マンション管理費もクレカで。2020年より大和ハウスが対応

2020年6月より大和ハウス工業・大和ライフネクスト・大和ハウスフィナンシャルの3社が、マンションの管理費をクレジットカード決済で支払いができるようになることを、発表しました。

本記事で詳しくご紹介していきます。

通常の引き落としは口座振替

分譲マンションや会社のホームページを見ると、Q&Aやよくある質問に「管理費や修繕費の引き落としはクレジットカードが使用できますか?」などの質問をよく見かけます。
対応はさまざまあで、「口座振替もしくは振込みにてお支払いをお願いいたします」「提携クレジットカードでなら可能です」など、消極的な回答が多くみられます。

「自分の所有するカードで支払いたい」という要望は多く、今回のサービスを開始されることになりました。

国際ブランドのカードで支払い可能

支払いが可能なカードは、6大国際ブランドカード(VISA/Mastercard/JCB/AMEX/Diners/DISCOVER)です。一般的に普及している国際ブランドのカードで支払いができる方が、提携カードを新たに契約するよりも格段に利用しやすくなります。

また、海外の方で日本に口座が無い人でもクレジットカードで支払いすることで、新規に国内の口座を開設する手間がなくなります。カード番号登録もWEB画面で行えるので利用者の負担も軽減されるなどメリットは多いです。

未回収リスクも回避

クレジットカードでの支払いになることで、口座振り込みや現金支払いに比べて、会社側も未回収リスクが低減します。また、契約者にとってもカード利用でポイントも取得できますので、会社にとっても契約者にとってもメリットの多いサービスといえるでしょう。

カード使用が可能となるのは、大和ハウス工業が来年1月下旬に販売予定している分譲マンション「プレミスト東銀座築地 Arc Court (アークコート)/Edge Court(エッジコート)」からになります。
今後、都心を中心にサービスが拡大する予定とのことです。