クレジットカードのグレードアップはどうしたら良い?審査の内容と通るコツを伝授

この記事を読んで分かること

・グレードアップの条件

・グレードアップのメリット・デメリット

クレジットカードの種類は日本に数多く存在し、カードの中にはランクがあり、その高いランクのカードを手にいれるために一番簡単な方法はランクの低い一般カードから徐々にアップグレードしていく方法がグレードアップです。

グレードアップをすることで審査の難易度を下げることができるのです。グレードアップを詳しく知ることで、あの欲しかったカードも手に入れることができるかも!?

今回は、審査の難易度を下げる唯一の方法であるクレジットカードのランクアップについて説明していきます!

審査の基準を下げなくてももとから審査が簡単なクレジットカードを選べばいいジャンという下端はこちらのクレジットカードをお勧めします!

 

一般のクレジットカードをゴールドカードにグレードアップするための条件

クレジットカードにはランクがあり、同じクレジットカード会社のカードでも数種類カードがあります。そしてランクとは年会費とサービスの充実度がひとめでわかるように色で分類されます。

一番下のランクは一般カードです。一般カードは年会費が無料〜1,000円ぐらいのものが多いです。

そして一般カードよりも高いランクに位置するカードがゴールドカードです。しかしランクが高い分、審査の基準が上がり審査に落ちてカードが発行できない可能性があります。

その可能性をできるだけに低くするためには、カードをグレードアップすることです。

最初にゴールドカードよりもランクが低いカードを作り利用してから、同社のゴールドカードに切り替えることで、カード会社も審査で落とすことをしにくくなります。

ゴールドカードにグレードアップするために必要な年収

ゴールドカードは様々なカード会社が発行しており、様々な種類があります。

日本で一番有名なゴールドカード

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド」です。年会費が29,000円(税別)と高額なゴールドカードとなっており、ゴールドカードの中でも審査基準が厳しいです。

そんなアメリカン・エキスプレス・ゴールドを発行するために必要な年収はインターネットから集めた情報によると最低でも250万円以上といわれています。

しかし契約社員や派遣社員の場合、年収が250万で審査に落ちたというデータがあり、350万円程度あれば審査を通過する可能性が高くなります。

アメリカンエキスプレスゴールドにアップグレードするには、アメリカンエキスプレスカードを最初に発行しておけば、審査がスムーズになります。

ゴールドカードにグレードアップするためには使用履歴が重要

道を歩く人

年収もゴールドカードを持つための大切な要因ですが、年収よりも大切な要因が使用履歴です。クレジットカードの使用履歴のことをクレジットヒストリー(クレヒス)と言います。

クレジットとは?

信用という意味であり、クレジットカードを利用者が使うと、後払いで翌月に請求がきますが、カード会社はその際利用者にお金を貸していることになります。

したがってクレジットカードは「信用カード」という意味の、金銭的に信用できる人にしか発行ができず、信用できるかの判断基準として審査があります。

グレードアップを目的に一般カードを使っていると、そのカード会社に良いクレヒスが蓄積されてゆき、いざゴールドカードの切り替えの際にクレヒスが良ければ、信用してもらいやすくなります。

年収と使用履歴に関する条件はグレードアップしたいカードにより異なる!両方がバランス良く条件を満たすことが大切!

つまり・・・

ゴールドカードのグレードアップに必要なことは、年収と同じカード会社が発行している一般カードを利用して良いクレジットヒストリーを作るこの2つをバランスよく満たしていることがとても大切です。

たとえ、年収がとても高くても、過去のクレヒスが支払いの遅延や滞納が目立ってよくなければ、審査に落ちます。

一方でクレヒスがとてもよくても、ゴールドカードの中には、年収が低い学生は申し込み不可のものがあるなど、発行が難しい場合があります。

年収は、すぐに変わるのもではありませんがクレジットヒストリーは、グレードアップなどで高いランクのカードを持ちたいのであれば、常に気をつける必要があります。

クレジットカードのグレードアップ審査のコツが知りたい!

もし審査がどうしても不安という方でも、インビテーション制を利用すれば条件を満たしていなくても、ゴールドカードを持つことができる可能性があります。

インビテーションとは招待制のことで、あるカード会員の中から利用額が多かったり、クレヒスがいい一部の人を会社が選んで、カードの切り替えの招待をすることです。

先ほど紹介した、アメリカン・エキスプレス・ゴールドにも招待制があり中には、一般カードであるアメックスグリーンを社会人になってから発行し、半年で招待状が自宅に届いたという体験談もあります。

さらに中にはインビテーションからゴールドカード切り替えで、年会費が無料になるゴールドカードも存在します。

代表的なゴールドカード

エポスカードゴールド

イオンカードゴールド

一括払いを積極利用で借入残高を増やさない取り組みが大事

自ら申し込みを行うまたはインビテーションでゴールドカードを入手するにしても、クレジットヒストリーを良くするために気をつけることが一番大切です。

その一つの対策をして、一括払いを積極利用で借入残高を増やさない取り組みが必要です。

一言でクレジット払いと言っても、一括払い、2回払い、分割払い、リボ払いと様々な種類があります。

注意

支払い方法の中には手数料がかかるものもあり、分割払い・リボ払いは特に1回の利用代金を月々にちょっとずつ支払っている方法なので、お金を長期間借りることになり、手数料も高くつきます。

したがって、カードの利用方法は手数料が無料で、借入期間が1ヶ月限定の一回払いを積極的にが利用するべきです。

手数料がかからず、月々の利用代金も計算しやすい支払い方法で、無理なく計画的にカードを利用していくことで、良いクレジットヒストリーを作り安くできます。

グレードアップしたいカードの最低利用枠に該当しているかどうかを事前確認してから審査に申し込む

次の話は、欲しいゴールドカードの決まり、そのカード会社の一般カードを発行して利用し、良いクレヒスを作るためにコツコツ1回払いで利用を続けた場合、ゴールドカードにいつ申し込むかの判断材料になるカードの利用可能枠についてです。

クレジットカードには月々にいくら使えるかが決まっており、それを利用可能枠といいます。

この利用可能枠の大きさにも、カード会社の利用者に対しての信用が現れており、例えば発行したばかりの月々の月収が30万円の人に利用可能枠を50万円与えるのは、支払いができない可能性が高く危険です。

したがって、カード発行時にカード会社は人それぞれに合わして利用可能額を定めます。そしてカードを利用し、良いクレヒスを築いていると自動的に利用可能枠が増えたり、会社に問い合わせを行うと上げてくれたりします。

結果的に一般カードの利用可能枠がゴールドカードの最低利用枠に達すと切り替えのチャンスです。

例えば・・・

三井住友VISAクラシックカードの利用可能枠は10〜80万円です。

対して、ゴールドカードは50〜200万円と利用可能枠がゴールドカードになると増え、三井住友VISAゴールドカードの最低利用枠は50万円で、三井住友VISAクラシックカードをこつこつ利用して利用可能額が50万円まで増やすことができれば、グレードアップできる可能性が高いです。

利用可能枠をグレードアップするタイミングの判断材料にするのはいい方法です。

クレジットカードのグレードアップのメリットとデメリット

ここまではクレジットカードをゴールドカードに切り替えることが前提でグレードアップの方法などについて紹介していましたが、実際にゴールドカードを持つメリット・デメリットは何なのかを紹介していきます。

クレジットカードを持つ目的・理由というのは人それぞれなので、この項目をみてゴールドカードが欲しいがの判断をしてみてください。

クレジットカードをグレードアップするメリット

クレジットカードのグレードアップするメリットは大きく4つあります。

利用可能枠が増える

先ほど説明したように、ゴールドカードに切り替えることで月々に使える金額が多額になります。

利用可能額が増えると、旅行をするなどの大型出費にもカードを利用することができ緊急でお金が必要な時にも便利です。

付帯サービスの充実する

付帯サービスとは?

具体的に空港ラウンジを無料で利用できたり、優待特典が充実したいします。

中でも空港ラウンジを無料で使えるのは、出張が多いビジネスマンなどにとても人気でゴールドカードに憧れを持つ人が多いのです。

付帯保険が充実する

一般カードでも海外旅行保険が付帯しているものがありますが、ゴールドカード以上のランクになると、付帯保険の数も補償金額も大幅に上がります。

付帯保険

海外旅行保険の他に、国内旅行保険・ショッピングガード保険が追加されているものがゴールドカードに多いです。

ステータス性が上がる

ランクが高いクレジットカードにはステータス性をあります。

一般カードは多くの人が持つことができるので、ステータス性はありません。

ステータス性とは言い方が悪いですが、いかにそのカードを持っていると自慢できるかです。

「今まで楽天カードを主としてクレジットカードを利用してましたが今年50歳になるので、少しステータスが欲しくなりこのカードを選びました会社の後輩や客先との食事の機会が多く、楽天カードでの支払いでは少し恥ずかしくなってきたので」

「そろそろ30前のおっさんです。 クレカを初めて作った年齢が21位?でした。その時もゴールドカードの存在は知っていましたが、 当時はえっ?? なんでクレカに年会費払うん? って感じでゴールドカードなんて最初は眼中にありませんでした。 それで無料の楽天カードを作り使っていました。 ある時、ふとクレカの事にやたら興味を持ちたくさん色々調べていた時期がありました。 その時にあぁだから皆作るんだなぁと実感。歳をとるにつれて”ステータス”と言う言葉に憧れを感じ始め、 楽天カードをメインにJCBエクステージ(なぜJCBを選んだかは響きが好きなのとここのスタッフさんの記事を読み)を作成しました。」

このように年会費が高いカードは他のカードよりも審査が難しくをそんなカードを持っている人は、その審査を通過したという社会的信用を得ることができます。これがクレジットカードのステータス性です。

ブラックカードはクレジットカードの中で最高のステータス性を誇ります。カードが金属で作られているものもあり、ブラックカードを持っている優越感や、周りの人の反応は他のカードと比べ物になりません。

 

クレジットカードをグレードアップした場合のデメリット

クレジットカードのグレードアップするデメリットは3つあります。

年会費が高くなる

カードの中には年会費が無料で持つことができるものもあります。

クレジットカードにも求めることはポイント還元だけだと考える人には、高いランクのカードを持つメリットを感じることはできないでしょう。

ポイント還元率が上がることは少ない

たとえゴールドカードを持っていたとしてもポイントの還元率は一般カードよりも高くなるものが少ないです。

つまり、ポイント還元だけで高額なゴールドカードもとを取るのは難しいです。

使いこなすことが難しい

ゴールドカードには様々なサービスが追加されます。

特に優待特典などの数が増えてしまい、全てを使いこなすことが難しいことがデメリットです。クレジットカード初心者は一般カードから持つことをお勧めします。

クレジットカードをグレードアップするべきなの?

個人的にはグレードアップはするべきですが、上で挙げたデメリットに強く共感した人はグレードアップするべきでは、ありません。

もしグレードアップするにしても、カードによって付いているサービスが異なります。

したがって自分が欲しいと思ったり、使いたいと思うサービスが付帯しているカードを見つけて、目的を持ってカードをグレードアップすることでカードを使いこなすことができ、結果満足して利用することができます。

そのように欲しいカードがあるのであれば、グレードアップは間違いなくするべきです。

まとめ

この記事ではクレジットカードのグレードアップについて詳しく紹介してきました。まとめると高いランクのカードを持つには厳しい審査を通過する必要があります。

その審査の難易度を下げる方法として一般カードからのグレードアップが有効です。

グレードアップを確実なものにするための要因として、年収とクレジットヒストリーが大切です。ランクの高いカードには様々な機能が付いており、とてもお勧めしています。ゴールドカードを確実に手に入れたいのであれば、グレードアップ狙ってカードを発行しましょう。