エポスカードが使えない!原因や対処法などを解説

「なぜかエポスカードでショッピングができない」「限度額はまだあるはずなのに」など、エポスカードを使えない場面になるかもしれません。エポスカードを使えるようにするためには、なぜ使えないかを明らかにする必要があります。

本記事では、エポスカードが使えない原因や解決方法をご紹介します。使えない状況にならない対策もご紹介するので、エポスカードの使い方を見直してみましょう。

エポスカードが使えない原因

エポスカードが使えない原因には、利用限度額や有効期限など様々な要因があります。どの状況にあてはまるかを確認しながら、原因をおさえていきましょう。

利用限度額を既に超えている

エポスカードユーザーそれぞれの経済状況や券種に応じて、利用限度額が設定されています。利用限度額を既に超えている場合、エポスカードを使うことができません。あらかじめ利用限度額を把握しておくことや、使い過ぎないことが大切です。

パスワードの入力ミスでロックがかかっている

エポスカードに関わらずクレジットカードは利用時に、パスワードを入力する必要があります。店頭のクレジットカード端末やキャッシングで利用するATMなどで、入力ミスを繰り返すと、クレジットカードをロックされてしまいます。すぐにロック会場できる場合もあれば、カードの再発行が必要なこともあるので注意が必要です。

カードの有効期限が過ぎている

クレジットカードには有効期限が「04/20」のように、年と月が記載されています。有効期限が近づいてくると、登録された住所に新しいカードが届くのですが、転居している場合に現住所と登録住所が異なり、届かないこともあります。限度額やパスワードなどに問題ないならば、一度有効期限を確認してみましょう。

カードの磁気不良が起きている

クレジットカードをスキャンして読み取るために磁気を利用しています。磁気不良が起きているとクレジットカードを使えません。また、ICチップを使用するクレジットカードの場合は、ICチップの破損は利用できない原因になります。長く利用しているカードや保存状態が悪いカードに起きやすいトラブルです。

店舗が分割払いに対応していない

高額な商品を購入する時に便利な分割払いですが、店舗側が対応していない場合は利用できません。店舗スタッフから一括払いのみと案内があることがほとんどですが、あらかじめ利用できない原因として覚えておきましょう。

店舗の端末が故障している

クレジットカードを読み取る端末が故障していても、カードを利用できません。店舗側で把握している場合がほとんどですが、分割払いに対応していない事例と一緒に原因のひとつと理解しておきましょう。

第三者に不正利用されている

クレジットカードを紛失・盗難されて、普段の利用と異なる使い方をされると、不正利用と判断され、カードがロックされます。また、自分のカードを利用している場合にも起こり得る事例で、高額利用や海外利用で不正利用とみなされる可能性があります。

エポスカードが使用停止になっていることも

エポスカードを一時的に利用できない、支払い方法に対応していない場合以外に、使用停止になっている可能性もあります。エポスカードが使用停止になる原因をご紹介します。

支払い延滞による使用停止

エポスカードに限らず、クレジットカードを利用するためには信用が必要です。もし支払いを延滞してしまった場合、信用に傷がついてしまいます。すぐに対応できれば使用停止を免れられることもありますが、対応が遅れたり、延滞を繰り返したりすると使用停止になりかねません。利用額を支払うのは当たり前ですが、延滞は決してしないよう注意しましょう。

途上与信による使用停止

途上与信とは、エポスカードユーザーに行われる中間審査です。途上与信によって、エポスカード利用に問題が認められたり、他のカードで延滞を起こしたりしていると、使用停止や解約に陥る可能性があります。エポスカードだけでなく、他カードやローンも問題なく支払うことが不可欠です。

エポスカードを使えない状況を解決する方法

エポスカードが利用できなかったり、使用停止になっていたりした場合、自分の力だけで解決するのは難しいです。エポスカードへの問い合わせが必要なるので、問い合わせ先を確認しておきましょう。

エポスカスタマーセンターに問い合わせする

エポスカードには、電話窓口としてエポスカスタマーセンターが設置されています。東京・大阪の2つの窓口があり、9時30分から18時まで問い合わせ可能です。エポスカードを利用できない場合は、速やかにエポスカスタマーセンターに問い合わせしましょう。

エポスカードセンターで直接問い合わせる

マルイ各店など全国のデパート・ショッピングモールにあるエポスカードセンターでは、直接問い合わせすることができます。エポスカードセンターのある店舗でクレジットカードを利用できなかった場合は、直接問い合わせするのがおすすめです。

エポスカードが使えない状況にならないための対策

エポスカードを使えない状況の中でも、利用限度額や返済、パスワードなどの原因はあらかじめ対策できます。エポスカードを利用できない状況にならないように、計画的に利用することが大切です。

利用限度額を把握して計画的に利用する

いざエポスカードを使ってショッピングしようとした時に、利用限度額が足りないとならないように、あらかじめ利用限度額を把握しておきましょう。利用限度額は、エポスnetの会員ページやエポスカスタマーセンターへの問い合わせで確認可能です。

また利用限度額は月々の支払い以外に、エポスATMやコンビニATMなどで支払えば、限度額を回復することができます。ショッピングをする予定がある方は、あらかじめ利用限度額を確保しておくようにしましょう。

支払い延滞をしないように利用する

クレジットカードは必ず返済を行うという信用の元、利用することができます。もしエポスカードの支払いを延滞してしまうと、利用停止・解約されるおそれがあるので、計画的に利用しましょう。

月々のクレジットカード利用額を決める、不用意にクレジットカードを利用しないなど、支払い延滞を起こさない自己管理が欠かせません。

パスワードを忘れない

パスワードをロックされると、解除の手続きやカードの再発行が面倒です。クレジットカード以外にも多くのパスワードを持っている方が多いですが、しっかりエポスカードのパスワードを忘れずにしておきましょう。

まとめ

エポスカードが使えない場合、利用限度額やパスワード、有効期限などに問題があることが多いです。また、支払い延滞や途上与信によって使用停止になるおそれもあります。

前提として、計画的な利用や利用限度額の把握など、使用できない状況にならないことが大切ですが、もし使えなくなった場合はエポスカスタマーセンターやエポスカードセンターに問い合わせしましょう。

エポスカードがおすすめできるのはこんな人!2019年最新の特徴・メリット・デメリットを徹底解説