エポスバーチャルカードとは?特徴や注意点をおさえて利用しよう

インターネット通販などに便利なクレジットカードですが、カード番号を不正に知られるといった事例もあり、不安に感じている方が多いでしょう。そのような方のために、エポスカードではインターネットショッピング専用のバーチャルカードを発行できます。リアルカードと異なる番号を使用するので、不正によるトラブルを防ぐことができます。今回は、エポスバーチャルカードについて、申し込み方法や特徴、注意点などをご紹介します。インターネットショッピングをよく利用する方はぜひチェックしてみましょう。

エポスバーチャルカードとは

エポスバーチャルカードは、エポスカード会員限定のサービスで、インターネットショッピングのみで利用できるカードです。実際のクレジットカードはないものの、インターネット上でWeb専用のカードが発行されます。インターネット通販が当たり前になっている現代ですが、不正にカード情報を読み取られて不正利用されるといったトラブルが起きています。

エポスバーチャルカードであれば、リアルカードとは異なるカード番号であったり、セキュリティ機能に対応していたりすることによって、トラブルを未然に防ぎ、安全にショッピングを楽しめます。インターネットショッピングやネット予約などをよく利用する方にうれしいサービスです。

エポスバーチャルカードの申し込み方法

エポスバーチャルカードを申し込むために、前提としてエポスカード会員であることが必要です。バーチャルカードのみを発行することはできません。エポスカードを既に持っている方は、まずエポスnetにアクセスします。エポスnetマイページの「各種申し込み」を選択し、「エポスバーチャルカードのお申し込み」を選びましょう。

申し込みページに進むので、エポスカード番号とエポスカード有効期限、生年月日を入力します。申し込みが完了すると、バーチャルカードのカード番号、有効期限、セキュリティコードが発行されます。バーチャルカードの利用可能額を設定すると、インターネットショッピングで使えるようになり、手続き完了です。

エポスバーチャルカードの特徴

エポスバーチャルカードには、リアルカードとは異なる特徴がいくつかあります。インターネットショッピングで安心して使えるようになっているので、安心かつ便利です。主な特徴を3つご紹介していきます。

リアルカードと別のカード番号

リアルカードかバーチャルカードかの違いであれば、同じカード番号で意味がないのではと思う方も多いでしょう。エポスバーチャルカードは、リアルカードとは別の番号で発行されるので、普段使っているカードが不正に合うことはありません。もし不正利用されてしまっても、再度申し込みできるので、異なるカード番号のバーチャルカードを発行可能です。

利用可能額をショッピングごとに設定できる

インターネットショッピングはつい買いすぎてしまうこともありますよね。請求がきてびっくりということがないように、エポスバーチャルカードは利用可能額を自由に設定できます。あらかじめショッピング用に使う分設定しておくことはもちろん、ショッピングごとに購入代金分設定することも可能です。その都度設定すれば、万が一不正利用されたとしても、残高をゼロにしておけるので、トラブル対策にもうれしい機能になっています。

エポスカードと同じ万全なセキュリティサービスを付帯

エポスカードには、不正利用に対する損害補償サービスが付いていたり、3Dセキュア機能に対応していたりするなど、不正があったときの対策や不正予防に優れています。エポスバーチャルカードにも同様のサービスが付帯しているので、安心して利用できます。また、エポスカード利用で貯まるエポスポイントについても、エポスバーチャルカードで貯まります。インターネットショッピングを多く利用する方は、安全にカードを利用しながら、ポイントも貯められるのがうれしいですね。

エポスバーチャルカードを利用する上での注意点

エポスバーチャルカードは、通常のエポスカードの使い方で異なる部分があります。支払い方法や利用できない取引・サービスなどに要注意です。主な注意点をしっかりおさえておきましょう。

利用は一括払いのみ

エポスバーチャルカードの支払い方法は一括払いのみとなります。リボ払いや分割払い、ボーナス払いは選ぶことができないので、一括払いを前提に計画的に利用しましょう。ただし、リボ払いは一括払いで支払いした後にエポスnetで変更できます。少々手間がかかりますが、支払いを月々定額にしたいときや高額商品を買いたいときなどに後からリボを活用してみましょう。

利用できない取引・サービスに要注意

エポスバーチャルカードは、インターネットショッピング専用なので、他の用途で使用することはできません。他にも継続的な引き落としやリアルカードの提示が必要な取引などにも利用不可です。利用できない取引・サービスをまとめましたので、下記の表を確認してみてください。

利用できない取引・サービス ・Visa対象外のインターネットショップ

・継続的な引き落としが必要な取引:公共料金・携帯電話料金・保険料など

・クレジットカードの提示が必要な取引:航空券・コンサートチケットなど

・マルイウェブチャンネル

・Yahoo!ウォレットでの支払い登録

まとめ

エポスバーチャルカードは、インターネットショッピング専用のカードサービスです。エポスカード会員限定で発行でき、リアルカードとは違うカード番号になります。利用可能額をその都度設定したり、エポスカードにあるセキュリティ機能が搭載されていたりするなど、安全にインターネットショッピングできるのが特徴です。エポスカードと支払い方法や利用できる取引・サービスが異なるので、あらかじめ理解しておきましょう。普段からエポスカードでインターネットショッピングを楽しんでいる方は、より安全なエポスバーチャルカードを発行してみてくださいね。