jalのjcbプラチナカードで得られる限度額は?収入が重要に

すべてのクレジットカードでは、限度額が設定されます。jalのjcbプラチナカードでも、限度額を指定し、それ以上の金額は利用させないようにしています。

限度額を増やすためには、収入が何よりも必要です。しかし、収入を増やしたとしても、返済能力等がしっかりと確保されなければ、jcbプラチナカードであっても高い限度額は期待できないのです。

ここではjalのjcbプラチナカードが持つ限度額について説明します。

目次

jalのjcbプラチナカードは限度額が設定される

jcbプラチナカードは、限度額が設定されます。これは、jalが発行しているjcbプラチナカードでも同じで、限度額によって利用できる範囲を限定しています。

限度額を設定しなければ、jcbプラチナカードを使いすぎてしまい、利用額を返済できない問題が起きてしまいます。そこで、クレジットカードに限度額を設け、それ以上の金額は使えないようにします。

限度額を超える利用は、カード側で制限をかけるため、カードが利用できなくなります。

限度額以上の利用はできない

限度額以上の金額に対して、クレジットカードは使えません。決済時にエラーが発生し、処理が行われないようにしているのです。限度額以上の金額を使う場合には、限度額の増額を検討するか、限度額の範囲内で決済しなければなりません。

ショッピング枠とキャッシング枠で分けて設定される

クレジットカードの限度額は、ショッピング枠とキャッシングに分けて設定されます。ショッピング枠は、買い物時や各種決済など、支払いを行う際に利用する枠で、普段から利用する場面が多くあります。

一方で、キャッシング枠は、お金を借りる際に利用する枠です。お金を借りたい時に、用意されている枠まで借りられます。ただ、お金を借りない人にとっては、利用する画面はほぼないでしょう。

jalのjcbプラチナカードは限度額を非公開としている

jcbプラチナカードの限度額は、jalブランドで発行されているものも含めて、限度額を公開していません。限度額が公開されない理由としては、プラチナカードという高いランクのカードであるという要素が関連しています。

実際に発行しなければ、jcbプラチナカードの限度額はわかりません。また、限度額の上限についても、発行している人以外には情報を通知していません。限度額がわからない状態で、jcbプラチナカードを発行するケースが多い点に注意しておきましょう。

ゴールドカード以上の限度額が設定される傾向にある

jcbプラチナカードの限度額は、ゴールドカードより多くなります。ゴールドカードの限度額をはるかに超える金額が使える可能性もあるため、限度額に困っているならjcbプラチナカードを発行するといいでしょう。

jcbプラチナカードで得られる限度額は500万円程度

jcbプラチナカードで提供される限度額ですが、500万円程度が目安となります。限度額が500万円というのは、一般カードではまず不可能な数字です。ゴールドカードでもこれだけの限度額を設定するカードはほぼありません。

それだけ大きな限度額が期待できるjcbプラチナカードですが、収入によって限度額は変わります。場合によっては、あまり大きな金額が得られない場合もあるため、できる限り収入は増やしておきましょう。

収入によって限度額は変更される

収入によって、jcbプラチナカードの限度額は決まります。jalが発行しているjcbプラチナカードでも、収入の金額を確認し、その金額に合わせて限度額が設定されます。

収入が多ければ多いほど、jcbプラチナカードの限度額は上昇し、多くの決済に使えます。一方で、収入が不足している人は、jcbプラチナカードでも下限ギリギリとされる限度額に設定されます。これは、あまりにも大きな限度額を設けた結果、返済できない問題を起こさないためです。

発行基準ギリギリでは100万円程度に抑えられる場合も

jcbプラチナカードを発行できるギリギリの収入を持っている人は、限度額が100万円程度に抑えられてしまいます。大きな限度額を得る場合は、jcbプラチナカードの審査基準に余裕を持たせ、信頼させなければなりません。

キャッシング枠の上限は収入によって決まる

一方のキャッシング枠ですが、こちらも収入によって上限が決まります。jcbプラチナカードのキャッシング枠は、限度額が非公開とされています。ただ、ゴールドカードのキャッシング枠よりも、上限は多くなります。

しかし、収入を多くしなければ、jcbプラチナカードのキャッシング枠は増やせません。その理由として、キャッシング枠には収入による制限を設けるように求められています。このルールにより、限度額はあまり大きくならないのです。

年収の3分の1以上は枠を準備しない

jcbプラチナカードのキャッシング枠は、総量規制の影響を受けており、年収の3分の1以上に設定されません。多くの借入を希望する場合は、収入を増やさなければなりません。多くの収入を得られていれば、それだけ多くの借入枠が準備されるのです。

まとめ

jalが発行しているjcbプラチナカードですが、利用できる枠ごとに限度額が設定され、その範囲内で決済や借入を実施する形となります。jcbプラチナカードを利用する際は、限度額が少しでも高くなるよう、収入を増やすなどの対策を取りましょう。

また、枠ごとに設定される金額には上限があります。その上限を超えると、どれだけ収入を持っていたとしても増額できません。jcbプラチナカードを発行する際は、枠ごとの限度額についても確認しておくといいでしょう。