クレジットカードでキャッシング利用!金利について徹底解説

クレジットカードでキャッシングを利用!その金利はどのくらい?

給料日前やイベント前など、急にお金が必要になる時ってありますよね?キャッシュレス化が進んでいる現代においても、やはり現金が必要という時は多いものです。

そんな時に便利なのがクレジットカードのキャッシング機能。しかし、具体的な使い方や金利などについて分からないことが多いため使いづらいという人もいるのではないでしょうか?そこで、今回はクレジットカードのキャッシング機能についてわかりやすくご紹介します。

クレジットカードのキャッシングの基本情報

多くの人が日常的に使っているクレジットカードの基本的な概念は「一時的にお金をカード会社に立て替えてもらう」というものです。手持ちの現金がなくても買い物の支払いや公共料金の引き落としなどが可能になるため非常に便利です。

クレジットカードにはそのようなショッピング枠の機能とは別に、クレジットカードの機能にはカードローンと同じように現金を借りることが出来るキャッシング枠という機能があります。

しかしながら、キャッシング枠にはショッピング枠とは違う審査基準が存在することや、借りる金額に応じて金利が発生することは意外と知られていないのも事実。

そこで、キャッシング枠を正しく使うために、基本的な使い方やショッピング枠との違い、金利と利息などについて分かりやすくご紹介します。

ショッピング枠の特徴と支払い方

ショッピング枠の特徴と支払い方

キャッシング枠についてご紹介する前に、一般的に買い物などに使用されているショッピング枠についてご紹介します。

MEMO
ショッピング枠とは、買い物などの代金や公共料金などのサービス代金の支払いに使用するもので、申し込みの際に利用者が設定したクレジットカードの限度額範囲内でクレジットカード会社が販売店に代金を立て替えて支払う仕組みです。

後日クレジットカード会社がまとめてカードの利用代金を利用者に請求するので、一時的に手持ちの現金がなくても買い物が出来るという点が大きな特徴になります。

選べる支払い方法

クレジットカードと現金決済による支払いの大きな違いは、支払い方法の多様性にあります。現金での支払いは、携帯電話などの購入の際に使われる割賦販売契約による分割払いなどを除いて基本的に購入金額の全額を一括で支払うことになります。

しかし、クレジットカードで支払う場合は、利用者の都合に合わせて支払い回数を自由に選択することが可能です。

複数回払いはもちろんのこと、まとまった収入が見込めるボーナスでの一括払い、または毎月定額を支払うリボ払いなど多種多様な選択をすることができるので、購入金額の大小や懐事情に合わせて支払い金額を変えることが出来る点が大きな魅力と言えます。

ショッピング枠での金利

ショッピング枠での金利

通常クレジットカードで支払いした場合、1回払いであれば金利は現金払いと変わらず金利は発生しません。また、ボーナス一括払いや2回払いまでは金利が発生しないクレジットカードが多いです。

MEMO
しかし、3回以上の複数回払いや毎月一定額を支払うリボ払いにすると、どのクレジットカードにおいても金利が発生してくるので意識しておくと良いでしょう。

キャッシング枠の特徴と支払い方

そもそもキャッシング枠とは、クレジットカード会社から現金を借りる事が出来る限度額の事であり、カード申し込み時に希望すれば付与する事が出来る機能です。

注意
一部例外を除いて、どのカード会社のクレジットカードにもキャッシング枠は付いてきますが、「紛失時などに悪用されるリスクを減らしたい」「現金が十分にあるので使う予定はない」というのであれば、限度額を0円にすればキャッシング枠を付けずにカードを申し込むことも可能です。

実際にキャッシング枠を付けた場合は、限度額の範囲内であればカードローンのようにATMから自由に現金を借り入れる事が出来ます。その際、手数料は別途発生する事が一般的です。

キャッシング枠の設定方法

キャッシング枠の設定方法

MEMO
原則としてキャッシング枠はショッピング枠よりも小さく設定されるようになっています。例えば、ショッピング枠の限度額が30万円であればキャッシング枠は10万円程度など、どのクレジットカードにおいてもキャッシング枠の方が少額になるように決められています。

また、クレジットカードにおけるキャッシングと消費者金融のカードローンは法律的に同じ貸付業者の括りになるため、「総量規制」の対象となります。この「総量規制」とは、貸付業者が個人にお金を貸す際は、年収の3分の1以上超えた金額を貸し付けてはいけないという法律です。

上限をなくしてしまうとどうしても多重債務に苦しむ人が増えてしまうために出来た決まりですが、カード会社が利用者に現金を貸し付ける機能であるキャッシングもこの法律の対象となるため、ショッピング枠よりも審査が厳しくなります。

なお、ショッピング枠は総量規制とは関係ないため、年収の3分の1を超える金額を設定することが可能です。

ショッピング枠とキャッシング枠の審査の違い

物やサービスを購入するという明確な目的があるショッピング枠に対して、キャッシング枠は現金を引き出すだけなので対価がありません。

そのため、ショッピング枠よりも厳しい審査を通過しなくては利用できないサービスになっています。

MEMO
審査には借入金額に応じて各種書類が必要となりますが、借入希望額が50万円までであれば、公的機関発行の住所と生年月日が明記されている身分証明書があれば申し込みをすることができます。しかし、借入希望額が50万円を超える場合は、身分証明書の他に、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書が必要となるため注意が必要です。

申し込み後に行われる審査では、年収や職業、個人信用情報機関に登録されている個人情報など様々な情報を点数化し、その結果を鑑みてキャッシング枠の付与や限度額が適切であるかが決定します。

そうしてキャッシング枠の審査が通ると、ショッピングの限度額に応じたキャッシング枠が付与されるのです。

また、キャッシング枠はたとえどんなに少額であっても、1回のみの利用であっても、必ず金利が発生するという点がショッピング枠と異なります。

クレジットカードでキャッシング利用した際の金利

クレジットカードでキャッシング利用した際の金利

キャッシングを利用すると必ず金利が発生しますが、最も気になる点はどの程度の金利が付くのかということです。また、キャッシングやカードローンについて調べると、金利の他に利息という言葉も見かけますが、この利息と金利の違いを知らないという人も意外と多いのではないでしょうか?

そこで、ここからは正しく賢くキャッシングを利用するために知っておきたい、実際のクレジットカードの金利と利息との違いなどについて分かりやすくご紹介します。

クレジットカードの金利

注意
クレジットカードの金利はカード会社やVISA、MASTER、JCBといった提携ブランドによっても異なりますが、平均すると100万円未満の借入れでは18%程度、100万円以上であれば15%程度の金利が相場になっています。数字だけ聞くと高いのか低いのかよく分からないかもしれませんが、18%というと大手の消費者金融会社のカードローンと同程度の金利と言えます。

しかし、消費者金融会社のカードローンは金利帯が細かく設定されている一方でクレジットカードの金利は大まかに設定されている傾向にあります。

金利と利息の違いと利息の計算方法

カードローンのCMなどで『利息0円』といったキャッチフレーズを見かけることが多いですが、この利息と金利にはどのような違いがあるのでしょうか?

金利とは、債務者が貸付側に借入金の元本に追加して支払う金額の割合のことを指します。割合であるため何%とパーセンテージで表示されることが多いですが、実際は1年間貸した場合のお金に対する利息を計算するためのもので、年利と表示されることがあります。

一方で、利息とは金利をもとに計算された、貸付側が元本に追加して受け取る1日当たりの金額のことを指します。つまり、自身の返済額に金利を掛けてから365で割ることで、実際に1日に支払う利息がわかります。実際に計算式で表すと以下のようになります。

借入金額×金利(%)×借入日数÷365日=利息

MEMO
利息は1日分を指しますが、一方で金利は1年間の返済額に対して発生するため、利息を算出するためには365日で割る事が必要です。また、1回で完済する場合は先述した計算式で利息を計算することが可能ですが、複数回に分けて返していく場合は返済するごとに借入金額は減っていきます。そのため、借りた金額から返済した金額を差し引いた、借入残高をもとに同じ計算を行います。

ショッピング機能とキャッシング機能は結局どう違う?

ショッピング機能とキャッシング機能は結局どう違う?

ショッピング機能を使用する場合は、基本的には「何かを購入する」ために支払うことになるため、手元に購入した商品が残ります。したがって、いざ返済できないとなった場合は商品を売却するなど返済する方法があります。

しかしながら、キャッシング機能では現金そのもを貸し出す形になるので、その現金を「ギャンブルに使って負けてしまった」「他の借金の返済に回してしまった」となると手元には何も残らないため、返済を補填するものが何もなくなってしまいます。

貸付側にとってこの違いは大きいため、ショッピング機能では金利は基本的に発生しない一方で、キャッシング機能はつける際にも審査が厳しく、例え1日からでも原則的に金利が発生することになるのです。

まとめ

クレジットカードは、1枚あるだけでショッピングの支払いも出来て、急に現金が必要な場合も引き出すことが出来る便利なものです。しかし、便利である反面、そこには必ずリスクも存在しています。

ショッピング機能だけでなくキャッシング機能、金利や利息についても理解した上で、クレジットカードを上手に使っていきましょう。

以上、クレジットカードでキャッシングを利用!金利はどのくらい?…という話題でした!