エポスカードにおけるキャッシングの返済方法を徹底解説!増額払い・全額払いも検討しよう

エポスカードでは、ショッピングだけでなく、キャッシングにも利用できます。万が一にお金が足りないときに役立つサービスです。ただ、キャッシングを利用するためには、返済するのが条件なので、返済方法をしっかりおさえる必要があります。

本記事では、エポスカードにおけるキャッシングの返済方法について解説します。キャッシング方法や増額払い・全額払いについて解説するので、借入や返済の参考にしてみましょう。

エポスカードのキャッシング方法

エポスカードのキャッシング方法は、1回払いまたはリボ払いです。どちらを選ぶかで返済ペースが異なるので、どのようなキャッシング方法かおさえましょう。

リボ払い

リボ払いは、1回払いでは返済が難しいときに便利なキャッシング方法です。返済額を月々の支払いに分割できるので、無理なく返済することができます。キャッシング時にリボ払いを選択するだけでなく、1回払いを後からリボ払いに変更することも可能です。

通常のリボ払いだけでなく、1万円定額コースや自分のペースでのアレンジなどもできるので、自分に合ったリボ払いを行いましょう。

1回払い

1回払いでキャッシングを行った場合、一度に返済する必要があります。もし返済できないと信用に傷が付くので、しっかり返済できる場合のみ1回払いを選択しましょう。

エポスカードのキャッシング返済方法

エポスカードでキャッシングしたお金は、間違いなく返済する必要があります。1回払いやリボ払いに関わらず、インターネットやATMなどの返済方法を利用できます。それぞれの返済方法をあらかじめ理解しておきましょう。

インターネット返済

インターネット決済ではペイジーを利用して行います。エポスnetからマイページにアクセスし、「インターネットバンキングで支払う」を選び、返済する金額を入力して支払いを行います。エポスATMやコンビニATMに行かずに支払えるので、手間をかけずに返済したいときにおすすめです。

エポスATMやコンビニATM

エポスカードにおけるキャッシングの返済は、エポスATMやコンビニATM、銀行ATMでもできます。それぞれのATMで操作し入金することで返済完了です。ATMが設置されているコンビニ・銀行によっては、1回払いだけ、リボ払いだけの場合もあるので注意しましょう。

キャッシング返済は増額払い・全額払いも可能

キャッシング返済は、基本的に1回払い・リボ払いですが、増額払いや全額払いも利用可能です。増額払いは、月々の支払いを増やせる方法で、それ以降の返済の負担を減らすことができます。また全額払いはリボ払いで残っている返済を一気にする方法です。

リボ払いは、月々の返済を軽減できる便利な方法ですが、数ヶ月先まで返済が残るのはデメリットです。その間に別のキャッシングをすると返済額は積み重なっていくでしょう。可能であれば、支払いをひとつひとつ終えることが大切なので、お金に余裕があるときは増額払い・全額払いでの返済を行いましょう。

まとめ

エポスカードのキャッシングは1回払いまたはリボ払いで利用できます。返済は、インターネット返済やエポスATM、コンビニATM、銀行ATMなどで行えます。リボ払いについては、月々の支払いにプラスして、増額払い・全額払いすることも可能です。

早めに返済しておく方が滞納のリスクが少ないので、自分に合った方法でしっかりと返済を行いましょう。