魅力たっぷりdカードの審査に受かりたいならこれをしよう!審査基準、審査の通り方まとめ

dカードは魅力たっぷりなクレジットカード

皆さんは数あるクレジットカードの中でdカードの存在をご存知でしょうか。

一般的にはドコモユーザが持つクレジットカードとして知られていますが、その内容について詳しく知っているという方はあまりいないと思います。

今回はdカードがどのような特徴や強みを持っているのか、そしてカードを作る際に最も気になる審査基準についてはどうなっているのかについて詳しく説明していきます。

この記事を読むことによって、dカードの魅力を知ることができ、かつその審査に通ることができるかどうかの判断をつけることが可能になります。

ではまずdカードの基本的な特徴や強みについて見ていきましょう。ポイント還元率は1%〜5%で、年会費が1,250円かかります。ただし、初年度は無料です。

しかも年間で1回でも利用があれば翌年は無料になるので、実質的に無料と言えます。dカードGOLDというカードもありますが、こちらは年間で10,800円かかります。

このカード最大の強みは携帯料金の支払いにポイントを使うことが出来る点です。

通常のカードポイントは有効期限が迫ってくるにつれて後から考えるともったいない使い方をしてしまうことが多いですが、このカードの場合はそのように実用的に使うことが出来ます。

またどんなお店で使っても100円につき1ポイントが付与されるので、その点はメリットと言えます。

dカードの評価、ぶっちゃけた評判は?

dカードの概要がわかったところで、実際には本当に使えるカードかどうかまだ分かりにくいかと思います。

そこで実際にカードを利用するユーザがどのように思っているかや、ドコモユーザにとってどんなメリットがあるかなど、このカードが本当に使えるカードなのかどうかを判断するためにより具体的な特徴をつかんでいきましょう。

dカードを利用しているユーザーはどう思ってる?

では、実際にdカードを利用しているユーザはどう思っているのでしょうか。

カードを現在利用しているユーザーに聞いてみました。

30歳 女性 会社員
今までのカードは有効期限が近づくとポイントの利用方法に非常に困ることが多かったです。
dポイントは最悪携帯料金の支払いに充てることができるので、ポイントも限りなく有効に使うことが出来てとても満足しています。

26歳 女性 新卒社員
オススメなのはローソンやノジマを普段から利用する人です。
私もそのユーザの1人ですが、ポイント付与で1%、カード決済で1%、現金割引が3%と合計で5%の還元を受けることができます
同じ買い物するのであればやはり少しでも還元率の高い方がお得なので、該当する方は是非このカード利用してみることをオススメします。

ドコモユーザーにはどんなメリットが?

またdカードと名前が付くくらいですから、やはりドコモユーザにはそれ相応のメリットがあります。

1つ目は毎月のドコモ利用料の1%がdポイントで貯まるというものです。

2つ目は1年間の携帯補償サービスです。

これはもし万が一不良の事故によって携帯を破損してしまった場合に、同一機種・同一カラーであればdカードを利用して購入することによって購入費用を10,000円補填してもらえるというものになります。

ちなみにdカードGOLDの場合は100,000円の補填になります。

3つ目はポイントの使い道が幅広くなるというものです。

スマホの料金支払いや修理代等ドコモユーザでない方に比べてポイントが利用できる幅が広がります

dカードのさらに詳しいメリットはこちらの記事にまとめてありますので確認してみてください!

dカード券面画像 dカード はdポイントを貯めるなら必携の年会費無料クレジットカード!審査基準やメリットを徹底解説!

dカードはメインカードに出来る?

それではここまで述べてきたdカードの特徴や強みを考慮してこのカードをメインカードとして利用できるかどうかについてですが、結論から言うと十分メインカードになりえます

特にドコモユーザにとっては、ポイントも貯まりやすくなりますし、ポイントの使い道という意味でも非常に幅が広くなるので、絶対オススメのカードになります。

もしクレジットカードをそれほどこだわりなく、とりあえず持っておきたいというのであれば、初めにこのカードを持つというのもありではないでしょうか

審査基準は厳しい?

dカードの審査基準や申込み方法は?

では具体的にdカードの審査基準や申込み方法について見ていきましょう。

まずカードを発行することができる最低条件は、

  1. 個人名義であること
  2. 満18歳(学生を除く)以上で安定した継続収入があること
  3. 本人名義の口座を持っていること

の3つになります。

こちらに関しては特にこれと言うハードルが高いものや、複雑な申請が必要なものはありませんので、多くの方は問題なく素通りできる点かと思います。

次に申込み方法ですが、申し込む際には

  1. WEBで申し込む
  2. ドコモショップで申し込む

の2つの選択肢から選ぶことができます。

それぞれの利点としては、WEBで申し込んだ場合は当然、店頭に足を運ぶ必要がないということ、審査結果が最短5分で出てくるということです。

またドコモショップに関しては運転免許証以外の本人確認書類を見せて本人確認をすることも出来るので、運転免許証を持っていないという方にはメリットになるでしょう。

また、携帯を買いに行くついでにカードを発行できるという一石二鳥の点でもメリットと言えるでしょう。

dカード券面画像 dカード はdポイントを貯めるなら必携の年会費無料クレジットカード!審査基準やメリットを徹底解説!

審査難易度は?

では次にカード発行の難易度についてです。

こちらのカードは発行元が三井住友カード株式会社となっており、銀行系ということもあってか、当事者の信用情報についてきちんと調べられる傾向があります。

先ほど、WEBで申し込んだら最短5分で審査結果が出るということを話しましたが、それは逆に言えば、過去の取引履歴だけを見て、その人が信頼できる人かどうかを判断されてしまうという事を意味します。

したがって、少しでも過去のクレヒス(クレジットカードの使用履歴)に不安があるという方は、店頭に出向くことをオススメします(一般的にWEB申込みよりも審査結果が良くなるとされています)。

MEMO
今回クレジットカード自体を作るのが初めてという方や、過去のクレヒスに全く問題がないということであれば、その辺りは特段気にする必要はありませんので、難易度はさほど高くないでしょう。

dカードを他のカードと比べると

これは他のクレジットカードに比べてみても特に特別基準が高かったり、逆に引っかかったりしないということを意味します。

裏を返せば、もし他のクレジットカードを発行する際に審査の段階で引っかかってしまったという経験が直近であれば、dカードの発行も厳しい結果になってしまう可能性が高いと言えます。

基本的に短期間にいくつものクレジットカードに申し込みをする事は信用情報的にあまり良くないとされているので、その辺り申し込み前には慎重に見極めをする必要があります。

ただし、何度も繰り返すようですが、特にクレヒスに問題がなければ、審査に関して特段気にする必要はありません

dカードの審査に落ちたらどうなる?

万が一審査に落ちてしまったら?

これはdカードに限った話ではありませんが、もし審査に落ちてしまったらどうなってしまうのだろうと不安になってそもそもクレジットカードに申し込むことすら億劫になってしまうという方もいるかと思います

実際に、確かに短期間にいくつものカードを申し込みをすることに関しては、信用情報上あまり良くないとされています

しかし、目安としておよそ半年の期間は経れば、一旦それまでの情報に関してはリセットされらまた審査に関しても通りやすくなります。

そのため一度、審査に落ちてしまったからといって、申し込めなくなるという事はありませんが、約半年間は同じカードを申し込まないように意識をすることが大切です。

審査に落ちた時に出来ること

では、その半年間どうすれば良いのかということについてですが、すでに他のクレジットカードを持っている方であれば、何らかのクレヒスを悪くした原因の返済等に関して、滞っているものの返済をキチンと済ませてしまい、またそれ以上の借り入れを極力しないという対策を取ることで、信用情報をきれいにすることができます。

そのような施策も行い、きちんと自分が信用に足る人間であるということを数値で示すことができれば半年後また審査を受けた際に以前よりもはるかに通りやすくなっています。

もしクレジットカード自体の発行がdカードが1番最初という方がいるのであれば、そもそもカードの発行条件にあった安定した継続収入が見込めるという条件もしくは年齢制限以外であれば、クレヒスで引っかかることはまずないので、その点に関しては心配する必要はないでしょう。

dカードを申し込むならここに気をつけよう!

それでは、dカードのカード発行における審査の概要が分かったところで、より審査結果を早く、通りやすくするために出来る裏技を紹介していきます。

審査結果を早くするには

まず審査結果を早くするための方法としては、過去のご自身のクレヒスに問題がないかを見返すことが1番です。

特に何の問題もなければすんなりと通ってしまいますので、先ほど紹介した最短5分のWEB申し込みというものも可能になってきます。

dカード1本に絞って審査に臨む

審査に通りやすくする方法としては、先ほどご紹介した短期間で複数のクレジットカードを申請しないというものが挙げられます。

dカードが申請1枚目のカードであれば何の問題もありませんが、すでに他のカードもいくつか申請をしている段階で、そのカードの審査結果がまだ来ていない状況もしくは既に不可という通知が来た状態でdカードを申請したとしても、先程申し上げたような理由でむしろ信用情報上マイナスになってしまうだけの可能性があります。

そのため、もしそういった状況にあるのであれば、潔くカード発行を諦め、しばらくはクレヒスをきれいにすることに徹底することが望ましいでしょう。

キャッシング枠を設けない

もう一つの裏技としては申請時点でキャッシング枠を設けないという方法があります。

一般的にクレジットカードを発行申請する際にはキャッシング枠を設けるかどうか、また設けるのであればいくらを申請するのかという項目があります。

キャッシングは現金をそのまま受け取れる借り入れ方法ですが、

注意
キャッシング機能をつけることによって審査基準はより厳しくなります

とにかく早くdカードが欲しいということであれば、こちらはつけずに申し込むのがオススメです。

ただし、そもそも論にはなってしまいますがdカード自体が、申請からカードが手元に届くまで、約2週間〜3週間ほどの期間がかかるとされています。

MEMO
今すぐにクレジットカードが欲しいという方にはあまり向いていないカードと言えるでしょう。

dカード 審査まとめ

ここまで前半で、クレジットカードdカードの特徴や強み、実際に使っているユーザの評判、ドコモユーザにとってのメリットなどdカードがどんな魅力を持っているカードなのかについても紹介をしてきました。

また、後半ではそんなdカードがどのような審査基準に沿って行われているのか、またどのような申し込み方法で手に入れることができるのか、そしてその難易度や審査に通りやすくするための裏技について説明をしてきました。

特にドコモユーザにとっては非常にメリットの大きいカードであることがお分かりいただけたかと思います。そして審査も難しくないということで、1枚持っておくことでデメリットはありませんね!早速作ってみるのはいかがでしょうか!

年会費
初年度2年目~
無料条件付き無料
申込み条件
満18歳以上であること(ただし、高校生を除きます。また、未成年者は親権者の同意が必要です。)
※学生の方は、ドコモショップよりお申込みください。
発行までのスピード
最短5日間
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
ご入会&ご利用特典で最大8,000円分のiDキャッシュバック実施中!

もしこれからクレジットカードを持とうと思っている方であればメインカードとして十分に機能を果たすカードと言えるでしょう。

ただし、発行にあたってご自身のクレヒスが問題ないかという点だけは十分に確認をしてみてください。

そうすればあなたも幅広いポイント利用先を選択できる柔軟なクレジットカードを手にすることができます

dカード券面画像 dカード はdポイントを貯めるなら必携の年会費無料クレジットカード!審査基準やメリットを徹底解説!