JCB LINDA(リンダ)は女性がキレイになるクレジットカード?女性向けの特典やメリットを徹底解説!

この記事を読んで分かること

・JCB LINDAの基本情報

・JCB LINDAの特典

・JCB LINDAのメリット・デメリット

皆さんは、『持つだけでキレイになるクレジットカードがある』のをご存知でしょうか?

現在、クレジットカードは多種多様な機能を持ったカードが溢れていますよね。年会費も無料から高いものですと何十万円もかかるカードまであります。会社も特典も様々で、結局どんなカードを選べば良いか迷ってしまいます。

そんな『クレジットカード難民』の方達に是非お勧めしたいのが、JCBが展開する女性向けカード『JCB LINDA』になります。

膨大な量のクレジットカードの特典やサービスの比較・検討に頭を悩まさなくても、女性向けカードならではの嬉しい特典やメリットが沢山詰まったカードです。

「そんなカード本当にあるの?」
「『女性向け』って他のカードと何が違うの?」
「男性は持てないの?」

そんな疑問にお答えするべく、『JCB LINDA』の魅力についてご紹介していきます。

JCB LINDAの基本情報

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方(一部お申し込みになれない学校があります)。
発行までのスピード
最短3営業日
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
M / mika ninagawa券面で新規入会の方限定!写真家/映画監督の蜷川実花がディレクションするブランド「M / mika ninagawa」のヘアアクセサリー(バレッタ&リボンゴム)を先着200名様にプレゼント!

さっそく、『JCB LINDA』がどのような特徴を持ったカードなのかを見ていきましょう。

『JCB LINDA』は、国際ブランドでもあるJCBが、女性向けのクレジットカードとして発行しています。

イメージコンセプトは『キレイと出会うカード』
この言葉だけでも、女性の方は期待でワクワクして来ますね。

JCB LINDA(リンダ)年会費

まずは気になる年会費からです。
こちらは、永年無料となります。

注意

データ維持費として月100円(税別)かかります。

データ維持費とは?

JCB LINDAデータ維持料

「『データ維持費』って何?」という方の為に、簡単に説明させて頂きます。

『データ維持費』とは、顧客情報のデータ管理や維持を目的として徴収している費用になります。

月額100円ですが、毎月の支払いではなく年2回(2月・8月)にまとめて口座振替となります。

ただし、下記の条件に当てはまる場合は、無料となりますのでご安心下さい。

無料となる条件

・携帯料金(PHSを含む)を『JCB LINDA』で支払う場合
※支払い方法を変更する場合には、手続き完了までに1,2ヶ月かかることがあります。

・支払い金額が1万円を超過する場合
※家族会員の分も合算可

・学生
※卒業予定年月まで

JCBではどのカードでもこの『データ維持費』を徴収している訳ではなく、『JCB LINDA』特有の制度になります。

たかが100円と言えでも、この点は、若干デメリットと感じてしまいますね。

とはいえ、月1万円以上使用すれは、データ維持費は無料になりますし、家族会員の方との利用金額を合算することも出来ます。

『JCB LINDA』を持つのであれば、メインカードとして使用することをお勧めします。

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方(一部お申し込みになれない学校があります)。
発行までのスピード
最短3営業日
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
M / mika ninagawa券面で新規入会の方限定!写真家/映画監督の蜷川実花がディレクションするブランド「M / mika ninagawa」のヘアアクセサリー(バレッタ&リボンゴム)を先着200名様にプレゼント!

JCB LINDA(リンダ)はどんな人が申し込めるの?男性はダメ?

申込み対象は、18歳以上で、本人もしくは配偶者に一定の収入がある方であれば対象となります。

高校生を除く、学生の方も申込み可能です。

注意

一部申込み不可な学校がありますのでご注意下さい。

『キレイと出会うカード』というと、女性専用カードのように思われがちですが、『女性のみ』との記述はなく、『JCB LINDA』は男性でも申込み可能です。
カードのイメージだけで入会を諦めてしまうのは、もったいないですので、男性でも『JCB LINDA』に興味がある場合は、是非申込んでみましょう。

女性向きに発行されているクレジットカードはほかにもJCBカードWplusLというクレジットカードがあります。こちらも女性に嬉しいサービスがたくさんあるので確認してみてください!

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
原則として18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
発行までのスピード
最短3営業日(通常1週間程度)
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
・今なら最大8,000円分プレゼント(2019年3月31日入会発行分まで)
・今なら新規入会後3ヶ月間ポイントが4倍(2019年3月31日入会受付分まで)

JCB LINDA(リンダ)の審査基準は厳しい?

JCBは一般的なクレジットカードよりも、審査がやや厳しい傾向があります。

ただし、『JCB LINDA』は年会費無料で18歳以上であれば学生でも資格があることを考えると、それほど審査基準は厳しくないと思われます。

申込み資格にも『配偶者に一定の収入があれば』と記載されていますので、専業主婦の方でも審査は通る可能性は高いと考えられます。

JCB LINDA(リンダ))家族カードはある?

家族カードも申込可能です。

本会員の配偶者、親、18歳以上の子供が対象になります。

注意

本会員が学生の場合は家族カードの申込みは出来ませんのでご注意下さい。

また、オンライン上で入会と家族カードの申込みを同時に行なう場合は、最大2名までとなります。

3名以上の申込みを行なう場合は、入会完了後にJCB会員専用のWEBページ『MyJCB(マイジェーシービー)』から行なうことが可能です。

JCB LINDA(リンダ)ETCカードは作れる?

ETCカードも作成可能です。
申込みは入会時、入会後どちらでも可能です。

入会と同時に申込みを行なった場合は、『JCB LINDA』のカードとは別の郵送で送られてくることがあります。

入会後にETCカードを申し込む場合

JCB会員専用のWEBページ『MyJCB』からでも追加することが出来ます。

 

JCB LINDA(リンダ)カードの利用可能金額は?

10万円以上100万円未満になります。
学生の場合は、10万円または30万円から利用可能金額を選択することが出来ます。

また、JCBの法人カードを複数枚数を所持している場合は、各カードの中で一番高い金額が適用されます。

注意

一部、上記に該当しないカードもありますのでご注意下さい。

キャッシング枠はいくら?

社会人であれば、50万円まで可能です。
学生は、10万円までとなります。

注意

『JCB LINDA』は原則として本人に収入が無い場合はキャッシングは行なえません。
つまり収入のない専業主婦や学生の場合は、キャッシング枠は付与されません。


ただし、パートやアルバイトなどを行なっていて、収入の保障がある方はキャッシングサービスの審査対象となります。

JCB LINDA(リンダ)の魅力的な特典

ここまで『JCB LINDA』の基本情報についてご紹介してきました。
続いては、『JCB LINDA』の魅力的な特徴やサービスについて、ご紹介していきたいと思います。

女性のキレイをサポートしてくれる『JCB LINDA』
まさに女性の為に作られたと言っても過言ではない程、嬉しい特典がたくさん用意されています。

JCB LINDA(リンダ)はデザインが選べる!

JCBリンダバリュエーションの画像

申込時に『JCB LINDA』のカードのデザインを選ぶことが出来ます。

どのカードもとてもお洒落で目移りしてしまいますね。

各カードデザインには、それぞれテーマや想いが込められています。

是非、自分に合ったとっておきの1枚を選びたいですね。

選択可能なデザインは下記8種類になります。

注意

ちなみに、M / mika ninagawaのデザインは、郵送での申し込みでは選択することが出来ません。

最新のカードデザインを申し込みたい場合は、WEB申込みを行なうことをお勧めします。

選べる8種類のカードデザイン

・M / mika ninagawa ※WEB入会のみ

・オマモリコトリ

・ライズハート

・Jモチーフ

・チェルシーボーダー

・ストライプ

・イマージュ

・ポニーテール

一度カードデザインを選択すると、他のデザインに変更することは出来ませんので慎重に選ぶ必要がありますね。

カードは自分も他の人も含め、頻繁に目にするものです。

お洒落なカードをサッと取り出して使う所を想像するだけで、心がウキウキしてきますね。

女性を応援する『LINDAリーグ』の特典

LINDAリーグの説明画像

こちらもキレイを応援する嬉しい特典です。

毎月『JCB LINDA』会員向けに、『LINDAリーグ』という名前の様々なサービスを行なっています。

ロクシタンやスタバも!チャンスは毎月!

特典抽選の一例画像

『LINDAリーグ』では、毎月プレゼントももらえるイベントが開催されています。

もちろん応募出来るのは、『JCB LINDA』会員だけです。

景品は、女性の必需品であるアクセサリー、化粧品から、旅行券、映画鑑賞券など、様々な沢山の中から応募することが出来るのです。

景品は毎月変わっていきますが、参加企業はロクシタンやスターバックス、資生堂など、女性なら必ず名前を聞いたことがある企業ばかりですので、無料で貰えるとなると期待も膨らみますね。

景品の応募は、WEB上から簡単に行なうことが出来ます。

また、複数の景品にも応募することが出来ますので、確率を上げる為にも是非色々な景品にチャレンジしてみたいです。

注意

重複当選はありませんので、「絶対にこの商品が欲しい!」となった場合は、1点のみ応募するのも良いかも知れませんね。

『JCB LINDA(リンダ)』会員限定のお得な優待特典

『JCB LINDA(リンダ)』会員限定のお得な優待特典

こちらもかなり嬉しい特典です。
『JCB LINDA』会員だけが利用出来る、お得な優待特典が毎月用意されています。

優待の内容

旅行やホテルでのドリンクサービス、リゾートウェディングの割引など

『JCB LINDA』は、年会費無料ですので、持っているだけで優待を受けられるのはかなり嬉しいですね。
優待情報は毎月変わりますので、こちらもプレゼント抽選と合わせてチェックしておきたいですね。

注意

優待を受けるには、『JCB LINDA』のカードでの支払いが条件となっていますので注意しましょう。

JCB LINDA(リンダ)のメールマガジンは必見!

JCB LINDAのメールマガジン

『JCB LINDA』では、ファッションやコスメ、グルメ、映画など様々なジャンルに渡り女性の『キレイ』を応援する為のメルマガ『MyJCB Express News for LINDA』を発信しています。

『LINDAリーグ』からの最新の優待情報などもメルマガに届きますので、気になる方は是非配信を希望しておきましょう。

メルマガの配信は、JCB会員専用のWEBページ『MyJCB』から簡単に設定することが出来ます。

JCBLINDA(リンダ)からお洒落な会報誌が届く!?

JCB LINDAの会報誌の画像

『JCB LINDA』では、会員向けの会報誌も用意されています。『Monthly LINDA』という名前で、その名の通り毎月カード利用明細と合わせて郵送されます。

こちらの会報誌が「ファッション雑誌?」と勘違いしてしまいそうな位おしゃれな表紙の会報誌なのです。

注意

利用明細を郵送ではなくメール配信を希望している場合は、会報誌は届きませんのでご注意下さい。

「えー会報誌見れないの?」という方も、ご安心下さい。
郵送でなくても、JCB会員専用のWEBページ『MyJCB』からPDFファイルで『Monthly LINDA』をダウンロードすることが可能です。

ついつい雑誌が貯まってしまう……という方にとっては、むしろパソコンやタブレットから見れる会報誌の方が便利かも知れませんね。

保険もカバー!『お守リンダ』で安心を手に入れよう

JCB LINDAの選べる女性向け保険お守リンダの画像

JCB LINDA』のカードには国内・海外を含め保険は付いていません。しかし、このデメリットを上回る魅力的な保険が用意されています。

それが、『お守リンダ』になります。

この『お守リンダ』は、様々な女性向け保険が用意されています。『JCB LINDA』会員なら絶対にチェックしておきたい保険です。

実際にどんな保険があるのか見ていきましょう。
プランはAからDまで4種類用意されています。

保険内容

特にプランAは、女性特定がんの手術を行った場合に、50万円を受け取ることが出来る保険となります。

女性特定がんとは、乳がん・子宮がん・卵巣がんなどになります。

特に乳がんは、女性の14人に1人がなると言われているがんです。

乳がんで亡くなる方も年間約1万3,000人もいて、決して他人事ではありません。

この保険では、20〜24歳であればなんと30円から掛けることが出来るのです。

保険が最大金額になる55〜59歳であっても、金額は630円とかなりリーズナブルです。

がんと診断される割合が多くなる40代でも、ワンコイン以下で保険を掛けれるのはメリットですね。

注意

すでに保険がおりるのは『初めて』がんと診断された場合のみです。既に診断済みの方は入ることが出来ないのでご注意下さい。

各年代の保険額は下記になります。

年齢 20〜24歳 25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜44歳 45〜49歳
掛金(月) 30円 60円 110円 190円 340円 480円
年齢 50〜54歳 55〜59歳 60〜64歳 65〜69歳 70〜74歳 75〜79歳
掛金(月) 600円 630円 560円 560円 520円 420円

他の3種類ですが、プランBは『天災限定傷害』、プランCは『犯罪被害補償』、プランDは『傷害入院補償』となっています。

文字だけですと、何の保険なのかあまりピンと来ない方も多いと思います。それぞれ下記の内容になります。

保険内容

・『天災限定傷害』
地震や噴火、それに伴う津波による災害で入院、または手術をした場合におりる保険です。

・『犯罪被害補償』
ひったくりや空き巣、ストーカー被害などの犯罪に合った場合におりる保険です。例えば、ストーカー対策の為、家に監視カメラを設置した場合などには、設置費用を受け取ることが出来ます。

・『傷害入院補償』
偶発的な事故に合い怪我や入院をしてしまった場合におりる保険です。例えば、交通事故や電車事故に巻き込まれた時などが対象となります。国内・海外でも保険の対象となります。また、上記にある天災の場合は保障対象外になります。

天災や交通事故などは誰にでも起こり得ることですし、ひったくりやストーカー被害などは、女性が巻き込まれやすい犯罪です。

BからDの各プランの掛け金と保障内容をまとめました。どの保険も掛金が小額というのが嬉しいですね。

 

プラン

掛金(月) 保障内容
プランB
『天災限定傷害』
60円 入院5,000円(日額)※180日まで
手術保険金(種類により)5、10、20万円
プランC
『犯罪被害補償』
100円 ひったくり損害 最大50万円
空き巣による鍵取替え費用 最大3万円
ストーカーの防犯機器費用 最大50万円
プランD
『傷害入院補償』
390円 入院5,000円(日額)※180日まで

『お守リンダ』の名前の通り、まさに『お守り』代わりにしたい保険といえるでしょう。

注意

どのプランの保険も20歳以上からが申込み対象となります。

『JCB LINDA』のカード自体は18歳以上から持つことが出来ますが、保険は入ることが出来ないのご注意下さい。

海外旅行も安心!ショッピングガード保険も付帯

JCB LINDA 自動付帯保険『ショッピングカード保険』説明画像

『JCB LINDA』には、ショッピングガード保険が付帯されていて最大100万円まで保障されます。

自動付帯となりますので、手続きは不用でカードを持っているだけで、保険対象者となります。

保険が適用される条件

『JCB LINDA』のカード支払いで購入した物品が盗難や事故などにより破損してしまった場合、購入日から90日間、最大100万円まで保障してくれます。

盗難にあった場合など、気がつくのが遅れても保証されるというのは安心ですね。

注意

ショッピングガード保険は、JCBギフトカードで購入した場合は、保険適用外となりますのでご注意下さい。

『JCB LINDA』会員限定のポイントプログラムで使うほどお得に!

OkiDokiポイントプログラムFOR LINDAの説明画像

続いては、お得なポイントプログラムのご紹介です。通常、『JCB LINDA』では、1,000円で1ポイント付与されます。

JCBではこの1ポイントをOki Dokiポイントと呼び、様々な商品やサービス、金券、ポイントなどと交換することが可能です。

1ポイントは約5円となりますので、ポイント還元率は0.5%となります。これは一般的なクレジットカードの還元率となります。

ところが、『JCB LINDA』では『LINDAボーナス制度』と特典を受けることができ、最大でポイントを3倍取得する事ができるのです。

条件は、年間のカード利用金額が50万円であれば2倍、100万円であればポイントが3倍となります。

2倍であれば、ポイント還元率は1%、3倍であれば、ポイント還元率は1.5%となりますので、高還元率といえるカードにすることが出来ます。

現在、主なスーパーやコンビニ、飲食店でクレジットカードが使用可能です。年間50万円であれば、月に約42,000円。

100万円ですと、月に約83,000円で達成出来ます。

出来るだけ『JCB LINDA』のカードを利用することを心がければ、年間50万円、100万円の利用も決して、不可能ではないですね。

前述しましたように、『JCB LINDA』は月の使用金額が1万円以下ですと、100円のデータ維持費が発生します。

メインカードとしてどんどん使用することで、お得に利用することが出来るカードと言えるでしょう。

JCB LINDA限定ボーナス制度の画像

『LINDAボーナス制度』

適用期間が入会月から1年の間での合算金額となり、ポイントアップは達成月の翌月からとなります。

カードの締め日は15日となりますので、例えば2018年10月1日に入会した方は、2019年9月15日までが1年間の『LINDAボーナス制度』対象期間となります。

それ以降はまた新たに1年間、『LINDAボーナス制度』が始まり、ポイント還元も1,000円で1ポイントにリセットされてしまいます。

注意

注意が必要なのは、ポイントアップは達成月の翌月からになりますので、最終月に50万円もしくは100万円を達成しても、翌月からは新たな『LINDAボーナス制度』が始まり、ポイントアップの対象とならないのです。

反対に、早めに目標金額まで達成してしまえば、『LINDAボーナス制度』が適用される1年間はずっと2倍、3倍のポイントを貯めることが可能です。

ポイントアップの期間が長ければ、それだけお得になるというのは言うまでもないですね。

以上のことから、『LINDAボーナス制度』を狙うのであれば、可能な限り早い時期に積極的にポイントを貯めることがお勧めです。

ポイントシミュレーションで試算してみよう

OkiDokiポイントシュミレーションの画像

『JCB LINDA』のサイトでは、『ポイントシミュレーション』というページから、年間のカード利用金額からポイントがいくら貯まるのか試算出来ます。

ヘアサロンやコスメ、洋服などの生活雑貨だけでなく、スーパーやレストランなどの食費、携帯電話や公共料金や旅行の支払いを全て同一のカードに統一することで、ポイントを大量に獲得出来ます。

ページは、『JCB LINDA』のホームページより、『Oki Dokiポイントプログラム for LINDA』→『 ポイントシミュレーション』で見ることが出来ますので、是非試してみましょう。

注意

『 ポイントシミュレーション』はあくまでもシュミレーションになりますので、『LINDAボーナス制度』の適用も簡易試算になりますのでご注意下さい。

スタバ好きの方は朗報!ポイント10倍に!

スタバのポイント10倍の画像

いつも話題の商品を提供してくれ、特に女性客に人気のスターバックスコーヒー。ファンの方も多いですね。

『JCB LINDA』をお持ちの方であれば、Oki Dokiポイントを10倍にすることが可能です。

条件は、スターバックスカードに、オンライン入金とオートチャージをすることです。

注意

ポイントを10倍にするには、事前にキャンペーン参加の登録が必要ですのでご注意下さい。

参加方法は、LINDAホームページのキャンペーンサイトより随時登録を行なうことが出来ます。

ちなみにこのキャンペーンの対象期間は、2018/3/27から2019/12/31までとなっています。実質、永年利用可能と見て間違いないでしょう。

日常的に、スタバを利用されている方も多いと思います。そんな方には是非お勧めしたい特典ですね。

貯めたOki Dokiポイントはどんな商品と交換できるの?

ためたOkiDokiポイントで交換できる商品の画像

さて、ここまでは『JCB LINDA』の特徴についてご紹介してきました。

続いては、貯めたOki Dokiポイントはどんな商品やサービスと交換出来るのか見ていきましょう。

どんなにポイントを沢山貯めても、交換したい物がなかったら宝の持ち腐れですよね。

JCBのサイト

『JCB LINDA』で貯めたポイントは、目移りしてしまう程たくさんの商品と交換することが可能です。

貯めたポイントの確認

郵送される利用明細、会員専用WEBサービス「MyJCB」、電話でも24時間365日確認出来ます。

Oki Dokiポイントは、商品だけでなくオンラインショップで使えるポイント交換やギフトカード、テーマパーク入園券や旅行券、キャッシュバック交換など、多岐に渡り様々なジャンルの商品やサービスと交換が可能です。

注意

交換の際の注意点として、各商品やサービスによってレートが異なるということです。例えば、キャッシュバック交換の場合は1ポイントを3円として利用代金から差し引かれますが、Amazonポイントは1ポイント3.5円で交換出来ます。

中には、交換の総ポイント数により交換レートが異なる場合もありますので、注意しましょう。

例えば、nanacoカードでの交換レートは下記のようになります。
550ポイントを2回交換するなら、1,050ポイントを貯めて一度に交換した方が、得るポイント数は多くなります。

Oki Dokiポイント nanacoポイント 交換率
(1ポイント)
550 2,000 3.63
1,050 5,100 4.85
2,050 10,000 4.87
4,050 20,000 4.93
8,050 40,000 4.96

ただし、Oki DokiポイントはJCBカードの種類によって有効期限が異なります。

『JCB LINDA』は、ポイント獲得月から2年間になります。こちらも併せて期限切れにならないように気をつけたいですね。

38歳以下なら『JCB CARD W plus L』がお勧め!

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
原則として18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
発行までのスピード
最短3営業日(通常1週間程度)
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
・今なら最大8,000円分プレゼント(2019年3月31日入会発行分まで)
・今なら新規入会後3ヶ月間ポイントが4倍(2019年3月31日入会受付分まで)

JCB CARD W plus Lのまとめ画像

『JCB LINDA』の若者版といえる『JCB CARD W plus L』のカードがあります。こちらは、38歳以下で申し込むことが出来ます。

ちなみにこのカードは、39歳以降も継続して持つことが出来ますのでご安心下さい。

カードスペックは、ほぼ『JCB LINDA』と同じです。

上記にご紹介してきた『お守リンダ』やプレゼント抽選、『LINDAリーグ』の特典やサービスも全て利用することが出来ます。

特に保険では、『お守リンダ』はもちろん、女性疾病保険にも入ることが出来ます。

こちらの保険は、月額290円からですので非常にリーズナブルですね。

保障内容は、かなり手厚く、入院や手術などで受け取ることが出来ます。

また、『JCB LINDA』には付帯保険は付いていませんが、『JCB CARD W plus L』には最大2,000万円受け取れる海外旅行傷害保険が付きます。

さらに、こちらのカードは『W』がカード名に付いているように、通常は1,000円で1ポイント付くのが、なんと2倍の2ポイントも付与されます。

また嬉しいことに、『JCB LINDA』でデメリットと感じた『データ維持費』の100円が、『JCB CARD W plus L』では無料となります。

JCB CARD W plus Lの特典

・月100円のデータ維持費なし

・ポイントが常に2倍

・月額290円からの女性疾病保険に加入可能

・海外旅行傷害保険が付帯

38歳以下で『JCB LINDA』を検討されている方は、『JCB CARD W plus L』のカードも要チェックですね。

注意

『JCB LINDA』で紹介したポイントが最大3倍になる『LINDAボーナス制度』は、ありませんのでご注意下さい。

年間100万円のカード利用が見込まれる方は『JCB LINDA』の方が向いているかも知れませんね。

JCBカード W plus Lの特徴・メリット・デメリットまとめ

『JCB LINDA』のメリット・デメリットまとめ

ここまでの『JCB LINDA』のメリット・デメリットをまとめてみました。

JCB LINDA(リンダ)のメリット

  • 年会費無料
  • 「お守リンダ」でリーズナブルな保険に入ることが可能
  • ポイントプログラムで、普段の買物でポイント最大3倍に!
  • カードデザインや会報誌などお洒落要素が盛り沢山
  • 毎月会員限定の優待特典やプレゼント抽選
  • 18歳以上であれば学生でも申請可能

JCB LINDA(リンダ)のデメリット

  • データ維持費が月100円必要な為、サブカードとして持つには微妙
    ※データ維持費は条件によっては無料
  • カードの付帯保険なし
  • 男性も入会可能だが、お洒落好きな男性でなければ、メリットが少ない

以上のことから、『JCB LINDA』は、

  • クレジットカードもお洒落に持ちたい
  • メインカードとして持ちたい
  • データ維持費の無料条件に当てはまる(月1万円以上の利用 or 携帯電話の料金をカードで支払い or 学生)
  • ポイントをとにかく貯めたい

という方に特にお勧めですね。
38歳以下であれば、ポイントが2倍になる『JCB CARD W plus L』を持つことも是非検討してみて下さい。

『JCB LINDA』の口コミは?

『JCB LINDA』の評判はどうでしょうか?ネット上での口コミを調べてみました。

やはり、『女性向けのクレジットカード』ということで気になっている方が多いようですね。

年会費無料にも関わらず、ポイントアップのプログラムやプレゼント抽選、カードデザインなども魅力的なようです。

実際に『JCB LINDA』も保有している方も「ポイントがいつの間にか貯まっている」と好評です。

逆に男性からは「女性ばかり優遇されてずるい!」との声も……。

しかし、『JCB LINDA』は、冒頭でも記載しましたが、あくまでも『女性向け』のクレジットカードであって、女性限定ではないです。

ですので、男性の方も入会することは可能ですが、勘違いされている方が多いように感じました。

そして、『データ維持費』の月100円の徴収があまり評判が良くないようですね。
たかが100円されど100円といったところでしょうか。

確かに、他の年会費無料のJCBカードでも『データ維持費』を取っていないのに、『JCB LINDA』だけ取るというのは不思議ですね。

『実質、年会費の代わりなのではないか?』との声までありました。

ただ、データ維持費が無料となる条件は、それほどハードルは高くありません。逆に、それだけ利用者にとってお得なクレジットカードと言えるかも知れません。

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方(一部お申し込みになれない学校があります)。
発行までのスピード
最短3営業日
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
M / mika ninagawa券面で新規入会の方限定!写真家/映画監督の蜷川実花がディレクションするブランド「M / mika ninagawa」のヘアアクセサリー(バレッタ&リボンゴム)を先着200名様にプレゼント!

JCB LINDA(リンダ)まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

『JCB LINDA』は、『キレイと出会うカード』というキャッチフレーズに決して劣らない、女性に嬉しい魅力がいっぱいのカードです。

特別なサービスや特典を上手に使い、お洒落を楽しみたい女性に是非お勧めなカードになります。

JCBカード W plus Lの特徴・メリット・デメリットまとめ

 

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方(一部お申し込みになれない学校があります)。
発行までのスピード
最短3営業日
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
M / mika ninagawa券面で新規入会の方限定!写真家/映画監督の蜷川実花がディレクションするブランド「M / mika ninagawa」のヘアアクセサリー(バレッタ&リボンゴム)を先着200名様にプレゼント!