家族カードの審査は通りやすい?クレジットカード活用術

家族カードの審査は通りやすい?クレジットカード活用術

結婚をして、生計を同一にすると、一人暮らしや実家暮らしのときとはお金に対する考え方が変わりますよね。

やはり、老後のための貯蓄や子供の教育資金のために節約に勤しんでいる方も多くいらっしゃると思います。

安く買うだけではなく、ポイントを効率的に貯めたりすることも節約の一種だと私は思います。

そういった意味で、クレジットカードは現金よりもお得で節約に向いているものだと私は考えています。

しかし、専業主婦やパート勤めの方はカードを作りにくい場合もあります。

そのような方におすすめなのが「家族カード」です。

家族カードというのは、クレジットカードの契約者(以後、親会員とします)の家族が使用できるものです。

家族カードには以下のようなメリットがあります。

  1. 年会費が無料、もしくは普通に所有するよりも安い→年会費がお得
  2. 契約者がまとめて支払うので、ポイントは契約者にまとめて付与される→ポイント取得の効率が良い
  3. 契約者と同一の優待やサービスを受けられる(受けられない優待も一部あります)

私は特に1番と3番にすごく魅力的に感じます。

プラチナカードなどの高ランクなものであれば、年会費も数万円かかることがあります。普通に2枚所有すると年会費が2倍になるところですが、家族カードであれば、1枚分で済むこともあるので、かなり節約になります。

MEMO
さらに、高ランクなカードは優待もとても充実しています。専業主婦やパートの方が作れる年会費無料のものとはけた違いのサービスです。優待があることで、何気ないことで助けられたり、充実した時間を過ごせることがあります。

このページでは、家族カードを作る際の審査について解説していきます。

家族カードの審査は通りやすいといわれるのはなぜ

家族カードの審査は通りやすいといわれるのはなぜ

審査というとすごくドキドキして、不安になる方もいらっしゃると思います。

私もクレジットカードを作るときは毎回ドキドキして、結果を待っています。そして、無事届くたびにホッとしています。

クレジットカードを手に入れるときに、審査はどうしても避けることのできないものです。

個人信用情報機関の情報や申し込んだカード会社の過去の利用状況、年収などさまざまな情報から行われます。

支払能力は特に重要で、申込資格に「安定した収入」と記載されていることもあります。なので、パート・アルバイト・専業主婦などの収入が少ない、もしくは収入がない方は通りにくいです。特にゴールドカードやプラチナカードなど高ランクなものになればなるほど、通りにくくなります。

この記事ではわかりやすいように登場人物を出して説明していきたいと思います。

  • 一郎くん:クレジットカードを所有している親会員。家計の大黒柱。
  • 花子さん:家族カードがほしい。たかしさんのお嫁さん。パート勤めをしている。

あなたの立場に応じて、感情移入をして読み進めてみてください。

花子さんのために家族カードを申し込むことになりました。

MEMO
もし、無事発行できれば一郎くんの持っているクレジットカードと同等のものが発行されます。そのため、一郎くんがゴールドカードを所有している場合には、花子さんでもゴールドカードを所有することができます。

専業主婦やパート勤めの方は、なかなか高ランクなものを入手することが難しいですよね。

家族カードがおすすめな理由は、通常の申し込みでは手に入れることができないようなランクのものを手に入れることができることです!

ただし、当たり前のことですが一郎くんが高ランクなカードを手に入れている必要があります。

なぜ、家族カードだと通常のものに比べて審査が通りやすいのでしょうか。

次は家族カードが通りやすい理由について解説していきます。

親会員の信用性で発行するクレジットカードだから

親会員の信用性で発行するクレジットカードだから

家族会員が通りやすい理由は、一郎くんに対して審査を行い発行されるからです。

実際に家族カードを使用する花子さんをメインで審査すると思われる方もいらっしゃると思います。しかし、そうではありません。

あくまで、一郎くんの持っているクレジットカードのサブカードという扱いになるのです。

そのため、契約者は一郎くん。花子さんの利用金額も一郎くんに一括で請求されます。

注意
家族カードを追加で場合には、すでに一郎くんはクレジットカード会社の審査に通っています。そのため、何か新たに何か問題が発生していない限りは基本的に通るものとなっています。

三井住友カードのホームページには「親会員が審査に通っていれば家族カードは基本的に無審査である」と記載されています。

家族カードはこのように説明がされるくらい作りやすいものとなっています。

家族カードの審査に落ちるとしたらその理由は

残念なことに落ちることはごく稀にあります。

MEMO
審査に落ちるということは何かしらの問題が確認できたということです。その問題についてカード会社から説明や開示がされることはありませんが、心当たりがある方もいらっしゃるでしょう。

一般的に考えられるのは次の2つです。

  • 一郎くんの支払遅延をしていて、クレジットヒストリーが汚れている
  • 花子さんが過去に同じクレジットカード会社(系列会社)で支払い遅延などを起こしている

この2つについて詳しく解説していきます。

支払い遅延などでクレヒスが汚れてしまっている。

支払い遅延などでクレヒスが汚れてしまっている。

クレジットカードの申込時に一度通っているので、それ以降支払い遅延などの問題を起こしていなければ、通ります。

しかし、一郎くんが支払い遅延などクレジットヒストリーが汚れるようなことをすると、家族カードを作れないことがあります。誰しも口座に入金忘れなどで引き落としができないということは起こりえます。ただ、繰り返し支払い遅延が発生したり、長期間支払いが遅れると審査に悪影響が生じます。

一般的には「3ヶ月以上の支払い遅延」「1~2ヶ月の支払い遅延を繰り返している」などの信頼に欠けることをしてしまうと、事故情報として記録されてしまいます。

特に気をつけたいのが携帯電話の端末代金を分割払いしている方です。これも3ヶ月以上滞納すると、事故情報として記録されます。

新規のクレジットカードの申込みや住宅ローンやマイカーローンなどさまざまなものに影響が出ます。普段からきちんと支払いを行い、クレジットヒストリーが汚れないようにしましょう。

家族会員となる人物が過去に支払い遅延した会社に申し込んでしまった

一郎くんが支払い遅延などの問題を起こしておらず、クレジットヒストリーがきれいな状態でも落ちることがあります。

そのようなときは、花子さんに問題がある場合が多いです。先述のように、基本的に一郎くんをメインに審査が行われますが、花子さんにも行われる場合があります

MEMO
花子さんが過去に支払遅延など信頼に欠けることをしたカード会社に申込みを行っている場合は、かなり通りにくくなります。個人信用情報機関には約5年で支払い遅延の情報は削除されますが、カード会社の記録からは削除されません。

そのため、同じカード会社に期間を開けて再申し込みするというのは難しいです。もし、一郎くんが複数枚クレジットカードをお持ちでしたら、支払い遅延を起こしていないところでの発行を検討すると良いでしょう。

家族カードの審査を確実に通すためのポイント

家族カードの審査を確実に通すためのポイント

審査に落ちることは、とても落ち込んでしまう出来事です。自分や家族が否定されたような気持ちになります。

どうせ申し込むなら、審査に通りたいと思うのが誰しも思うことです。自信を持って申し込む方もいるでしょうし、作れないかもという不安を抱えながら検討されている方もいるでしょう。

不安がある方は以下の2つの方法を試していただいて、問題がないかチェックしてみてください。

MEMO
予め、いろいろ確認を行うことで、通りやすいかどうか、どのクレジットカードであれば家族カードを作りやすいかなど考えることができます。

作戦を立て、勝利(家族カード)を掴み取りましょう。孫氏の兵法からですが、「負ける戦はしない」ようにしましょう。

家族カードの申し込み条件を確認して審査を通そう

きちんとカード会社のホームページやパンフレットを確認して、申込み条件を確認しましょう。

申込み条件を満たしていないのに申し込んでも、作ることはできません。

注意

残念ながら、家族なら誰でもいいというわけではありません。

基本的には「生計を共にする配偶者、満18歳以上の子供、両親」です。この条件の場合、兄弟の方は申し込むことはできません。

アメックスのプロパーカードは兄弟の方でも申し込みことができます。カード会社によって、家族会員の対象範囲が異なることがポイントです。

子供は原則「高校生を18歳以上」が条件ですが、例外があります。15歳以上の高校生でも海外留学を行う場合には作ることができます。

本人及び家族会員のクレヒスなどを事前確認

本人及び家族会員のクレヒスなどを事前確認

一郎くんがクレジットカードを作るときの審査よりも、花子さんが家族カードを作るときのほうが緩く通りやすいです。ただ、支払い遅延などがあった場合には信用が失われてしまい、落ちてしまいます。

一郎くんや花子さんのクレジットヒストリーを個人信用情報機関に開示申請を行い、確認しましょう。

MEMO
その場合、CICに情報開示をしましょう。CICは全ての割賦販売をしている「携帯電話会社」、「信販会社」、「クレジットカード会社」が加盟しているからです。パソコンやスマートフォンから開示を行うことができ、開示手数料として1000円ほどかかります。

開示した結果、きれいな状態で問題がなければ、自信を持って申し込みをしてください。何か問題が合った場合には、他の家族カードも視野に入れて検討しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

問題なければ、すんなり作れる家族カード。

そういわれている分、審査落ちすると通常より悲しい思いをしてしまいます。

家族カードは審査が通りやすいですが、クレジットヒストリーに問題がなければという前提があります。

審査落ちを避けたい方は、申込み条件の確認や、クレジットヒストリーの情報を確認し、勝算があるかを判断したほうが良いでしょう。

家族カードの申込み履歴も個人信用情報機関に6ヶ月記録されます。そのため、別のカードの申込みも6ヶ月以上期間を開けましょう。

家族カードは年会費やポイントの面でもメリットがあります。

旅行傷害保険などの優待が充実している高ランクなクレジットカードほど、家族カードを作るとお得になります。

利用できるものは利用して、お得で堅実な生活を歩んでいきましょう。