エポスカードのリボ払いを一括返済する方法

毎月の支払額を一定額に固定できるリボ払いは、高額商品を買うのにも便利な支払い方法です。ただ、利息がかかることや支払いが何ヶ月も残ることを考えると、余裕があるときに全額払ってしまいたい方も多いでしょう。

エポスカードのリボ払いでは、一括返済や支払いの増額ができるので、自分に合った返済が可能です。本記事では、エポスカードのリボ払いを一括返済する方法をご紹介します。合わせて支払いを増額する方法も紹介するのでチェックしておきましょう。

エポスカードのリボ払いを一括返済する方法

エポスカードのリボ払いを一括返済する方法は、ATM・カードセンターでの手続き・口座引き落とし・インターネット返済の2つです。それぞれの方法を詳しく説明していきます。

ATMまたはカードセンターで手続きする

エポスカードの提携ATMや全国にあるカードセンターで一括返済の手続きを行えます。どちらかに訪れて手続きをするだけなので、ショッピングやお出かけと合わせて支払うことも可能です。提携ATMについては、以下の表で確認してみてください。

エポスカードATM 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 ゆうちょ銀行
セブン銀行 ローソン銀行ATM ファミリーマート イオン銀行ATM

口座引き落とし

エポスNetの支払いページで、全額支払いにチェックを入れると、口座引き落としで一括返済できます。簡単な手続きで口座から支払えるので、すぐ支払いたいときに手間をかけない、おすすめの方法です。

ペイジーでのインターネット返済

ペイジーを利用してインターネットでも一括支払いを申し込めます。まずエポスNetの会員ページにアクセスし、ペイジー画面で支払いたい金額を入力します。インターネットバンキングを選択することで、インターネット上で一括支払い可能です。

提携ATMやカードセンターが近くになかったり、追加支払いに行く時間がなかったりしてもスマートフォンやパソコンから支払えて、場所や時間を問わず一括返済できます。

エポスカードのリボ払いを増額もできる

エポスカードのリボ払いは、一括返済だけでなく、支払いの増額も可能です。「一括返済は難しいけど、少し余裕があるから返済しておきたい」という時に便利で、リボ払いの負担を軽減することができます。

増額支払いをするためには、エポスNetでの手続きが必要です。口座支払いをする場合は、口座から一括返済する時と同じページで増額分を入力することで、口座から追加で支払えます。インターネットバンキングから支払う際は、ペイジー画面で増額分を入力し、手続き完了です。

エポスカードのリボ払いの一括返済・増額が便利な場面

リボ払いにはまとまった資金がなくても高額商品を購入できるというメリットがあるので、一括返済・増額をする場面を見極める必要があります。主な場面をピックアップしたので参考にしてみてくださいね。

臨時収入が入ったから全額払いたい

普段の給与では返済が難しいものの、ボーナスが支給されたり、副業収入が入ったりしたときは、一括返済をしやすいタイミングです。リボ払いは一定額でショッピングできるメリットはありますが、多用しすぎると利息や残債で苦しむことがあるので、払えるときに一括返済するようにしましょう。

お金に余裕ができたから多めに返済したい

臨時収入が入ったとき、普段と比べて出費が少ないときなど、お金に余裕ができたときに一括返済や増額支払いを検討してみましょう。一括返済できなくても残りの返済額が少なくなるので、必要なお金を計算して支払える分早めの返済がおすすめです。

エポスカードのリボ払いはポイントが2倍に!

エポスカードは、利用金額200円に対して1ポイント貯まります。一括払い・2回払い・ボーナス払いは通常通り200円につき1ポイントですが、リボ払い・3回以上の分割払いでは、ポイントが2倍になり、200円につき2ポイント貯まります。よりポイントを貯めたいという方は、リボ払いを効率的に活用してみましょう。

ただし、リボ払いには手数料がかかり、一度の支払い額が少なくても長期間に渡って支払いが発生します。使いすぎは危険なので、支払える時に一括返済や増額支払いを利用して早めに完済するようにしてくださいね。

まとめ

エポスカードのリボ払いでは、提携ATMやカードセンター、口座引き落とし、インターネット返済を利用して、一括返済・増額支払いができます。臨時収入がはいったときやお金に余裕がうまれたときは早めの返済をおすすめします。一括返済・増額支払いの方法を確認して、計画的な返済に役立ててみましょう。

エポスカードがおすすめできるのはこんな人!2019年最新の特徴・メリット・デメリットを徹底解説