JALのJCBプラチナカードで使えるコンシェルジュ機能を解説!

JCBプラチナカードはJALブランドも発行されています。JALブランドの場合も、基本的にJCBプラチナカードの機能は変わりません。つまりコンシェルジュも使えるようになります。

コンシェルジュは、色々な予約や相談などができるいいサービスでもあります。使いこなせば間違いなくJCBプラチナカードをさらに使いやすくしてくれるでしょう。

ここではJCBプラチナカードのコンシェルジュについて説明します。

JALのJCBプラチナカードではコンシェルジュが使える

JALのJCBプラチナカードでも、プラチナカードに用意されているコンシェルジュはそのまま使えます。連絡先も基本的には変わらないため、機能としてはJCBプラチナカードと何も変わらないものと判断していいでしょう。

コンシェルジュを使えるようになれば、あらゆる問題に対処できます。また、予約などの手間が改善されるようになり、安心して予約を入れられるようになるでしょう。コンシェルジュが使えるかどうかはとても重要なのです。

コンシェルジュはJCBプラチナカードを持てば誰でも利用可能

コンシェルジュは、JCBプラチナカードを持っている人は誰でも利用できます。JALのJCBプラチナカードも、基本的な機能はJCBが発行しているカードと同じですので、コンシェルジュそのまま使えます。持っているだけで利用できるのはとても安心できる要素です。

コンシェルジュサービスはいつでも利用可能

コンシェルジュのサービスは、いつでも利用可能となっています。どのような時間に連絡しても大丈夫ですし、どの曜日に連絡しても対応してくれます。24時間365日、いつでも連絡を入れれば対処してくれるのはとてもいいところでしょう。

どのような状況だったとしても、すぐに相談して対処してくれるのがコンシェルジュのいいところです。何か困ったことがあればとにかく連絡を入れて相談し、解決策を探せるようになるでしょう。

いつでも連絡できるという部分は、安心してカードを使い続けられる要素に繋がります。

年末年始なども不都合なく利用できる

年末年始など、会社が休みで使いづらいような状況だったとしても、JCBプラチナカードのコンシェルジュは利用できます。年末年始でも担当するスタッフがいますので、連絡を入れればすぐに対処してくれるでしょう。

コンシェルジュを利用してできる手続き

コンシェルジュを利用すると、様々な手続きが可能となります。この手続きを知っておけば、どのような手続きをすればいいのかすぐに判断し、コンシェルジュへ連絡を入れられるようになるでしょう。

ここからはコンシェルジュでできる手続きについて説明します。

ホテルやレストランの予約

日本国内にあるホテルやレストランの予約ができます。とくに有名なレストランは、なかなか予約が入れられないケースが多くなっているため、すぐに予約を入れたいと思っても難しくなっています。そこで利用するのがJCBプラチナカードのコンシェルジュです。

コンシェルジュに連絡を入れると、優先的に予約が入り、確実にレストランやホテルを利用できます。どうしても利用したいと思っている場所があるなら、コンシェルジュに連絡して予約を入れましょう。

なお、海外のホテルやレストランは、一部ですが対応しています。

海外旅行の相談

海外旅行へ行く際の相談が可能です。スタッフは海外旅行に精通しており、どのような旅行先があるのか紹介してくれます。また、海外旅行の際に必要となるものについても説明してくれるため、旅行の際に何かが足りないという問題は起こりづらくなります。

また、海外旅行で気を付けたいポイントについても説明してくれます。海外旅行で危ないとされていることについても詳しく説明してくれるため、どうしても安心して旅行へ行きたいならコンシェルジュに連絡しましょう。

海外旅行時のトラブル対応

海外旅行時にトラブルが発生した際、JCBプラチナカードに書かれている連絡先に電話を入れれば、すぐにトラブルに対処してくれます。盗難や紛失といった問題から、傷害などによって入院や治療が必要となる場合も、連絡1つであらゆる対処が可能となります。

海外旅行へ行くと、どうしてもトラブルの対処は難しくなってきます。言語が通じず、対応に時間がかかってしまうケースも多々ありますが、コンシェルジュに連絡を入れればすぐに対処してくれるので安心です。

コンシェルジュは専用の電話番号に連絡すると利用可能

JALのJCBプラチナカードでも、専用の電話番号へ連絡を入れれば、コンシェルジュが使えます。コンシェルジュの連絡先は、カードを発行している人だけに通知されますので、その電話番号を外部に漏らさないように注意してください。

連絡先は常に覚えておくようにしましょう。知らない状態では連絡ができなくなってしまいます。一応カードの説明などにも記載されていますが、できる限り番号を覚えておいたほうが安心して連絡できるでしょう。

稀に混雑して連絡できない場合がある

混雑している時間帯は、連絡できない場合があるので注意してください。混雑している時間帯に連絡を入れても、何も対処できないので注意してください。この場合は時間を空けて連絡するか、もう1度最初から連絡の手続きを取りましょう。

まとめ

JALのJCBプラチナカードでも、コンシェルジュは常に利用できるサービスとして付帯しています。このサービスを利用すると、あらゆる場所の予約が可能となるほか、トラブル等への対処が楽になります。

利用する場合は、連絡先をしっかりと覚えておくようにしましょう。また、連絡先に電話を入れたときは、速やかに必要な用事を説明してください。回りくどい説明よりも、素直に必要としている要求を伝えたほうが対処は楽になります。

JCB プラチナ徹底紹介JCB プラチナは審査が通り易い注目のステータスカード!2019最新情報完全版