デルタアメックスカードで貯まるポイント(デルタスカイマイル)を紹介

アメリカ第2位の航空会社デルタ航空と、アメリカン・エキスプレス・カードが組み、全世界で展開しているクレジットカードがデルタアメックスカード(デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード)です。

海外旅行者に対して手厚い特典が用意されているのが特徴ですが、具体的にはどのようなサービスを受けることができるのでしょうか。

また、年会費や日常のショッピングでの特典を踏まえ、どのようなユーザーにおすすめなのでしょうか。

今回は、デルタアメックスカードと、上級会員であるデルタアメックスゴールドカードについて詳しく解説していきます。

デルタアメックスカードで貯まるのはデルタスカイマイル

デルタスカイマイルとは?

ポイントの価値
ポイント還元率 1.00%
付与レート 100円あたり1マイル
交換レート 1マイル→1マイル
ポイントの有効期限
ポイントモール名
ポイント特約店
年間利用ボーナス
ステージ制度 シルバーメダリオン/ゴールドメダリオン

デルタスカイマイルには有効期限がない

デルタアメックスカード/ゴールドカードで貯められるデルタスカイマイルには有効期限がなく、搭乗の際にさまざまな優遇が受けられるのは大きな魅力で、海外旅行や出張の多い方には最適なクレジットカードといえます。

有効期限はありませんが、実はこれには一つだけ条件があります。それは最低1年に1回はクレジットカードの利用が必要ということです。

注意

カードをまったく利用しない期間が1年以上継続すると、それまで保有していたスカイマイルは消滅してしまいます。

カードの利用頻度にさえ注意しておけば、滅多に海外に行かない人であっても持っておいて決して損はない1枚といえます。

ボーナスマイル特典の付与条件

デルタアメックスカードの入会・継続時に付与されるボーナスマイルも豊富です。

入会時には5,000マイルのボーナスマイルが、継続時には2,000マイルのボーナスマイルがそれぞれ貯まる仕組みで、デルタ航空を利用した際にはマイルが2倍付与されます。

そのため、通常のマイル還元率は1%であるものの、デルタ航空の利用によって還元率は2%に跳ね上がります。

また、カード入会後6ヶ月以内にデルタ航空の飛行機に搭乗すると、ファーストフライトボーナスマイルとしてエコノミークラスの場合は10,000マイルが、ビジネスクラスの場合は25,000マイルがプレゼントされます。

さらに、入会後3ヶ月以内に25万円を利用すれば7,000マイル、その後も年間で25万円の利用ごとに2,500マイルのボーナスマイルが加算されるなど、まとまったマイルを貯めやすいクレジットカードともいえます。

これらのボーナスマイルをフルに活用すれば、カード発行後39,500マイルものボーナスマイルを手にすることも可能です。

特にファーストフライトボーナスマイルや入会後3ヶ月以内の利用でのボーナスマイルなどを考慮すると、海外への渡航が決まった時点ですぐにカード発行の申し込みをしておくのがおすすめです。

ボーナスマイル特典の注意点として覚えておきたいのは、デルタ航空での航空券予約の際、旅行会社経由での予約は対象外となることです。

注意

対象となるのは、delta.comでのインターネット予約、デルタ航空で直接航空券を購入する際など、デルタ航空との直接取引のみです。

H.I.Sなどの旅行会社が間に入ってしまうと2倍付与のボーナス特典は対象外となってしまいます。

家族でマイルを貯められる

家族でマイルを貯められる

海外旅行や海外出張はそれほど頻繁に機会がないと考える人も多いかもしれませんが、家族として見た場合はどうでしょうか。

1年に1回程度は誰かが海外に渡航しているという家族も多いはず。

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードと家族用カードを1枚作っておけば、海外渡航時にマイルを有効に貯めることができ、いつの間にか海外旅行に行けるだけのマイルが貯まっているケースもあります。

最近では韓国への人気も高まり、特に若い女性の中には日帰りでエステや化粧品の購入を目的に渡航するケースも増えています。

国内旅行とほとんど変わらない距離で気軽に楽しめる国でもあり、デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード1枚あれば楽しむことができます。

もちろん、海外への出張が多いお父さんにもデルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは必須の1枚。

近年のキャッシュレス決済需要の高まりもあり、クレジットカードはさまざまな国でもっとも身近な決済手段となっています。

メダリオンの特典と付与条件

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードには通常のクレジットカードのステージ制度のような上級会員資格である「メダリオン」がありますが、実は入会後1年間はこの特典が無条件で付与されます。

メダリオン

メダリオンには「シルバーメダリオン」と「ゴールドメダリオン」の2種類のクラスが存在します。

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードへ入会するとシルバーメダリオンが、デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの場合はゴールドメダリオンが1年間付与対象となります。

その後は年間利用金額に応じてメダリオンも変動しますが、海外へ渡航する際の支払いをデルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードに統一することで効率的にマイルを貯めていくことができるはずです。

シルバーメダリオン、ゴールドメダリオンが付与されると、デルタ航空利用時の優先搭乗や手荷物重量が10〜20kg加算、優先チェックインなどさまざまな特典が与えられます。

家族カードを併せて持つことによってマイルが貯まりやすくなるだけではなく、取得した特典も共有することも可能です。

ちなみに、メダリオンの特典にある優先搭乗などの顧客区分は国内航空会社にもありますが、クレジットカード入会者に対して初年度から上級会員特典を自動的に付与しているのはデルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのみ。

非常に珍しく、ユーザーにとって大きなメリットのある特典といえます。

デルタアメックスゴールドカードボーナスマイル特典の付与条件

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードについてもマイル特典は共通する部分は多いですが、決定的に違うのがボーナスマイル特典です。

ゴールドカードの場合、入会時には8,000マイルのボーナスマイルが、継続時には3,000マイルのボーナスマイルがそれぞれ貯まる仕組みで、デルタ航空を利用した際にはマイルが3倍付与されます。

入会後特典として3ヶ月以内に40万円を利用すれば10,000マイル、その後も年間で40万円の利用ごとに4,000マイルのマイルが加算されます。

カード入会後6ヶ月以内にデルタ航空の飛行機に搭乗すると適用となるファーストフライトボーナスマイルの条件は同じですが、ボーナスマイルをフルに活用すれば、カード発行後最大で47,000マイルものボーナスマイルを手にすることが可能です。

シルバーメダリオンの特典

シルバーメダリオンの特典

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードへの入会特典として付与されるシルバーメダリオンについて解説していきます。

そもそもシルバーメダリオンとは、利用金額が100万円以上の会員に付与される特典です。

そのため2年目以降になると利用金額に応じてメダリオン対象外となるケースもあります。

シルバーメダリオンの主な特典

専用のチェックインエリアでスムーズなチェックインができる優先チェックイン、空席状況によってはデルタ・コンフォートプラスへの無料アップグレードが適用となります。

優先チェックインは、ビジネスクラスやファーストクラスのユーザーと同じチェックインエリアを利用することができ、ワンランク上の快適さを味わうことができます。

デルタ・コンフォートプラスは、足元が広く専用の荷物棚が利用できるプレミアムシート

長旅において長時間の窮屈な姿勢は大きなストレスがかかるものですが、デルタ・コンフォートプラスの場合は大きなシートとゆとりのあるリクライニング角度によって、そのようなストレスとは無縁です。

出発の24時間前に空席があれば、無料でデルタ・コンフォートプラスへアップグレードができるという特典はコストパフォーマンスが高いサービスといえます。

ゴールドメダリオンの特典

ゴールドメダリオンの特典

ゴールドメダリオンとは、もともと利用金額が150万円以上の会員に付与される特典です。

シルバーメダリオンとの主な違い

直接発券手数料が無料であることや、優先空席待ちなどの特典があります。

デルタ航空での窓口でチケットを発券する場合、通常は発券手数料がかかりますが、ゴールドメダリオンは手数料が無料となります。

優先空席待ちとはその名の通り、キャンセル待ち時の優先順位が通常クラスに比べて優遇され、座席を確保しやすくなるという特典です。

もちろん、シルバーメダリオンと同様に無料でデルタ・コンフォートプラスへアップグレードができるという特典も有効なため、うまく組み合わせれば快適な空の旅を満喫できます。

ショッピングでも貯まるデルタスカイマイル

毎日のショッピングはもちろん、海外でのお土産品を購入する際にもデルタスカイマイルはどんどん貯まっていきます。

日本国内のショッピングであれば100円あたり1マイル、海外でのショッピングであればさらに0.3マイルが加算。

国内に比べて海外でのショッピングはマイル還元率が優遇されているため、ブランド品など高価な商品を購入する際にはおすすめのクレジットカードです。

もちろん、デルタスカイマイルをコツコツ貯めるために、毎日のショッピングに活用するのも良い方法です。

デルタスカイマイルからスカイマイルJTB国内パッケージツアー旅行券へ交換するとこんなにお得!

デルタスカイマイルはJTB国内パッケージツアーの旅行券へ交換することができます。

旅行券の交換レートは1マイル=1円相当。

ただし、これにはいくつか条件があるため、押さえておきましょう。

まずは、1年ごとに最大30,000マイルが上限となることです。

なおかつ、最少交換マイルは10,000マイルからとなります。

注意

そしてもっとも重要なのが、スカイマイルメダリオン会員もしくはデルタ航空提携のクレジットカード会員でなければ交換対象となりません。

しかし、JTB国内パッケージツアー旅行券はデルタスカイマイルで交換できるものの中でも交換レートが高いため、お得に利用できます。

コストパフォーマンスで比較すると最も優秀な商品でもあるため、迷ったらJTB国内パッケージツアー旅行券への交換がおすすめです。

プレゼントなどにも役立つJTB旅行券をデルタスカイマイルで有効に手に入れることができます。

デルタスカイマイルからデルタスカイマイルマーケットプレイスでショッピングする

デルタスカイマイルマーケットプレイスでは、獲得したマイルをさまざまな商品に交換することができます。

また、デルタスカイマイルマーケットプレイスでは、継続的にタイムセールのような割引も実施しています。手頃なマイルで交換できる商品も多いため、使いみちに迷った場合はデルタスカイマイルマーケットプレイスを覗いてみるのも良いかもしれません。

デルタスカイマイルらデルタ航空ギフトカードへ交換する

デルタスカイマイルからデルタ航空ギフトカードへ交換する

デルタスカイマイルはデルタ航空ギフトカードへ交換することもできます。

海外旅行にも利用できるデルタ航空ギフトカードは、国内外の人に喜ばれるプレゼント。

日頃お世話になっている人や、親しい人、家族や恋人など、あらゆる人に贈ることができます。

デルタ航空ギフトカードは、以下のいずれかのパターンで交換が可能です。

デルタ航空ギフトカード

50ドル:7,150マイル

100ドル:14,300マイル

250ドル:35,750マイル

500ドル:71,500マイル

1,000ドル:14,300マイル

予算に応じてさまざまなタイプの中から選ぶことができ、用途に応じた選択肢があります。

マイルを使った座席のアップグレード

海外旅行や出張が多い人の場合は、マイルを利用して座席をアップグレードすることもできます。

予約前、予約後それぞれの段階でアップグレードは簡単に可能。

シルバーメダリオン、ゴールドメダリオン特典としてデルタ・コンフォートプラスへ無料でアップグレードもできますが、あくまでもこれは空席があった場合のみに適用できる特典です。

長旅においては座席のグレードによって疲労度も大きく変わってくるもの。

できるだけ良い座席を確実におさえておくためには、事前の予約に勝る方法はありません。

特に海外旅行や出張が多い人の場合、ワンランク上の心地良さを手に入れるためにマイルを貯めておくというのも良い方法かもしれません。

デルタアメックスカードの基本情報

デルタアメックスカードの評価
カードデザイン
(3.5)
ポイント・マイル
(4.0)
付帯サービス
(5.0)
作りやすさ
(2.0)
ステイタス
(1.5)
総合評価
(4.5)

デルタ航空とアメックスが提供するクレジットカード

デルタアメックスカードとデルタアメックスゴールドゴールドは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドデルタ航空が発行しているクレジットカードです。

カード名の通り、アメリカの航空会社であるデルタ航空での利用時に高いメリットを得られるクレジットカードとして知られています。

デルタアメックスカードの年会費

普通カード

年会費:12,000円

家族会員:6,000円(1枚目は無料)

豊富なボーナスマイルや空港におけるさまざまな特典が受けられることを前提に考えると、12,000円の年会費は決して高くないといえます。海外旅行や海外出張があまり多くない人にとっては、どの程度のメリットがあるのか懐疑的な見方をする人も多いかもしれません。

しかし、カードを取得後一度でも海外旅行へ行けば、多くの人が年会費以上の特典を受けられるはずです。

デルタアメックスゴールドカード

年会費:26,000円

家族会員:12,000円(1枚目は無料)

普通カードのデルタアメックスカードに比べると、年会費や家族会員の費用は高めに設定されており、手厚い特典が付与されています。

デルタ航空ならではの特典

空港までのタクシー送迎費用が大幅に安くなるエアポート送迎サービス、空港から手荷物を無料で配送してくれる手荷物無料宅配サービス、チケットのキャンセル費用を補償してくれるキャンセル・プロテクションなど、海外旅行に便利な特典は他のクレジットカードにはない魅力です。

これらはデルタアメックスカード/ゴールドカードともに共通で受けられますが、デルタアメックスゴールドカードの場合は、さらに専用ラウンジの利用や空港パーキングが優先的に利用できる特典もあります。

特にエアポート送迎サービスは、荷物が多くなりがちな海外旅行時の強い味方。タクシー料金が最大60%安くなるため、往復の料金や体力的な消耗を考えると、それだけでも年会費はペイできるほど魅力的なサービスです。

他のデルタスカイマイル提携カードと比較するとコスパ最高

デルタスカイマイルと提携しているクレジットカードは、他にもさまざまな種類が存在します。

アメックス以外のカードとして、デルタスカイマイル ダイナースクラブカード、デルタスカイマイル SuMi TRUST CLUBプラチナVISAカード、デルタスカイマイル JCBカードなどがあります。

デルタスカイマイル提携カード

デルタスカイマイル ダイナースクラブカード:年会費 28,000円 家族会員 9,000円 最大35,000マイル獲得

デルタスカイマイル SuMi TRUST CLUBゴールドVISAカード:年会費 18,000円 家族会員 9,000円 最大31,000マイル獲得

デルタスカイマイル JCBゴールドカード:年会費 10,000円 家族会員 3,000円 最大18,500マイル獲得

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード:年会費 12,000円 家族会員 無料 最大39,500マイル獲得

それぞれの提携カードを比較してみると、デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは年会費と獲得マイルのコストパフォーマンスがもっとも高いことが分かります。

家族会員が1枚目無料は大きなアドバンテージです。また、利用額に応じた特典はもちろん、入会時や継続時に得られるメリットも豊富です。

デルタアメックスカードで貯まるポイント(デルタスカイマイル)を紹介

デルタスカイマイルと、デルタアメックスカード/デルタアメックスゴールドカードについてご紹介してきました。

会員グレードによって年会費やマイルの特典内容も大きく異なるため、用途や利用頻度に合った選択をしてみましょう。年会費がかかるクレジットカードは抵抗を感じる人も多いと思いますが、実は年会費以上の充実した特典が用意されていることも少なくありません。

今回ご紹介したボーナスマイル特典はその最たる例でもあります。ボーナスマイル特典だけではなく、デルタ航空ならではのさまざまな特典も魅力のひとつ。決してお金だけでは手に入れることのできない上質な時間を、デルタ航空の旅では存分に味わうことができます。

デルタアメックスカードとデルタアメックスゴールドカードは、海外旅行を計画している人や海外出張が多いビジネスマンなど、海外へ渡航する予定のある人全てにぜひおすすめしたい1枚です。

以上、デルタアメックスカードで貯まるポイント(デルタスカイマイル)を紹介…という話題でした!

年会費
初年度2年目~
26,000円(税別)26,000円(税別)
申込み条件
20歳以上。本人に安定した継続的な収入のある方。スカイマイル会員番号をお持ちの方
発行までのスピード
2~3週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
ご入会&ご利用特典で最大33,000マイル相当進呈
年会費
初年度2年目~
12,000円(税別)12,000円(税別)
申込み条件
20歳以上。本人に安定した継続的な収入のある方。スカイマイル会員番号をお持ちの方
発行までのスピード
2~3週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
ご入会&ご利用特典で最大30,000マイル相当進呈