JAL普通カードはマイルが圧倒的に貯まりやすいJALユーザーおススメカード!特徴・メリット・デメリットまとめ

この記事を読んで分かること

・JAL普通カードの特徴

・JAL普通カードをおすすめする理由

・JAL普通カードのメリット・デメリット

JAL普通カードは航空会社JALが発行するカードで、クレジットカードとしてもマイルをためるカードとしても人気のあるカードです。

JALの飛行機利用とショッピングの両方でマイルを貯められるので、よくJALを利用するという方はぜひとも作っておくことをおすすめします!

目次

JAL普通カードがおすすめな人

・JALの飛行機に乗る機会が多い人

・JALマイルを貯めたい人・貯めている人

・イオン系列のお店を良く利用する人

・国内出張が多いサラリーマン

・光熱費などを一枚に集約して支払ってお得に活用したい主婦

以上がJAL普通カードを持つのにおすすめな人です。

JAL普通カードの基本情報

年会費
初年度2年目~
無料2,000円(税別)
申込み条件
18歳以上(高校生を除く学生可)の方
発行までのスピード
約4週間
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今ならご入会で最大1,850マイルプレゼント!(2019年9月30日入会受付分まで)

JALカードは、JALマイレージバンクカード(JMBカード)にクレジット機能が付与された、マイルを貯めるのに最適なクレジットカードです。

JMBカードとは?

JALへの搭乗やショッピング、宿泊などで貯まるマイルを、航空券や電子マネー、ネットショッピングなど、さまざまな特典と交換して利用できる、JALのお得なマイレージプログラムを利用するためのカードです。しかし、JMBカードにはクレジット機能が付いていません。

JAL普通カードの種類

JALカードには普通カードとCLUB-Aカード、そしてCLUB-Aゴールドカードにプラチナと4つのランクのカードが用意されています。今回は、JALカードの中でも最も一般的な、JAL普通カードについてご紹介します。

JAL普通カードには様々な種類がありますが、大きく2つに分けることができます。

JAL普通カードの種類

①JAL Mastercard /JAL Visaカード/ JAL JCBカード / JAL アメックスカードといったクレジットカードブランド と提携したカード。

②JALカードSuica / JALカード TOKYU POINT ClubQ (Visa /Mastercard) /JALカード OPクレジット といった電鉄系の会社と提携したカードです。

・JALカードSuicaはJR東日本のSuicaが使えるカード。JR東日本でのSuicaのオートチャージをはじめ、みどりの窓口での乗車券購入や定期券の購入、モバイルSuicaにチャージなどでJRE POINTが貯まります。

・JALカード TOKYU POINT ClubQ(Mastercard/Visaカード)はマイルとTOKYU POINTの両方を貯まるカード。東急百貨店、東急ストアなどTOKYU POINT加盟店でショッピングをするとTOKYU POINTが加算され、東急百貨店では購入金額の3~10%で、食品やセール品はすべて1%です。東急ストアや東急ハンズでもポイントが貯まります。

・JALカード OPクレジットは小田急ポイント加盟店でのショッピングでは小田急ポイントが貯まり、それ以外の利用ではマイルが貯まるカード。小田急のPASMOのオートチャージを利用すると、マイルが加算されます。また、PASMO電子マネー利用でも月間利用金額の1%がポイントとして加算され、小田急電車に乗車してもポイントが貯まります。

このようにさまざまな種類がある、JAL普通カード。カードを上手に利用することで、マイルを貯めることと使うことの両方をスムーズに行うことができます。

マイルが直接貯まる

JAL普通カードの大きな特徴は、ポイントではなく直接マイルが貯まるということです。

多くの場合航空会社のクレジットカードでは、最初にポイントが貯まり、それをマイルに移行するという形が取られます。移行する時に手数料が取られる場合もあるので、マイルが直接貯まるJAL普通カードは効率的にマイルを貯められるんです。

特約店で2倍のマイル

JALの特約店で利用すると貯まるマイルが通常の2倍になりさらにお得になります。

特約店の中にはENEOS、大丸、ファミリーマート、ウェルシア、紀伊國屋書店など、様々なジャンルのお店があります。こうした特約店をよく利用するという方にとってもJAL普通カードは役立つことでしょう。

年会費が初年度無料

JAL普通カードは、初年度の年会費が無料。2年目以降は本会員、家族会員ともに年会費がかかります。

2年目以降JAL普通カードを利用し続けるためには、年会費がかかるのでややデメリットのように思えますが、どんな特徴があるか、その使い方を知っておけばその年会費を払う価値のあるカードであることがわかります

選べる国際ブランド

JALカードは提携ブランドを選ぶことができるため、自分の使いやすいカードを作ることが可能です。Mastercard、Visa、JCBが基本的なクレジットカード会社となります。

ヨーロッパによく行くという方はMastercard、北米・南米大陸に行く機会が多いという方はVisa国内でクレジットカードを使う機会が多いという方はJCBを選ぶと最大限の利益を得ることができるでしょう。

ディズニーデザイン

JALカード(JCB)には、ディズニーデザインがあるので、ディズニー好きの方は検討してはいかがでしょうか?ディズニーデザインになったからといって年会費などに差が出るわけではありませんよ!

申し込み・審査基準

JAL普通カードの本会員や家族会員として申し込める人の基準を紹介します。

基本的には高校生を除いた18歳以上の方は申し込むことができますが、日本国内に生活基盤があり、国内での支払いが行えることが条件となります。

審査基準に関してはアルバイトなどでも仕事をしてさえいれば通る程度です。

お得な家族カード
JAL普通カードでは家族カードを発行することもできます。家族カードを発行すれば家族にも旅行保険が自動付帯します。さらにJALカード家族プログラムに登録すれば家族間でのマイル共有が可能です。家族で協力すればマイルを合算して特典をもらうこともできますよ。
注意

さらにJAL普通カードにSuicaをつける場合には、電話連絡が取れることが条件に含まれます。家族会員として申し込む場合にも、本会員の配偶者、両親、高校生を除く18歳以上の子どもに限られます。さらにこれらの人たちは本会員と生計を同一にしていなければなりません。

こうした点に注意しつつJAL普通カードを申し込むようにしましょう。

お子さんもカードが持てる!
高校生のお子さんが海外にホームステイに行くといった場合には、中学生を除き15歳以上18歳以下の高校生に限り親の同意書の提出でJAL普通カードの申し込みが可能になります。お子さんがホームステイに行く時には海外で困らないようにJAL普通カードを持たせてあげてもいいでしょう。

JAL利用でマイルが貯まる

JAL便に搭乗するごとに特別にマイルがもらえます。

ビジネスマンの方の中には飛行機移動をする方も多いので、搭乗ごとにもらえるマイルは貴重です。加えて海外旅行によく行くという方もJAL普通カードを持っていると便利です。

というのも、国内・海外旅行保険が付帯しているので、旅行先でけがをしたり、病気になったりした場合でも費用の心配をしなくてすむというメリットがあります。

JALカードアプリの利用もおすすめ

お得なサービスが盛りだくさんのJAL普通カードですが、よりお得に利用するなら、スマートフォンアプリ・JALカードアプリの利用もおすすめします。

JAL会員が利用できるJALカードアプリでは、カードの利用明細や、これまでに貯まったマイルなどが確認でて便利ですよ。さらに位置情報から近くにあるJALカード特約店を探すこともできます。

JALカード特約店ではアプリ利用者を対象とした、時間限定や数量限定のクーポンを発行するなどお得なサービスも提供しています。JALカードで効率よくマイルを貯めたいという方は、アプリも活用しましょう。

JAL普通カードをおすすめする理由

JAL普通カードがなぜおすすめなのかというと、使い方や割引、特典が数多くあるからなんです。

空港内店舗で5%-10%割引

JAL普通カードを持っていると空港内にある店舗の割引が受けられます。

例えば日本国内の空港であれば、BLUE SKYという店舗ではJAL普通カードを使うと割引が受けられます。

さらに那覇空港・石垣空港内コーラルウェイ、関西国際空港第一ターミナルビルのアプローズでも一定金額以上の買い物をすると割引が適用されます。さらに関西国際空港第一ターミナルビル4階北側にあるYOUR WRAPという手荷物ラッピングサービスの割引もあります。

空港内の店舗や免税店でも割り引きサービスが利用

免税店では5%引き。国内空港内のBLUE SKY、関西国際空港第一ターミナルビルのアプローズでは、一定額以上の購入で5%引き。

那覇空港と石垣空港内のコーラルウェイでは、一定額以上の購入が必要ですが10%引きと大変お得です。このほか、関西国際空港第1ターミナルビルの手荷物ラッピングサービス・YOUR WRAPでも値引きサービスがありますよ。

JAL便の機内販売が10%OFF

機内販売では、機内限定の商品やCAさんおすすめの商品などが販売されており、JAL普通カードを利用することで、10%オフになります。

もちろんこの割引は、JAL機内販売のオンラインショップでも有効です。さらに機内販売はJALの特約店扱いになるので、ショッピングマイルが通常の2倍、さらに国際線であれば国際線機内販売マイルも貯まるというメリットがついてきます。

注意

この割引を受けるためにはJAL便に乗る必要があります。他の航空会社とのコードシェア便には適用されないので注意が必要です。また、JALクーポンや現金とJAL普通カードを併用した場合には、JAL普通カードを使った分しかマイルが貯まらないということも覚えておきましょう。

特約店での利用で、マイル2倍とお得

JAL普通カードはJALの特約店ではもらえるマイルが2倍になります。

日本国内でもJALの特約店は約52,000店舗あり、JALショッピングマイルプレミアムに加入していればお得にお買い物ができます。

利用できる店舗のジャンルも様々で、ガソリンを入れたいのであればENEOS、デパートでお買い物をしたいのであれば大丸や松坂屋、コンビニであればファミリーマート、Amazon、ユニクロ、ビックカメラといった通販サイトや家電量販店、衣料店などがJAL普通カードの特約店になっています。

ここに挙げた、いわゆる大手ショップだけでなく、地方にある多くの店舗も特約店になっているので、JAL普通カードを使えば効率よくマイルを貯めることができます。

注意

こうした特約店では店舗ごとに還元率が違うので、どの店舗がどのくらいの還元率を提供しているのかを知っておきましょう。多くの特約店が0.25%から1.0%前後の還元率となっています。

レンタカー利用に便利

レンタカーを借りる場合にもJAL普通カードは便利です。

国内の特約店でレンタカーサービスを利用するとショッピングマイルが2倍になるといううれしいサービスも付いています。

レンタカーサービス

トヨタレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタルで車をレンタルするとお得に車が借りられます。

このレンタカーサービスは海外でも有効です。

特約店ではないのでマイルが2倍になることはありませんが、アメリカのエイビスレンタカー、ハーツレンタカー、ダラーレンタカーであればマイルを貯めることが可能です。

特定ホテル利用でマイルが貯まる

ホテルニッコーまたは、JALシティに「J-SMART」料金で宿泊すると、マイルが貯まります。宿泊プランによって異なりますが、1泊につき200~1,000マイルが加算されます。

JALパックのツアーが割引

JALカードでの購入で割引が行われる商品も少なくありません。

みんなでお得!

JALパックの割引対象商品ならJALカード会員本人だけでなく、いっしょに出かける参加者全員の価格が5%引きになります。

こうした様々なサービスが受けられるというのが、JAL普通カードおすすめの理由なのです。

割引時の注意
こうした割引はJAL普通カードもしくは現金での支払いに限られます。また実物のクレジットカードを持って行かないと適用されないので、必ず旅行にはJAL普通カードを持参するようにしましょう。

JAL普通カードで直接マイルが貯まる

JAL普通カードは航空券を購入しても買い物をしてもどちらでもマイルが直接貯まるので、大変人気があります。

https://bit.ly/2S0Emep

ボーナスマイル

JAL普通カードのマイルを貯める方法として、ボーナスマイルがあります。JALでは飛行機に乗るごとに搭乗ごとのボーナスとしてフライトマイルの10%を付与してくれます。

入会搭乗ボーナス

これは入会後初めてJAL便に乗る時に1,000マイルボーナスマイルが付与されます。

ボーナス適用は1回だけ
入会搭乗ボーナスは再入会、JALカードを複数枚持っているなど、一度ボーナスを獲得すると、新しくJALカードを作っても重複としてボーナスは適用されません。

初回搭乗ボーナス

入会搭乗ボーナス獲得年の翌年から適用されます。毎年初めてJAL便に搭乗すると1,000マイボーナスマイルがもらえるというものです。

もし実家から遠く離れているところに住んでいる方がいれば、年末年始を利用するとこのボーナスポイントを効率よく稼ぐことができます

例えば・・・

年末実家に帰省する時にその年初めてJAL便を利用するとします。その時点でその年の初回搭乗ボーナスがもらえます。さらに年が明けて自分の家に戻る時に再度JAL便に搭乗します。すると新年初めてJAL便に乗ることになるので再度初回搭乗ボーナスを受けることができますね。

これで短期間で、最低限のコストで2回の初回搭乗ボーナスをもらうことが可能です。この初回搭乗ボーナスに加えて、毎回の搭乗ではフライトマイルによってさらなるボーナスマイルがもらえます。

JALカード ツアープレミアムサービス

飛行機をよく利用するという方は、お得なJALカード ツアープレミアムサービスの利用がおすすめです。割引運賃でJALを利用すると、通常はフライトマイルの50~75%までしか貰えません。しかし、JALカード ツアープレミアム会員になると、区間マイルの100%がまるまる還元されてとてもお得なのです。

例えば、国際線のエコノミークラスの利用では、フライトマイルは50%しか加算されませんが、JALカード ツアープレミアム会員なら100%加算と倍になります。

JAL普通カードで効率よくマイルを貯める方法

マイルはフライトだけで貯めるわけではありません。ほとんど飛行機には乗らないという陸マイラーさんにも、毎日のショッピングでも、マイルが貯まるJALカードはおすすめですよ。

食料品など日々の買い物をはじめとするショッピング、ゴルフなど趣味やレジャー、レストランなどの食事、ガソリン代や交通費など、さまざまなシーンでJALカードを利用することでマイルが自然に貯まっていきます。

JALカード特約店の店舗でのお買い物では2倍

JALカード特約店はJALやJTA機内販売といったJALのお店はもちろんのこと、デパートの大丸百貨店や松坂屋百貨店、日々のお買い物に便利なイオンやファミリーマートなど全国に約5万2,000店もあるんです。

また、年会費をプラスしてJALカードショッピングマイル・プレミアムに入会しても、マイルが2倍に!

※入会費がかかりますが、ショッピングでマイルを貯めるならプレミアム会員になることをおすすめします。

普通にJALカードでショッピングをしていてもマイルは貯まりますが、賢く貯めていくならプレミアム会員になって、JALカード特約店でお買い物するのが断然お得です。たとえば通常のお買い物で1,000マイルがもらえるとした場合、プレミアム会員ならその倍の2,000マイル。

さらに、特約店でのお買い物なら倍になりますから、4,000マイルが手に入ります。つまり、プレミアム会員になって、JAL加盟店でお買い物をすれば、通常の4倍の速度でマイルが貯まるのです。

これを還元率でみてみると、通常のショッピングでは還元率は0.5%です。しかし、プレミアム会員になると還元率1.0%と2倍にアップ。JAL加盟店を利用するとさらにアップと、還元率を大きく伸ばすことができるわけですね。

公共料金など毎月の支払いでもマイルを貯める

電気代やガス代、携帯電話などの電話代はもちろんのこと、自動車税などの税金の支払いでも、マイルが加算されます。

これらの支払いでマイルを貯めるためには、手続きが必要になります。基本的には電気会社やガス会社など契約先に、支払い方法の変更を申請してJALカードでの引き落としに変更します。

またクレジットカードの種類によっては、提携クレジットカードの会員ページから、支払いの変更手続きができます。詳しくは提携クレジットカード会社のWebサイトで確認しましょう。

JALカード家族プログラムを活用する

家族で使える家族プログラムサービスなら、家族みんなでマイルを貯めることができますよ。1人につき9名までの子会員が無料で登録できるので、1人で貯めていくより何倍も早く目標に到達できます。

※JALカード家族プログラムは、クレジット会社の家族会員カードとは異なるサービスです。

年齢や条件に注意
親会員は20歳以上で、JALカードの個人本会員の人に限られています。子会員は親会員と生計を一緒にする配偶者と一親等の家族のみ。18歳以上はJALカードの個人会員であることが条件です。18歳未満および高校生の場合は、JMBの会員であることが条件です。

JALマイレージモール

フライト以外にも、JAL普通カードでマイルを貯める方法はあります。それがJALマイレージモールです。

ネットで買い物をしたいという場合に、JALマイレージモールを利用するとマイルが貯まります。ネット通販をよく利用するという方は必見です。

JALマイレージモールには全国区の有名店も多く含まれているため、JALマイレージモールを使えばほとんどすべてのものを揃えることができると言っても過言ではありません。

参加店舗

Amazon、高島屋、ユニクロ、GU、ABC-MART、楽天ブックス、紀伊國屋書店、ビックカメラ、Apple、楽天トラベル、じゃらんなどがあります。

約400種類もの有名サイトが参加しているので、日常生活のいろいろな場面でマイルを貯められるでしょう。

旅行に行く時には楽天トラベルやじゃらんを使って航空券を購入したりホテルを予約したりでき、家電が欲しければビックカメラ、服が買いたければユニクロやGUといった形で、ほとんどのものをJALマイレージモールで効率よくマイルを貯めながら購入できるんです。

効率の良いマイルの貯め方は?
ショッピングマイル・プレミアムに入会し、特約店を利用するのが効率よくマイルを貯める方法です。ショッピングマイル・プレミアム入会でマイルが2倍、特約店利用で2倍、つまり4倍のポイントが付くことになります。国内旅行の航空券分くらいのマイルであれば比較的すぐに貯まる可能性もあります。

マイルの使い先

JAL国際線特典航空券への交換

貯めたマイルはいろいろなことに使うことができます。ちょっとした国内旅行であれば貯めたマイルを使って無料で航空券を購入できるかもしれません。

参加店舗

例えば月に5万円ほどをJAL普通カードで決済にすれば、2年から3年ほどで、なんと東京から大阪までの航空券を購入できるほどのマイルをためることが可能になります。ショッピングだけでこれほどのマイルが貯まるわけですから、航空券を購入したり初回搭乗ボーナスを利用したりすればさらに早くマイルを貯められますね。

国際特典航空券にはJALのものと、提携航空会社のものがありますが、JAL便が利用できるJAL国際線特典航空券がおすすめです。

座席のアップグレード

座席のアップグレードにもマイルを利用することができます。普段はエコノミークラスしか使っていない人でも、マイルを使えばビジネスクラスにアップグレードすることが可能です。

エコノミークラスからビジネスクラスへの交換など、座席のランクアップで国際線特典航空券と交換するのお得です。JAL国際線特典航空券は片道7,500マイル、往復で1万5,000マイルから交換可能です。

海外に行く用事がないという方は、JALグループ国内線特典航空券もおすすめですよ。国際線の方がマイル交換ではお得なのですが、国際線を利用するためには多くのマイルを貯める必要があります。国内線の場合は6,000マイルから交換可能。国際線に比べて手軽に利用できるのがメリットです。

JALクーポンに替える

JALクーポンは航空券の購入やツアー購入はもちろん、日本各地の提携ホテルの支払いなどにも利用可能です。しかも貯まっているマイル以上のJALクーポンがもらえるので大変お得です。

マイルで年会費を支払う

初年度は年会費無料ですが、2年目以降は本会員、家族会員共に年会費がかかるので、マイルを使っての支払いを利用してみると良いでしょう。

クーポンと交換する

e JALポイントと交換

e JALポイントは、JALのWebサイトから航空券やツアー仕様品を購入するときに使えるポイントです。5,000マイルから交換可能で、7,500ポイントとなります。1万マイルなら1万5,000ポイントですね。

e JALポイントのいいところは、実質的に有効期限がないということなんです。

注意

有効期限は12か月ですが、期間内にe JALポイントに移行すると、さらに有効期限が12か月伸びていくので、有効期限が切れる前に交換さえすれば、有効期限がどんどん伸びていきます。

e JALポイントを使わない場合と、使う場合を夫婦でハノイに旅行したケースを想定して比較してみましょう。

まず、e JALポイントを使わない場合です。成田発・ハノイ(3泊5日)の旅行で、5万マイルで特典航空券を利用し、ホテルを自分たちで予約したとします。このときの代金は本人の搭乗代としてマイルが使えるので無料となります。

しかし、同行者の搭乗代が必要ですし、本人と同行者の2人分の燃油代も支払わなければいけません。さらにホテルの宿泊代も必要ですから、結局は本人の搭乗代が無料になるだけです。

では次にe JALポイントを使う場合を見てみましょう。5万マイルをe JALポイント(7万5,000ポイント)に交換してツアーを購入すると、ツアー代金から7万5,000ポイントが値引きされます。

その結果、ツアーの利用料金が大幅に値下げされます。上記のツアーパッケージ自体が料金がお得に設定されていますが、ポイントに交換することでマイルの価値が上がりますから、低価格で海外旅行ができるわけなのです。見逃せませんね!

このようにe JALポイントを海外旅行などで上手に使うと、マイル特典で航空券と交換するよりも、何万円もお得になることもありますよ。

e JALポイントと交換

JALクーポン

JALグループの航空券やツアー、ホテルなどの宿泊などに利用できるクーポン券です。空港内のお店や免税店、手荷物預かり、空港送迎サービスなどさまざまな用途に使えるので便利です。

1万マイルから交換可能です。1万マイルでクーポンへの還元率が1.2倍です。

e JALポイントの1.5倍に比べると還元率はやや低いのですが、搭乗券以外にも飲食店や宿泊など使いみちが多いことや、紙のクーポンであること、会員の二親等以内の親族など家族も使えるといったメリットがあります。

他の商品と交換

JAL選りすぐりの商品との交換です。和牛やワイン、ホビー用品など厳選した商品を集めたJALとっておきの逸品や、全国各地の特産品を集めたJALふるさとからの贈りものの中から、貯まったマイルに合わせて好きな商品を選んで交換できますよ。

商品との交換

JALの厳選品だけでなく提携企業が提供する特典との交換も可能です。提携企業はコンビニのファミリーマートや女子に人気のナチュラルガーデン、イオン系の書店としておなじみの未来屋書店。

このほかにもスポーツ好きなら見逃せないMIZUNO SHOP、人気の通販ショップであるフェリシモ、ディノスなどなど豊富なラインナップがそろっています。

好きな商品を選ぶ楽しみが味わえるのも、JALカードの大きな魅力といえるでしょう。

WAONポイントと交換

マイルをWAONポイントに換えるのもあります。こちらもJALクーポンのように、マイル数よりも多くのポイントがもらえるのでお得です。

しかもWAONポイントでの支払いではさらにマイルが貯まるので、買い物でマイルを貯めたい方にはおすすめです。いろいろな方法でマイルが使えるのもJAL普通カードのメリットと言えるでしょう。

JAL普通カードのメリット

飛行機・空港でお得!便利なサービスが満載!

空港内の免税店での買い物が5%〜10%OFFに!

JAL普通カードの会員になると国内空港店舗や成田空港内の免税店、羽田空港国際線ターミナル等で割り引きサービスが受けれます。

割り引きサービス

羽田空港国際線ターミナル内ではJAL DUTYFREEというショップで利用ができ、化粧品やたばこ、香水、バッグや時計などを購入することができます。

成田国際空港では同じくJAL DUTYFREEやJAPAN DUTYFREE、Fa-So-La DUTY FREEなどで使え同じくカードを提示することで免税品を5~10%割り引きで購入することができます。

もちろんJALやJTAなどの機内販売商品やJALSHOPの機内販売オンラインストアの商品もJAL普通カードを提示し決済することで10%割り引きが受けられます。

JALカードアプリでお得なお店を簡単検索できる

JALカードアプリはJAL会員でありさえすれば誰でも登録ができるというJAL限定のスマホアプリです。

こちらはカードの利用明細やショッピングでどの程度ショッピングマイルを貯めたかという確認ができるという特徴を持つアプリです。

注目の機能!

自身の位置情報を読み取って近隣の特約店を検索してマップに表示してくれるので仮に土地勘のない場所にいってもお得なお店をすぐに見つけ出すことが可能になります。

航空券予約やツアー予約のサービスが使える

JALカードを持っていればJALカード会員専用の国内線の予約が出来るフリーダイヤルを利用することが可能です。

予約そのものは確かにJALカードを持っていなくてもできるのですが、このフリーダイヤルを利用できれば予約がスピーディーかつスマートにできます。

しかもJALカード会員であればJALビジネスきっぷというサービスも利用することができ、航空券を最大47%割り引きで購入することができるので運が良ければ交通費を格安で済ませることも可能です。

さらにこのサービスを使えば搭乗の予約の変更が当日まで使えるので急な予約やキャンセルにも対応が可能になります。

尚、パッケージツアーなどにも予約申し込みが可能で、会員であればこちらも5%割り引きなどで申し込むことが可能です。

5%というと小さく感じてしまいがちですが10万円のツアーであれば5000円にもなるので額が大きければ大きいほどお得さが良くわかります。

また、JALカード会員であればJR東海のエクスプレス予約というものも使えます。

こちらは新幹線を安全かつスピーディーに予約し、尚且つ格安で乗る事を目的としているのでこのサービスが使えることで航空機も含め、旅行や出張などでストレスなく過ごすことができそうですね。

Apple Payに対応

JAL普通カードではこれまでApple Payに対応するブランドがJCB限定となっていましたが、2018年の2月からVISAやMasterCardでも使用する事ができるようになりました。

Apple Payでは当然電子マネーが利用できるのですが、Apple PayではQUICPayと呼ばれる電子マネーのみが利用できます。

ちなみにQUICPayはチャージなどして使う通常の電子マネーとは違っており、使った分だけ後払いするという方式を利用した電子マネーですのでうまく使えばより簡単によりスピーディーに決済を完了できるという利点があるんです。

マイル関連のお得感がすごい

入会マイルと継続マイルでそれぞれ1,000マイル付与

JAL普通カードに入会すると、入会後に初めて航空機に搭乗する際に1000マイルがプレゼントされます。

JALではJAL普通カードを年更新した場合、更新した年度の初回搭乗に限り1000マイルが継続ボーナスとして付与されるという特徴があるんです!

区間ごとに10%アップするフライトマイル

JAL普通カードでは搭乗するたびにボーナスとしてフライトマイルの10%があなたに付与されます。

これも国内外関係なしにもらえるので、遠くに行けばいくほどマイルを多くもらうことができるわけです。

東京からであれば国内ならば沖縄や北海道が最も距離がありますので往復で約200マイル程度がボーナスとしてもらえる計算になります。

もちろん10%というのは飽くまでもJAL普通カードのメリットということになっています。JALカードでももう少し上のランクのCLUB‐AカードやCLUB‐Aゴールド、JALダイナースプラチナなどでは何と区間ごとにフライトマイルの25%があなたに付与されることになるんです!

通常のショッピング200円につき1マイル付与!特約店なら2倍!

JALカードではカードをショッピングで利用すると200円あたり1マイルが貯まります!

ショッピングをするとポイントが貯まっていくというのはわりと仕組みとしてはよく見かけますが、こちらはポイントではなくカードにマイルが直接貯まっていくのでポイントをマイルに移行するなどといった無駄な手間や手数料がないというのはストレスフリーかもしれません。

ちなみにJALカードには他にも利点があり、JALカードと提携をしている特約店でのカード利用に関しては100円あたり1マイルが付与される事になっています。

つまりは特約店を利用することでマイルの貯まるスピードが二倍になるといっても過言ではないわけです!

「ショッピングマイル・プレミアム」ならマイル付与が2倍に!

こちらはマイルが何と通常時から2倍貯まってしまうという恐ろしいものです!年間で年会費が3,000円程度かかるので年間15万円以上の利用があるという方は加入しておくという選択は大いにありですし、確実にお得になります。

「JALカードツアープレミアム」ではボーナスマイルが100%加算される!

JALカードツアープレミアムのサービスとは?

カードの年会費に2,160円をプラスして支払うことで通常は50%から最大75%までしか付与されない区間マイルを100%付与にしてしまうというものになります。

対象となるのは通常のフライトだけでなく先得割引やパッケージツアーなども含まれているので本当に多くの場面でボーナスマイルを加算させることが可能になっています。

このサービスの年会費を支払った上で元をとるには年間で国内線であれば最低3回ほどは飛行機に乗らなければ損になってしまうので良く飛行機に乗ったり、旅行に行く人でなければ入会する意味はないかもしれません。

家族会員も同様に2,160円かかりますが、例えば夫婦で年に何度も旅行に行くようであれば入会しておくのもありなんじゃないかなと思います!

カードブランドごとのサービスが充実

JALカードには前述でも紹介していますが、JCB以外にもVISAやMasterCardがブランドとして利用することが可能になっています。

【JCB】Oki Dokiポイントが貯まる

JALカードのJCBブランドを利用すれば、カードの利用金額をOkiDokiポイントとして貯めることが可能となります!

JALカードでは当然マイルが貯まるんですが、JCBブランド側のポイント制度としてOkiDokiポイントがあり、こちらを利用することができるというのが特徴です。

本来であれば1,000円利用ごとに1ポイント貯まるといったものなんですが、ポイントモールでは最大で20倍ものボーナスポイントが貰えるといったものまであります!

ポイントは1ポイントあたり5円程度の価値なので還元率を考えれば0.5パーセント程度しかないのですがポイント20倍ともなれば10%ものポイントをゲットできるのでこれは大きいです。

注意

20倍にするためにはOkiDokiランドでのご利用が必要です!

Oki Dokiポイントが移行できる場所一覧

・Tポイント

・App Store & iTunes コード

・ニッセンお買物券

・セシールスマイルポイント

・カエトクカード

・JTBトラベルポイント

・ちょコムポイント

・JALマイル

・ANAマイル

・ANAスカイコイン

・デルタ航空 スカイマイル

・ベルメゾン・ポイント

・ジョーシンポイント

・ビッグ(カメラ)ポイント

・nanacoカード

・楽天スーパーポイント

・WAONポイント

【JCB】カードデザインが豊富

JALカードのJCBブランドではカードデザインもかなり豊富です。

ディズニーファンの方必見!

中でも注目なのはミッキーなどがカードの盤面にデザインされているディズニーデザインのカードがあるということです!

ディズニーデザインが選べるのはJALカードではJCBブランドだけなので、ディズニーファンの方はJCBブランドを選択するのがおすすめですよ!

【JCB】スマホ公式アプリ「MyJCB」が便利で使いやすい

MyJCBはパソコンやスマートフォンから24時間いつでも利用明細やポイント交換などができるJCB会員限定のインターネットサービスですが沢山の機能があり便利で使いやすいです。

利用額を常に確認することもできますし、ポイントの管理や交換、キャッシングサービスや様々なサービスへの申し込みが簡易になるなどMyJCBを使えばかなりスマートに利用することが可能になります。

しかもダウンロードは無料ですのでJCBブランドをご利用の際には是非MyJCBを利用するようにしましょう!

【Visa/Mastercard】大人気!DCハッピープレゼントがお得に利用できる!

JAL 普通カードのVISAとMaster Cardブランドではカードの利用金額をマイルに代わってDCハッピープレゼントのポイントとして貯める事が可能です!

貯まったポイントは商品に交換することも可能ですし、キャッシュバックとして返還してもらうことも可能になっています!

DCハッピープレゼントでは本来は1,000円利用するごとに1ポイントが貯まる事となっています。

1ポイントは大体5円程度になるのですが、キャッシュバックとして返還された場合は4円程度となります!

つまりは還元率は通常で0.5パーセントでキャッシュバックの場合は0.4パーセントとなるわけです!

【Visa/Mastercard】「DC Webサービス」で利用状況を簡単に確認できる

JAL 普通カードのVISAとMaster CardブランドではDCWebサービスを利用することで利用状況を簡単に確認することができます!

利用状況がオンライン上で一目で確認できるのはかなりメリットだと言えます!

自分が今、どの程度使っているかどの程度ポイントを持っているかなどをWeb上で確認できるのは管理が簡易になるということに繋がるわけなので利用しない手はありません。

DCWebサービスはJAL普通カードの中でもVISAとMasterCardブランドのみに許された管理簡易サービスと言えるでしょう!

【Visa/Mastercard】「JMB WAON」のクレジットチャージを利用できる

JAL普通カードではVISAとMasterCardブランドを選択した場合にJMB WAONのクレジットチャージを利用することが可能です!

WAONでお得!

JMB WAONを使う事で得られるメリットとしてはWAONをチャージすることでマイルが貯まり、カードを利用することでマイルが貯まるというマイルの二重取りが可能になるという点です。

しかもJMB WAONは皆さんもご存知のとおりイオン系列のサービスになるので20日、30日のお客様感謝デーなどにも対応しており、イオンがお得な日はWAONを利用するとさらにお得になります。

それからJMB WAONでは自動チャージ機能と呼ばれるものがあり、WAONが無くなると自動的にある程度まで自動チャージすることが可能なのでチャージをするという手間も省けるので利用できるのはかなり嬉しい事です!

【Visa/Mastercard】「楽Pay(らくペイ)」の利用ができて便利!

JAL普通カードではVISAとMasterCardでは楽Payを利用することもできます!

カードを持っているとついつい使いすぎてしまったりして支払いが大変になるということも珍しくはありません。

そこで楽Payでは毎月支払う額をあらかじめ決めてしまって超過した分に関しては翌月払いに自動的に繰り越すことを可能としています。

しかも支払いに余裕がある場合はネットを経由してATMから支払う事も可能なのでとても便利に活用することができます。

楽Payの登録は完全無料でこちらに登録していると100万円までのショッピング保険も付帯しているのでJAL普通カードでVISAとMasterCardを使う場合は積極的に利用していきたいところです。

【Visa/Mastercard】旅行関連は「ふらっと・ぷらっと」でお得に!

VISAとMasterCardではふらっとぷらっとというお得なクーポンや優待情報が載った優待ガイドを利用することでお得に旅行先で活用することが出来ます。

対象となる店舗でふらっとぷらっとを見せ、JAL普通カードで支払うと様々なサービスが割引価格で楽しむことが可能となります!

旅行代を少しでも安くお得に済ませたい人はこちらを活用することで旅行の計画も立てやすくなりますしお得にもなるのでかなりおすすめです!

マイルが貯まりやすい

JAL普通カードを持つもっとも大きなメリットは、やはりマイルが貯まるという点でしょう。

マイルが貯まるカードを提供している航空会社はJALだけではありませんが、ポイントがマイルで貯まるというのはJALの他にそれほど多くはありません。

より効率よくマイルをためることができます。

旅行保険が自動付帯

国内であれ海外であれ、けがをしたり病気になったりする恐れはあります。そんな時にはJAL普通カードに付帯している保険が使えます。

本会員が海外旅行に出かけた場合、傷害死亡、傷害行為傷害の場合には保険金が支払われます。さらにこの海外旅行保険には救援車費用も含まれています。

日本では救急車は基本的に無料ですが、海外では救急車を呼んだだけでかなりのお金を請求されることがあります。そんな時でもJAL普通カードを持っていればある程度安心です。さらに国内旅行の場合にも、傷害死亡と傷害後遺傷害の場合には保険金がおります。

国内旅行の場合には救援車費用は入っていません。JAL普通カードを持っていればこの保険に自動的に加入できるので、この便利さは大きなメリットと言えますよね。

JALビジネスきっぷ

2枚つづりの航空券を購入した場合に大幅な割引が受けられるというものです。

決まった区間内で利用できるもので、2枚つづりを往復で使うか、片道2回で使うかも自由です。自分の好きな使い方ができるので大変便利です。ちなみに、区間マイルが普通運賃と同じ分だけ貯まります。

JAL普通カードのデメリット

次年度から年会費がかかる

JAL普通カードは入会した初年度こそ年会費無料で契約できるものの、2年目以降には年会費がかかります。次年度からの年会費は2,160円ですのでそもそも安い年会費とは言えます。受けられるサービスは充実しているので年会費は気にならないレベルだとは思います。

それでもどうしても解約したい、退会したいという場合は退会届または電話で退会することも可能なのでローリスクで入会することが可能です。

なので先ずは使ってみて自身にあっているか判断するところから始めてみると良いかもしれません。

旅行保険の補償内容がやや薄目

旅行保険は自動的に付帯するという点でメリットでもありますが、補償内容がやや薄いという点がデメリットです。

前述のようにこの旅行保険は傷害死亡と傷害後遺傷害でしか保険金が降りません。つまり、本会員が死亡した場合、もしくは後遺症の残るようなけがをした場合にのみ保険金が支払われますが、旅行先で入院したり治療を受けたりした場合には自分で支払いをしなければならないのです。

日本国内の治療であれば国民健康保険がありますが、海外では基本的にすべてが自費治療になるため、ほんの少しの治療でも数十万円単位の治療費を請求されることも珍しくありません。

例えば盲腸の手術について考えても、比較的治療費の安いアジアでも数十万円単位のお金がかかります。北アメリカやヨーロッパではさらに治療費は高くなり100万円以上かかることもあるのです。

そう考えると、傷害死亡と傷害後遺傷害だけの保障では心もとないといえるでしょう。これがJAL普通カードのデメリットです。

もしJAL普通カードの保険を利用するのであれば、別途病気やけがをカバーできるだけの旅行保険に加入していくことをおすすめします。

ETCカードの発行手数料がかかる

大きなデメリットではないですが、VisaとMastercardを選ぶとETCカードの発行手数料がかかります。もしJAL普通カードを国内で利用することが多く、ETCカードを無料で発行したい場合にはJCBを選ぶようにしてください。

JAL普通カードの口コミ・評判

JAL普通カードユーザーの良い口コミと悪い口コミについて見ていきましょう。

30代 女性

年会費の安さに対して内容の充実度がすごいと思います!毎年海外旅行に行っていますが、レンタカーなども借りやすくてマイルも貯まるためとってもお得です。保障が付いているので海外に一人で行っても安心できます。こういうカードを1枚でも持っていると旅行の安心度が上がりますね

頻繁に海外に行く方は持っておくと何かと便利なカードと言えそうです。

30代 男性

これ1枚あればSuicaも楽天Edyも利用できるのでとても便利です。このカードを使い始めてからほとんど現金を持ち歩かなくなりました。どこでもだいたい利用できるので、財布に現金を入れずに済んで助かっています。JALの便を予約する時にもこのカードがあると便利ですし、生活のいろいろな場面で活躍してくれます。出張の多い身としてはいつも肌身離さず持っていたいカードです

20代 女性

他の航空会社のカードは国内の旅行ではあまりポイントが貯まらないと思っていました。でもJAL普通カードは国内の近距離の旅行でもマイルが貯まるので本当に重宝しています。かなり還元率がいいので素早くマイルを貯めたい人にはおすすめです。航空券だけではなくて、買い物でもけっこうマイルが貯まるのでどんどん使いたくなるカードですね。毎年初搭乗の時にはボーナスマイルがもらえるのもお得なポイントだと思います

30代 男性

飛行機移動が仕事柄多いので、JAL普通カードにはいつも助けられています。利用すればするほどマイルが貯まるので、すでに何回か無料で航空券を購入できました。移動費用や滞在費もかなりの出費になりますが、ホテルの滞在費用もマイルで払えることがあるのでとても便利だと思います。周りの友達も幾人かJAL普通カードを持っていますが、年会費に対してサービスが充実していることを高く評価しています

やはり年会費とサービスの費用対効果が高いのがJAL普通カードの魅力と言えそうです。

一方でJAL普通カードに物足りなさを感じる口コミもあります。

20代 男性

JAL普通カードは基本的にサービスがよく満足しているのですが、空港ラウンジが使えないのはちょっと不満です。空港ラウンジが使えればほぼ完ぺきだとは思うのですが、年会費の安さを考えれば致し方ないのかとも思います。これからもう少し改善してくれればうれしいですね

40代 男性

出張で飛行機に乗る事が多いので発行しました。

私は主張で良く飛行機を使うのですが、どうにかして飛行機をお得に乗る事はできないかと考えていたところJALのカードがあることを知り思い切って入会してみました。

先ず、1,000マイルのボーナスが年に一度もらえるということも素晴らしいと思ったのですが、今まで何も貯まらなかったはずのマイルが驚くほど貯まるようになり頻繁に利用する私にとってはかなり助かっています。

今度はもう少し上のグレードのカードにも挑戦してみようかと内心思ってます。

30代 男性

出張の強い味方になってくれています。

30代も後半になり会社でもわりと出張を任せられるようになったのですが、せっかくならばマイルを貯めて出張に個人的な付加価値を持たせてやりたいとカードを契約する事にしました。

国外では他社と比較してどうかはわかりませんが国内便ならば断然使うだけの価値はあるんじゃなかなぁと思うので国内出張が多いサラリーマンにはおすすめです。

今のところは通常でフライトするよりもマイルが貯まるという感覚がある状態なので感触としては悪くないです。

もう少し慣れてきて継続して利用したいと考えた場合はワンランク上のカードにしてみたいと思ってます!

30代 女性

JAL派の人には結構良いかも

日本の航空機っていうとJALもしくはANAって感じですけど私は断然JALのほうが使う機会が多いのでJAL普通カードに決めました。

実際は国内での搭乗ってマイルがたまりにくいと感じてましたけどJAL普通カードになって国内でも近距離であってもマイルが結構貯まるようになってわりと助かってます。

結局は申し込んだだけで還元してくれるので嬉しいんですが、JALをあまり使わないという人には私はおすすめできません。

ただ断然JAL派という人に限っては今すぐにでも申し込んだ方がいいです!

40代 女性

カード一枚に全てを集約してしまえばかなりお得に

このカードはWAONに対応してますし、カード一枚に光熱費だとか食費だとか生活費だとかを集約して使う事でお得さを実感できると思います。

ちなみに私は主婦ですが全ての支払いをこちらのカードに集約することにしているのでマイルもポイントも貯まるのでお得さをかなり実感しています。

もちろん貯まったマイルは日用品などに交換することも可能ですし、かなりポイントが貯まって余裕のあるときは家族旅行に行くのに利用したりなんかしています。

20代 女性

OLをしているのですが、友達と日々の疲れを癒すために国内の温泉旅行などに良くいきます。

近場なら良いのですがわりと全国の色々な温泉を巡りたいというくらい温泉マニアになってしまっているので電車以外にも飛行機で移動することもあります。

飛行機に乗るとマイルは貯まりますが、国内便ってどうしてもマイルが貯まりにくいって感じがするのでどうにかしてマイルを貯められないかと考えていてこのカードに出会いました。

頻繁というわけじゃないですけど年に2,3回は飛行機を利用することもあるので年会費は2,000円ちょっとかかりますけど十分に元をとれてるんじゃないかなぁーって思ってます。

 

こうした口コミを見ても、大多数はJAL普通カードの使いやすさ、マイルの貯まりやすさを評価するものです。サービスの一部や保険の内容にやや物足りなさを感じるとしても、圧倒的な使いやすさを考えると作っておいて損はないカードと言えるでしょう。他の航空会社のクレジットカードと比較してもJAL普通カードの使い方はたくさんあり、メリットが多くある一方でデメリットの少ないカードになっていますよ。

人気の秘密はバランスの良さ
JAL普通カードを評価している人の口コミでは、このカードのバランスの良さがピックアップされています。つまり年会費がそれほど高くないのに早くマイルが貯まり、しかもいろいろなサービスが受けられるということです。これからJAL普通カードを作りたいという方は、こうした使い方についてもよく知っておくと良いでしょう。

JAL普通カードのまとめ

JAL普通カードではフライトとショッピングの二つの使い方があります。ぜひ二つの使い方を駆使して効率よくマイルを貯めるようになさってください。

メリットの多いJAL普通カードですが、JALカードの中でも最も一般的なカードで、クレジットカードを初めて作る人などビギナー向けとなっています。

JAL普通カードでマイルを貯めたり、使ったりすることの便利さに慣れてきたら、よりお得で便利なワンランク上のCLUB-Aカードや、ステータスの高いCLUB-Aゴールドカード、プラチナカードを利用されてはいかがでしょうか?

初めてJALカードを利用する方なら、まずは年会費が低めに設定されているJAL普通カードからスタートして、その後ランクアップしたカードへと変更するのが良いでしょう!

年会費
初年度2年目~
無料2,000円(税別)
申込み条件
18歳以上(高校生を除く学生可)の方
発行までのスピード
約4週間
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今ならご入会で最大1,850マイルプレゼント!(2019年9月30日入会受付分まで)

以上、JAL普通カードはマイルが圧倒的に貯まりやすいJALユーザーおススメカード!特徴・メリット・デメリットまとめ…という話題でした!