JCBプラチナカードはデメリットも!デメリットも十分に理解を

JCBプラチナカードは、多くのメリットを持ったクレジットカードです。しかし、メリットだけではなく、デメリットも存在します。今回はこのデメリットを中心に見ていきます。

デメリットというのは、メリットに比べれば本当に軽いものばかりです。ただ、気になる人にはデメリットが強く感じられるかもしれません。しっかりと確認し、JCBプラチナカードを利用する際の参考にしておきましょう。

JCBプラチナカードは豊富なメリットを持つ

JCBプラチナカードは、多くのユーザーが安心して、得を感じるようなメリットがあります。一見すると、デメリットは存在しないのではないかと感じられるほど、メリットのほうが多くなっているのです。

特に割引となるサービスが多数用意されている点、コンシェルジュによってあらゆる予約が取りやすくなっている点は魅力的なところです。JCBプラチナカードを持っているだけで、生活の質はぐっと高くなるでしょう。

メリットにより多くの人に支持されている

多くのメリットを持ったクレジットカードであるJCBプラチナカードは、申し込みやすいプラチナカードという部分も含めて、多くの人に支持されています。たくさんのメリットを持っているために、多くの人が持っていてよかったと感じており、満足度でも高い数字を誇っています。

JCBプラチナカードにはデメリットも存在

多くのメリットを持ったJCBプラチナカードですが、デメリットも存在します。クレジットカードというのは、すべてがメリットというカードは基本的に存在しないのです。どこかでにデメリットに関連する項目が存在し、カードを使いづらさを生み出してしまっているのです。

しかし、デメリットがあまり感じられないようなクレジットカードの場合は、デメリットの部分よりもメリットのほうが圧倒的に魅力的に感じられるでしょう。JCBプラチナカードもそのようなカードではありますが、デメリットは少しだけ存在しているのです。

JCBプラチナカードのデメリット

ここからはJCBプラチナカードのデメリットについて説明します。JCBプラチナカードは、デメリットとして感じる部分はあまり多くありませんが、それでも人によっては気になる部分がいくつかあります。こうした部分をしっかりと確認しておきましょう。

ポイント還元率が低い

基本的に、ポイントの還元率があまり高くないJCBプラチナカードは、他のプラチナカードに比べるとポイントを貯めづらくなっています。還元率の高いクレジットカードに比べると、その数字は見劣りしてしまうのです。

JCBプラチナカードの基本的な還元率は、0.5%~1.5%です。この数字ですが、他のプラチナカードよりも低く、ポイントをあまりもらえない可能性もあります。基本的な還元率という部分では、JCBプラチナカードは使いづらいと感じるカードかもしれません。

海外で使える場面が少ない

これはブランドが影響している問題ですが、海外で使える場面が少ない傾向にあります。JCBのクレジットカードは、対応していない地域も存在します。使えない場所では、どれだけ高いランクを誇っているJCBプラチナカードも、何もできないカードとなってしまうのです。

ゴールドカードよりも年会費は高い

ゴールドカードよりも、JCBプラチナカードは圧倒的に年会費の高いクレジットカードとなります。年会費の高いクレジットカードの場合、支払った金額分をしっかり回収できなければ、カードを持つメリットが失われてしまいます。年会費の負担を軽減したい人には使いづらいでしょう。

JCBプラチナカードのデメリットは気にするほどではない

紹介したデメリットですが、あまり気にするほどではない要素もあります。JCBプラチナカードが持っているメリットは非常に多く、デメリットというのはあまり感じません。年会費にしても、支払った以上の恩恵は確実に受けられるため、悪い要素とは感じないのです。

また、ポイント還元率については、ポイントの還元を高めてくれるサービスが用意されています。ポイントの還元率が大幅に高められるサービスを併用すれば、JCBプラチナカードのポイント還元が悪いという問題は感じないのです。

デメリットを感じさせないほどメリットのほうが多い

デメリットが目立つようなクレジットカードであれば、メリットが多くてもデメリットを強く覚えてしまいます。しかし、JCBプラチナカードのように、メリットを多く感じられるカードの場合は、デメリットについては気にするほどではないレベルと言えるでしょう。

まとめ

JCBプラチナカードは、メリットの多いクレジットカードではありますが、デメリットも多少あります。デメリットについては、メリットでカバーできるかどうか、しっかりと考えておくといいでしょう。

また、メリットを多く受けられるようなクレジットカードの使い方も考えてください。JCBプラチナカードが持っているメリットをしっかりと使いこなさなければ、デメリットが強く発生する場合もあります。デメリットを感じない使い方も大事になっていくのです。