海外旅行に行くなら楽天カード!海外利用や海外旅行傷害保険について徹底解説

海外旅行に行くのであれば、必ず持ち歩きたいのがクレジットカードですよね。

そんな時におすすめのクレジットカードが今回ご紹介する「楽天カード」。

本記事では、海外旅行におすすめの楽天カードについてスペックや海外旅行傷害保険、使い方など、徹底解説いたします。

海外旅行に行くためのクレジットカードを探しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

楽天カードのスペック

楽天カードの基本的なスペックを以下の表にまとめてみました。

年会費 永年無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・American Express
ポイント還元率 1%(100円に付き1ポイント付与)
締め日・支払日 月末締め・翌月27日支払い
電子マネー 楽天Edy・QUICPay
国内旅行傷害保険 付帯なし
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
発行期間 約1週間
キャンペーン 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント

楽天カードについてさらに詳しい記事はこちら↓

日本一の使用率にはワケがある!楽天カードの使いやすさを徹底解明

楽天カードは海外でも利用可能!

楽天カードは、アメリカやフランス、韓国、台湾など、様々な国で利用することができます。

ただ、楽天カードの中でも選んだ国際ブランドによっては多少使いづらいものもありますので、注意が必要です。

以下に国際ブランド別の使いやすさについてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

VISA

楽天カードを主に海外旅行で利用するのであれば、VISAがおすすめです。

VISAは国際ブランドの中でも加盟店数ナンバーワンとなっていますので、世界中どこの国へ旅行に行ったとしても安心!

「海外旅行へクレジットカードを持って行ったのはいいが、実際の店舗で使えなかった・・・」といった経験がある方は、楽天カードの国際ブランドにVISAを選択されてみてはいかがでしょうか。

Mastercard

Mastercardも加盟店数でいえばVISAとほぼ同じとなっています。

加盟店舗数ナンバーワンのVISAとMastercardは加盟店の新規開拓を同時に行っていますので、基本的にVISAと同じと思ってもらうといいでしょう。

楽天カードの国際ブランドにVISAかMastercardで迷うことがあれば、お好きな方を選んでみてください。

JCB

JCBは日本発の国際ブランドなので、上記のVISA・Mastercardと比べると海外加盟店が減ってしまいます。

海外旅行に使用するのであれば、JCBは使いづらいといえるでしょう。

ただ、日本人に人気のハワイなどであれば加盟店も多くなっています。

American Express

富裕層向けの国際ブランドでしられるAmerican Expressは、こちらもVISA・Mastercardと比べると海外加盟店が減ってしまいます。

海外旅行に使用するのであれば、American Expressは使いづらいといえるでしょう。

海外旅行に行くのであれば、VISAかMastercardと合わせて利用するのがおすすめです。

楽天カードにアメックスブランド登場!アメックスブランドにするメリット・デ メリットを解説

海外で楽天カードを使用できるお店は多い?

前述の通り楽天カードの国際ブランドにVISAかMastercardを選択すれば、海外で使用できるお店が多くなります。

反対に楽天カードの国際ブランドにJCBかAmerican Expressを選択すれば、海外で使用できるお店が少なくなります。

海外旅行で利用するクレジットカードを楽天カードのみで対応するのであれば、必ずVISAかMastercardを選択しましょう。

どうしても楽天カードの国際ブランドにJCBかAmerican Expressを選択したいといった場合には、他のクレジットカードでVISAかMastercardを契約することをおすすめします。

そうすると海外旅行でクレジットカードを使えるお店が多くなりますので、旅先で支払いに困ることもありません。

仮に旅先のお店で楽天カードが使えなかったとしても、海外キャッシングのサービスにて直ぐに現金を引き出すことも可能です。

楽天カードを利用して現地通貨を引き出すには、空港や銀行のATMにて行うことができます。

ただ、海外キャッシングを利用する場合には暗証番号が必要となりますので、海外旅行の前に必ず確認しておきましょう。

楽天カードの海外旅行傷害保険について

楽天カードには、最高2,000万円(利用付帯)までの海外旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険が付いているため、もし旅先で事故にあった場合でも保険金が支払われますので、安心して海外旅行を楽しむことができます。

その他にも、海外で病気になって入院費や医療費が発生したり、盗難の被害にあわれたりした場合でも海外旅行傷害保険が費用をカバーしてくれます。

海外旅行では、日本の健康保険証が使えませんので、楽天カードをもっていて損はありません。

また、楽天カードの旅行傷害保険について、具体的な内容を以下の表にまとめてみました。

補償内容 保険金額
傷害死亡

後遺障害

2,000万円(利用付帯)
障害治療

疾病治療

200万円(利用付帯)
賠償責任 2,000万円(利用付帯)
携行品損害 20万円(利用付帯)
救援車費用 200万円(利用付帯)

※利用付帯・・・保険が有効になるための楽天カード利用条件のこと

海外旅行での楽天カードの使い方!

楽天カードで選択している国際ブランドそれぞれの加盟店で決済に使用することができます。

実際の使い方は国内で利用する場合と変わりませんが、「為替手数料+事務手数料」が発生しますので注意が必要です。

為替レートは選択している国際ブランドによって異なりますので、事前に確認しておくといいでしょう。

また、現地通貨を引き出すために海外キャッシングを利用される場合には、世界主要都市の空港や銀行のATMにて行ってください。

ただし、American Expressは海外キャッシングが利用できませんので、こちらも注意しておきましょう。

まとめ

今回は、楽天カードの海外利用と海外旅行傷害保険について徹底解説いたしました。楽天カードを利用すれば、海外旅行での決済を便利に行えることがわかりましたね。

さらに海外旅行傷害保険も付帯していますので、ぜひ旅先で楽天カードを利用してみてください。また、これから楽天カードを契約する方は、本記事で紹介した国際ブランドの特徴を参考に選ばれてみてはいかがでしょうか。

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
発行までのスピード
7営業日程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!
新規入会&利用でもれなく5,000円相当のポイントプレゼント!