jcbプラチナカードに必要な年収は?他のカードよりも多い?

JCBプラチナカードは、高い年収を持っている人のみが利用できるクレジットカードです。年収の低い人には利用できないクレジットカードとなりますので注意してください。

年収というのは、目安となる数字が一応決められています。しかし、JCB側が情報を出していないため、JCBプラチナカードに必要な年収というのはわからないのです。こうした情報をしっかりと確認した後、審査に臨むといいでしょう。

JCBプラチナカードは発行するために年収が必要

JCBプラチナカードを発行するためには、多くの年収が必要となります。年収が不足している場合は、クレジットカードの審査に落とされてしまいます。どうしても発行したい人は、まず年収を増やすように努力しましょう。

高いランクのクレジットカードでは、必要とされる年収が多くなっています。こうした年収については、目安となる数字が用意されています。この目安を理解して、年収を増やしていくように心がけましょう。

必要な年収は400万円以上

JCBプラチナカードを発行するためには、必要な年収が400万円ほど必要となります。年収が400万円に到達していない人は、JCBプラチナカードを利用するレベルに年収が達成していないと判断され、審査に落とされてしまいます。

申込者の情報次第ではさらに年収が必要に

申込者が提示した情報次第では、より多くの年収が求められる場合もあります。これは、仕事の状況によって、年収を増やさなければJCBプラチナカードを利用できないと判断されます。職業によっては目安となる数字よりも多くの収入が必要となります。

JCBプラチナカードは他のカードよりも必要年収が低い

JCBプラチナカードが求めている年収は、一見するとかなり高いように感じられるでしょう。400万円という年収は、多くの日本人が得られない、厳しい年収と感じられる部分があるためです。しかし、他のプラチナカードに比べると、必要な年収額は少ないカードにあたります。

他のプラチナカードでは、さらに必要な年収が高く設定されるため、多くの人が年収の目安を達成できません。JCBプラチナカードは、良心的な年収設定がされたカードと判断していいでしょう。

他のプラチナカードは500万円以上を求める場合も

他のプラチナカードの場合、500万円以上の年収を必要とする場合があります。500万円というのは、多くの人が達成できない年収でもあります。JCBプラチナカードの数字と比較しても、相当高い年収となるため、申し込みづらい傾向があります。

ゴールドカードに比べると必要な年収は多くなる

ゴールドカードの場合、必要な年収はカードによって異なりますが、大体300万円もあれば発行できます。JCBプラチナカードよりも必要な年収は少なく、収入をあまり持っていない人でも狙いやすいカードです。

JCBプラチナカードを発行する年収に満たない場合は申し込まない

JCBプラチナカードを発行したいと考えている人は、年収の数字をしっかり確認してください。そして、必要な年収に達していないと判断される場合は、申込みを控えましょう。審査に落とされてしまう可能性が高まり、発行するための道筋が遠のいてしまいます。

JCBプラチナカードは、1度審査に落とされてしまうと、厳しくなります。一度、審査に落ちた人は、前回よりも申込内容が改善されているか、確認する作業が入ります。その結果、審査に落とされやすくなるのです。

審査に落とされてより条件が厳しくなってしまう

JCBプラチナカードの審査に落とされると、そのユーザーはカード会社に情報が残ってしまいます。この情報が残っている間は、審査の条件が厳しくなる可能性が高くなってしまいます。審査の条件が変更されると、さらに審査を通過しづらくなってしまうのです。

年収が多くなるまで待ってから申し込みを

まずは年収が多くなるまで待つようにしましょう。JCBプラチナカードで必要とされる年収に達するまで待ってから、申込みをするといいです。年収の条件を達成しておけば、審査に落とされる可能性が低くなり、JCBプラチナカードを発行できるチャンスが増えます。

まとめ

JCBプラチナカードは、発行に必要な年収をしっかり確保しなければなりません。年収が足りない状態で申し込んでしまうと、審査に落とされる可能性はかなり高くなります。審査に落とされ続けた結果、発行するための条件が厳しくなるケースもあります。

どうしてもJCBプラチナカードを発行したいと思っているなら、まずは必要な年収に達するまで我慢してください。必要な年収を得られたと判断できる時点で申込むように心がければ、審査に落とされる可能性を下げられます。