年会費無料のおすすめのクレジットカード10枚

この記事を読んで分かること

・クレジットカードって?

・年会費無料クレジットカードのメリット、デメリット

・年会費が無料のおすすめのクレジットカード10選

年会費無料のおすすめのクレジットカード10枚

年会費無料のおすすめクレジットカード早見表

No. カード名 おすすめポイント
1 楽天カード 「昨年もっとも貯まったポイント」 「ポイント総合満足度」「9年連続顧客満足度NO.1」ランキングの 全てにおいてNo.1のカード
2 オリコカードザポイント カードの名前に「ポイント」がつき、ポイントの還元率を売りにしているカード
3 エポスカード 年会費が無料のゴールドカードを狙えるクレジットカード
4 ライフカード 誕生日月にポイント3倍な入会特典が豪華なカード
5 JCBカードW 日本発国際ブランドが発行するクレジットカードで若者限定の高還元率カード
6 VIASOカード 貯まったポイントはオートキャッシュバックなカード
7 AmazonMasterCard Amazonユーザーに必須なカード
8 イオンカードセレクト イオンによく行く人におすすめカード
9 YAHOO!JAPANカード 使い道が豊富なTポイントがザクザクたまるカード
10 dカード ドコモユーザーには持ってほしいカード

まずクレジットカードってなんだ?

クレジットカードはカードの保有者の信用(=クレジット)によって、後払いで商品を買い物ができる支払い方法です。

クレジットカードの最大のメリットとして、財布の中に現金ががなくてもカード1枚で買い物ができることです。

さらにクレジットカードのは後払いのシステムですが、その後払いの中にも一括払いや二回払い、ボーナスのある月に一括して支払うボーナス払いなど様々な方法があるのもクレジットカードの特徴であり、自分にあった支払い方法が可能です。

クレジットカードの支払いは締め日までの利用分を支払い日に1ヶ月ごとに支払います。

一括、二回払いであれば、手数料など一切かからず利用した分だけの支払いが可能です。

クレジットカードの発行会社の収益は主に年会費収入、加盟店からの利用手数料です。

クレジットカードの中には発行し利用するために年会費がかかるものもあります。

年会費がクレジットカード会社の収益になり、さらにショッピングや接待の際、クレジットカードで会計をすると、その店がカード会社に利用手数料を支払っています。このお店側が支払う手数料は発行したカードの国際ブランドによって異なります。

国際ブランドとは?

クレジットカードの支配の決済システムを24時間365日、世界中で提供しているブランドです。国際ブランドの表記はクレジットカードの表面の右下の大きくされています。それぞれの国際ブランドが別の決済ネットワークを使っており、店舗によってどの国際ブランドと提携しているかで決済ができるかが変わります。VISA,MasterCard、JCB、AMERICANEXPRESSなどが日本で有名です。

例えばVISAのクレジットカード決済しか取り扱っていない店舗ではJCBなどのカードでは支払いができません。したがって地域によって国際ブランドごとに強い地域、弱い地域が出てきます。

https://bit.ly/2kCjz17

国際ブランドのカードであれば、世界中の各国際ブランド加盟店でショッピングを行うことができます。カード会社に利用手数料を支払うお店のメリットはお客さんが財布にお金が入ってなくて購入を諦めることを防ぎ確実に購入につながることです。クレジットカード支払いを導入した店舗は現金だけよりも売り上げが高くなるというデータもあります。

カード会社はカードを出来るだけ多くの人に持ってもらって、利用してもらうことで会社の利益に繋がります。したがってカード会社は発行しているカードに様々な特典つけて多くの人に発行してもらおうとします。クレジットカードについている特典はカードによって大きく異なります。

クレジットカードの中には特典の一つとして年会費が無料のものがあります。

今回の記事では「年会費無料」に着目してクレジットカードについて紹介したいと思います。

年会費無料クレジットカードのメリット、デメリット

年会費が無料のクレジットカードのメリットは「持ってりゃ得」です。

メリット、デメリットについて細かく紹介したいと思います。

メリット①:初期投資が必要ない

年会費がかかるクレジットカードを発行してそのカードを使いこなすことができずに、年会費の元を取れずに結果損をするというリスクがゼロです。

メリット②:付帯保険がついている

クレジットカードによっては自動的に保険が付帯していることがあります。

カードについているカードは主にこれらです。

主な付帯保険

1)海外旅行保険

海外旅行で困ったことやトラブルが起きた時にかかる費用などを補償してくれます。

(例えば死亡補償が最大1,000万円など)。無料のクレジットカードに旅行保険がついているものは珍しく、カードをもっているだけで保険の対象になります。

2)ショッピング保険

ショッピング保険が付帯しているカードで支払いを行うとこのその購入した商品にたいして、盗難や紛失、故障があった場合、カード会社が負担してくれます。

3)カード盗難、紛失保険

利用しているカードが盗難、紛失にあい、不正利用された場合、その不正利用金額分を全額補償してもらえる保険です。

それぞれの保険を無料で利用できるのはクレジットカードならではのメリットです。

メリット③:ポイントがたまる

クレジットカードの多くは利用に応じて独自のポイントが還元されます。貯まったポイントは現金同様に利用ができたり、他の商品に交換ができます。現金で払う商品をクレジットカードで決済するとその分いくらかのポイントが還元され、お得に買い物を楽しむことができます。

メリット④:優待のサービスを受けることができる

カード会社によってはそのカード会社が提携しているか店舗で優待を受けることができます。

メリット⑤:クレヒス作り、アップグレートしやすい

今後年会費が無料のカードではなく、ゴールドカードなどさらに上のグレードのカードを保有したい場合、最初に無料のカードを作り、良いクレジットヒストリー(カードの利用履歴)を作ることで、グレードの高いカードを作る時に審査に通り安くなるなどのメリットがあります。

デメリット①:有料クレジットカードよりもサービスが充実していない

もっているだけでお得な年会費が無料のクレジットカードですが、やはり、サービスが有料クレジットカードと比べて少ないです。空港ラウンジを無料で利用した方などは無料カードでそのようなサービスがついているものはないです。

デメリット②:ステータスがない

アメリカなどの海外では、ホテルのチェックインの際にクレジットカードの提示を求められます。日本ではそのようにクレジットカードを利用されませんが、海外では身分証明になります。なぜなら、海外ではクレジットカードの発行は日本よりも難しく、カードをもっている=社会的信用になるからです。その社会的信用がグレードの高いものになるとより信用されます。そのことをステータス性をいいます。

クレジットカードの発行には審査があります。そのカード会社の審査を通過しないと持つことができません。しかし年会費の無料のカードは審査もゆるくほとんどの人が発行できるので、自慢できるステータスは一切ありません。

まとめ

つまり、年会費が無料と発行に一切の費用がなく持っていて損するというリスクがなく、持っているだけでお得です。

 

 

今回をオススメするカードの特徴

今回紹介するカードは、楽天カード、オリコカードザポイント、エポスカード、ライフカード、JCBカードW、VIASOカード、Amazon MasterCardクラシック、イオンカードセレクト、Yahoo!JAPANカード、dカードの10枚、年会費が無料のカードの中でサービスが充実しているものです。

年会費が無料おすすめのクレジットカード10選

●楽天カード

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
発行までのスピード
7営業日程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
新規入会&利用でもれなく5,000円相当のポイントプレゼント!

 

楽天カードの概要

特徴:「昨年もっとも貯まったポイント」 「ポイント総合満足度」「もらって嬉しいポイント」ランキングの 全てにおいてNo.1のカード

年会費:無料

還元率:1%

ポイント:楽天スーパーポイント

国際ブランド:VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS

付帯保険:海外旅行障害保険,盗難補償

楽天カードの利用でたまるポイント楽天スーパーポイントは顧客が選ぶ「昨年もっとも貯まったポイント」 「ポイント総合満足度」「もらって嬉しいポイント」ランキングの 全てにおいてNo.1でした。

さらに楽天カードは2018年1月の日本経済新聞の記事で現在日本で1番使われているクレジットカードとして記事になっています。

その理由は楽天が提供するサービスでの還元率がすごいからです。例えば楽天の通販サイトである楽天市場にはスーパーポイントアッププログラム(SPU)という制度があります。それは楽天の他のサービスを使えば使うだけポイントの倍率が上がるシステムで、楽天市場で楽天カードで支払うと、楽天市場での通常ポイント1%に加え+2%の3%の還元率になります。

他の楽天サービスをさらに使い、SPUで楽天市場のポイントが最大13倍にまで上がります。貯まったポイントはマクドナルドなどの楽天スーパーポイント加盟店、楽天が提供するサービス、ANAマイルに交換することができます。

ポイントの使い道が楽天でだけと使い道が少ないように感じますが、楽天のサービスは幅広く存在するので安心です。

通販、旅行、携帯、本、ふるさと納税、ミニストップなど他にもたくさんあります。

ポイントの利用に困ることはないでしょう。

海外旅行保険、盗難補償も付帯しています。海外旅行保険は最高2,000万円まで補償されます。

オリコカードザポイント

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)
発行までのスピード
最短8日程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
・入会特典で、最大8,000ポイントをプレゼント!(2019年3月31日発行分まで)
・入会後6カ月間はポイント2倍で還元率2.0%!

 

オリコカードザポイントの概要

特徴:カードの名前に「ポイント」がつき、ポイントの還元率を売りにしているカード

年会費:無料

基本還元率:1%(入会後6ヶ月は2%)

ポイント:オリコポイント

国際ブランド:MasterCard、JCB

付帯保険:盗難補償

価格.comのクレジットカードランキングでNo.1のクレジットカードです。

このカードのポイント還元率は1%です。しかしこのカードのすごいところは入会後6ヶ月間はポイントの還元率が2倍になることです。旅行などの予定があり近々大きな出費がある方には発行してほしいカードです。

10万円の利用でポイントが2,000ポイントが還元されます。最初の6ヶ月はこのカードを使い込むべきです。6ヶ月後も還元率1%と決して還元率が低いわけではありません。

さらに貯まったオリコポイントの使い道の多さにも魅力があります。

Amazon、iTunes、Google playはもちろん、Tポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイント、dポイント、auWALLETポイントなどの他社のポイント移行、ANA、JALのマイル、UCギフトカードなどに交換することができます。

旅行保険は付帯していませんが、ポイントの還元率、貯まったポイントの使い道の多さに魅力があります。

 

エポスカード

 

 

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
18歳以上の方(高校生除く)
発行までのスピード
最短即日
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今なら最大2,000円分プレゼント

 

エポスカードの概要

特徴:年会費が無料のゴールドカードを狙えるクレジットカード

年会費:無料

還元率:0.5%

ポイント:エポスポイント

国際ブランド:VISA

付帯保険:海外旅行保険

エポスカード

エポスカードはデパート、百貨店で有名な丸井が発行するクレジットカードです。1つ目のメリットが「マルコとマルオの7日間」です。年に4回開催されるキャンペーンで丸井系列での買い物がなんでも10%OFFになります。1回の開催は1週間なので、それが4回で1年のうち約1ヶ月優待を受けることができます。もともと丸井をよく使う人には大きなメリットがあります。

2つ目はカード初心者にとって大きなメリットとなる「カードセンター」です。カードについてわからないこと、質問したいことを丸井の窓口で直接聞くことができます。クレジットカードのコールセンターは基本電話が繋がりにくいです。スタッフに直接聞くことができるのは大きな便利です。

3つ目は全国7,000店舗で優待を受けることができます。対象店舗はカラオケやレストランなど幅広く存在します。

最後は年会費無料ゴールドカードの登竜門になることがです。エポスカードを持っておえい条件を満たすとエポスカードゴールドに年会費無料でグレードアップする招待がかかることがあります。このチャンスというのは他のカード会社ではありません。年会費無料のクレジットカードを紹介するこの記事にぴったりなメリットです。

ライフカード

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
日本国内在住で、高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
発行までのスピード
最短3営業日
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
ご入会&条件達成で最大16,500円相当のポイントプレゼント!(2019年3月31日まで)

 

ライフカードの概要

特徴:誕生日月にポイント3倍で入会特典が豪華なカード

年会費:無料

還元率:0.5%

ポイント:LIFEサンクスプレゼントのポイント

国際ブランド:VISA,MasterCard、JCB

ライフカードの最大のメリットは誕生日月にポイントが3倍になることです。

もともとの還元率は0.5%とあまり高くないですが誕生日の月に3倍の1.5%になります。

誕生日の月に自分のほしいものをリストアップしておき、一気に利用するのがお得です。

さらに使えば使うほど還元率が上がるポイントステージのシステムがあり、年間50万円以上の利用で1,500円分のポイントがもらえます。さらに翌年度の合計利用額に応じて還元率があがり、最大200万円以上の利用で還元率が2倍になります。

ライフカードで他のカードよりも優れている点は入会特典です。入会特典で最大15,000円相当のポイントがもらえます。特典に対象になるには条件がありますが、他のカードと比べても15,000円相当ものポイントがプレゼントされるカードはとても珍しく、ライフカードは入会特典がとても豪華なクレジットカードと言えるでしょう。

JCBカードW

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
原則として18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
発行までのスピード
最短3営業日(通常1週間程度)
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今なら最大13,000円分プレゼント(2019年9月30日入会発行分まで)

 

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
原則として18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
発行までのスピード
最短3営業日(通常1週間程度)
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今なら最大13,000円分プレゼント(2019年9月30日入会発行分まで)

 

JCB CARD Wの概要

特徴:日本発国際ブランドが発行するクレジットカードで若者限定の高還元率カード

年会費:無料

還元率:1%(入会後3ヶ月2%)

ポイント:Oki Dokiポイント

国際ブランド:JCB

付帯保険:海外旅行保険、盗難保険、ショッピングガード保険

このカードは39歳以下限定で申し込めるカードです。

JCB CARD Wの基本ポイントは1%です。さらに最初の3ヶ月はポイントが2倍になります。

JCB CARD Wの利用でOki Dokiポイントは1,000円につき2ポイントが還元されます。1ポイントの価値は5円あります。

このカードの特徴はオリジナルシリーズ優待店ボーナスです。優待店でそれぞれボーナスポイントをもらうことができます。

優待店にはスターバックス、セブンイレブン、Amazon、昭和シェル石油などがあります。スターバックスの還元率は5.5%です。1,000円の利用で55円分のポイントがもらえます。

セブンイレブンとAmazonではポイント還元率が2%です。1,000円につき20円がたまります。

ガソリン代もお得で昭和シェル石油では1.5%ポイントが還元されます。つまり1,000円につき15円分がたまります。

若者限定で申し込みの権利があるカードです。初めてのクレジットカードでもJCBの大手会社のカードですので安心して申し込みができます。

さらにこのカードには海外旅行保険も付帯しています。海外旅行中のトラブルや不幸に最大2,000万円補償されます。

VIASOカード

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
原則として18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

家族会員:
本人会員の配偶者・親・子供(高校生を除く18才以上)の方。
※本人会員が学生・未成年の場合は家族カードの発行はできません。
発行までのスピード
最短翌営業日
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
ご入会&ご利用特典で最大10,000円分のポイントプレゼント!

 

VIASOカードの概要

特徴:貯まったポイントはオートキャッシュバックなカード

年会費:無料

還元率:0.5%

ポイント:VIASOポイント

国際ブランド:MasterCard

付帯保険:海外旅行保険、ショッピング保険(年間100万円)

VIASOカードは三菱UFJニコスが発行するカードです。

VIASOカードは貯まったポイントを考えるのがめんどくさい方におすすめなカードです。

貯まったポイントをWEBからキャッシュバックに回すことができるからです。さらに年に1回自動的にポイントをキャッシュバックに交換するオートキャッシュバックも利用ができます。ポイントの有効期限などの失効のリストを考える必要がないのでポイントを無駄にすることが無くなります。せっかくためたポイントを無駄にしてしまうことが多い人には大きなメリットです。

さらに海外旅行保険も最大2,000万円の補償がついてさらにショッピング保険も年間100万円まで補償してくれますので、もっておいて損がないカードです。

 

Amazon MasterCard クラシック

Amazon MasterCardクラシックの概要

特徴:Amazonユーザーにおすすめなクレジットカード

年会費:初年度年会費無料、年1回以上のカード利用で翌年度以降も無料(通常年会費1,350円)

還元率:1%

ポイント:Amazonポイント

国際ブランド:MasterCard

付帯保険:ショッピング補償

Amazon MasterCardクラシックは三井住友カード株式会社が発行しているAmazonユーザーにメリットが大きいクレジットカードです。

Amazon以外で利用の利用でも1%が還元されます。Amazonプライム有料会員・無料体験中であれば、Amazonカードで支払うとポイントが2%還元されます。(Amazonプライム会員でない場合は1.5%の還元率)

このカードの発行会社も大手の三井住友カード株式会社であり、サービスなど安心です。

Amazonのヘビーユーザーであれば、貯まったポイントは自動的にアカウントに加算されるので、ポイントの交換忘れなどが無くなります。さらにAmazon以外のショッピングでもポイントが付与されるので、貯まったポイントを全てAmazonで利用ができ、お得です。Amazon

イオンカードセレクト

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
18歳以上(学生可)
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
ご入会&ご利用特典で最大4,000円分のときめきポイント進呈(2019年5月31日入会受付分まで)

 

イオンカードセレクトの概要

特徴:イオンによく行く人におすすめカード

年会費:無料

還元率:0.5%

ポイント:ときめきポイント

国際ブランド:VISA、MasterCard、JCB

付帯保険:ショッピング保険

イオンが発行するクレジットカードです。

家の近くにイオン、イオン系列の店がある人にとてもおすすめなカードです。イオン系列での利用で還元率がいつでも2倍になり、さらにイオンのプリペイド式のカードのWAONとの相性がとてもいいです。WAONは前もって入金して利用が可能でイオンカードセレクトはWAONへのクレジットチャージに対応しています。

クレジットチャージを行うとそのチャージ時にときめきポイントが還元され、さらにWAONでの支払い時にもWAONポイントがたまるのでポイントの二重取りが可能です。イオンが発行するカードの中でもポイントの二重取りができるのはイオンカードセレクトだけです。他にもイオンが実施するイオンカード会員専用のキャンペーンが利用ができ、イオンでの買い物をさらに充実させてくれます。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード
年会費
初年度 2年目~
無料 無料
申込み条件
発行までのスピード
最短7日

 

Yahoo! JAPANカードの概要

特徴:Tポイントがたまる高還元率カード

年会費:無料

還元率:1%

ポイント:Tポイント

国際ブランド:VISA、MasterCard、JCB

付帯保険:盗難保険

ヤフージャパンカード

Tポイントは日本でとても有名はポイントです。ファミリーマート、TSUTAYAなどでたまる利用ができるポイントです。

Yahoo! JAPANカードは利用100円につき1ポイントがたまる、Yahoo! JAPANのサービスをよりおトクに使えるクレジットカードです。

このクレジットカードのメリットはTカードとして利用ができます。さらにYahoo!ショッピング、LOHACOの利用が毎日3倍になります。

貯まったポイントはTポイントカード加盟店、Yahoo!ショッピング、LOHACOなどで利用可能で使い道が多いです。

Tポイントが使えるコンビニのファミリーマートはサークルKを吸収し日本で店舗数を伸ばしています。そんなファミマで1ポイント1円で利用ができる、家の近くまたは職場の近くなどにファミマがありよく利用する人にはおすすめです。

さらに普段からTポイントカードを所持しており、ポイントをためている人、にはとてもおすすめなカードです。

●dカード

 

dカードの概要

特徴:ドコモユーザー必見高還元率カード

年会費:初年度無料、翌年以降1回でもカードを利用すれば年会費無料(利用がなかった場合1250円)

還元率;1%

ポイント:dポイント

国際ブランド:VISA、MasterCard

付帯保険:dカード携帯補償(1万)、ショッピング保険(年間100万)

dカードとはNTTドコモが発行するクレジットカードです。このカードもどこで使っても1%が還元されます。携帯料金はもちろん、ドコモ光にもポイントが還元されお得です。

携帯電話のシェア率でドコモは2017年12月の段階で39.9%を占めています。

携帯キャリアNo.1のドコモの携帯を使っている人が大変多く、dカードの最大のメリットは貯まったdポイントをドコモの携帯電話料金に利用できることです。日本には約40%ドコモユーザーなのでその40%が得するカードと言えるでしょう。

他にもdポイント加盟店は沢山あり使い道が多く、特にローソンでの利用がお得です。ローソンでdカードを使ってお買い物するとカード請求時にお買い物金額が3%OFFになります。さらにカード決済分の100円につき1ポイント貯まるため1%ポイント還元、さらにdカードの提示でdポイントカードとして1%が還元されます。合計5%分の代金が毎日をおトクです。

ドコモユーザー、ローソンをよく使う人におすすめです。

おすすめクレジットカードまとめ

クレジットカードを持つを現金での支払いがあまりしたくなくなるほど、便利でお得なものです。

その中でも今回は年会費無料のカードを厳選して紹介してきました。年会費無料のカードは基本誰にでもおすすめですが、初めてクレジットカードを持つ人、他にクレジットカードがほしい人、学生などにおすすめができます。無料で発行ができるので損をするリスクが一切ありません。

さらに一番利用するメインカードとして、さらにカードの特典の利用も主に頻繁には使わず、利用がお得な店舗などで利用するサブカードとしてどちらでも満足して利用できます。

全てのカードにはそれぞれメリットデメリットがあり、カードの性質、使い方をしっかり理解しての利用をする必要があります。例えばですが、楽天カードは基本的に楽天系列での利用がポイントが還元され、利用もできるので普段から楽天のサービスユーザーであれば、大きなメリットです。

逆に楽天を一切利用していない人にはオリコカードなど他のカードの方がいいかもしれません。

カード選びはとても大切な要素なので、最初は年会費無料カードの発行がおすすめです。