jcb プラチナ ザクラス(the class)の違いをわかりやすく解説

VIASOカードは学生でも申し込めるの?

JCBのハイクラスカードには、JCBプラチナとJCBザクラスの2枚があります。それぞれ年会費は、JCBプラチナは25,000円、JCBザクラスは50,000円となっています。JCBザクラスには、プラチナの2倍の年会費がかかる分プラチナにはない特典がいくつかあります。

本記事では、JCBプラチナとJCBザクラスの違いをわかりやすく解説していきます。年会費を参考にしつつ、どちらかがよいか検討してみましょう。

ザクラス(THE CLASS)にはメンバーズセレクションがつく

JCBプラチナとJCBザクラスの大きな違いとして、JCBザクラスにはメンバーズセレクションがつきます。メンバーズコレクションとは、JCBザクラスの特典のひとつで、カタログギフトから好きな商品を選ぶことができます。

カタログギフトの特選ギフトコースには、スポーツや美容、家電、グルメなど幅広い商品があります。エンターテインメント&トラベルコースは、東京ディスニーランドユニバーサルスタジオジャパンのパスやトラベルクーポンなどを交換できます。20,000円前後の商品がラインナップされているため、プラチナとの年会費の差を埋められる特典です。

JCBプラチナにはないサービスはこちら

JCBプラチナにはなく、JCBザクラスだけにあるサービスを紹介していきます。JCBザクラスだけのサービスが必要かどうかをしっかり見極めていきましょう。

・ディズニースイートルーム優待プラン

JCBザクラス会員になると、ディズニーホテルのスイートルームを割引料金で利用できます。ディズニーアンバサダーホテル・東京ディズニーシーホテルミラコスタ・東京ディズニーランドホテルのスイートルームが対象です。繁忙期には除外日が設定されているものの、最大40%オフで宿泊できるので、ディズニー好きにはうれしい特典となっています。

ホテル 客室 優待率
ディズニーアンバサダーホテル ミッキーズ・ペントハウス・スイート 40%
ミッキーズ・プレミア・スイート 30%
ファンタジア・スイート 30%
東京ディズニーシーホテルミラコスタ イル・マニーフィコ・スイート 20%
ミラコスタ・スイート 20%
東京ディズニーランドホテル ウォルト・ディズニー・スイート 40%
ディズニー・マジックキングダム・スイート 30%

 

・東京ディズニーリゾートJCBラウンジ

東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」と東京ディズニーシー「ストームライダー」の限定ラウンジを利用できます。JCBラウンジでは、ソフトドリンク飲み放題・ラウンジでの休憩・アトラクションへの優先搭乗の3つのサービスが提供されます。ひと休みしたり、人気アトラクションにすぐ乗れたりでき、ディズニーリゾートをより快適に楽しめます。

JCBラウンジを利用するためには、事前にラウンジ招待チケットの手配が必要です。またチケットの発行は年1回のみであるので注意しましょう。チケット1枚で4名まで利用できるため、年に1度家族でのディズニーリゾート旅行などに使うのがおすすめです。

・大相撲特別観戦

JCBザクラス会員は、大相撲特別観戦サービスとして、「溜まり席」の抽選に申し込むことができます。「溜まり席」は「砂かぶり席」とも呼ばれ、土俵際から力士を間近で見られる迫力満点の座席です。相撲ファンであれば、一度は座ってみたい貴重な座席で、優待プランで抽選に参加できるのは、とてもうれしいサービスでしょう。抽選に当たると、溜まり席で観戦できるだけでなく、お土産ももらえます。

まとめ

JCBザクラスには、メンバーズセレクションや東京ディズニーホテルのスイートルーム優待、東京ディズニーJCBラウンジ、大相撲特別観戦といった特典があります。ただ年会費がプラチナの倍で、ディズニーや相撲に興味のない方にとってはデメリットも多いです。JCBザクラスのステータスにこだわらない場合は、年会費の安いプラチナにする方がお得に無駄なくサービスを利用できるので、JCBプラチナを検討してみましょう。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)日本が誇るJCBブランドの至高カード!取得条件とメリットを徹底解説! JCB プラチナ徹底紹介JCB プラチナは審査が通り易い注目のステータスカード!2019最新情報完全版

以上、 jcb プラチナ ザクラス(the class)の違いをわかりやすく解説…という話題でした