的な収入があるかどうかをまずひとつの基準とみて申し込んで下さい。

専業主婦(夫)やパートで配偶者でも配偶者に安定的な収入があれば審査には通りやすくなりますよ。

その際はパート収入があれば世帯収入として合算した年収金額で申請することができます。

引き落とし時に残高が無いというのは要注意

クレジットカードの審査に銀行口座の残高が影響することはないとお伝えしましたが、引き落としの際に残高不足になる可能性がある場合は要注意です。

クレジットカードはキャッシュレスで買い物ができて便利な反面、使いすぎということもありがちなので翌月の引き落とし時に残高不足で引き落としができないということも起こりがちです。

口座に1円でも足りないと残高不足で利用料金全額分引き落としがされません。

注意
1日でも利用料金の延滞が発生してしまうとクレジットカードの信用情報に「未入金」、延滞が長期化すると「異動」と記録され、「異動」の場合一定期間はローンやその他のクレジットカードの審査に通りにくくなるというデメリットがあります。

預金額を申し込み時に提示する場合は影響することもある

引き落とし時に残高が無いというのは要注意

クレジットカードによっては預金残高が審査に影響することがあります。

カード会社によっては入会申し込みのフォームに預金額の申告欄があり、申込者が預金額を申し出た場合にかぎります。

ただし預金金額の申告欄を入会申し込みフォームに設定してあるクレジットカード会社はそもそも少なく、項目があったとしても任意としているところがほとんどです。

つまり預金金額を申告したとしても審査への影響はきわめて小さく、それほど重視されていないと思われます。

それよりも申込者に安定的な収入があるかどうかが絶対的に重要視されます。

MEMO

ただし、任意でも預金金額の申告欄が設けてあった場合、たとえ預金金額が少なかったとしても記入しておくことをおすすめします。クレジットカード審査は項目ごとのスコアを合計する方式なので記入できるところは記入しておいたほうが点数を稼ぐことができるからです。

クレジットカードの申し込みに適した口座

クレジットカードの申し込みの際、登録する支払い口座の情報はクレジットカード会社に共有されたり審査に影響することはないということはご理解いただけたでしょうか。

では、クレジットカードの支払い口座として登録する銀行口座について適している条件などはあるのでしょうか。

ここからはクレジットカードの支払い口座に適した銀行口座の条件をいくつかご紹介していきたいと思います。

クレジットカードの支払いとうまく付き合っていける口座をぜひ選んで下さい。

給料などが定期的に振り込まれている口座が良い

給料などが定期的に振り込まれている口座が良い

クレジットカードの利用料金が引き落としを設定する口座は給与振り込みがあるなど一定の入金がある口座が安心です。

クレジットカード利用での信用力の構築の基準は「引き落とし日に滞りなく引き落としができるかどうか」この1点です。

実際には収入も貯蓄額も十分にあり支払い能力が十分にある場合でも、引き落とし口座をあまり使わない口座に指定していたがために支払期日にその口座に十分な残高がなく引き落としできなかったなどという事態はぜひとも避けなくてはなりません。

一度キズのついたクレジットカードの信用力は取り戻すのに長い期間がかかるからです。

そこでおすすめなのが給与などの振り込みがあるアクティブな口座を引き落とし口座に指定しておくことです。

銀行でも郵便貯金でも構わない

引き落とし口座はメガバンク、地銀、ゆうちょとどの口座を選んでも特に問題はありません

MEMO
ただし多くの場合、クレジットカードの引き落とし口座は全国各地の金融機関で取り扱いができることが条件となっているので、クレジットカード会社によっては指定できる金融機関が決まっていることもあります。

地銀やゆうちょを使いたいと考えている場合は、事前にクレジットカード会社に候補の口座が引き落とし口座として設定できるかどうか確認しておくと安心です。

ネットバンクなら確認がしやすいので扱いやすい

ネットバンクなら確認がしやすいので扱いやすい

支払期日の残高不足を防ぐ方法としてもう一つ有効なのが、引き落とし口座にネットバンクを活用することです。

注意
ネットバンクはパソコンやスマホから24時間手軽にアクセスすることができるので引き落とし日前に残高が足りているかどうか確認するのが容易です。

インターネットバンキングは楽天銀行やソニー銀行など大手ネットバンクは当然のこと、大手銀行で申し込めば持っている口座にオンラインでアクセスできるようになるので便利です。

まとめ

今回はクレジットカードの審査に銀行口座の残高が影響するのかどうか、クレジットカードの引き落とし口座に向いている口座・向いていない口座についてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。

基本的に預金残高がクレジットカードの審査に影響することはないものの、引き落とし口座の残高はこまめに確認する必要があることはお分かり頂けたかと思います。

残高不足で支払い遅延が発生した時のリスクなどをできる限り避け、かしこくクレジットカードと付き合いましょう。