無職の人でも作りやすい審査の甘いクレジットカードとは!

現在ネットショッピングや日々の支払いで、クレジットカード払いが主流になってきており、クレジットカードがないと不便な場面も多々あります。

そのため、無職の人でもクレジットカードを作りたい、という人も多いのではないでしょうか。一言で「無職」と言っても専業主婦(主夫)、学生、ニート、退職したばかりの人、年金受給者など、状況は様々です。

今回は無職の人でも作りやすい、審査の甘いクレジットカードについてみていきたいと思います。

無職でもクレジットカードは作れる?

クレジットカードを作るには、審査に通る必要があり、一般的に無職の人はクレジットカードを作ることはできないとされています。

しかし無職の人であっても、扶養してくれている人がいる専業主婦(主夫)や学生、また家賃収入などの不労収入がある人、年金受給者はこの審査に通る可能性が高くなります。つまり働いてはいないけれど収入がある人や、配偶者や親などに安定した収入があれば、審査に通る可能性が高いのです。

一方、過去のクレジットヒステリー(過去に支払い遅延はないかなど)に問題がある場合や、住所が特定できない人は、クレジットカードを作ることが難しくなります。

審査が通りやすいか、難しいのかは、それぞれのクレジットカード会社によって違うので、無職の人はできるだけ収入がなくても審査に通りやすいクレジットカードを選ぶようにしましょう。

無職でも審査が通りやすいクレジットカード4選

無職の人でも審査が通りやすいのは流通系のクレジットカードです。ここでは、無職の人にもおすすめの審査の甘いクレジットカードをご紹介します。

イオンカード

画像出典:https://www.aeon.co.jp/creditcard/lineup/select.html

イオンカードは大手スーパー「イオン」が発行する流通系クレジットカードです。

無職で収入がなくとも、配偶者に安定した収入があれば審査に通りやすくなっています。イオンで買い物をするのは主婦(主夫)が多いので、収入のない専業主婦(主夫)にはおすすめのカードです。

イオンカード(WAON一体型)でお得にポイントを貯めよう!特典やサービスもご紹介!

楽天カード

画像出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

楽天カードは「楽天カード株式会社」が発行する流通系クレジットカードです。上記のイオンカードと並んで有名な流通系カードです。

楽天で買い物する時のポイント還元率は高く、年会費も無料という非常に魅力的なクレジットカードになっています。楽天カードの申込みには収入がなくても、預貯金額を入力をするフォームがあり、資産のある無職の人にはおすすめのカードです。

日本一の使用率にはワケがある!楽天カードの使いやすさを徹底解明

ヤフーカード

画像出典:https://card.yahoo.co.jp/service/tpoint/

審査が甘いと有名なクレジットカードであるヤフーカード。

ヤフーカードを作るのに、安定した収入があることが条件となりますが、自分に収入がない主婦(主夫)や学生でも、世帯収入がしっかりあれば比較的通る可能性が高くなっています。また持ち家や車など、資産がある無職の人も審査に通りやすいです。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)は年会費無料のTポイント貯めたい人におススメ!

Amazon MasterCard クラシック

画像出典:https://www.amazon.co.jp

Amazon MasterCard クラシックはAmazonが発行しているクレジットカードです。年金受給者でも、クレジットヒストリーに問題がなければ審査が通りやすくなっています。

カード申込み時に「即時発行サービス」を選択すると、3分ほどで審査結果が分かり、Amazonですぐに買い物ができるため便利です。

Amazon Mastercardクラシックカードの特徴、メリットデメリットまとめ

家族カードを作る方法もある

審査の甘いクレジットカードをご紹介しましたが、それぞれ個人の状況によって、それでもなかなかクレジットカードを作れない人もいるかと思います。そのような場合、代替策としてクレジットカードの「家族カード」を作る方法があります。

家族カードとは、配偶者や両親がクレジットカードの審査を通っていれば、その家族が無審査で家族カードを持てるというクレジットカードに附帯するサービスです。

カードの利用料金は、カードの本会員がまとめて支払うことになるため、利用履歴が家族に分かってしまい使いづらい面もあるかもしれませんが、立派にクレジットカードの役目は果たしてくれます。

まとめ

無職だからクレジットカードを持つのは無理だと諦めていた人も、比較的審査の甘いクレジットカードだと持てるかもしれません。ぜひ諦めずに申し込みをしてみてください。

万が一、審査に通らなくても自分名義のクレジットカードではないが、家族カードを持つという選択肢もあるので、他の代替策も考えてみましょう。