クレジットカード連続申し込みは危険?真実に迫る

クレジットカードの発行には、カード会社が独自で行う「審査」と呼ばれる申込者にカードを発行するかしないかの判断があり、その審査によって発行できるかが決まります。
そして、クレジットカードは連続でなんども申し込みをすると非常に危険であることをご存知でしたか?
この記事ではクレジットカードを持つ上でしてはいけないことの1つであるクレジット連続申し込みの危険性について説明していきます!

クレジットカードを連続申し込みすると危険?

クレジットカードを連続で申し込みたくなる気持ちはわかります。
例えば、一度審査に落ちて、次は受かるのではないのかともう一度申し込んでしまったり、ユニクレのようなクレジットカードの情報まとめサイトを読んで一度に様々な種類のカードが欲しくなる、クレジットカードの特典をたくさんの種類のカードから得たいなどでしょう。しかし、連続申し込みは、同じクレジットカードであっても、違う種類のカードであったとしてもリスクが伴います。
この項目では、申し込みを連続ですることによりどのようなリスクがついてまわるかを紹介していきます。

クレジットカードを連続で申し込みするとクレヒスに傷がつく

クレヒスという言葉をご存知でしょうか?クレジットヒストリーの略であり、クレジットカードの使用履歴です。クレジットカードで決済を行なった代金は翌月に請求がきて支払いを行うので、実はカード決済は借金と同じ扱いであり、クレヒスに傷がつくと新しくカードを発行できなかったり、利用可能枠のあげることでできないなどのデメリットがあります。
多くの人はカード払いが「借金」であるという認識を持っていませんが、借金なのですよ、そのクレジットヒストリーを管理しているのは、各カード会社ではなくCIC(信用情報機関)が管理しています。CICはクレジットカード会社が共同出資してできた会社でクレジットカードやローンの情報は全てCICが保有しており、カード会社は誰かがカードを申し込みをするとCICからその顧客の信用情報の提供をしてもらい審査を行うのです。したがってクレヒスに傷がついてしまうと他社のクレジットカードの審査に落ちてしまう可能性があるのです。
そしてカードの申し込みを連続で行うと大切なクレヒスに、様々な理由で傷がつきます。
理由はいくつかあり、様々な理由は後の項目で紹介しますが、CICに情報が送られてクレヒスに傷がつくのです。

クレジットカードを連続で申し込みすると審査に通りにくくなる

そして、同じカードを連続で申し込みするとクレヒスに傷がつくだけではなくどんどん審査に通りにくくなります。
なぜなら、一度審査を行って人に対して再度審査を行わないからであり、逆に嫌がらせだと思われてさらに状況を悪化させます。
審査に落ちてしまい、意地になって何度も申し込みしたくなる気持ちもわかります。「次は受かるかもしれない」とつい申し込みしたくなりますが、2回目は審査もしてくれないのです。
したがって一度審査に落ちてしまった場合、6ヶ月間インターバルをあけましょう。実はCICが管理している顧客のクレジットカードの新規申し込み情報は半年間しか管理されず古い情報は消去されますので、その間隔をかけて改めてチャレンジすると審査が通りやすいです。
絶対に同じカードを連続で申し込みしないでください。

最悪の場合は一生、クレジットカードが持てなくなる場合も(300字)

同じカードまたは多種のカードを連続申し込みを行うことはクレヒスに悪影響を及ぼす絶対にやってはいけないことであり、やりすぎると最悪の場合CICのブラックリストにいれられ一生クレジットカードを発行できなくなる可能性があります。この状態になると本当に最悪で、今日本ではキャッシュレス決済を国を上げて促進しようとしており、今後クレジットカードカードの利用率やカード決済限定のキャンペーンが行われるなど、現金支払いを行うことが勿体無くなる時代に突入するでしょう。そんな中でクレジットカードを一生持てない人は、とても損をすることになりますので、この最悪の状態だけは避けるべきです。

クレジットカードを連続申し込みしてはいけないのはなぜなのか

クレジットカードを連続申し込みを行うと、思いペナルティを課されることを理解した上で、してはいけな理由は、カード会社からの印象が非常に悪くなるからです。
その情報がすべてCICに送られ日本全国のクレジットカード会社にシェアされる仕組みになっていますので例えカード会社が異なったとしてもその履歴が残ります。理由については以下で詳しく紹介します。

クレジットカード会社は原則として多重申し込みを認めていない

理由の1つは、クレジットカードを連続で申し込みするような多重申し込みを各カード会社は認めていないからです。
クレジットカード会社は日本に約340社存在すると言われており、一社が発行しているカードの数も1枚だけではなく多数のラインナップを用意しています。(一般カード・ゴールド・プラチナなど)
そして各カード会社は利用者を増やすために様々な優待やキャッシング機能をつけたり、豪華な入会特典をつけて長期的な利用者を増やそうとしています。その中で短期間で様々なカードに申し込みを行う人がいればカード会社はどう思うでしょうか?以下の通りです。

お金が無くて困ってる人だと思われてしまう。

クレジットカードには、カード会社からATMで簡単にお金を借りることができるキャッシング機能があります。もし各カード会社が多重申し込みを認めていれば、借金があるなどお金に困っている人は現金を手に入れるために発行した全てのカードのキャッシング機能を利用して大量にお金を下ろして、利用分の支払いを踏み倒すなどの悪徳利用者が現れます。
そして実際にクレジットカードの連続申し込みをする人はカード会社からお金がなくて困っている人だと思われてしまいます。

特典目的であると思われてしまうから

さらにほとんどのクレジットカードは新規入会特典のキャンペーンを行い、それが例え年会費が無料のクレジットカードでも特典が豪華なのです。例えば年会費無料の楽天カードは新規入会特典キャンペーンを常時最大5000楽天スーパーポイントが付与されまた、ライフカードに至っては12000円分のポイントと各カード会社も必死で利用者を増やそうとしている中、多重申し込みをしている人がいればどう思うでしょうか?カード会社がその申込者を特典目的だろうと考えるのも無理がありません。

ではクレジットカードの審査に通らなかった場合はどうしたら良いの?(300字)

これまでの記事の内容をまとめると、クレジットカード会社は連続申し込みを認めていない理由は、お金がない人で信用できないことと、特典目的の申し込みだと思われるからであり、連続申し込みをするとクレヒスに傷がつき今後のキャッシュレスライフが不便になります。
連続申し込みのデメリットはわかっていただけたと思いますが、どうしても1枚のカードの審査に落ちてしまったがやっぱり欲しい場合はどうしたらいいのでしょうか?

とりあえず6か月間はあけてみる

どうしても欲しい場合は、6ヶ月間インターバルをあけるようにするとCICが管理している新規申し込み情報が破棄されるので、審査に通りやすくなります。
これは、同じクレジットカードでも、異なった種類のクレジットカードでも同じで、短期間の連続申し込みはクレヒスに傷をつけてしまいます。

情報開示請求で理由を明白にしよう

また、CICで管理している自分の情報も情報開示請求を行うと見ることができ、年中無休で8:00~21:45の間にCICのサイトからPCで申し込みをすることで利用手数料1,000円でPDFを発行できます。
自分の情報を確認し、審査に落ちる理由を明確化することができ、今持っているクレジットカードの使い方を改め、クレヒスをよくできるように日々カード利用していく方法もあります。
そのためにもクレヒスを良くするためにカードの利用状況を明確化することは大切なことです。

どうしても複数枚欲しい場合は適度に利用しながら6か月毎に申し込みをしよう

どうしても複数枚カードが欲しくなる気持ちもわかります。
特にステータスの高いカードなど、ホームページを見て申し込みたくなるのですが、申し込みは6ヶ月おきにしましょう。やはり短期間で複数申し込みを行うと審査に落ちる確率が非常に高くなります。
また、CICにはカードに利用履歴も管理されているので、現在所有しているカードを適度に利用し、発行したことが利用目的であることをCICのクレヒスに刻むことも入会特典目的だと思われないためにも大切なことです。

まとめ

この記事では、クレジットカードの連続申し込みは本当に良くないことについて、紹介してきました。
まとめると各カード会社はカードの連続申し込みを認めておらず、申し込みの情報もCICという機関で管理されています。連続申し込みをしてしまうとカード会社にお金がない人または、特典目的の人と思われ印象が非常に悪くなり、クレジットヒストリーに大きな傷がつき、最悪の場合、クレジットカードを一生利用できないことになる場合もあります。
その自体を防ぐために、基本的に連続申し込みはしないことを徹底し、どうしてもの場合は6ヶ月のインターバルをあけて再申し込み、それでもだめであればCICに情報開示請求をおこない、自分の悪いクレヒスを見直し対策をしてから改めて申し込みをしてください。
日本でもクレジットカード支払いのようなキャッシュレス化を国をあげて促進しようとしています。そのキャッシュレス社会でクレヒスが悪いと圧倒的に不利にありますので、カードの申し込みは気を付けましょう。

以上、クレジットカード連続申し込みは危険?真実に迫る…という話題でした