詐欺罪になる事も…。クレジットカードの貸し借りが家族間でもダメな理由

「夫のクレジットカードを妻が借りる」日常的にやってしまいそうなこの行為ですが、実は本人の承諾があったとしても詐欺罪になってしまう可能性のある行為なのです。本記事で理由も含めてご紹介します。

気軽にしてしまう家族間でのクレカの貸し借り

スーパーやネットショップなどで夫婦間で、ついクレカの貸し借りをしてしまった事に心当たりのある方は少なくないのではないでしょうか?

簡単に出来てしまうからこそ、ついつい敷居が低くなってしまいがちな「クレカの貸し借り」特にインターネットではサインも必要ありませんので、カード番号や暗証番号を教えてもらうだけで、気軽に共有することが出来てしまいます。しかし、これも本来はやってはいけないNG行為です。

クレジットカードの基本は「信用」

カード会社の約款で本人以外のカード利用は禁止と明記されています。当然、夫婦だけでなく恋人や友人であっても貸し借りはいけません。クレジットカードはその名の通り「信用」で成り立っています。商品をクレカで購入するということは、カード会社が購入代金を立替、その後、利用者が後から支払いを行います。これはあくまでも申込時の利用者の審査によって成り立つ関係ですので、所有者以外が使用してしまっては、審査の意味が無くなってしまいます。

更に貸していたクレジットカードが盗難や不正利用があった場合は、補償の対象外となります。今は店内・店外に関わらず監視カメラが多数付いていますので、実は夫のカードを妻が所有していて盗まれた場合、誤魔化すことは困難です。また、購入時の確認サインが所有者の筆跡と違う……などというケースも当然、補償の対象外となります。
万が一のことを考えてクレカを他人に貸すのは絶対に止めましょう。

詐欺罪が成立してしまう場合も…

本人以外がクレジットカードを使うという行為は、本人に成りすました他人がカード会社を騙したことになります。その為、法律的にも詐欺罪が成立してしまうのです。
店舗もカード情報の名前は男性にも関わらず女性が購入しようとした場合は、支払いを拒否することもできます。その場合は、詐欺罪ではなく「詐欺未遂」となります。

とは言っても、実際に詐欺罪で訴訟されるケースはありません。ただし、だからと言って他人名義のカードを使うのは規約違反であることは間違いありません。強制退会や利用停止になる可能性もありますので、規約はしっかりと守りましょう。

どうしても家族にクレジットカードが必要な場合は、家族カードの所有も検討しましょう。