クレジットカードの申し込みがネットからだと得する本当の理由

クレジットカードを発行するためには、カード会社への申し込みが必要であり、申し込みの方法はおもにインターネット、お店、郵送の3種類があります。

クレジットカードの申し込みを考えている人の中に、お店や郵送、インターネットからの申し込みのどれが一番いいか悩んでいる方は多いと思います。

どちらにしろ、1つのクレジットカードに3つの申し込み方法があったとして、どれを使っても同じクレジットカードが届きます。

そうであれば、一番便利でお得な方法を選ぶべきではないでしょうか?

結論からいうと、クレジットカードの申し込みは圧倒的にインターネットから行う方がメリットがあります。

クレジットカードの申し込みはネットからの方がお得!

クレジットカードの申し込みは郵送や店頭よりもネット申し込みが良い!

クレジットカードの申し込みは郵送や店頭よりもネット申し込みが良い!

クレジットカードの申し込みはインターネットからしましょう!

おおまかに理由を挙げると、

  • インターネットからの方が申し込みしてからカードを入手できるまで早いこと
  • インターネットでの申し込みしかできないクレジットカードが多くあるので、選択肢が増える
  • インターネット申し込みで入会特典がもらえて、お得

この3つです。

こららのメリットについて詳しく説明していきたいと思います。

ネットからの申し込みならクレジットカードは即日発行も可能?

上の項目でインターネットから、申し込みを行なった方がいいメリットを3つ挙げました。最初の1つである発行できるまでのスピードが早いということですが、クレジットカードの中ではインターネットの申し込みを行うと即日発行が可能なものも存在します。

例えば、セゾンカード インターナショナル、エポスカード、アコム マスターカードなどです。

セゾンカード インターナショナルは全国のパルコ、ららぽーとなどにセゾンカードカウンターが設置されており、

受け取り方法をそのセゾンカードカウンターで受け取りに選択すると、カードを申し込みした日、当日にカードを受け取ることができます。

次にエポスカードも同様で、エポスカードは丸井系列のクレジットカードですので、マルイ百貨店などで当日受け取りが可能です。

アコム マスターカードはアコムが発行しているクレジットカードであり、カードの受け取りは、自動契約機であるむじんくんといわれる機械で即日発行が可能です。

このようにインターネットから申し込みを行うことで、即日発行という最速でクレジットカードを受け取ることができます。

早くカードを受け取りたい人は多いと思います。

例えば、海外旅行に行く直前にすでに持っていたカードが不正利用されてカードの使用ができなくなってしまった場合、現金がなくなってしまってどうしてもお金が必要な場合など、カードの即日発行はとても便利です。

エポスカードがおすすめできるのはこんな人!2019年最新の特徴・メリット・デメリットを徹底解説

ネットからクレジットカードを申し込むと特典がもらえるの?

ネットからクレジットカードを申し込むと特典がもらえるの?

多くのクレジットカードはネットから申し込みをすると、入会特典として様々な特典をもらえます。

MEMO
例えばライフカードの新規入会キャンペーンは入会+利用で最大15000円相当(3000ポイント)プレゼントを行っており、年会費が無料なので、発行するだけで15000円分のポイントをもらえてしまいます。

ほとんどのクレジットカードは新規発行をすることで、カード会社独自のポイントが還元されます。

 

注意

しかし、カードの多くはインターネット申し込み限定でこのようなキャンペーンを行なっております。

理由はインターネット申し込みの場合、余計な人件費、場所代がかからないためその分カードの利用者に還元が可能なのです。

 

このようなお得な特典を受けたいのであれば、やはりクレジットカードはインターネットからの申し込みがお得です。

ネットからしか申し込めないクレジットカードもあるの?

ネットからしか申し込めないクレジットカードもあるの?

最初に挙げたネット申し込みを行うメリットで、発行できるカードの種類が増えると言いましたが、これは事実です。

上の項目で挙げた通り、カードの発行をインターネット経由で行うことでカード会社は費用を削減できます。

したがってインターネットからしか申し込みできないカードも多く存在します。

 

MEMO

例えば、楽天カードです。

楽天カードは2018年1月の日本経済新聞の記事で現在日本で1番使われているクレジットカードです。

さらにサービス産業生産性協議会 平成29年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査より9年連続顧客満足度NO.1のクレジットカードでもあります。

日本で一番満足されながら、利用されているクレジットカードはインターネット申し込みに限定しており、このことからカードの申し込みは現在、インターネットが主流であることがわかると思います。

日本一の使用率にはワケがある!楽天カードの使いやすさを徹底解明

 

国際ブランドのプロパーカードはネットからしか申し込むことができない

先ほどの項目では楽天カードを例に挙げましたが、国際ブランドのプロパーカードもインターネットからしか申し込みができません。

国際ブランドとは、VisaやMasterCard、JCBなどであり、店舗がどこの国際ブランドと提携しているかによって決済ができるかが変わるものです。

例えば、例えばVISAのクレジットカード決済しか取り扱っていない店舗ではJCBなどのカードでは支払いができません。

つまり国際ブランドのプロパーカードとは例えばJCBカードなどの国際ブランドであるJCB自身が発行しているクレジットカードのことであり、申し込みはネット限定となっています。

その理由の一つは国際ブランドのプロパーカードには実店舗がないことです。

 

MEMO

エポスカードのようにマルイ百貨店という実店舗がある場合、カード申し込みを発行まで時間がかかりますが、店舗で行うことができます。

しかしJCBなどはそのような店舗がないので、インターネットで申し込みを行なってから郵送でカードが自宅に届きます。

 

ネットからしか申し込めないプロパーカードの特徴

 

注意

ネットからしか申し込みができない、プロパーカードはJCBカード以外にもアメリカン・エキスプレスカード、ダイナースカードがあります。

このようなカードの特徴は大きく3つあります。

 

カードの知名度

1つ目は、カードの知名度です。

アメリカン・エキスプレスカード、ダイナースカード、JCBカードというのは、ほとんどの人が存在を知っているので、その知名度がカードのステータス性に繋がっています。

ステータス

2つ目はカードの知名度で紹介しましたがステータスです。

アメリカン・エキスプレスカード、ダイナースカードはステータス性が高いカードと知られており、年会費も高いです。

しかしそれらの国際ブランドが直接発行しているカードであり、特典の数やサービス内容がとても充実しています。

またプロパーカードの方が審査が難しく、持っていると周りに羨ましがられます。

ビジネスマンのためのステータスを上げるクレカベスト4

ランクアップ制度

3つ目はカードのランクアップ制度です。

カードをプロパーカードを持っていると将来的にランクが高いカードを持つことができるのです。

日本のVISAのプロパーカードである三井住友VISAカードにもランクアップ制度があります。

三井住友VISAのプロパーカードもネットからしか申し込めない

三井住友VISAカードもネットからしか申し込みができません。

三井住友VISAカードには三井住友VISAクラシック、ゴールド、プラチナとランクがあります。

カードを持っていて、支払いに遅延や滞納がない場合にカードがランクアップしていきます。

注意
特にプラチナカードというのは、発行の審査がとても厳しくいきなりプラチナカードの申し込みを行なっても審査に落ちて、発行することができません。

したがって、プロパーカードの一般カードから少しずつカードの良い実績を築いていくことで、将来的にランクが高いステータスカードを持てる可能性が高まります。

これらが国際ブランドのプロパーカードを持つメリットであり、三井住友VISAカードを含むプロパーカードはネット申し込み限定です。

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
満18歳以上の方(高校生は除く)※未成年の方は親権者の同意が必要
発行までのスピード
最短3営業日
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
ご利用金額の20%現金還元!※アプリログインを条件に最大8,000円

ネットからクレジットカードを申し込むと不正利用されたりしない?

 

MEMO

ネットからクレジットカードを申し込みを行う場合、ネットから申し込みを行なった時点で不正利用されるということはありません。

その理由を紹介していきます。

 

申し込んだことにより不正利用されることはない

ネットから申し込みを行うことでクレジットカードが不正利用されるということはあり得ません。

なぜならカードの不正利用はカードの情報が全て、外部に漏れることで不正利用されます。

つまり、情報が外部に漏れる可能性があるとすれば、カードを発行して利用様々なところで利用する時です。

カードを申し込みを行なったとしても申し込み者の情報を管理するのは、カード会社だけです。

つまり、カードの情報が第三者に漏れないようにする対策というのは徹底されており、心配する必要はありません。

各カード会社がどのような対策をしているかは、各カード会社によって異なるので、各ホームページをご参照ください。

アカウント管理を適切にすれば不正利用されない

カードの申し込み時に情報が漏洩することはほぼありませんが、漏洩するタイミングというのは、利用時や各ウェブサービスのアカウント管理を誤った時です。

 

注意

例えば、アマゾンなどの通販サイトでもクレジットカードでの支払いができますが、利用時にカード情報の保存ができます。

保存してしまうと不正利用される可能性というのは、高くなります。

 

アカウントへのハッキングは、何らかの形でアカウントに不正ログインされてしまうと、クレジットカードを情報が残ってしまっているので、利用されてしまうのです。

つまり、不正利用されないために気をつける点は、アカウントの管理をしっかりするということです。

ネットでの情報入力は一度立ち止まって考えることで不正利用は防げる

さらに不正利用されないために行うべきことは、ネットに情報を入力する場所を考えるという点です。

アマゾンや、楽天などとても有名なサイトというのは、利用者の数も多く大手などでハッキング対策や情報漏洩対策というのは行われています

注意

しかし、よくわからない外国のサイトや、小規模なサイトには一度立ち止まって利用を考える必要があります。

もしかすると、そのサイトは詐欺をするためのサイトかもしれないのです。

 

クレジットカードの情報を入力して支払いを行う際に、ネットに支払いに必要な情報を全て記入することになります。

MEMO
カードを利用するサイトはしっかり、自分で見極める必要があります。

まとめ

この記事では、インターネットから申し込みを行う方がいいという根拠について紹介してきました。

クレジットカードの申し込みを行う場合、インターネットから行うべきです。

なぜなら、発行までが早い、特典が充実している、選べるカードが増えるの主に3つのメリットがありました。

さらにネットから申し込みを行うことによってカードが不正利用される心配は必要なく、どちらかというと利用方法を気をつける必要があります。

しかし、最近ではほどんどのカード会社がカードの不正利用に対しての補償を行なっており、万が一不正利用されてしまった場合も安心です。