大人の休日倶楽部ジパングではのぞみの特急券は割引にならない!

大人の休日倶楽部では、JR東日本線、JR北海道線内であれば、新幹線の特急券・乗車券も割引で購入できます。

そのうえ、「大人の休日倶楽部ジパング」の方だと、JR東日本線、JR北海道線以外の新幹線も、割引となります。しかし、新幹線の種類によっては、割引になるきっぷと、割引にならないきっぷとがあり、注意が必要です。

同じ行き先であっても、数種類の新幹線が走っている場合も多く、できる限りお得な新幹線を選んで行きたいものです。

今回は、新幹線の中でも割引にならないきっぷについて、ご紹介します。

大人の休日倶楽部ジパングではのぞみの特急券は割引対象外

まず「大人の休日倶楽部ジパング」に加入すると、JRグループ共通の「ジパング倶楽部」に一緒に加入するということになります。そのため、JR東日本・JR北海道以外の新幹線であっても、片道・往復連続201km以上の利用で割引となるのです。

新幹線の中でも、「大人の休日倶楽部ジパング」で割引になる新幹線のきっぷは、「ひかり」と「こだま」で、乗車券・特急券ともに割引対象となっています。そして、席も自由席・指定席・グリーン席のどの席でも割引対象です。

しかし「のぞみ」と「みずほ」に対しては、特急券・グリーン券は割引対象外となっていて、乗車券のみが割引となります。大人の休日倶楽部カードを使って、新幹線の「のぞみ」のきっぷを買ったのに、思いのほか安くならなかったということになると残念ですので、ぜひ覚えておいてください。

お得に新幹線を利用しようと思うと、割引料金が大きく違ってくるため、やはり「のぞみ」よりも「ひかり」か「こだま」を利用するのがお得でしょう。

大人の休日倶楽部ジパングを使って「ひかり」「こだま」を活用しよう!

では、実際に「大人の休日倶楽部ジパング」を使って「ひかり」や「こだま」に乗車する場合の割引はいくらぐらいでしょう。「ジパング倶楽部」では、1〜3回目までのJRの利用は20%割引、4〜20回目までは30%割引となっています。

まず、東京から京都まで指定席で行くと仮定します。「ひかり」「こだま」だと、片道13,850円なので、20%の割引として2,770円の割引となり、往復では5,540円の割引金額です。「大人の休日倶楽部ジパング」の年会費が4,364円なので、すでに年会費分は取り戻せるということになりますね。

一方「のぞみ」を使って行った場合の割引はどうでしょうか?「のぞみ」だと運賃は14,170円かかります。その中の乗車券のみ割引となるので、1,672円の割引です。往復では3,344円となり、「ひかり」「のぞみ」で行った時よりも割引が、往復で2,196円低くなるのです。

この割引率が30%になると、「ひかり」「こだま」を利用した方がよりお得になります。

「大人の休日倶楽部ジパング」の方で、関西などに新幹線を利用して旅行に行く人は、お得な「ひかり」「こだま」を利用するようにしましょう。

まとめ

「大人の休日倶楽部ジパング」には、JR東日本・JR北海道以外の新幹線の料金も20~30%の割引になる非常にお得なサービスがあります。ただ「のぞみ」だと乗車券のみの割引なので注意してくださいね。

「のぞみ」と、「ひかり」「こだま」の違いは所要時間が長いか短いかの違いだけなので、ぜひ「ひかり」や「こだま」に乗って、お得でのんびりとした新幹線旅行を楽しんでください。