世界でも最高クラス!JCBブランドのANAプラチナカードをチェック!

世界でも高い信頼性を持っており、クレジットカードの最高峰クラスのカードとして注目されているのがANAプラチナカードです。このカードは、複数のポイントを得られるほか、割引サービスを活用できるメリットを持っています。

利用する場合は、厳しい審査を通過しなければならない点に気を付けましょう。また、クレジットカードでも破格のサービスを持っているものの、年会費も破格の数字が適用されています。慎重に利用を検討したいカードの1つでもあります。

ANAプラチナカードは世界でも高機能なカードとして有名

ANAプラチナカードは、世界に存在するクレジットカードの中でも、高機能なクレジットカードとして認知されています。利用している人も多くなっているほか、持っているだけで様々な機能を使い、ポイントや生活面でのメリットを得られるカードとなっています。

高い機能を持っているクレジットカードですので、その分だけ年会費の負担は大きくなっています。ただ、年会費の負担分以上の恩恵は受けられるようになっていますので、利用していけば大きな負担はそこまで感じないでしょう。

ANAプラチナカードが持っている機能

ANAプラチナカードは、多くの機能を持ったクレジットカードです。一般的なクレジットカードに用意されている機能が強化されているほか、プラチナカードなどの高ランクのカードに用意されている特典も多数準備されています。

複数のポイントを貯められる

ANAプラチナカードは、複数のポイントを得られるカードとなっています。本来は1つのポイントしかクレジットカードは得られないのですが、ANAプラチナカードは複数のポイントを得られる機能が用意されているのです。

マイレージはもちろんのこと、他にも楽天EdyやVISAのポイントなど、多数のポイントサービスが一緒に付与されています。多くのポイントを1枚で貯められるのは非常にいいところでしょう。

ポイントサービスは追加も可能

標準装備されているポイントサービスもありますが、追加できるポイントサービスも準備されています。ポイントサービスに不満があれば、追加のポイントを得られるように設定したほうがいいでしょう。

ラウンジが無料で使える

プラチナカードの多くは、ラウンジを無料で使える機能を持っています。ANAプラチナカードも、ラウンジを無料で使える機能が追加されており、旅行や出張の際にラウンジを使い、快適に待つことが可能です。

ラウンジは選ばれたカードを持っている人だけが利用できます。ANAプラチナカードは、 ANAが提供している最高ランクのカードですので、ANAが提供しているあらゆるラウンジが使えるようになります。もちろんラウンジは無料ですので、負担もありません。

各種割引サービスが使える

レストランなどの割引サービスが用意されています。割引サービスを利用すると、これまで利用しづらいと感じていたお店が利用しやすくなるほか、予約も入れやすくなります。各種割引サービスは有効に使い、より多くのお店で食事を楽しむといいでしょう。

割引サービスの対象店舗は、様々なお店が選ばれています。ただ、確認しておかないとわからない部分もあるため、できる限り情報を知ってから予約を入れるようにしましょう。また、割引サービスを使う場合は、事前に予約が必要です。

JCBのANAプラチナカードは入会だけでボーナスマイルあり

JCBが発行しているANAプラチナカードですが、入会するだけで10,000マイルが提供されます。入会するだけでこれだけのマイルが得られるのは非常にいいことでしょう。また、マイルを多く持っていれば、航空券などに交換して快適な旅も実現します。

プラチナカードは最高ランクのカードとなりますので、他のカードよりも得られるマイルが多くなっています。入会だけでも相当なポイントを提供してくれるカードは、ANAプラチナカードを除けばほぼありません。

継続でもボーナスマイルが得られる

継続でもボーナスマイルは用意されます。継続の場合も同額のマイルが支給されるため、毎年カードを継続しておけば、追加でマイルがもらえます。年会費の一部がマイルに代わっていると考えておけば、負担はそこまで多くないと感じるでしょう。

ANAに搭乗するだけで追加のマイルも獲得

ANAに搭乗するだけで、追加のマイルも得られます。マイルの計算は複雑な方法を採用していますが、基本的に旅行時に負担している金額が多ければ多いほどマイルは増えます。海外旅行などでは多くのマイルが期待できるでしょう。

ANAプラチナカードはJCBプラチナカード同様に審査が厳しい

ANAプラチナカードですが、JCBが提供しているプラチナカードと同じように審査基準がかなり厳しくなっており、審査通過ができない人も多数います。年収面での安定性はもちろんのこと、勤務年数等の問題もしっかりと解決しておきましょう。

また、過去にANA関連で問題を起こしていると、審査に落とされる可能性が高くなってしまいます。審査を確実に通過するためにも、過去の問題などを把握してください。どうしても気になる点があれば、少し審査を受けるまで時間をかけて調べてください。

年会費もかなり高いので注意しよう

ANAプラチナカードは、年会費が税別80,000円とかなり高い金額が採用されています。年会費が8万円というのは、プラチナカードでも相当高い数字となりますので、負担が難しいと判断しているなら他のカードを検討したほうがいいかもしれません。

まとめ

ANAプラチナカードは、JCBが発行しているプラチナカードの1枚で、他のカードとは異なる機能を多数持っています。多数のポイントサービスを利用できるほか、マイルを大量に提供しているというメリットは非常に大きなものとなるでしょう。

年会費の負担や審査の厳しさという部分はあるものの、利用できればANA関連のサービスを利用していくだけでマイルを貯められるほか、普段の買い物などでポイントサービスを利用しやすくなります。持っていて損はない1枚です。