クレジットカードの支払い口座を設定時に確認する点まとめ

クレジットカードの支払い口座を設定で注意すべき点まとめ

クレジットカードの申し込みの際、クレジットカードの支払い口座として登録する銀行口座について適している条件などはあるのでしょうか。

本記事では、クレジットカードの支払い口座に適した銀行口座の条件をいくつかご紹介していきたいと思います。

クレジットカードの支払いとうまく付き合っていける銀行口座をぜひ選んで下さい。

給料など定期的に振り込まれる銀行口座がおすすめ

クレジットカードの利用料金が引き落としを設定する口座は給与振り込みがあるなど一定の入金がある口座が安心です。

クレジットカード利用での信用力の構築の基準は「引き落とし日に滞りなく引き落としができるかどうか」この1点です。

実際には収入も貯蓄額も十分にあり支払い能力が十分にある場合でも、引き落とし口座をあまり使わない口座に指定していたがために支払期日にその口座に十分な残高がなく引き落としできなかったなどという事態はぜひとも避けなくてはなりません。

一度キズのついたクレジットカードの信用力は取り戻すのに長い期間がかかるからです。

そこでおすすめなのが給与などの振り込みがあるアクティブな口座を引き落とし口座に指定しておくことです。

銀行でも郵便貯金でもOK

引き落とし口座はメガバンク、地銀、ゆうちょとどの口座を選んでも特に問題はありません

MEMO
ただし多くの場合、クレジットカードの引き落とし口座は全国各地の金融機関で取り扱いができることが条件となっているので、クレジットカード会社によっては指定できる金融機関が決まっていることもあります。

地銀やゆうちょを使いたいと考えている場合は、事前にクレジットカード会社に候補の口座が引き落とし口座として設定できるかどうか確認しておくと安心です。

ネットバンクだと確認がしやすいので扱いやすい

ネットバンクなら確認がしやすいので扱いやすい

支払期日の残高不足を防ぐ方法としてもう一つ有効なのが、引き落とし口座にネットバンクを活用することです。

注意
ネットバンクはパソコンやスマホから24時間手軽にアクセスすることができるので引き落とし日前に残高が足りているかどうか確認するのが容易です。

インターネットバンキングは楽天銀行やソニー銀行など大手ネットバンクは当然のこと、大手銀行で申し込めば持っている口座にオンラインでアクセスできるようになるので便利です。

まとめ

クレジットカードに設定する引き落とし用銀行口座の条件・おすすめについてまとめました。

以上、クレジットカードの支払い口座を設定時に確認する点まとめ…という話題でした!