JAL普通カード(JCB)の特徴・メリット・デメリットまとめ

この記事を読んで分かること

・JAL普通カードの特徴

・JAL普通カードをおすすめする理由

・JAL普通カードのメリット・デメリット

年会費
初年度2年目~
無料2,000円(税別)
申込み条件
18歳以上(高校生を除く学生可)の方
発行までのスピード
約4週間
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今ならご入会で最大2,050マイルプレゼント!(2019年3月31日申込み分まで)

JAL普通カードの特徴

JAL普通カードは航空会社JALが発行するカードで、クレジットカードとしてもマイルをためるカードとしても利用価値のあるカードです。

JALの飛行機利用とショッピングの両方でマイルを貯められるので、よくJALを利用するという方はぜひとも作っておきたいカードと言えるでしょう。

JAL普通カードの大きな特徴は、ポイントではなく直接マイルが貯まるということです。

多くの場合航空会社のクレジットカードでは、最初にポイントが貯まり、それをマイルに移行するという形が取られます。

移行する時に手数料が取られる場合もあるので、マイルが直接貯まるJAL普通カードは効率的にマイルを貯められるんです。

さらにJALの特約店で利用すると貯まるマイルが通常の2倍になりさらにお得になります。

特約店の中にはENEOS、大丸、ファミリーマート、ウェルシア、紀伊國屋書店など、様々なジャンルのお店があります。こうした特約店をよく利用するという方にとってもJAL普通カードは役立つことでしょう。

こうした航空会社のクレジットカードの場合、気になるのは年会費ですが、JAL普通カードの場合初年度の年会費が無料になります。

注意

2年目以降は本会員、家族会員ともに年会費がかかることを覚えておきましょう。

2年目以降JAL普通カードを利用し続けるためには年会費がかかりややデメリットのように思えますが、どんな特徴があるか、その使い方を知っておけばその年会費を払う価値のあるカードであることがわかりますよね。

まずJAL便に搭乗するごとに特別にマイルがもらえます。

ビジネスマンの方の中には飛行機移動をする方も多いので、搭乗ごとにもらえるマイルは貴重です。加えて海外旅行によく行くという方もJAL普通カードを持っていると便利です。

というのは、国内・海外旅行に適用される保険もあるからです。旅行先でけがをしたり、病気になったりした場合でも費用の心配をしなくてすむというメリットがあります。

さらにJALカードは提携ブランドを選ぶことができるため、自分の使いやすいカードを作ることが可能です。Mastercard、Visa、JCBが基本的なクレジットカード会社となります。

ヨーロッパによく行くという方はMastercard、北米・南米大陸に行く機会が多いという方はVisa、国内でクレジットカードを使う機会が多いという方はJCBを選ぶと最大限の利益を得ることができるでしょう。さらにこれら以外にも選べる提携ブランドがあります。

Suica、TOKYU POINT ClubQ、OPクレジットなどです。こうしたブランドを利用する機会があるのであれば、組み合わせて使うと良いかもしれません。

ちなみにJAL・JCBカードにはディズニーデザインがあるので、ディズニー好きの方はこちらも検討できるでしょう。ディズニーデザインになったからといって年会費などに差が出るわけではないので安心ですね。

これほど便利なJAL普通カードですが、本会員や家族会員として申し込める人には制限があります。

注意

基本的には高校生を除いた18歳以上の方は申し込むことができますが、日本国内に生活基盤があり、国内での支払いが行えることが条件となります。

さらにJAL普通カードにSuicaをつける場合には、電話連絡が取れることが条件に含まれます。家族会員として申し込む場合にも、本会員の配偶者、両親、高校生を除く18歳以上の子どもに限られます。さらにこれらの人たちは本会員と生計を同一にしていなければなりません。

こうした点に注意しつつJAL普通カードを申し込むようにしましょう。

お子さんもカードが持てる!
高校生のお子さんが海外にホームステイに行くといった場合には、中学生を除き15歳以上18歳以下の高校生に限り親の同意書の提出でJAL普通カードの申し込みが可能になります。お子さんがホームステイに行く時には海外で困らないようにJAL普通カードを持たせてあげてもいいでしょう。
年会費
初年度2年目~
無料2,000円(税別)
申込み条件
18歳以上(高校生を除く学生可)の方
発行までのスピード
約4週間
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今ならご入会で最大2,050マイルプレゼント!(2019年3月31日申込み分まで)

JAL普通カードをおすすめする理由

JAL普通カードがなぜおすすめなのかというと、使い方や割引、特典が数多くあるからなんです。まずJAL便の機内販売について見ていきましょう。

ビジネスや旅行などでJALに乗った時に、CAさんがカートを引いてやってくるのが機内販売です。機内限定の商品やCAさんおすすめの商品などが販売されているので、購入したいとは思いながらも、少し値段が高いと感じて躊躇してしまう人も少なくないのではないでしょうか。

しかしJAL普通カードの使い方を知っていれば、この機内販売の支払い金額が10%オフになります。1割引きというのはなかなか大きなディスカウントなのでぜひ利用したいところですね。

もちろんこれはJALの機内販売のオンラインショップでも有効です。さらに機内販売はJALの特約店扱いになるので、ショッピングマイルが通常の2倍、さらに国際線であれば国際線機内販売マイルも貯まるというメリットがあるのです。

注意

この割引を受けるためにはJAL便に乗る必要があります。他の航空会社とのコードシェア便には適用されないので注意が必要です。加えてJALクーポンや現金とJAL普通カードを併用した場合には、JAL普通カードを使った分しかマイルが貯まらないということも覚えておきましょう。

続いてのおすすめポイントは特約店での利用がお得であるということです。JAL普通カードはJALの特約店ではもらえるマイルが2倍になります。

日本国内でもJALの特約店は約52,000店舗あり、JALショッピングマイルプレミアムに加入していればお得にお買い物ができますよ。

利用できる店舗のジャンルも様々です。ガソリンを入れたいのであればENEOS、デパートでお買い物をしたいのであれば大丸や松坂屋、コンビニであればファミリーマートなどがJAL普通カードの特約店になっています。

もちろんこうした大手だけではなく、地方にある多くの店舗も特約店になっている場合があるのでJAL普通カードを使って効率よくマイルを貯められますね。知らないうちにかなりのマイルが貯まっているということもあり得ます。

Amazon、ユニクロ、ビックカメラといった通販サイトや家電量販店、衣料店も含まれているので、日常生活のあらゆる場面でJAL普通カードを使う機会がありそうです。

こうした特約店では店舗ごとに還元率が違うので、どの店舗がどのくらいの還元率を提供しているのかを知っておくことは大切ですね。多くの特約店が0.25%から1.0%前後の還元率となっています。

加えて、旅行先でレンタカーを借りたいという場合にもJAL普通カードは便利です。

便利なレンタカーサービスもJAL普通カードおすすめポイントとなっています。これはJALカード会員専用のレンタカーサービスです。

ちなみに国内の特約店でレンタカーサービスを利用するとショッピングマイルが2倍になるといううれしいサービスも付いています。

レンタカーサービス

トヨタレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタルで車をレンタルするとお得に車が借りられますよ。

知らない土地に旅行に行って車を借りるというのはストレスが溜まるものなので、簡単に借りられるレンタカーサービスは本当に助かりますね。

このレンタカーサービスは海外でも有効です。特約店ではないのでマイルが2倍になることはありませんが、アメリカのエイビスレンタカー、ハーツレンタカー、ダラーレンタカーであればマイルを貯めつつレンタカーサービスを利用することが可能です。

そして、JAL普通カードを持っていると空港内にある店舗の割引が受けられます。

例えば日本国内の空港であれば、BLUE SKYという店舗ではJAL普通カードを使うと割引が受けられます。

さらに那覇空港・石垣空港内コーラルウェイ、関西国際空港第一ターミナルビルのアプローズでも一定金額以上の買い物をすると割引が適用されます。さらに関西国際空港第一ターミナルビル4階北側にあるYOUR WRAPという手荷物ラッピングサービスの割引もあります。

こうした様々なサービスが受けられるというのが、JAL普通カードおすすめの理由なのです。

割引時の注意
こうした割引はJAL普通カードもしくは現金での支払いに限られます。またプラスチックカードを持って行かないと適用されないので、必ず旅行にはJAL普通カードを持参するようにしましょう。
年会費
初年度2年目~
無料2,000円(税別)
申込み条件
18歳以上(高校生を除く学生可)の方
発行までのスピード
約4週間
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今ならご入会で最大2,050マイルプレゼント!(2019年3月31日申込み分まで)

JAL普通カードで貯まるポイント

JAL普通カードはクレジットカードとしても利用できますが、やはり注目すべきなのはどのようにポイント、つまりマイルが貯まるのかということでしょう。

まずもっともわかりやすいのは、航空券の購入や買い物ですよね。JAL普通カードは航空券を購入しても買い物をしてもどちらでもマイルが直接貯まるので、大変人気があります。

よく旅行に行くという方は、JAL便に限定して出かければかなりのマイルをためることができるでしょう。もちろん買い物でもマイルが貯まっていきますが、やはり旅行が多くのマイルを稼ぐには有効です。

https://bit.ly/2S0Emep

旅行が好きな主婦や学生の方、出張に行くことが多いビジネスマンの方も、JAL普通カードを利用すると良いかもしれませんね。

さらにJAL普通カードのマイルを貯める方法として、ボーナスマイルがあります。

JALでは飛行機に乗るごとにボーナスマイルを付与してくれます。まず入会搭乗ボーナスがあります。これは入会後初めてJAL便に乗る時に付与されるボーナスマイルです。

さらに毎年初回搭乗ボーナスがあります。これは入会搭乗ボーナス獲得年の翌年から適用されます。毎年初めてJAL便に搭乗するとボーナスマイルがもらえるというものです。

もし実家から遠く離れているところに住んでいる方がいれば、年末年始を利用するとこのボーナスポイントを効率よく稼ぐことができます。

例えば・・・

年末実家に帰省する時にその年初めてJAL便を利用するとします。その時点でその年の初回搭乗ボーナスがもらえます。さらに年が明けて自分の家に戻る時に再度JAL便に搭乗します。すると新年初めてJAL便に乗ることになるので再度初回搭乗ボーナスを受けることができますね。

これで短期間で、最低限のコストで2回の初回搭乗ボーナスをもらうことが可能です。この初回搭乗ボーナスに加えて、毎回の搭乗ではフライトマイルによってさらなるボーナスマイルがもらえます。

こうしたフライト以外にも、JAL普通カードでマイルを貯める方法はあります。それがJALマイレージモールです。

ネットで買い物をしたいという場合に、JALマイレージモールを利用するとマイルが貯まります。ネット通販をよく利用するという方は必見です。

しかもJALマイレージモールには全国区の有名店も多く含まれているため、JALマイレージモールを使えばほとんどすべてのものを揃えることができます。

参加店舗

Amazon、高島屋、ユニクロ、GU、ABC-MART、楽天ブックス、紀伊國屋書店、ビックカメラ、Apple、楽天トラベル、じゃらんなどです。

約400種類もの有名サイトが参加しているので、日常生活のいろいろな場面でマイルを貯められるでしょう。

通常のお買い物で貯まるマイルとは別にマイルが加算されるので、さらにお得です。

旅行に行く時には楽天トラベルやじゃらんを使って航空券を購入したりホテルを予約したりでき、家電が欲しければビックカメラ、服が買いたければユニクロやGUといった形で、ほとんどのものをJALマイレージモールで効率よくマイルを貯めながら購入できるんです。

こんなに便利なJAL普通カードですから、使わない手はないですよね。

効率の良いマイルの貯め方は?
ショッピングマイル・プレミアムに入会し、特約店を利用するのが効率よくマイルを貯める方法です。ショッピングマイル・プレミアム入会でマイルが2倍、特約店利用で2倍、つまり4倍のポイントが付くことになります。国内旅行の航空券分くらいのマイルであれば比較的すぐに貯まる可能性もあります。
年会費
初年度2年目~
無料2,000円(税別)
申込み条件
18歳以上(高校生を除く学生可)の方
発行までのスピード
約4週間
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今ならご入会で最大2,050マイルプレゼント!(2019年3月31日申込み分まで)

JAL普通カードを持つメリットデメリット

JAL普通カードを申し込みたいと考えている方は、JAL普通カードのメリットとデメリットをしっかりと知っておく必要がありますよね。

JAL普通カードを持つもっとも大きなメリットは、やはりマイルが貯まるという点でしょう。

マイルが貯まるカードを提供している航空会社はJALだけではありませんが、ポイントがマイルで貯まるというのはJALの他にそれほど多くはありません。

より効率よくマイルをためることができます。貯めたマイルはいろいろなことに使うことができます。ちょっとした国内旅行であれば貯めたマイルを使って無料で航空券を購入できるかもしれません。

例えばJALマイレージモールを使って通販で衣料品や書籍を購入しているとしましょう。ガソリンや外食もJAL普通カードの特約店を使っているとします。

すると月に5万円ほどをJAL普通カードでの決済にすれば、2年から3年ほどで、なんと東京から大阪までの航空券を購入できるほどのマイルをためることが可能になります。

ショッピングだけでこれほどのマイルが貯まるわけですから、航空券を購入したり初回搭乗ボーナスを利用したりすればさらに早くマイルを貯められますね。

さらに貯めたマイルは別の方法でも利用できます。

例えば座席をアップグレードしてみるのはどうでしょうか。普段はエコノミークラスしか使っていないかもしれません。しかしマイルを使えばビジネスクラスにアップグレードすることが可能です。

ビジネスクラスを利用すれば、サービスや食事もグレードアップするのでちょっと贅沢な旅行を楽しめるでしょう。さらにJALクーポンに換えてみるのも一つの手です。

JALクーポンは航空券の購入やツアー購入はもちろん、日本各地の提携ホテルの支払いなどにも利用可能です。しかも貯まっているマイル以上のJALクーポンがもらえるので大変お得です。

マイルを使って年会費を支払うのも賢い方法ですね。

初年度は年会費無料ですが、2年目以降は本会員、家族会員共に年会費がかかるので、マイルを使っての支払いを利用してみると良いでしょう。

もちろん貯まったマイルを他の商品と交換することもできます。例えば宇和島産ストレートジュースやワインのセット、時計や串揚げセットなど、食べ物やブランド品なども交換できる商品に含まれています。

体験ギフトや美容器具などにも交換できるので、お気に入りの商品が手に入るまでコツコツマイルを貯めることができますね。

さらにマイルをWAONポイントに換える人もいます。こちらもJALクーポンのように、マイル数よりも多くのポイントがもらえるのでお得です。

しかもWAONポイントでの支払いではさらにマイルが貯まるので、買い物でマイルを貯めたい方にはおすすめです。いろいろな方法でマイルが使えるのもJAL普通カードのメリットと言えるでしょう。

さらにJAL普通カードの別のメリットは旅行保険が自動付帯することです。

国内であれ海外であれ、けがをしたり病気になったりする恐れはあります。そんな時にはJAL普通カードに付帯している保険が使えます。

本会員が海外旅行に出かけた場合、傷害死亡、傷害行為傷害の場合には保険金が支払われます。さらにこの海外旅行保険には救援車費用も含まれています。

日本では救急車は基本的に無料ですが、海外では救急車を呼んだだけでかなりのお金を請求されることがあります。

そんな時でもJAL普通カードを持っていればある程度安心です。さらに国内旅行の場合にも、傷害死亡と傷害後遺傷害の場合には保険金がおります。

国内旅行の場合には救援車費用は入っていません。JAL普通カードを持っていればこの保険に自動的に加入できるので、この便利さは大きなメリットと言えますよね。

さらにJAL普通カードのメリットはJALビジネスきっぷです。2枚つづりの航空券を購入した場合に大幅な割引が受けられるというものです。

決まった区間内で利用できるもので、2枚つづりを往復で使うか、片道2回で使うかも自由です。自分の好きな使い方ができるので大変便利ですね。

一方でJAL普通カードにはデメリットもあります。

注意

デメリットは、JAL普通カードに付帯している旅行保険です。この旅行保険は自動的に付帯するという点でメリットでもありますが、補償内容がやや薄いという点でデメリットともいえます。

前述のようにこの旅行保険は傷害死亡と傷害後遺傷害でしか保険金が降りません。

つまり本会員が死亡した場合、もしくは後遺症の残るようなけがをした場合にのみ保険金が支払われることになります。

しかし旅行先で入院したり治療を受けたりした場合には自分で支払いをしなければならないのです。場合によってはこれは大きなデメリットとなり得ます。

日本国内の治療であれば国民健康保険がありますが、海外では基本的にすべてが自費治療になるため、ほんの少しの治療でも数十万円単位の治療費を請求されることも珍しくありません。

例えば盲腸の手術について考えても、比較的治療費の安いアジアでも数十万円単位のお金がかかります。北アメリカやヨーロッパではさらに治療費は高くなり100万円以上かかることもあるのです。

そう考えると、傷害死亡と傷害後遺傷害だけの保障では心もとないといえるでしょう。これがJAL普通カードのデメリットです。

もしJAL普通カードの保険を利用するのであれば、別途病気やけがをカバーできるだけの旅行保険に加入していくことをおすすめします。

 

さらにあまり大きな問題点ではありませんが、ETCカードの発行手数料がかかるというのもデメリットと言えるでしょう。

注意

VisaとMastercardを選ぶとETCカードの発行手数料がかかります。もしJAL普通カードを国内で利用することが多く、ETCカードを無料で発行したい場合にはJCBを選ぶようにしてくださいね。

お得な家族カード
JAL普通カードでは家族カードを発行することもできます。家族カードを発行すれば家族にも旅行保険が自動付帯します。さらにJALカード家族プログラムに登録すれば家族間でのマイル共有が可能です。家族で協力すればマイルを合算して特典をもらうこともできますよ。

JAL普通カードユーザーの口コミ
これからJAL普通カードを作りたいという方は、すでに使っている人の口コミを見てみたいと思うことでしょう。

口コミの内容によってはぜひ申し込もうと思っている人も少なくないはずです。ではJAL普通カードユーザーの良い口コミと悪い口コミについて見ていきましょう。

JAL普通カードを使っているある女性の口コミです。

「年会費の安さに対して内容の充実度がすごいと思います!毎年海外旅行に行っていますが、レンタカーなども借りやすくてマイルも貯まるためとってもお得です。保障が付いているので海外に一人で行っても安心できます。こういうカードを1枚でも持っていると旅行の安心度が上がりますね」

頻繁に海外に行く方は持っておくと何かと便利なカードと言えそうです。

また別のビジネスマンの男性はこんな口コミを書いています。

「これ1枚あればSuicaも楽天Edyも利用できるのでとても便利です。このカードを使い始めてからほとんど現金を持ち歩かなくなりました。どこでもだいたい利用できるので、財布に現金を入れずに済んで助かっています。JALの便を予約する時にもこのカードがあると便利ですし、生活のいろいろな場面で活躍してくれます。出張の多い身としてはいつも肌身離さず持っていたいカードです」

また飛行機によく乗るという女性の口コミです。

「他の航空会社のカードは国内の旅行ではあまりポイントが貯まらないと思っていました。でもJAL普通カードは国内の近距離の旅行でもマイルが貯まるので本当に重宝しています。かなり還元率がいいので素早くマイルを貯めたい人にはおすすめです。航空券だけではなくて、買い物でもけっこうマイルが貯まるのでどんどん使いたくなるカードですね。毎年初搭乗の時にはボーナスマイルがもらえるのもお得なポイントだと思います」

出張でよくJALを利用するという男性はこんなことを言っています。

「飛行機移動が仕事柄多いので、JAL普通カードにはいつも助けられています。利用すればするほどマイルが貯まるので、すでに何回か無料で航空券を購入できました。移動費用や滞在費もかなりの出費になりますが、ホテルの滞在費用もマイルで払えることがあるのでとても便利だと思います。周りの友達も幾人かJAL普通カードを持っていますが、年会費に対してサービスが充実していることを高く評価しています」

やはり年会費とサービスの費用対効果が高いのがJAL普通カードの魅力と言えそうです。

一方でJAL普通カードに物足りなさを感じる口コミもわずかながら見られます。JAL普通カードはJALアメックス以外は空港ラウンジを利用できません。ビジネスマンの男性の口コミです。

「JAL普通カードは基本的にサービスがよく満足しているのですが、空港ラウンジが使えないのはちょっと不満です。空港ラウンジが使えればほぼ完ぺきだとは思うのですが、年会費の安さを考えれば致し方ないのかとも思います。これからもう少し改善してくれればうれしいですね」

こうした口コミを見ても、大多数はJAL普通カードの使いやすさ、マイルの貯まりやすさを評価するものです。サービスの一部や保険の内容にやや物足りなさを感じるとしても、圧倒的な使いやすさを考えると作っておいて損はないカードと言えるでしょう。他の航空会社のクレジットカードと比較してもJAL普通カードの使い方はたくさんあり、メリットが多くある一方でデメリットの少ないカードになっていますよ。

人気の秘密はバランスの良さ
JAL普通カードを評価している人の口コミでは、このカードのバランスの良さがピックアップされています。つまり年会費がそれほど高くないのに早くマイルが貯まり、しかもいろいろなサービスが受けられるということです。これからJAL普通カードを作りたいという方は、こうした使い方についてもよく知っておくと良いでしょう。
年会費
初年度2年目~
無料2,000円(税別)
申込み条件
18歳以上(高校生を除く学生可)の方
発行までのスピード
約4週間
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今ならご入会で最大2,050マイルプレゼント!(2019年3月31日申込み分まで)

JAL普通カードのまとめ

ここまで見てきたようにJAL普通カードにはおすすめポイントがいくつもあります。上手な使い方をすればどんどんとマイルが貯まるのです。

JAL普通カードではフライトとショッピングの二つの使い方があります。ぜひ二つの使い方を駆使して効率よくマイルを貯めるようになさってください。

特約店でお買い物をすればマイルが2倍貯まるということもぜひ覚えておきましょう。

普通に買い物をするよりもはるかに早くマイルをためることが可能になりますよ。フライトもJAL普通カードを持っていればお得に航空券が購入できることも知っておくと良いですね。

JALビジネスきっぷでは2枚つづりの航空券をお得に購入することができます。同じ区間で何度も行き来するという方は、JALビジネス切符を利用すれば、マイルも貯まって、しかも二回航空券を購入するよりもかなり安く旅行ができるということになります。

貯まったポイントの使い道が多いこともJAL普通カードの魅力です。

ホテルに泊まったり、クーポンに換えたりすれば、宿泊にもマイルが使えます。

年会費をマイルで支払うこともできるので、よくフライトを利用する方やショッピングで多くのマイルを稼ぐ方は、年会費無料の初年度以降も現金で年会費を支払う必要はなくなるかもしれません。

さらに他の商品にも交換することができます。グルメな方は食べ物に、美容に興味がある方は美容機器に、さらにいろいろな体験がしたい方は体験プランなどにマイルを使うと良いでしょう。

マイルを使う選択肢が広いのもJAL普通カードの特徴なのです。

JAL普通カードには自動的に旅行保険が付帯するので、海外旅行に行くときにも最低限の保障が受けられるというメリットもあります。しかしもしもっと手厚い保障が受けたいのであれば、自主的に他の旅行保険に入っておくようにしてくださいね。

JAL普通カードは使い方がいろいろあって、主婦の方も学生の方もビジネスマンも、ライフスタイルに合わせてマイルを貯められる便利なカードです。ぜひJAL普通カードを申し込んで、効率よくマイルをためて旅行や出張を楽しむようにしてくださいね。

JAL普通カード(JCB)の特徴とメリット・デメリットまとめ

 

年会費
初年度2年目~
無料2,000円(税別)
申込み条件
18歳以上(高校生を除く学生可)の方
発行までのスピード
約4週間
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
今ならご入会で最大2,050マイルプレゼント!(2019年3月31日申込み分まで)