クレジットカードの使いすぎを防止するアプリが存在するって本当?詳細を説明!

この記事を読んで分かること

・クレジットカードの使いすぎを防止するアプリ

・アプリのメリット・利用額

クレジットカードの利用に抵抗があるという理由で一番多いのが、「使いすぎてしまう」があります。

確かにカード払いにすると、現金が不要で実際に買い物をしてもお金が減っている感覚を持ちづらくなります。

しかし近年では、スマホの普及で手軽に誰でも無料で利用できる「使いすぎ防止アプリ」があります。

これらを利用することで使いすぎの心配がなくなり、なおかつ月々のお金の管理が逆に楽になるような非常に便利がサービスです。

そんな使いすぎ防止アプリついて紹介していきます。

使いすぎないためには使用限度額の低いクレジットカードを選択するというのも一つの手です!使用限度額が低めに設定されているクレジットカードはこちら

クレジットカードの使いすぎを防止するアプリを紹介!

クレジットカードの使いすぎ防止アプリとは具体的にどのような機能があるのでしょうか?

一番の使いすぎ防止アプリの特徴は利用しているクレジットカードと連動して、アプリから毎月の支払額を確認できることです。

クレジットカード利用の不安点である、「カードでいくら利用したかがわからない」を解決してくれます。

現金よりもアプリで手軽に確認できるので、日々の利用金額を管理しやすくなります。

使いすぎ防止アプリは数多く存在しますが、アプリによって若干機能やサービスが異なります。

日本で特に人気があるアプリを7つ紹介します。

dカードアプリ

dカードアプリはドコモが発行しているdカード、dカードゴールド会員専用のアプリで、Google Play 、App Store どちらにも対応しており無料でダウンロードすることができます。

dカード、dカードゴールドを利用するとdポイント還元され、dカードアプリを利用することで、毎月の支払額やたまったdポイントの確認を簡単にすることができます。

さらにおトクなキャンペーン情報やエントリー状況へもすぐにアクセスすることが可能で、アプリからリボ払いの設定も利用状況を見て設定もできます。

追加の機能

dカードアプリで表示したバーコードをお店の人に読み取ってもらえば、スマホで簡単にdポイントが貯める使うことができるのです。

カード利用状況が確認でき、なおかつdポイントの管理も1つのアプリでできるので便利です。

 

 

オリコアプリ

オリコアプリは、オリコカード会員専用のアプリです。

Google Play 、App Store どちらにも対応しており無料でダウンロードすることができます。

このアプリを使えば、カード毎の利用明細(確定分、未確定分)の一覧や合計金額が表示されるため、カードの利用状況が簡単に把握できます。

カードの残りの利用可能額も表示できるので今月が残りいくら使うことができるかなどの確認もアプリで簡単に見ることができます。

オリコカードの利用で還元されるオリコポイントの管理もこのアプリから行うことができます。

オリコカードを持っている人は必ず利用して欲しいアプリです。

 

三井住友Vpassアプリ

三井住友Vpassアプリは三井住友VISAカード会員専用のアプリで、Google Play 、App Store どちらにも対応しており無料でダウンロードすることができます。

このアプリの特徴は作りがシンプルなことです。

使い方

メインページからスワイプするだけで「お支払い金額」「ワールドプレゼントポイント」「ご利用可能額」の照会や、「あとからリボへの変更」のメニュー簡単に移動することができます。

他にも「お楽しみコンテンツ」では、ゲームや占い、ソーシャルメディアやおすすめアプリなどを利用することができます。

 

My JCBアプリ

My JCBアプリはJCBカード会員専用のアプリで、Google Play 、App Store どちらにも対応しており無料でダウンロードすることができます。

直近のカード利用情報や、支払い金額とお支払日、ポイント残高をトップページに表示でき、いつでもすぐにご利用状況を確認できて便利です。

さらにアプリのデザインがわかりやすくなっており、たくさんカードを使ってもスマホで楽に確認できます。また、キャンペーン確認と参加登録までワンストップでできます。

My JCBアプリの一番の特徴

JCBでは24時間365日体制で第三者による不審な利用がないかチェックしており、不正利用の可能性を検知した場合アプリがすぐにお知らせし、その後の対応方法まで案内してくれます。

 

 

楽天カードアプリ

楽天カードアプリは楽天カード会員専用のアプリで、Google Play 、App Store どちらにも対応しており無料でダウンロードすることができます。

楽天カードアプリは使いすぎを抑えるという点で他のカード会社が運営しているアプリの中では一番優秀です。

便利機能

利用明細情報が確認機能以外にも楽天スーパーポイントの管理、またはポイントカードとしての利用ができ、キャンペーン情報などをアプリ経由でいち早くしることができ、その上家計簿として支出の管理ができる機能が付いており、楽天カード利用分は入力不要で自動で家計簿に反映されます。

さらにカード以外の支出は手入力・レシート撮影で簡単に登録でき、カテゴリーや予算を設定すれば、グラフで楽しく支出管理ができるなど様々な家計簿機能が付いているのでとても便利です。

 

 

 

CMなどでも人気のマネーフォワード

マネーフォワードは、「お金ってげんじつ」というキャッチコピーのもと運営しているテレビCMも放送されているただいま人気の使いすぎ防止アプリで、Google Play 、App Store どちらにも対応しており無料でダウンロードすることができます。

機能としては・・・

・コンビニで使った電子マネーも、お買い物で使ったクレジットカードも、お給料が振り込まれた銀行口座も、お金の出入りをこれ1つで確認できるサービス

・生活用や貯金用、いくつもある銀行口座の残高から、クレジットカードの今月の利用額、ポイントやマイルの残高まで、あなたの資産をまとめて確認できるサービス

・毎日の支出を、食費や日用品などに自動で分類し、何にお金を使っているのか、今月あとどれだけ使えるのか、簡単に確認できます。

の3つがあり、ほとんどのクレジットカード、銀行口座が連携でき、支出や口座の残高、カードの利用残高が見える化できるのです。

メガバンクが出資しているMoney tree

Moneytreeも日本で有名な使いすぎ防止アプリで、あの三菱UFJ銀行も出資しています。「一生通帳 家計簿よる楽チン」とキャッチフレーズにしており、Google Play 、App Store どちらにも対応しており無料でダウンロードすることができます。

機能は・・・

・Moneytreeなら、銀行の口座残高やクレジットカードの確定・未確定、リボ払いの支払い残高などの確認や貯めたマイル・ポイントを最短で、正確に把握し、管理することができます。

・給料の振込み、クレジットカードの支払いや大口の入出金、残高低下、マイル・ポイントカードの有効期限を無料で教えてくれる通知機能

このようにクレジットカードや現金の利用だけでなく、普段から貯めているポイント、マイルも一括管理できるのが、マネーツリーの最大の強みです。

クレジットカードの使いすぎを防止するアプリのメリットは何?利用額は?

先ほど紹介した7つのアプリは、クレジットカードの利用状況を確認できるアプリであるか、家計簿アプリです。

それぞれをアプリを紹介してきましたが、本当に使いすぎ防止を効果はあるのでしょうか?またどこまでのサービスを無料で利用できるのでしょうか?詳しく紹介していきます。

使いすぎ防止アプリを利用するメリットとその効果

クレジットカードは月にカード払いした金額が翌月に請求がきて、支払いを行います。

注意

便利なのですが、クレジットカードを利用する上でデメリットなのが、請求が来るのが翌月であることで実際に今いくら利用したのか把握することが難しいという点です。

しかし紹介した使いすぎ防止アプリを利用することで、今いくら使っているのかを簡単に把握することができるので、「今週は使いすぎたからこれ以上買い物するのはやめておこう」などの判断がしやすくなります。

効果としては、節約につながります。

おすすめの使い方

自分が持っているカードのカード会社が提供しているアプリ(楽天カードアプリやオリコアプリなど)と、マネーツリーやマネーフォワードなどの家計簿アプリをどちらもダウンロードして利用することです。

カード会社が発行しているアプリを利用することで、持っているカードだけの利用状況の確認やカード会社から還元されるポイントの管理や設定の変更などができます。

そして家計簿アプリでは、カードや銀行口座も連携して、自分が持っているお金を全部を管理することでさらに、使いすぎなどが明確化されさらに効果がアップします。

使いすぎ防止アプリの利用額の違い!月額だとこれくらいかかる

紹介した7つのアプリはすべて、利用料金は無料です。

つまり、無料でダウンロードが可能で、基本的な利用であれば一切の料金がかかりません。しかし、家計簿アプリも基本的には無料で利用が可能なのですが有料会員になれば、機能がさらに追加されます。

マネーフォワード

このアプリの有料版を月額500円で利用することができます。

有料版

連携できるサービスの数の制限がなくなりさらに便利になってり、お金の利用状況のデータ化をさらに詳しくしてくれるので、節約につながるなどです。

しかし、マネーフォワードは無料版でも使いすぎ防止アプリとしての機能が十分ついているので最初は無料で使ってみて、必要であれば有料会員になればいいと思います。

マネーツリー

マネーツリーも基本的には無料で利用することができます。

注意

基本的に個人の利用者には有料のコンテンツがなく、ビジネス用のサービスに有料版があります。マネーツリーには有料版がありません。

まとめ

この記事では、クレジットカードの使いすぎ防止アプリについて7つにサービスをあげながら説明してきました。

それぞれのアプリは基本的に無料で、だれでも気軽にカードの利用状況を確認できるため、使いすぎ防止につながります。

自分の持っているカード会社が提供している使いすぎ防止アプリは必ずダウンロードしてください。

カードの利用がさらに便利になり無駄がなくなります。また使いすぎ防止=節約につながるので、ぜひ自分にあったアプリを使ってみてください。

以上、クレジットカードの使いすぎを防止するアプリが存在するって本当?詳細を説明!…という話題でした!