クレジットカードより便利かも?おすすめのデビットカード10枚

おすすめ5選
この記事を読んで分かること

・デビットカードとは?

・デビットカードのメリット・デメリット

・おすすめのデビットカード10枚

デビットカードとは?クレジットカードとのちがいは?

デビットカードとは、VISAなどの国際ブランド加盟店で支払いができるカードです。

国際ブランドとは、クレジットカードの支配の決済システムを24時間365日、世界中で提供しているブランドです。国際ブランドの表記はクレジットカードの表面の右下の大きくされています。

それぞれの国際ブランドが別の決済ネットワークを使っており、店舗によってどの国際ブランドと提携しているかで決済ができるかが変わります。

例えばVISAのクレジットカード決済しか取り扱っていない店舗ではJCBなどのカードでは支払いができません。したがって地域によって国際ブランドごとに強い地域、弱い地域が出てきます。

デビットカードの国際ブランドの多くはVISA,JCBです。VISAは加盟店舗数が世界で1位の国際ブランドです。世界中どこでも利用することができる店舗がおおいのが特徴です。

JCBは日本発の国際ブランドです。世界で見ればシェア率はまだまだですが、国内での利用はほぼできます。海外でもハワイや韓国など日本人がよく訪れる観光地にはJCBの利用ができる店舗が多いのが特徴です。

クレジットカードは申し込みの際に利用代金が引き落とされる口座が指定できますが、デビットカードは銀行が発行しているカードで銀行口座と連動させ、利用代金はデビットカードを発行している銀行の口座から引き落とされます。

デビットカードの一番の特徴は即時引き落としされることです。クレジットカードは締め日、支払い日があり今月使った代金を翌月に引き落としされることが多いです。

デビットカードは利用した瞬間にその利用代金は銀行口座から引き落としされ、多くは口座に入金している金額分しか利用できません。

デビットカードのメリット

デビットカードのメリットを紹介します。

デビットカード利用でATMの使用頻度が減る

近くにATMがない時、他社銀行のATMを利用して、口座からお金を引き出す時、ATM手数料がかかります。現金を1円も持っていない状態でもデビットカードを持っていれば、買い物することができます。

VISAやJCBの国際ブランドのデビットカードが多く、日本国内で支払いに困ることはほとんどありません。したがってデビットカードを使うことでATMにいく頻度が少なくなり手数料を節約することができます。

ポイント還元、キャッシュバック

デビットカードは現金で支払いを行うよりもカード会社が独自の特典を利用できます。

ほとんどのデビットカードにはにポイント還元またはキャッシュバックのサービスがあります。

またデビットカードは銀行口座と紐づいていることで銀行口座にいくらか現金を振り込んでくれるキャッシュバックなどの特典を利用できます。

なぜこのような特典を銀行は用意できるのでしょうか?

理由はデビットカードの発行してもらい利用してもらうとカード会社に利益が出るからです。お客さんがデビットカードで支払いを行うとその店はカード会社にカード利用代金の一部を手数料として支払っています。

VISAなどの加盟店はお客さんが商品を買おうと思ったが財布のなかに現金がなくて購入を諦めるという購入に繋がらない最悪の事態をカード会社に少しの手数料を支払うことで防ぐことができます。

このように利用者、カード会社、お店のそれぞれにメリットがあるのがデビットカードであり、カード会社はできるだけ多くの人にデビットカードを発行してもらい利用してもらいたいのです。

そのためにデビットカードの会社はそれぞれカードに特典をつけます。その特典の1つとしてポイント還元、キャッシュバックがあります。

審査なしで発行できる

多くのデビットカードには審査がありません。クレジットカードの発行にはカード会社が定める独自の審査があり、その審査に通った人しかカードを発行できません。

なぜならクレジットカードの所有者はカードの利用後支払いが翌月になるのが多く、その間カード会社が利用代金を立て替えている状態になります。

カード利用者全員が悪い人で立て替えたお金を支払わなかったら、そのカード会社は赤字になります。これはクレジットカードの場合であり、デビットカードの場合、即時引き落としなので審査の必要がないのが特徴です。

なのでクレジットカードがが欲しいけど審査に通らない人、自己破産した人などもデビットカードを発行することができるメリットがあります。

15歳から発行できるカードが多い(カードによる)

クレジットカードの多くは18歳以上からしかカードの発行ができません。

しかしデビットカードは審査がないので、比較的発行しやすく15歳から発行ができるカードが多いです。

キャッシュレスがでの支払いをしたい方、財布を落としてしまうよりもカードを落とす方が、リスクが少ないので親御さんにも安心です。

オンラインショッピングでも利用が可能

PhotAC

デビットカードはクレジットカード同様にオンラインショッピングでも利用することができるメリットもあります。

デビットカードを利用するとも即時決済ができるので、すぐに引き落とし額を確認することができます。

クレジットカードを持っていない人、クレジットカードを発行できない18歳以下の方はネットショッピングが難しいですが、デビットカードでは支払いができます。

使いすぎを抑制できる

デビットカードは基本的に買い物の支払い時に銀行口座からすぐに引き落としされます。したがって利用の限度が口座に入っている分だけになります。商品の金額が預金以上の場合、支払いができないようになっています。

クレジットカードの場合、口座にお金が入っていなくても支払いができてしまうので使いすぎの危険があります。

クレジットカードと同じ加盟店を利用できる

デビットカードを利用できる加盟店は世界中にあります。

国際ブランドの加盟店で使えるのでクレジットカード同様に海外でも国内での利用できるお店が多いです。現金を持っていない時など、1万円札しか財布に入ってなくて使いたくない時にもカード支払いができるお店が多いのは助かりますね。

海外ATMで現地の現金を引き出すことができる

デビットカードの多くは海外のATMで現地の通貨を引き出すことができます。

現地通貨に自動的に両替されるので非常便利です。

海外は日本にくらべてどこも治安が悪いです。よくひったくりやすりなどの被害に観光客があっています。デビットカードを一枚持っていれば、高額の現金を持ち歩く必要がないので、安心です。

さらに国によって通貨が違います。なので一度の旅行で何カ国か回る場合、たくさんの通貨に現地で両替する必要があります。こんな時もデビットカードをもっていれば、現地で必要な分だけを引き出して無駄なく利用することができます。

デビットカードデメリット

銀行口座とセット

注意

クレジットカードはほとんどの銀行口座を指定して設定できるのでカードの特典などを見て、いいカードがあればすぐに申し込めるのが特徴ですが、デビットカードは銀行口座と連動されているため、発行したいカードがあってもまず口座から開設しなければいけません。

そこなデメリットですが、その分ATM手数料が無料になるなど、銀行口座の特典を受けることができるなどサービスが充実するデビットカードも多いです。

還元率が少なめ

クレジットカードの中には還元率が1%のものなどがあるなど、還元率が非常に高いものが多いですが、デビットカードは還元率で少し劣ります。

デビットカードがおすすめの人

クレジットカードを持つことが抵抗がある

クレジットカードの支払い方法の多さなど、システムがわからなくて発行が不安であったり、過去にクレジットカードを利用していやな思いをした人など、クレジットカードの発行がどうしてもいやな人にはおすすめです。支払い方法もクレジットカードと異なり、使いすぎになることを防ぐことができるので安心です。

クレジットカードを持つことが出来ない

18歳以下のかたはクレジットカードを発行することができないので、

カード払いをするのであれば、デビットカードの発行がおすすめです。

さらに現金よりもデビットカードで支払う方が還元制度があるのでアルバイトなど働いていない人でも節約につながりメリットがあります。

現金を使わないキャッシュレスに憧れている

クレジットカードは持つことができないが、現金を持ち歩きたくないなどキャッシュレスな生活をしたい人にはデビットカードはおすすめです。

紹介するデビットカードの特徴

デビットカードは銀行口座と連動して利用できるカードとなっています。デビットカードのために新たに銀行口座を作るのは難しいと思うので、普及率が高い銀行口座のデビットカードについて知ってもらうために紹介します。

さらにデビットカードの中でもサービスの内容が充実しているものも紹介したいと思います。

おすすめのデビットカード10選

GMOあおぞら銀行VISAデビット付キャッシュカード

GMOあおぞら銀行VISAデビット付きキャッシュカードの概要

年会費:無料

国際ブランド:VISA

GMOあおぞら銀行が発行する年会費が無料のデビットカードです。

このデビットカードは利用額の0.6%がキャッシュバックされるお得なカードです

毎月末日までに利用した金額分が対象になります。

タッチするだけで支払いができる「VISAタッチ決済」が利用できます。対象の店舗でカードをタッチするだけで支払いが完了します。

何と言ってもポイントではなくキャッシュバックで還されるのがこのカードの魅力です。

さらに国際ブランドがVISAなので利用できる場所が多くて便利です。

このデビットカードはデビットカードの中でもサービスの充実度がトップクラスです。

お得なデビットカードを探している人、すでにGMOあおぞら銀行口座を持っている人は発行して損のないデビットカードです。

SMBC VISA デビットカード

SMBC VISAデビットカードの概要

年会費:無料

国際ブランド:VISA

三井住友銀行が発行するデビットカードです。

三井住友銀行は全国メインバンク調査(2016年)

引用:マイナビ

によると2位の5.47%のシェア率です。このデビットカードは年会費無料ですので三井住友銀行を持っている人は発行して損がないカードです。

毎月自動でカード利用分の0.25%がキャッシュバックされます。1日の利用限度額は100万円です。

2つの保険も付帯しており、カードを紛失、盗まれて不正利用された時に安心で年間100万円まで不正利用時補償してくれます。

さらに海外で利用した場合、ショッピング保険が100万円まで補償されます。

独自のサービスで「iD」と「Visa payWave」などのタッチ決済サービスが利用出来ます。

「iD」加盟店で利用することができ、カードをタッチするだけでコンビニなど多くの店舗でキャッシュレスでスピーディな買い物が出来ます。

「Visa payWave」もVisaが提供するタッチ決済のサービスです。「Visa payWave」の加盟店で利用することが出来ます。

三菱UFJ VISAデビットカード

三菱UFJ VISAデビットカードの概要

年会費:初年度年会費が無料、2年目以降1080円(税込)がかかる

国際ブランド:Visa

三菱UFJ銀行が発行するデビットカードです。

全国メインバンク調査(2016年)で

引用:マイナビ

によると1位の7.01%のシェア率を誇る銀行です。三菱UFJ銀行口座を持っている人が多く、口座を持っている人にはメリットがあります。

年会費特典があり前年1年間の利用額が100000円以上か23歳以下の人は翌年度以降も年会費無料になります。

利用金額に応じてキャッシュバックが適応され最大0.5%が自動でキャッシュバックされます。デビットカードの中でも還元率0.5%は高い方です。通常の還元率は0.2%ですが、誕生日の月や前年の利用金額に応じて、キャッシュバック率がアップします。

さらに入会後3ヶ月はキャッシュバック率が+0.2%になる特典もあります。

三菱UFJの口座を持っている人は持っていて損のないデビットカードです。

高還元率のキャッシュバックを受けれるのはこのカードだけです。

りそなVISAデビット(JMB)

りそなVISAデビットの概要

年会費:初年度無料、翌年度以降1080円(税込)

国際ブランド:VISA

りそな銀行が発行するデビットカードです。翌年度以降1080円かかりますが、入会2年目以降、前年度1回以上の利用があれば、500マイルがもらえます。

マイルは使い方によって1マイル=5円程度の価値があるので、最大2500円ほど毎年もらえる計算になります。

りそなVISAデビットの特徴は利用での還元をJALマイルで受けることができることです。利用200円ごとにJALマイレージバンクが1マイルたまります。

さらにJALグループ便航空券購入の場合JALマイルが2倍になり1%の還元を受けることができます。

不正利用時の補償は150万円、ショッピング保険が50万円補償されます。

JALマイルを普段からためている人にはとてもお得です。還元率が0.5%は他のクレジットカードとくれべても同じぐらいですし、クレジットカードを持ちたくが、キャッシュレスで支払いがしたい、マイルをためている人にはこのデビットカードが一番おすすめです。

楽天銀行デビット(JCB)

楽天銀行デビットカードの概要

年会費:無料

国際ブランド:JCB

楽天銀行が発行するデビットカードです。

年会費が永久無料なのが一つのメリットです。

さらに楽天銀行デビットカードの利用の100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント還元されます。

楽天スーパーポイントは楽天が提供するサービスで1ポイント=1円として利用ができます。通販サイトの楽天市場や、旅行予約サイトの楽天トラベル、格安スマホの楽天モバイル、他にもふるさと納税や証券の取引などで楽天スーパーポイントを使えるなど、楽天グループは様々なジャンルのサービスがあるのでポイント利用の使い道が豊富です。

さらに楽天スーパーポイント加盟店でもポイント利用ができ、サークルKサンクスやマクドナルドなど加盟店がどんどん増えています。

もともと楽天のサービスを利用している人、楽天カードのクレジットカードを持っていない人にはとてもおすすめです。

楽天銀行口座開設完了後、楽天銀行デビットカードは即時に発行され、他のカードよりも発行が早いのも特徴です。

イオン銀行デビットカード

イオン銀行デビットカードの概要

年会費:無料

国際ブランド:VISA

イオン銀行が発行するデビットカードです。年会費が永久無料でポイント還元が通常0.5%のイオングループで利用できるときめきポイントが還元されます。不正利用時の補償、ショッピング保険も50万円まで補償されます。

このカードのメリットは万が一預金口座残高が不足していても10万円まで立て替えてくれるサービスが利用できます。

さらにイオングループでの利用で様々な特典が利用できます。イオングループの対象店舗ならときめきポイントがいつでも2倍になり、毎月20日30日の「お客様感謝デー」はお買い物代金が5%OFFで買い物ができ、毎月10日は「ときめきWポイントデー」ではときめきポイントが2倍になり、55歳以上の会員は毎月15日が「GG感謝デーで5%OFFで買い物をすることができます。

このようにイオンでのサービスが大変充実しているのが、このデビットカードの特徴です。

イオングループの利用が多い人、10万円立て替えのサービスに魅力を感じる人はおすすめです。

Sony Bank WALLET

Sony Bank WALLETの概要

年会費:無料

国際ブランド:VISA

ソニー銀行が発行するキャッシュカードつき、デビットカードです。このカードはとても海外利用に強いのが特徴です。米ドル、ユーロ、豪ドルなど11通貨の預金口座と連動して、外貨預金口座から即時引き落とし可能ですので、外貨預金でそのまま支払いができ為替手数料がかかりません。

外貨との両替の為替手数料が最低水準の安さで、このデビットカードは1USD15銭程度の為替手数料です。この手数料で1000USD利用してもたったの150円の手数料になります。

さらに海外利用は年間50万円まで補償されるショッピング保険も付帯しています。

国内利用でもとてもお得で最大2%のキャッシュバックを受けることができます。キャッシュバック率は外貨預金優遇制度の適用ステージに応じて決まります。最低でも0.5%の還元を受けることができます。

このSony Bank WALLETはデビットカードの中でもトップクラスに海外利用でメリットがあります。国内利用でもしっかり還元があることもメリットです。

住信SBIネット銀行VISAデビット付キャッシュカード

住信SBIネット銀行VISAデビット付キャッシュカードの概要

年会費:無料

国際ブランド:VISA

住信SBIネット銀行が発行するデビット機能つきキャッシュカードです。

年会費が永久無料で、住信SBIネット銀行VISAデビット付キャッシュカードにつき0.6%がポイント還元されます。貯まったポイントは現金やJALマイルに交換がすることができポイントの凡庸性が高いもの特徴です。

ATM手数料、他行宛振込み手数料が最大15回まで無料になるメリットもあります。他社銀行口座への振込も手数料が無料なのはとてもお得です。

さらに「VISA payWave」に対応しており、買い物をタッチだけでスピーディーに行うことができます。

海外利用時も外貨預金でそのまま支払可能で為替手数料無料で支払いが可能なこともメリットです。

もし、紛失や盗難にあい、カードを誰かに不正利用されてしまった場合でも届けをだした日から30日前に遡り被害額を全額を補償してくれる保険も付帯しており安心です。

VISAカードなので世界中で利用可能店舗が多く便利です。

JNB VISAデビットカード

JNB VISAデビットカードの概要

年会費:無料

国際ブランド:VISA

JNB VISAデビットカードはジャパネット銀行が発行するデビットカードです。

発行の際にカードタイプのものとカードを発行せずに番号のみのVISAデビットが選べます。

通常のキャッシュバック率は0.2%です。さらにキャッシュバックモールを利用を経由してYahoo!ショッピングやセブンネットショッピングなどのショッピングサイトで買い物をすると0.2%にプラス1%還元され、合計1.2%の還元を受けることができます。

ファミリーマート店舗は還元率が高く、1%のTポイントが還元されます。

「トークン形式のワンタイムパスワード」を採用しており、セキュリティ性が高く安心して利用することができます。VISAカードなので世界中で利用可能店舗が多く便利です。

発行期間が最短5日と短く口座を開設をすぐの利用が可能です。

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行デビット付きキャッシュカードの概要

年会費:無料

国際ブランド:JCB

セブン銀行が発行する年会費が無料のJCBのデビットカードです。

このカードの特徴はc、デビットカード、nanacoの機能が一緒になった3IN1のカードです。

通常のポイント還元率が0.5%でセブンイレブンでの利用で還元率が1.5%になります。さらにセブン&アイグループの利用では還元率が1%となり還元率が高いのが特徴です。

スマホで明細を確認できる通帳アプリも無料で利用できます。

デザインも3つある中から選ぶことができます。

最大のメリットはセブンイレブンでの利用が1.5%還元されることです。1000円につき15ポイントが還元されるので日々のコンビニでの買い物で節約ができます。セブンイレブンは日本でコンビニ店舗数一番が多く利用できる場所が多いことも特徴です。

セキュリティ面も充実しており、買い物後、カード利用の通知メールが指定のメールアドレスに届きます。すぐに不正利用などを発見することができます。

 

おすすめデビットカード早見表

No. カード名 おすすめポイント
1 GMOあおぞら銀行Visaデビット付キャッシュカード キャンペーンの多さ、還元率が充実!
2 SMBC VISAデビットカード 三井住友銀行を持っている人は持つべき
3 三菱UFJ VISAデビットカード 三菱UFJ銀行口座持っている人は便利
4 りそなVISAデビット りそな銀行口座を持っている人は便利
5 楽天銀行デビット(JCB) 楽天スーパーポイントがたまるカード
6 イオン銀行デビット イオンの買い物特典が豊富なカード
7 Sony Bank WALLET 海外利用で最強のデビットカード
8 住信SBIネット銀行VISAデビット付キャッシュカード 他社でも引き出し、振込手数料が15回無料?
9 JNB VISAデビットカード キャッシュバックモールでネットショッピングをお得にできるカード
10 セブン銀行デビット セブンイレブンでの利用がお得なカード

おすすめデビットカードまとめ

デビットカードはカードによりますがクレジットカードと違って15歳から発行ができ、はるかに現金での支払いよりもキャッシュバックやポイント還元などがありおすすめです。

デビットカードの中にはキャッシュカードとデビットカードの機能がセットになっているものもあり、2IN1のカードもあります。

銀行口座と紐づいているため、年可否が無料なものが多く、発行して損をすることがないので銀行口座を持っている人は発行することをおすすめします。

昔は国際キャッシュカードというものが海外のATMで現地の通貨を引き出す手段として主流でしたが、最近は国際キャッシュカードの機能がデビットカードに付帯しているものが多く次々と国際キャッシュカードはサービスを廃止しています。

デビットカードは留学生や海外滞在している方にもとてもおすすめです。

クレジットカードでATMを利用するとキャッシングとなってしまい、一時的に借金している状態になります。借金のリスクを全く背負わなくていいのがデビットカードです。

支払いだけではなく、海外でも利用するシチュエーションが多い便利なカードです。

そんなデビットカードのおすすめを10個この記事で紹介しました。少しでも参考になれば幸いです。