海外旅行保険は複数のクレジットカードで補償額を増やす裏技がある

複数のクレジットカードで海外旅行保険の補償額を増やす裏技

海外旅行保険をご存知でしょうか?

この保険は保険会社で海外に行く前に購入することもできますが、クレジットカードのサービスの一貫として付帯しているものも多く、最近では年会費無料のクレジットカードに海外旅行保険が付帯しているものも存在します。

海外旅行保険は簡単にいえば海外旅行中に起きたトラブルでかかった治療費などをカードで支払うと、カード会社が負担してくれるサービスで、もしもの時に安心です。

複数枚持つ事で治療費は合算できるの?

クレジットカードの中に海外旅行保険が付帯しているものが多いのですが、そういったカードをたくさん持っていた場合、どうなるのでしょうか?

補償で治療費を合算できるか、多くの人がこの問題について悩んでいると思います。

これが可能かどうかは各カード会社の問い合わせに載っていることが多いのですが、この記事では合算できるのかどうか、できるとしたらどうやるのか、説明したいと思います。

複数枚あれば治療費は合算できる

複数枚あれば治療費は合算できる

海外旅行保険を複数枚持っていた場合、合算して利用することはできるのでしょうか?答えは「YES」です。

まず、なぜ海外旅行保険が必要かというと、日本と違って外国の病院の診察料・治療費は保険が適用されないのでとても高額になるためです。

特に東南アジアは発展途上国でまだ食べ物の衛生が改善されているとはいえ、まだまだ悪く、食中毒になってしまい病院に行かなければいけないことがあります。現地の病院では事前に金額を確認することもできず、治療してもらったあと多額な金額が請求されてしまいます。

こう言った場合に海外旅行保険付きのクレカを持っているとある限度の金額であれば補償されます。

保証内容はカードによって異なります。

MEMO
例えば楽天カードであれば、傷害死亡・後遺障害が2000万円、傷害治療費用・疾病治療費用の1事故の限度額が200万円、賠償責任(免責なし)の1事故の限度額は2000万円、携行品損害(免責金額3,000円)の年間限度額は20万円まで補償してくれます。

カード会社のホームページを見ると、クレカを複数枚持っていても海外旅行保険の治療費の合算はできないと書いてあるカード会社がほとんどです。

しかし、合算できないのは傷害死亡・後遺障害だけです。傷害死亡・後遺障害補償がついているカードを複数枚持っていてる場合、持っているカードの中の一番高い補償金額だけが適応されます。

一方、傷害治療費用・疾病治療費用など他の保険は重複して利用することができることは各カード会社も自社の負担額が増えるので明らかにしていないのです。

キャッシュレス診療対応の病院でも合算は可能

キャッシュレス診療対応の病院でも合算は可能

海外旅行中の事故や病気・怪我などのトラブルで病院に行く場合、支払いにクレジットカードを利用できることがほとんどです。そういったキャッシュレス(カード)診察対応でも保険が適用されます。

MEMO
海外旅行保険がついていないカードとついているカード、カードを複数持っている場合、当然ですが、ついているカード、1枚分だけ保険が適用されます。保険金額を超えた分は自腹で払わなければなりません。

しかし、保険付帯がついているカードを複数枚持っていれば、キャッシュレス診断でもそのカードの保証金額が合算されるのです。

会社が違っても合算することは可能なの?

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを何枚かもっていて、それが同じカード会社が発行しているカードだとしても保険を合算して利用することは可能です。

注意
たとえ同じカード会社のものだとしても持っているクレカは別々のものであり、付帯しているサービスも別々に利用することができます。

補償額を上乗せするためにカードを選ぶ2つの条件

この記事ではクレジットカードに付帯している海外旅行保険は合算できるという内容でしたが、補償額を上乗せするためには2枚目以降のクレカの発行に気をつけましょう。

1枚目は海外旅行保険が付帯していればどれでも構いませんが、2枚目以降は保険の付帯内容がカード会社によってが異なる場合があるため、注意が必要です。

年会費が無料のものを選ぶとお得

年会費が無料のものを選ぶとお得

2枚目以降のクレジットカードで無料を選ぶとお得です。

クレジットカードにはランクがあり同じカード会社のカードでも数種類カードがあります。ランクとは年会費とサービスの充実度がひとめでわかるように色で分類されます。一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードという順でランクが高くなります。

例えばゴールドカードなどを持っていると海外旅行保険の補償内容が一般カードよりも充実しています。

MEMO
しかし、楽天カードのような年会費無料カードはカード発行の際に一切の初期費用がなくカードを発行することができるため、カードを利用しなくても年会費が無駄になるリスクがありません。さらに、海外旅行保険の補償額を上乗せすることができます。

もちろん2枚目以降が有料カードだとしても保険の上乗せが可能です。

また年会費無料クレカは日本にたくさんありますが、海外旅行保険が付帯しているものは少ないため、発行する前にサービス内容を確認してから発行しましょう。

海外旅行保険が自動付帯するものを選ぶ

海外旅行保険が自動付帯するものを選ぶ

クレジットカードの海外旅行保険の種類は2種類あり、自動付帯と利用付帯に分かれます。そして海外旅行保険を上乗せしたい場合、2枚目以降のクレジットカードは自動付帯を選ぶべきです。

利用付帯は保険の適用の条件として前もって旅行の代金(例:ツアー代、飛行機代、ホテル代、交通費)などをそのカードで支払っている履歴が残っていることが必要になります。

しかし、自動付帯の場合は、そのカードを持っているだけでもしものトラブルの際に費用をカード会社が負担してくれます。

この自動付帯・利用付帯の差は大変大きいです。

MEMO
もしカードを複数枚持っていても、全てのクレカが利用付帯の海外旅行保険だった場合、1枚分しか旅行代金の利用ができず、補償が1枚分だけになってしまいます。しかし2枚目以降のものが自動付帯の場合は旅行代金の支払いがなくても利用できます。

そのため、2枚目以降は、自動付帯のクレジットカードがおすすめです。

保険を使う際は窓口で複数のクレカを所持してることを伝えよう

保険を使う際は窓口で複数のクレカを所持してることを伝えよう

カード会社には保険窓口が設置されており、保険を利用する場合はその窓口に問い合わせが必要です。

その時に忘れてはいけないことは海外旅行保険付帯のクレカを複数枚持っているということを伝えるということです。それによって、カード会社によっては補償金額の合算の手続きを行ってくれます。

また2枚目以降のカード会社にも問い合わせてくれと言われる場合がありますが、その際もしっかりと複数持っていることを伝えましょう。

まとめ

この記事ではクレジットカードについているサービスの海外旅行保険の合算について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

基本的に各カード会社のホームページには補償金額の上乗せはできないと記載されていますが、これは傷害死亡・後遺障害補償の合算のことを指しており、海外の病院などでかかる治療費に関しては上乗せが可能です。

そのため、海外旅行に行く場合安心したい人はクレカを複数枚発行することをおすすめします。

注意
2枚目以降は年会費無料でなおかつ自動付帯のものを選ぶとノーリスクで補償額を増やすことができます。

これが保険を上乗せするクレジットカードに関する裏技です。

以上、海外旅行保険は複数のクレジットカードで補償額を増やす裏技がある…という話題でした