楽天市場でもキャッシュレス・消費者還元事業で5%還元!

10月1日から始まった増税に伴うポイント還元事業。
初めは「ややこしい……」「よく分からない」と思っていた方たちも、だいぶ仕組みに慣れてきた頃ではないでしょうか?対象店舗の赤い「2%還元」「5%還元」のノボリも珍しくなくなってきました。

本記事で、さらにお得にかつ手軽にポイント還元の恩恵を受ける方法をご紹介します。是非、ご覧ください。

10月から始まったキャッシュレス・消費者還元事業

増税と共に始まったキャッシュレス・消費者還元事業。現金を使用しないクレジットカードやスマホ決済などの「キャッシュレス決済」を行うことで、支払い代金の5%もしくは2%の還元を受けることができます。

どの店舗でも還元が受けられるというわけではなく、大前提として中小・小規模事業者に限定されています。この中小・小規模事業者というのは、商店街の店舗など個人が経営している店舗というイメージだと分かりやすいでしょうか。

ただし、フランチャイズチェーン店では2%での還元となっています。事業予算はズバリ2798億円。消費税増税を受けて、購買意欲が低下すると国は予測しています。消費者還元事業は、購買意欲を低下させないための国の政策です。

実際の店舗だけでしか還元されないと思っている方もいますが、実はこのポイント還元はネットショップで購入した場合も対象となります。

楽天市場でも対象に!

楽天市場の購入でも、ポイント還元対象となる場合があります。
ただし、残念ながら楽天市場のどの商品でも還元対象となる訳ではありません。検索を行った商品名の横に「キャッシュレス5%対象」と赤字で表示されている商品が対象です。また、ポイント還元の終了は、2020年6月までとなっています。期間には限りがあるのでご注意下さい。

2019年11月末現在での楽天市場の出店数は、48,949店舗です。そのうち、約20,000店舗以上がポイント還元対象店となります。実店舗と比較しても、店舗数の規模が段違いですね。しかもネットショッピングですので、交通費もかかりませんし営業時間を気にする必要もありません。

対象クレカでポイント最大8倍に

楽天市場での買い物をさらにお得にする方法があります。
それは楽天のスーパーポイントアッププログラム(SPU)を利用することです。このSPUでは、楽天カードで支払いを行うことで、通常会員がポイント1倍(100円で1ポイント)のところ、プラスポイント2倍になるプログラムを行っています。つまり、5%還元とあわせると8倍もの還元を受けることが可能です。

ポイント還元の対象にもなり、更に+αでポイントも貯まる楽天市場。これを気にまだお持ちでない方は楽天カードの所有を検討してみてはいかがでしょうか?

日本一の使用率にはワケがある!楽天カードの使いやすさを徹底解明