電子マネーとクレジットカードを併用するメリットを分析

クレジットカードと電子マネー、どちらもキャッシュレスで支払いができる便利な決済方法ですが、併用することでさらにお得で便利になることはご存知でしょうか。

今回はクレジットカードと電子マネーの併用にどのようなメリットがあるのか、どのように使い分けることがおすすめなのか、また併用に関してデメリットや注意点はあるのか詳しくまとめました。

あなたも現金レスで快適な生活をめざしてみませんか?

電子マネーとクレジットカードを併用するメリット

クレジットカード、電子マネーともに使うとポイントが貯まることはご存知かと思います。

では、両者を併用する意義とは何なのでしょうか?

クレジットカードだけでもいいのではないかと考える方も多いでしょう。

とくに事前にチャージする必要のあるプリペイド式の電子マネーに関してはわざわざチャージをしてから使うという面倒なことをしてまで利用する必要性があるのかという疑問も出てきますよね。

それでも電子マネーの利用者、クレジットカードとの併用者はたくさんいます。

それは「お得」で「便利」だからです。

ここからはクレジットカードと電子マネーとの併用がどのようにお得なのか、なぜ便利なのかという疑問に詳しくお答えしていきます。

マイルが貯まりやすくなるからとってもお得

マイルが貯まりやすくなるからとってもお得

電子マネーの利用やチャージではポイントやマイルを貯めることができます。

MEMO
特に日々のクレジットカードの利用で特典航空券目当てにマイルを貯めている、いわゆる「陸マイラー」にとってはクレジットカードとの併用による電子マネーの利用でマイルが2重に貯まるので賢くマイルを貯めることができますよ。

クレジットカードでチャージをする際、電子マネーを利用する際とマイルを貯めるチャンスが2倍になります。

また、特定加盟店やキャンペーンを利用することでさらに効率的にマイルを貯めることができるので情報はこまめにチェックするといいですね。

貯めたいマイルがJALマイルなのかANAマイルなのか、また使いたい電子マネーによってもクレジットカードとの組み合わせが変わってくるのでまずは自分のライフスタイルを振り返ってみて、最適の組み合わせを見つけて下さい。

電子マネーはクレジットカード払いより気軽

電子マネーでの支払いの最も便利な点は、「クレジットカードでの支払いよりも気軽」という点です。

日本ではコンビニやスーパーでの少額の買い物でクレジットカードを使う文化が浸透していません。

クレジットカードを機械に通してもらい、時には暗証番号やサインを求められ、数枚出てくる購入控えを待ち…とたった数百円の買い物で商品だけでなく後ろに並ぶ他の客からひんしゅくまで買わなければならないのであれば現金でさっさと済ませてしまいたいと考える人も多いでしょう。

そんなとき電子マネーならレジで「電子マネーで」と伝えればあとは専用端末にカードやモバイルをかざすだけで支払い完了。

現金よりもスマートで一度使うと手放せない便利さがあります。

一体化させればオートチャージも可能

一体化させればオートチャージも可能

キャッシュレスで少額の支払いであってもスムーズにできて便利、ポイントやマイルを2重取りもできてお得とあれば電子マネーを使わない手はありませんよね。

注意

さらにオートチャージやクレジットカードからのチャージを利用することでいちいちチャージするという手間もスキップすることができますよ。また携帯端末に紐付けて支払いができる電子マネーも多いのでカードや財布を持ち歩かなくてもスマホ1つでお出かけできます。

マイルを直接貯められるクレジットカードやポイントをマイルに移行する必要のあるクレジットカードがあるので電子マネーとクレジットカードが一体型になっているものが便利。

電子マネーが使えないお店ではクレジットカードを利用できるので機会損失もぐっと減りますね。

併用のデメリットと注意点

チャージと利用でポイントを2重取りできてお得なこと、少額でも気軽に利用できること、一体型クレジットカードを利用することでモバイル決済や支払い方法の幅が広がり便利なことはご理解いただけたかと思います。

では、併用に関して何かデメリットや注意点はあるのでしょうか。

一度チャージした金額は元には戻せない

一度チャージした金額は元には戻せない

MEMO
クレジットカードから電子マネーにチャージする場合、基本的には払い戻しすることは不可能です。

電子マネーのチャージは現金をクレジットカードからただ移動しただけの用に感じるかもしれませんが、実際は電子マネーをクレジットカードで購入していることになっています。

ですので、簡単にチャージ額をクレジットカードに戻すということはできないのです。

例外的にSuicaなど交通系の電子マネーの場合、解約によって返金手続きが可能です。

また、商品購入のキャンセルによって現金化するという裏技もありますが、現金化を目的としたキャンセルはおすすめしません。

電子マネーを使わなくなる可能性があるのであれば、あまり大きな金額をチャージせずこまめにチャージするか、オートチャージの金額を小さくしておくことをおすすめします。

管理組織に繋がり名が無ければクオカードなどとの併用が不可

クオカードを持っている場合、コンビニなどでの支払いにクオカードを優先的に使いたいですよね。

しかし、クオカードは金額が決まっているのでクオカードの金額上限を超えてしまうと超えた分は他の支払い方法でないと支払えません。

コンビニなど店舗や電子マネーの種類によりますが、クオカードの金額超過分の支払いは電子マネーやクレジットカードに対応していないことが多く、クオカード+現金での支払いが確実です。

クオカードの不足分をどうしても電子マネーで支払いたい場合はセブンイレブンがnanaco、交通系電子マネー、楽天Edyと対応の支払方法が多いです。

また大型の書店などでは不足分をクレジットカードで支払える店舗もあるので合わせて確認しておきましょう。

楽天Edyなどを利用する際に残高不足の時に困る

コンビニなどでの支払いでは楽天EdyとSuicaなど電子マネー同士の併用もできません

楽天Edyを使ってポイント2重取り!いざ支払いというときに残高不足だとがっかりしますよね。

不足分は現金で支払うこともできますが、せっかくポイントやマイルを2重取りできる機会をみすみす逃したくない。

そんなときはどうすればいいのでしょうか。

MEMO
まずは手持ちの現金やクレジットカードで楽天Edyにチャージして不足分を支払う。他の電子マネーを使えるのであれば購入商品を分けて楽天Edyとその他の電子マネーで支払いを分けてもらうこともできます。

手持ちの現金、クレジットカード、その他の電子マネーが無い場合は残念ですが購入商品を一部諦めましょう。

併用に利用するなら楽天Edyがオススメ!

楽天Edyはプリペイド式の電子マネーですが発行枚数においても利用できる店舗数においても群を抜いています。

注意

チャージはクレジットカード、銀行口座だけでなく入金端末(チャージャー)、コンビニなどの提携店舗レジででき利便性も高いです。チャージ上限も5万円と高く5枚まで併用できるので25万円までの支払いに対応することができます。

そして会員限定キャンペーンや優待が充実しており、チャージでポイントが貯まるクレジットカードがあることに要注目です。

楽天発行のクレジットカードとの相性はもちろん、ですがANAマイルを貯めている方にはANA VISAカードやANAアメックスカードなどANAのクレジットカードとの併用もおすすめですよ。

まとめ

今回はクレジットカードと電子マネーの併用について、メリット・デメリットやおすすめの利用方法についてまとめましたがいかがでしたでしょうか。

多少の注意点はあるものの少額決済でもポイントを貯めながらスムーズに会計できる電子マネー

クレジットカードの利用分のポイント、チャージで貯まるポイント、利用で貯まるポイントと使い方によってはポイントやマイルがザクザクと貯まっていくのでこの記事を読んでぜひうまく活用してください。

以上、電子マネーとクレジットカードを併用するメリットを分析…という話題でした!