JCBプラチナカードでクラスカードを狙うなら?条件はゴールドより甘い?

JCBプラチナカードは、使い続けると更に高いランクのカードを発行できます。

最高ランクのカードであるクラスカードは、JCBプラチナカードを利用する以外にも、必要な条件が多数あります。しっかりと条件を確認し、審査を通過できるようにしましょう。

JCBプラチナカードを使い続けるとクラスカードを発行できる

JCBプラチナカードを使い続け、一定の条件を達成した人は、クラスカードと呼ばれる最高ランクのカードが発行できます。クラスカードは、プラチナカードをさらに強化したカードで、多くの特典が用意されます。

ただ、JCBプラチナカードをかなり利用しなければならないこと、JCB側が信用できると判断されなければ、クラスカードの勧誘が受けられないなどの理由で、カードを持つ人はそこまで多くありません。

JCBプラチナカードを使ってクラスカードを得る方法

JCBプラチナカードを利用してクラスカードを得るには、まずカードを利用し続けなければなりません。カードを使い続けて、本当に信用できるという要素を作らなければ、クラスカードの勧誘は受けられないのです。

また、年収などの条件もしっかりと満たし、返済能力などを高めなければなりません。他にもカードを利用して問題を起こさないなど、基本的なミスは避ける必要があります。色々な問題を回避できれば、クラスカードのチャンスが得られます。

JCBプラチナカードの決済額を増やす

まずは、JCBプラチナカードの決済額を増やしてください。常に買い物時はJCBプラチナカードを使うくらいの気持ちを持っていないと、クラスカードに必要な決済額には到達しません。まずはカードを使い続けるところから始めましょう。

年収をしっかり確保すること

次に年収を必要な数字まで確保します。JCBでは、クラスカードに必要な年収は説明していませんが、一定以上の年収を持っていないとカードを発行できないルールとしています。つまり、必要な年収を確保しなければ、どれだけカードを利用してもクラスカードには届きません。

JCBプラチナカードでも、必要な年収はかなり高くなっています。しかし、クラスカードは更に多くの年収が必要です。どれだけ年収を増やせるか、慎重に考えながら行動するといいでしょう。

JCBカードで問題を起こさないこと

クラスカードは、高い信頼性が確保されないと発行できません。当然のことですが、JCBカードを利用して問題を起こしている場合、クラスカードは発行できません。それどころか、JCBプラチナカードの利用停止等の措置も発生するため、絶対に問題は起こさないでください。

問題を起こしてしまうと、二度とクラスカードの発行はできないと判断していいでしょう。それだけクラスカードというのは、本当に信頼できる人だけに用意されたクレジットカードなのです。

JCBプラチナカードとクラスカードの違い

jcbプラチナカードとクラスカードの違いは、年会費や用意される特典、更にはカードのランクが変わります。これらの違いを十分に理解して、どちらのカードがいいか検討しておきましょう。

ここからはプラチナカードとクラスカードの違いを説明します。

年会費に大きな差がある

JCBプラチナカードとクラスカードでは、年会費が大きく変わります。

JCBプラチナカードの年会費は25,000円ですが、クラスカードの年会費は50,000円となります。倍の年会費を取られてしまうため、なかなか一般の人には手が届かないカードではありますが、その年会費に見合った特典が用意されています。

なお、初年度無料などのサービスは用意されておらず、1年目から年会費を負担しなければなりません。

用意される特典が異なる

JCBプラチナカードには存在しない特典が、クラスカードには用意されています。クラスカードは、メンバーズセレクションと呼ばれる特典が用意されており、年に1度ギフトを受け取れます。このギフトは、年会費の半分に当たる、25,000円程度の商品やコースが手に入ります。

また、カード利用枠を個別に設定できます。カード利用枠は、本来はカード会社が決めるものですが、クラスカードは個人で設定できます。個人で柔軟にカードの利用枠を変えられるのは、カードの使いすぎなどを回避できるメリットに繋がります。

カードのランクが異なる

JCBプラチナカードは、名前の通りプラチナというカードのランクが設定されます。プラチナでも十分に高いランクを持っているのですが、クラスカードは更に上のランクが設定されます。

クラスカードというのは、ブラックカードに該当する商品です。ブラックカードというのは、プラチナカードの更に上に存在するランクであり、クレジットカードとしては最高ランクに該当します。つまり、プラチナカードよりも高いランクのカードを保有することとなります。

クラスカードを得たことにより、信頼性アップなどのメリットが得られる場合もあります。

家族カードを無料で発行できる枚数が異なる

クラスカードは、家族カードを無料で発行できる枚数が非常に多く、8枚まで無料で発行できます。家族全員にクラスカードを渡すという方法が使える他、クレジットカードの引き落としを1回で済ませられるなど、様々なメリットが得られます。

JCBプラチナカードも家族カードは発行できますが、クラスカードのように無料で発行できる枚数は少ないため、多くの人に家族カードを付与できません。

まとめ

JCBプラチナカードを利用し続けていると、将来的にはクラスカードと呼ばれる最高ランクのカードを得られます。ただ、クラスカードを得るためには、JCBプラチナカードを使い続け、なおかつJCB側を信用させる必要があります。

クラスカードは、自分から申込みができないカードです。利用する場合はカード会社から勧誘してもらい、審査を受けなければなりません。勧誘を受けるためにも、普段からJCBプラチナカードの使い方には注意しておきましょう。