NHKでクレジットカード払いはお得?万が一の時の解約・停止法を紹介

NHKの受信料を呈する方法とお得なクレジットカード払い

NHK受信料をみなさん支払いっているでしょうか?NHKの受信料は家にテレビあるのであれば払う必要があります。

この記事では、そんなNHKの受信料をクレジットカード払いをすることができるのかや万が一のときのNHK受信料の支払い停止や解約方法を詳しく紹介していきます。

NHKをクレジットカード払いにするとお得なの?

NHKの支払いは日本に住んでいれば支払う義務があり、日本国民の多くは支払いっていると思いますが、実はNHKの受信料の払い方にはいくつか方法が存在し、その中でもクレジットカード払いを行うこともできることを知っていましたか?

さらに他の支払い方法よりもクレジットカードが一番お得な方法なので、その理由と根拠を説明します。

コンビニ払いは損なので絶対にやめたほうがいいその理由

コンビニ払いは損なので絶対にやめたほうがいいその理由

まず最初に絶対にしていはいけない支払い方法は、コンビニ払いです。理由は一番高いからです。

NKHの公式ホームページによるとアナログでもデジタルでも地上波放送だけを受信可能な場合の契約な地上契約は、月額コンビニ払いで1310円となり、12ヶ月分をまとめて支払いと行うと14,545円です。

MEMO
一方で口座振替で支払いを行うと、割引が適応され月額1260円と50円の差が生まれ、12ヶ月前払い額であると、13,990円と565円の差がが出ます。月額50円の差でも1年間で考えると600円、10年で考える6000円の差が出ます。

また、コンビニ払いの場合、支払いうためにコンビニに足を運ぶ必要がありますが、口座振替の場合は自動で引き落としのため、出かける必要がありません。

参照:NHK受信料の窓口-NHK放送受信契約・放送受信料についてのご案内

クレジットカード払いと口座振替の料金は一緒

クレジットカード払いと口座振替の料金は一緒

先ほど口座振り替えの話をコンビニ払いと比較しましたが、今度は、口座払いとクレジットカード払いを比べてみましょう。

クレジットカード払いと口座振り替えに料金的な違いはありません。

しかし、料金以外で変わる点が2つあります。

1つ目の違いは支払い日です。

口座振り替えの場合料金が請求された瞬間にすぐ引き落とされます。

クレジットカード払いの場合は、クレジット会社の引き落とし日=支払い日です。また、初月のみ1ヶ月分の支払いになりますが、それ以降は、2ヶ月もしくは6ヶ月ごとの支払いになります。

2つ目の違いはポイント還元です。

口座払いは支払ってもポイントはつきません。しかし、クレジットカード払いの場合は、クレジットカード会社のポイントが貯まります。

そのため、支払う金額は同じでもクレジットカード払いの方がお得なのです。

ポイント還元について次の項目で紹介します。

口座振替にはないポイント還元

NHK受信料にクレジットカードを利用すると、クレジットカード会社のポイントの還元を受けることができます。

クレジットカードの平均的な還元率は0.5%で、月額1260円とすれば毎月約6円分のポイント還元を毎月受けることができます。

MEMO
近年では年会費が無料にも関わらずポイントの還元率が高いカードもたくさん発行されており、還元率1%のカードも珍しくありません。1%であれば12円、年間前払いは13900円なので139円分のポイントを貯めることができます。

NHK受信料のクレジットカード払いを停止したい

NHK受信料のクレジットカード払いを停止したい

これまで、NHK受信料の数ある支払い方法の中でも一番お得なものについて紹介してきましたが、どうしても支払いたくない人はどうしたらいいのでしょうか?支払いを停止することができるのでしょうか?

注意
一般的にはNHKの受信料支払いの停止は難しいと言われていますが、方法はあり、お金に困っていたりなど事情がある人は以下のことを試してみてください。

クレジットカードそのものを解約してしまうのがベスト

NHK受信料の支払いを停止するには、支払いに指定している支払いに使用しているクレジットカードを解約するのが一番簡単です。

しかし、解約まで時間がかかる場合、その期間はNHK受信料を払い続けなければなりません。それを避けるには前もってカード払いをコンビニ払いなどに切り替えておくことで、確実にクレジットカードでの支払いを停止することができます。

受信料そのものが嫌なら受信できる機器を屋内から排除する

家内に一切の受信器具をなくせば、NHK受信料の請求対象外になります。

MEMO
しかし、受信器具はテレビの中に付けられていますし、ワンゼグ付き携帯電話、スマホ、自動車のチューナー付きカーナビなどにも受信機器がついているので、その一つでも持っていれば支払いの対象になってしまいます。

排除するには、家からそれらのものを全部排除する必要があるため、大変手間がかかる方法です。

集合住宅やアパートでは機器が存在しなくとも注意が必要

集合住宅やアパートでは機器が存在しなくとも注意が必要

徹底して受信機器を排除すれば受信料が徴収されることはありません。しかし、集合住宅やアパートなどに住んでいる方は、要注意です。

マンション、アパートなどは、ビル1練の単位で受信できるように設定されている建物がで多いです。

この場合、集合住宅そのものに支払い義務があるため、たとえテレビや車のカーナビを排除していたとしても、支払いをしなければなりません。

また、家具付き物件などでテレビがついている賃貸でもNHK受信料の支払いは義務ですので注意が必要です。

日本に住んでいる限りはNHK受信料を停止することは難しい

NHKを見ない人でも、NHKが放送したものを受診しているだけで徴収されることに対して不満を持っている人はたくさんいます。

MEMO
しかし、NHK受信料は、日本国民のほとんどが支払い対象であり、法律で支払いを義務付けされている費用です。基本的には支払わなくてはいけないものだと考えてください。

どうしてもNHK受信料の支払いを停止したい場合は、非常に困難ですが、今までに説明した方法を試してみてください。

まとめ

NHKの受信料を呈する方法とお得なクレジットカード払いのまとめ

この記事では、「NHKでクレジットカード払いはお得?万が一の時の解約・停止法を紹介」というテーマで紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

NHK受信料を停止するには、クレジットカードを解約したり受信機器を徹底的に家の中からNHKを受診できる機器を排除するといった方法があります。

しかし、どれも非常に困難と言えます。停止するのが難しければ、支払う必要があります。

また、NHK受信料を払う必要があるのであれば、安くてお得な方法をとるのが賢い選択です。

NHK受信料の支払いは、月額が一番安く、ポイントが還元がお得なクレジットカード払いがおすすめです。また、クレジットカードでの支払いを選択する際は、ポイント還元率の高いカードを選ぶとよいでしょう。