エポスカードでマイルをゲットしよう!マイルの使い方やエポスポイントの貯め方を解説

エポスカードの利用で貯まるエポスポイントは、ショッピング割引や商品券・ギフト券の交換などに使えます。交換先として、JALマイル・ANAマイルもあり、エポスポイントをマイルに交換して旅行に使えるのも魅力です。

本記事では、エポスカードでマイルを交換する方法や1エポスポイントあたりのマイルなどをご紹介します。エポスポイントを効率よく貯める方法をご紹介するので、より多くのマイルをゲットしましょう!

エポスポイントはJALマイル・ANAマイルに交換できる

エポスカードで貯まるエポスポイントは、JALマイルとANAマイル両方に交換可能です。普段から旅行を楽しんでいる方は、よく利用する航空会社に合ったマイルを手に入れられます。券種によって1エポスポイントあたりのマイルが変わるので、どのくらいのマイルに交換できるかを確認していきましょう。

1エポスポイントあたりのJALマイル・ANAマイル

エポスポイント1ポイントで、JALマイル・ANAマイルともに0.5マイルに交換することができます。マイル交換は、エポスnetの会員ページで手続きを行い、JALマイレージバンク・ANAマイレージクラブの会員番号が必要です。マイルに反映されるのは申し込みから3日ほどかかるので、旅行などに利用する場合は、早めに交換しておきましょう。

ANAマイルならゴールド・プラチナ会員は獲得マイルアップ!

JALマイルは、エポスカードの券種によって交換率に差はなく、1エポスポイントあたり0.5マイルです。一方ANAマイルは、エポスカードVisaは1エポスポイント0.5マイルですが、エポスカードゴールド・エポスカードプラチナは1エポスポイント0.6マイルに交換率がアップします。

エポスカードゴールドとエポスカードプラチナは、エポスカードVisaに比べて海外旅行傷害保険やVisaトラベルサービスも充実しているので、マイル交換率だけではないメリットが満載です。

エポスポイントをマイルに交換するメリット

エポスポイントをマイルに交換すると、航空券との交換以外にもメリットが多くあります。エポスポイントをマイルに交換するメリットを3つご紹介します。

特典航空券と交換できる

マイルの使い方でポピュラーなのが、特典航空券との交換です。特典航空券とは、会員限定で交換に必要なマイルが割引された航空券で、普段より少ないマイルで航空券を手に入れられます。貯まったマイルによっては、片道だけでなく、往復でも交換できるので、お金をかけずに旅に出かけることもできますよ!

商品と交換できる

マイルは旅行以外でも使用でき、ANA・JALそれぞれで厳選された商品と交換することができます。グルメやトラベル、ホビーなど様々なカテゴリの商品があり、ANAなら公式ショッピングサイトで商品を探すことも可能です。

またホテルクーポンやレストランクーポンなどにも換えられるので、旅行や記念日などの機会に普段は利用できないホテルやレストランをお得に利用してみましょう。

電子マネー・ポイントに換えて利用できる

エポスポイントからマイル、マイルから電子マネー・ポイントに移行するのもおすすめの使い方です。エポスポイントやマイルを使う場面があまりなくても、Tポイントや楽天ポイントなどに交換すれば、普段利用している店舗をお得に利用できます。提携先のポイントに交換できるかを確認して、マイルからさらに交換してみましょう。

エポスポイントを効率良く貯める方法

より多くのマイルをゲットするためには、エポスポイントを効率よく貯める必要があります。エポスポイントを貯めるおすすめの方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

たまるマーケットでネットショッピングする

たまるマーケットとは、獲得エポスポイントがアップするポイントアップサイトです。たまるマーケット経由で、Amazonや楽天などのネットショップ、ホテル予約などを利用するだけで、いつもより2~30倍のエポスポイントが貯まります。ネットショッピングをよく利用する方はぜひたまるマーケットを活用してみましょう。

提携店舗でショッピングする

エポスポイントは通常、利用金額200円あたり1ポイントですが、提携店舗でショッピングをすると、より多くポイントが貯まります。飲食店・カラオケ店なら最大ポイント5倍、その他提携店舗でもボーナスポイントが貯まるので、エポスカードのページで対象店舗を調べてから利用してみましょう。

リボ払い・分割払いを利用する

1回・2回・ボーナス払いは200円につき1ポイントが貯まり、リボ・3回以上の分割払いの場合は200円で2ポイントと、獲得ポイントが2倍にアップします。リボ・3回以上の分割払いには手数料がかかるので注意が必要ですが、計画的に利用すればエポスポイントをより多くゲットできます。

電子マネーへのチャージで二重取り

ショッピングだけでなく、エポスカードを使った電子マネーチャージでもポイントが加算されます。モバイルSuicaや楽天Edy、au WALLETプリペイドカードなどにチャージできるので、普段から利用している方はチャージにもエポスカードを使ってみましょう。

まとめ

本記事では、エポスカードで交換できるマイルについてご紹介しました!

エポスカードでは、エポスポイントをJALマイルとANAマイルに交換することができます。マイルは、特典航空券や商品・クーポン、電子マネー・ポイントなどに交換でき、旅行やショッピング、レジャーなどに使えます。

エポスポイントを貯めるためには、たまるマーケットでのネットショッピングや提携店舗でのショッピング、電子マネーチャージなどがおすすめの方法です。効率よく貯めたエポスポイントをマイルに交換して、旅行やショッピングを楽しみましょう!

エポスカードがおすすめできるのはこんな人!2019年最新の特徴・メリット・デメリットを徹底解説エポスカードの利用で貯まるエポスポイントは、ショッピング割引や商品券・ギフト券の交換などに使えます。交換先として、JALマイル・ANAマイルもあり、エポスポイントをマイルに交換して旅行に使えるのも魅力です。

本記事では、エポスカードでマイルを交換する方法や1エポスポイントあたりのマイルなどをご紹介します。エポスポイントを効率よく貯める方法をご紹介するので、より多くのマイルをゲットしましょう!

エポスポイントはJALマイル・ANAマイルに交換できる
エポスカードで貯まるエポスポイントは、JALマイルとANAマイル両方に交換可能です。普段から旅行を楽しんでいる方は、よく利用する航空会社に合ったマイルを手に入れられます。券種によって1エポスポイントあたりのマイルが変わるので、どのくらいのマイルに交換できるかを確認していきましょう。

1エポスポイントあたりのJALマイル・ANAマイル
エポスポイント1ポイントで、JALマイル・ANAマイルともに0.5マイルに交換することができます。マイル交換は、エポスnetの会員ページで手続きを行い、JALマイレージバンク・ANAマイレージクラブの会員番号が必要です。マイルに反映されるのは申し込みから3日ほどかかるので、旅行などに利用する場合は、早めに交換しておきましょう。

ANAマイルならゴールド・プラチナ会員は獲得マイルアップ!
JALマイルは、エポスカードの券種によって交換率に差はなく、1エポスポイントあたり0.5マイルです。一方ANAマイルは、エポスカードVisaは1エポスポイント0.5マイルですが、エポスカードゴールド・エポスカードプラチナは1エポスポイント0.6マイルに交換率がアップします。

エポスカードゴールドとエポスカードプラチナは、エポスカードVisaに比べて海外旅行傷害保険やVisaトラベルサービスも充実しているので、マイル交換率だけではないメリットが満載です。

エポスポイントをマイルに交換するメリット

エポスポイントをマイルに交換すると、航空券との交換以外にもメリットが多くあります。エポスポイントをマイルに交換するメリットを3つご紹介します。

特典航空券と交換できる
マイルの使い方でポピュラーなのが、特典航空券との交換です。特典航空券とは、会員限定で交換に必要なマイルが割引された航空券で、普段より少ないマイルで航空券を手に入れられます。貯まったマイルによっては、片道だけでなく、往復でも交換できるので、お金をかけずに旅に出かけることもできますよ!

商品と交換できる
マイルは旅行以外でも使用でき、ANA・JALそれぞれで厳選された商品と交換することができます。グルメやトラベル、ホビーなど様々なカテゴリの商品があり、ANAなら公式ショッピングサイトで商品を探すことも可能です。

またホテルクーポンやレストランクーポンなどにも換えられるので、旅行や記念日などの機会に普段は利用できないホテルやレストランをお得に利用してみましょう。

電子マネー・ポイントに換えて利用できる
エポスポイントからマイル、マイルから電子マネー・ポイントに移行するのもおすすめの使い方です。エポスポイントやマイルを使う場面があまりなくても、Tポイントや楽天ポイントなどに交換すれば、普段利用している店舗をお得に利用できます。提携先のポイントに交換できるかを確認して、マイルからさらに交換してみましょう。

エポスポイントを効率良く貯める方法

より多くのマイルをゲットするためには、エポスポイントを効率よく貯める必要があります。エポスポイントを貯めるおすすめの方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

たまるマーケットでネットショッピングする
たまるマーケットとは、獲得エポスポイントがアップするポイントアップサイトです。たまるマーケット経由で、Amazonや楽天などのネットショップ、ホテル予約などを利用するだけで、いつもより2~30倍のエポスポイントが貯まります。ネットショッピングをよく利用する方はぜひたまるマーケットを活用してみましょう。

提携店舗でショッピングする
エポスポイントは通常、利用金額200円あたり1ポイントですが、提携店舗でショッピングをすると、より多くポイントが貯まります。飲食店・カラオケ店なら最大ポイント5倍、その他提携店舗でもボーナスポイントが貯まるので、エポスカードのページで対象店舗を調べてから利用してみましょう。

リボ払い・分割払いを利用する
1回・2回・ボーナス払いは200円につき1ポイントが貯まり、リボ・3回以上の分割払いの場合は200円で2ポイントと、獲得ポイントが2倍にアップします。リボ・3回以上の分割払いには手数料がかかるので注意が必要ですが、計画的に利用すればエポスポイントをより多くゲットできます。

電子マネーへのチャージで二重取り
ショッピングだけでなく、エポスカードを使った電子マネーチャージでもポイントが加算されます。モバイルSuicaや楽天Edy、au WALLETプリペイドカードなどにチャージできるので、普段から利用している方はチャージにもエポスカードを使ってみましょう。

まとめ

本記事では、エポスカードで交換できるマイルについてご紹介しました!

エポスカードでは、エポスポイントをJALマイルとANAマイルに交換することができます。マイルは、特典航空券や商品・クーポン、電子マネー・ポイントなどに交換でき、旅行やショッピング、レジャーなどに使えます。

エポスポイントを貯めるためには、たまるマーケットでのネットショッピングや提携店舗でのショッピング、電子マネーチャージなどがおすすめの方法です。効率よく貯めたエポスポイントをマイルに交換して、旅行やショッピングを楽しみましょう!

エポスカードがおすすめできるのはこんな人!2019年最新の特徴・メリット・デメリットを徹底解説