【増税にはキャッシュレス】キャッシュレス決済対応店舗を見分ける方法とは?

10月1日からいよいよ10%増税がスタートされます。テレビや雑誌でも増税前の買いだめなどの特集が組まれていますね。8%から2%上がるのは家計にとっても頭が痛いところです。しかし、今回の増税は悪いことばかりではありません!国が行う景気対策として最大5%の還元を受けることができるのです。

今回は、そんな増税に負けず節約したい!という方向けに紹介したい記事になります。
是非、ご参考ください。

増税に対して、キャッシュレス決済をすれば国から5%還元

消費税がいきなり10%になってしまったら、景気にも影響が出ます。消費増税対策として「キャッシュレス・ポイント還元事業」というのがあります。
こちらは私たちが普段の買い物で、キャッシュレス決済を行えば、5%ポイントとして還元されるという仕組みになっています。2%上がった消費税に対して、5%のポイントがつきます。これは見逃す手はないですね。

さらに、現在PayPayやLinePay、メルペイなどさまざまなスマホ決済を登録することでポイント還元のキャンペーンを行っています。ポイントはポイント還元事業分と重複して受け取ることができますので、さらにお得に買い物をすることが可能です。ポイント還元分を加味すると、増税前よりも安く買い物ができるチャンスでもあります。
ただし「中小・小規模事業者」「キャッシュレス対応店舗」で購入する条件があります。

キャッシュレス対応店舗を見分けるにはどうすればいいの?

実際に、キャッシュレス対応しているかどうか見分けるにはどうしたらよいのでしょうか?
せっかくお店に入ったのに、レジでいざ会計をしようとしたらキャッシュレス決済を断られた……となってしまった場合、現金で払うしかありません。その場合、当然ポイント還元事業からのポイントは受け取ることができません。あくまでも、「キャッシュレス(クレジットカードやIC、スマホ決済)」がポイント還元の条件になっているからです。

一番確実なのは、店舗に入る前にキャッシュレス対応かどうか確認することです。
もしくは店頭でキャッシュレス対応のロゴマークを、チェックしてから買い物を行いましょう。

また、「中小・小規模事業者」の定義ですが大手事業者(ユニクロ、ビックカメラなど)の場合は、5%還元の対象になりませんので注意しましょう。町の商店街など個人で行っている店舗をイメージすると分かりやすいかも知れません。さらに、フランチャイズ店の場合は、2%ポイント還元されます。

時代は進歩、アプリでキャッシュレス店舗を探そう

前述しているように、「中小・小規模事業者」「キャッシュレス対応店舗」を情報なしで探すのは困難です。
その為、一般社団法人キャッシュレス推進協議会は、9月20日に対応店舗を検索できるアプリを公開しました。

●iPhone(https://apps.apple.com/app/id1477479075)
●Android(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.cashless.android)
●WEB版(https://map.cashless.go.jp/search)

上記のアプリを使用すれば、簡単に自宅近くでの対応店舗を検索することが可能です。期間は2020年6月30日までの予定です。
対象店舗であれば、5%の還元を受けることができます。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?
増税は確かに家計にはかなりの痛手ですが、ポイント還元などを上手に活用することでお得に、買い物をすることができます。上記検索アプリを使ってよく行く店舗のポイントを集中して貯めるのも良いかも知れませんね。知らないと損をする「キャッシュレス・ポイント還元事業」賢く使ってより多くの還元を享受したいですね。

どうせなら年会費無料のクレジットカードを作って、還元しちゃいましょう!!

年会費無料のクレジットカード年会費無料のクレジットカードおすすめ10選を一挙紹介!【2019年最新情報】

以上、【増税にはキャッシュレス】キャッシュレス決済対応店舗を見分ける方法とは?…という話題でした