海外で使うなら持っておきたいおすすめのクレジットカード10枚!

おすすめ5選
この記事を読んで分かること

・海外向けのクレジットカードの定義

・海外向けのクレジットカードの主な特典、サービス

・海外向けおすすめのクレジットカード10枚

海外向けのクレジットカードの定義

クレジットカードは様々な会社が多くの種類を発行しており、どのカードにするかカード選びの際に困ります。

クレジットカードにはカード独自の特典が付帯しており、その中でも海外旅行傷害保険などの付帯保険が充実しているもの、海外での利用でポイントの還元率がアップするものや、海外利用でキャッシュバックの特典があるものが海外での利用、海外行くための手段がお得になったり、便利になるものをこの記事では海外向けのクレジットカードとして紹介します。

さらにクレジットカードには国際ブランドというものがあります。

unsplash

クレジットカードを発行する際に国際ブランドを主にVISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESSの4つから選ぶことができます。

国際ブランドとは、クレジットカードの支配の決済システムを24時間365日、世界中で提供しているブランドです。国際ブランドの表記はクレジットカードの表面の右下の大きくされています。

それぞれの国際ブランドが別の決済ネットワークを使っており、店舗によってどの国際ブランドと提携しているかで決済ができるかが変わります。

国際ブランドの中でもVISAはカード発行枚数、加盟店舗数が世界で1位の国際ブランドです。世界全体の購入取引件数の50%以上がVISAと言われています。海外旅行によく行く人は持っておくべきブランドです。

海外での利用ではVISAが圧倒的に強いです。

さらにAMERICAN EXPRESSはアメックスとよばれアメリカのブランドでもともと医者や富裕層に向けてカードを発行していたブランドです。

なので他のブランドよりも審査が難しく、ステータスが高いものとなっています。ステータス性が高くサービスの量が他のブランドよりも充実しています。付帯保険などはアメックスカードが一番充実しています。

海外向けのクレジットカードと言うことで海外で利用ができないとクレジットカードの意味がないので、できるだけ日本で発行できるVISAカードを紹介します。

またクレジットカードにはランク・グレードがあります。

同じクレジットカード会社のカードでも数種類カードがあります。

ランクとは年会費とサービスの充実度がひとめでわかるように色で分類されます。

ランクの低い順から紹介していきます。

1つは一般カードです。一般カードは年会費が無料〜1000円ぐらいのものが多いです。

2つ目はゴールドカードでクレジットカードの真ん中のランクです。

年会費は2000円ぐらいのものから3万円のものまで幅広くあります。

3つ目はプラチナカードです。

ゴールドカードより1つ上のカードです。年会費もものによりますが2万円〜15万円程度です。

一番上のランクがブラックカードです。年会費が5万円〜40万円のものが多く、基本的に自ら申し込んで発行ができず、プラチナカードを持っている人でカード会社から招待を受けて、切り替えができるものであり、ほんの一握りの人しか持つことができないカードです。

海外向けのクレジットカードの主な特典、サービス

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスとは世界中の空港ラウンジを無料で利用できるサービスです。

まずプライオリティ・パスは会員制で通常であれば年間399ドル、日本円にして4万円程度の費用がかかる有料サービスです。それを無料で利用できるのはブラックカードの大きなメリットです。

プライオリティ・パスのラウンジは豪華なものが多いです。無料で美味しい食事やアルコールが飲めたりするなど、ゴールドカードなどにも付帯している国内主要都市の空港ラウンジはビジネスマンが利用するイメージのあるサービスですが、

プライオリティ・パスのラウンジはとても豪華で快適です。空港での待ち時間を有効に使うことができます。

空港ラウンジ無料利用サービス

対象空港ラウンジ
  • 新千歳空港 スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ
  • 函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
  • 青森空港 エアポートラウンジ
  • 秋田空港 ロイヤルスカイ
  • 仙台国際空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
  • 新潟空港 エアリウムラウンジ
  • 富山空港 ラウンジ らいちょう
  • 成田国際空港 ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ/T.E.Iラウンジ
  • 羽田空港 エアポートラウンジ/POWER LOUNGE/SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX
  • 中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
  • 小松空港 スカイラウンジ白山
  • 伊丹空港 ラウンジオーサカ
  • 関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 六甲・金剛・比叡/アネックス六甲
  • 神戸空港 ラウンジ神戸
  • 岡山空港 ラウンジ マスカット
  • 広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
  • 米子空港 ラウンジ DAISEN
  • 山口宇部空港 ラウンジきらら
  • 徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
  • 高松空港 ラウンジ讃岐
  • 松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
  • 福岡空港 くつろぎのラウンジTIME/ラウンジTIME インターナショナル
  • 北九州空港 ラウンジひまわり
  • 長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
  • 大分空港 ラウンジ くにさき
  • 熊本空港 ラウンジ「ASO」
  • 鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
  • 那覇空港 ラウンジ 華 ~hana~

以上28の国内主要都市のラウンジを無料で利用できるカードが多いです。

海外旅行保険

海外旅行保険とは、海外への渡航を目的として、自宅を出発してから帰宅するまでの間に起こった怪我や病気、他人や物への損害に対する賠償責任、事故で死亡した際に補償してくれる保険です。

年会費の金額にはよりますが、海外旅行保険の補償額が最高5000万円のクレジットカードの多く存在します。

海外によくいく人であれば、もしもの時に備えることができる安心できるサービスです。

国内旅行保険

海外旅行保険の国内版です。

国内旅行中の万一に備えることができる保険です。 ケガ、病気(急激かつ偶発的な外来の事故に由来)や他人や他人の物に対しての賠償責任や自分の携行品が壊れた時の補償、救援者費用などに備えることができます。

(一般カードには付帯していないことが多い)

ショッピングプロテクション

クレジットカードで購入した商品の破損・盗難を補償してくれる付帯保険です。 カード会社呼び方は異なり「ショッピングガード保険」、「お買い物保険」、「ショッピングプロテクション」、「動産総合保険」などあります。どれも同じような内容の保険です。

(一般カードには付帯していないことが多い。)

キャンセルプロテクション

突然の病気やケガなどが原因で旅行やコンサートをキャンセルした際、発生したキャンセル費用を補償する保険です。 カードによって最高補償額が異なります。

注意

カード会社によって「キャンセル保険」などと呼び方が違う場合があります。

(一般カードには付帯していないことが多い。)

航空遅延保険

飛行機が遅れたり、欠航になるなどのトラブルは多く、そのような遅延や欠航でかかる費用を負担してくれる保険です。

宿泊費や中には食費も補償してくれるものもあり、遅延してネガティブな気分でもこの保険で少しは気分がよくなるかもしれません。

(一般カードには付帯していないことが多い。)

ポイント還元率のアップ、キャッシュバック

国内での利用で利用額の数%をポイントで還元してくれたり、登録している銀行口座に現金を還元してくれるなどのサービスがあるクレジットカードが多いです。

両替手数料不要、為替手数料が安価

海外でクレジットカードで支払いをすると自動的に両替されて、翌月に日本円で請求されます。クレジットカードで支払うことで両替の手間が無くなります。

さらに国際ブランドによって、為替手数料が違いますが、銀行や日本、現地にある両替所よりも手数料が安いのが特徴です。

さらに両替所の中には、通常の為替手数料よりも大幅に手数料を観光客からとる悪質な店も多いのでクレジットカードでの支払いが一番お得です。

キャッシング

クレジットカードにはキャッシング機能が備わっています。

キャッシングとはATMからお金を借りるサービスのことです。

の機能は海外でも利用することができ、現地のATMで現地の通貨を引き出すことが可能です。

注意

海外では日本よりも治安が悪いところが多く、スリやひったくり、盗難などに観光客が被害を受けます。多額の現金をもっていて被害にあうと損害額が多額になり危険です。

クレジットカードを持っていれば、手数料はかかりますが現地で必要な分だけ現地通貨を引き出すことができます。

とても便利な機能です。

この記事で紹介するクレジットカードの特徴

この記事では海外向けのクレジットカードの定義で紹介した特徴が出来るだけ充実しているものを厳選して紹介します。

しかしクレジットカードは国際ブランド、年会費などによって付帯しているサービス内容は大きく異なります。

年会費などが高額になればなるほどサービスが充実しているカードですが、年会費無料でもサービスが充実しているものもあります。

クレジットカードは年会費とサービス内容のバランスもとても重要な要素なので、海外向けの様々な種類のカードを10個紹介しようと思います。

海外向けおすすめのクレジットカード10選

楽天プレミアムカード

年会費
初年度2年目~
10,000円10,000円
申込み条件
20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
発行までのスピード
7営業日程度
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
最大13,000円相当プレゼント
楽天プレミアムカードの概要

年会費:10000円+税

還元率:1%

ポイント:楽天スーパーポイント

還元率は楽天市場の利用が最大5%ですが、プレミアムカードデーという毎週火曜日・木曜日は還元率が+1倍となります。また誕生日月はさらにポイントが+1倍とアップします。

空港ラウンジは国内主要空港と海外2箇所のラウンジを無料で利用することができます。

さらにこのカードには年会費が1万円で「プライオリティ・パス」に無料に申し込みが可能です。900箇所以上の海外空港ラウンジを利用することができます。

付帯している保険も大変充実しています。国内・海外旅行ともに最大5000万円が保証されます。また動産総合保険が付帯しており、楽天プレミアムカードで購入した商品が購入日より90日以内に偶然な事故により生じた損害に対して最高300万円まで補償してくれる保険です。

さらに楽天プレミアムカードの入会え楽天プレミアムが1年間無料になります。楽天プレミアムとは、楽天グループのお得な特別会員プログラムです。送料分にポイントがついたり、楽天サービス優待やクーポンを利用することができます。

楽天ゴールドカードよりもさらにサービスが充実しています。

楽天のサービスが充実しているだけでなく、1万円のクレジットカードで唯一プライオリティパスがついている海外への飛行機利用が多い人におすすめするコスパ最強カードです。

ライフカード(学生専用)

ライフカード(学生専用)の概要

年会費:無料

還元率:0,5%

国際ブランド;VISA、MasterCard、JCB

ライフカードが発行する年会費無料学生専用のクレジットカードです。

国際ブランドが3つから選べます。

注意

学生専用ですので学生以外は発行できません。

ポイントの還元率が0.5%ですが、誕生日月はポイントが3倍になり、年間50万円以上の利用で1500円分のポイントが年に1度もらえます。ポイントシステムも申し分ないです。

このカードのメリット1つ目は海外利用のキャッシュバックです。

海外旅行前に申し込みが必要ですが、海外利用分の5%がカードの登録口座に振り込まれます。

2つ目は付帯保険です。海外旅行保険は最高2000万円補償されます。

年会費が無料のクレジットカードでここまで海外利用に特典があるのは珍しいです。さらにキャッシュバックと保険だけなのでメリットがわかりやすいもの特徴です。

デメリットは学生しか発行ができないことです。一般の方は欲しくても発行できないので、海外旅行が多い学生の方には特権と思って、ぜひ持ってほしいクレジットカードとなっています。

エポスカード

エポスカードの概要

特徴:年会費が無料のゴールドカードを狙えるクレジットカード

年会費:無料

還元率:0.5%

ポイント:エポスポイント

国際ブランド:VISA

付帯保険:海外旅行保険

エポスカードはデパート、百貨店で有名な丸井が発行するクレジットカードです。一つ目のメリットが「マルコとマルオの7日間」です。

年に4回開催されるキャンペーンで丸井系列での買い物がなんでも10%OFFになります。1回の開催は1週間なので、それが4回で1年のうち約1ヶ月優待を受けることができます。もともと丸井をよく使う人には大きなメリットがあります。

2つ目はカード初心者にとって大きなメリットとなる「カードセンター」です。カードについてわからないこと、質問したいことを丸井の窓口で直接聞くことができます。クレジットカードのコールセンターは基本電話が繋がりにくいです。スタッフに直接聞くことができるのは大きな便利です。

3つ目は全国7000店舗で優待を受けることができます。対象店舗はカラオケやレストランなど幅広く存在します。

最後は年会費無料ゴールドカードの登竜門になることがです。エポスカードを持っておえい条件を満たすとエポスカードゴールドに年会費無料でグレードアップする招待がかかることがあります。このチャンスというのは他のカード会社ではありません。年会費無料のクレジットカードを紹介するこの記事にぴったりなメリットです。

三井住友VISAゴールドカード

年会費
初年度2年目~
無料5,000円(税別)※条件達成で1,500円まで値引き
申込み条件
原則として満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方 ※満30歳になった後の初回カード更新時に審査のうえ、ゴールドカードへ切替
発行までのスピード
最短3営業日
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
もれなく入会特典で最大10,000円キャッシュバック!(2019年3月29日申込分まで)
三井住友VISAゴールドカードの概要

年会費:10000円+税(初年度無料)(年会費割引あり)

還元率:0,5%

国際ブランド;VISA

三井住友が発行するゴールドカードです。

VISAなので海外でも利用できる店舗がおおいです。

全国の主要空港ラウンジが無料で利用でき、一流ホテル・旅館宿泊予約サイトの Reluxをゴールドカード会員限定で、通常価格の初回7%、2回目以降は5%OFFで利用することができます。

国内・海外旅行保険も最高5000万円補償してもらえ、家族特約で本会員・家族会員以外の家族にも海外旅行傷害保険が付帯しています。

ショッピング補償もしっかり付帯しています。

このカードには年会費割引があります。WEB明細書+マイ・ペイすリボをに申し込むことで年会費が6000円引きの4000円で利用することができます

三井住友カードは日本で発行しているVISAカードの代表格なので、利用者は安心して利用することができます。

付帯保険もしっかりしているのでおすすめです。

REX CARD

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
18歳以上(高校生は除く)で電話連絡可能な方
発行までのスピード
約3週間
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
入会特典で最大5,000円分のJデポプレゼント
REX CARDの概要

特徴:無料クレジットカード最高峰還元率

年会費:不要

基本還元率:1.25%

ポイント:REX POINT

国際ブランド:MasterCard、VISA

レックスカードはJACCSが発行しているクレジットカードです。

毎月の合計利用料金の1.25%のREX POINTが貯まります。これは毎日の買い物、公共料金の支払い、旅行先での利用、このレックスカードをどこで使ってもこの1.25%の還元率は変わりません。

さらにREX POINTは1ポイント=1円として利用することが可能です。

REX POINTは1500ポイントごとにJデポ1500円分またはANAマイル300マイルに交換できます。

1番おすすめの使い方はJデポへの交換することがです。Jデポとはカードの利用代金からJデポ分割引になります。Jデポ1500円分があれば、翌月の請求金額から1500円の割引を受けることができます。

レックスカードのメリットは高い還元率と凡用性が高いポイントです。

ポイントの利用が限定されているカードは多いですが、Jデポに交換すれば世界どこで買った商品も全てポイント利用の対象になります。

Booking.comカード

Booking.comカードの概要

年会費:無料

還元率:1%

国際ブランド;VISA

三井住友カードが発行する旅行予約サイトである「Booking.com」のクレジットカードです。年会費が無料でカード通常ポイント還元率も1%あります。

入会特典としてBooking.genius会員(ホテル宿泊料金10%OFFなど)にアップグレード可能な申し込みコードをプレゼントされます。さらにこのカードでBooking.com宿泊すると宿泊額×5%がポイントで還元されます。

貯まったポイントはキャッシュバックの自動的に回され、カード利用代金が値引きされます。自動キャッシュバックはポイント利用忘れなどなく無駄なく利用できますので大きなメリットです。

旅行保険も大変充実しており、最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行に行く人はホテルの宿泊が多くなるのでこのカードを発行することでホテルの宿泊を大幅に節約することができます。

さらに付帯保険も充実しているのでとても安心です。

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

年会費
初年度2年目~
無料29,000円(税別)
申込み条件
20歳以上(学生は除く)で電話連絡が可能な方
発行までのスピード
2週間程度
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
今ならご入会で初年度年会費無料キャンペーン実施中!
アメリカンエキスプレス・ゴールドカードの概要

年会費:29000円+消費税

還元率:1%

国際ブランド:アメリカンエキスプレス

アメリカンエキスプレスが発行するゴールドカードです。年会費は他のゴールドカードと比べても高額ですが、充実したサービスと高いステータス性が魅力的です。

アメリカンエキスプレスゴールドは日本のバブル時代からあり、バブルの当初はこのカードは憧れのカードでした。現在でもこのカードの審査は他のカードよりも厳しく、持っていて自慢ができるカードです。

サービスも大変充実しており、家族カードの年会費が1枚無料、高級レストランで1名分のコース代金が無料になり、空港ラウンジ、プリオリティーパス、自宅へのスーツケース1個無料配達、旅行予約サイトの優待など他にも様々な優待があります。

さらに保険もとても充実しており、国内旅行保険最高5000万円、海外旅行保険も最高5000万円補償されます。

さらに飛行機が遅れた時などかかる費用を補償してくれる「航空便遅延補償」、予約済みの海外旅行やコンサートに急に行けなくなった場合にかかるキャンセル費用を補償してくれる「キャンセルプロテクション」が付帯しており、サービス・保険共に手厚く付帯しています。

アメックスは海外で使える場所が少ないですが、ゴールドカードの中では、最高峰のサービスが付帯しています。

MUFGカード・プラチナアメックス

MUFGカード・プラチナアメックスの概要

年会費:20000円

還元率:0,5%(海外利用、指定した記念月は1%)

国際ブランド;アメリカンエキスプレス

オンライン申し込みが可能なMUFGのプラチナカードです。

アメリカンエキスプレス特有の充実のサービスで、プラチナ・コンシェルジュサービス、空港ラウンジ、手荷物空港宅配サービス、優待プログラム、名門ゴルフ場予約予約代行サービスなどのを無料で利用することが可能です。

さらにポイントプログラムも使うほどたまるシステムで入会初年度は国内の利用でポイント1.5倍、海外利用は2倍、指定した記念月は国内利用でも2倍になります。

翌年以降も前年度の利用額に応じて還元率がアップし100万円以上で50%分加算され、長期・継続利用でボーナスポイントが年に一回付与されます。

プラチナカードでは珍しく、ポイントの還元も充実しているカードです。

海外旅行保険は最高1億、国内旅行保険は最高5000万円、国内・海外渡航便遅延保険、ショッピング保険も付帯しており、保険も充実しています。

海外でセレブな生活を送るためにはこのカードがとてもいいです。アメックスならではの高いサービスクオリティです。

三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカードの概要

年会費:税抜50,000円+税

還元率:0,5%

国際ブランド;VISA

三井住友が発行する最高峰のカードです。

6ヶ月間のカード支払い合計金額が消費税を含む50万円以上の方に6ヶ月間のカード支払い額の0.5%相当額(2000円以上最高3万円まで)の三井住友カードVJAギフトカードを年2回もらえます。

会員限定のイベントの招待、USJ、レストラン、ホテルなどの優待が利用できます。

コンシェルジュサービスも空港ラウンジももちろん利用可能です。

付帯保険は旅行保険海外、国内共に最大1億円、お買い物安心保険(動産総合保険)、航空便遅延保険と充実しています。

このカードは年会費が高額ですが、その分のサービスの充実性、高いステータス性により、このカードの価値を感じることができるでしょう。

VISAで海外でも利用できる店が多いことがメリットです、VISAはこのようなステータス性のカードをあまり発行しないのでこのクレジットカードは海外で利用がしやすくて、なおかつステータス性がほしい人におすすめです。

「きらめく時間を、この一枚と。」とこのクレジットカードのキャッチフレーズてして記載されていますが、さらに上を目指す人には持つべき一枚であり人生を充実させるカードだと思います。

海外利用におすすめクレジットカード早見表

No. カード名 おすすめポイント
1 楽天プレミアムカード コスパ最強のクレジットカード
2 ライフカード(学生専用) 学生の特権、キャッシュバックされるクレカ
3 エポスカード 無料カードに海外保険も?クレジットカード
4 三井住友VISAクラシックカード 日本が発行するVISAといえばこれ
5 三井住友VISAゴールドカード 海外の生活にさらなる安心を
6 REX CARD 高還元率、付帯保険も充実年会費無料クレカ
7 Booking.comカード ホテル予約サイトのクレカ海外でお得
8 アメリカンエキスプレスゴールド 利用場所は少ないが、サービスが充実ゴールドカード
9 MUFGカード・プラチナアメックス アメックスの最高峰サービスを海外で
10 三井住友プラチナカード 日本で発行しているVISAの最高峰カード

おすすめクレジットカードまとめ

この記事では海外向けのクレジットカードを10個紹介しました。

海外向けクレジットカードは海外利用などで利用者のメリットがあるものですが、それぞれの年会費や国際ブランドによってサービス内容は大きくことなります。

したがって海外向けのカード選びには自分がどのようなサービスがほしいのか、例えば、付帯保険を充実されたい、海外でのカード払いがお得にしたい、ホテルにお得に宿泊がしたいなどを考えてから選ぶことをおすすめします。

アメックスは年会費が高めですがサービスが充実しており、VISAは海外でも利用できる店舗が多いのが特徴です。

自分にあったクレジットカードを探して申し込みしてください。