クレジットカード滞納で受けるペナルティを一挙紹介。残高不足には気を付けよう

クレジットカードは、1ヶ月分の請求が引き落とし日に口座から引き落とされます。引き落とし日までに、利用代金を口座に入金する必要があります。

何らかの理由で入金ができないと滞納をしてしまい、ペナルティが課されるため、注意が必要です。

今回は、クレジットカードの支払いを滞納してしまったときのペナルティを解説していきます。滞納してしまいそう、滞納してしまったという方はしっかり確認しましょう。

滞納によるクレジットカードのペナルティを一挙紹介

支払いの滞納は支払いが遅くなって迷惑をかけるというだけでなく、ペナルティがあります。

ペナルティとして追加の支払いが必要になったり、支払いに関わる信用を失ったりするなど、お金以外の面でも大きなダメージを受けます。クレジットカードの利用停止や解約の可能性もあります。

滞納してしまいそう、滞納してしまったという方は、これから解説するペナルティを見て、滞納のリスクを実感しましょう。

信用情報(クレヒス)に傷がつく

クレジットカードは、その場でお金のやり取りをせずに、ショッピングなどを楽しめる便利なアイテムです。引き落とし日にしっかりと払ってもらえるという信用の元、クレジットカードは発行され、利用することができます。

クレジットカード支払いの滞納は、クレジットカード会社からの信用を失うことを意味しています。支払うはずのお金が期日に支払われないことで、「支払い能力の信用ができない」と捉えられてしまいます。

クレジットカードを滞納なく使っていることや延滞したことなどの情報はクレジットヒストリーと言います。

クレヒスに傷がつくと、支払い能力の評価が低くなり、新しいクレジットカードを発行できなかったり、車や住宅のローンが組めないなどのペナルティが生じてしまいます。

生活の多方面に悪影響を及ぼすため、滞納は絶対に避けましょう。将来家を買うときに「あのとき滞納していなければ…」とならないように、滞納のないしっかりとしたクレジットヒストリーを築く必要があります。

遅延損害金が発生してしまう

クレジットカード支払いの滞納をしてしまうと、クレジットカード会社にとっては支払われるべきお金が回収できず、損害を受けてしまいます。

滞納による損害に対して、遅延損害金が発生し、支払い代金にプラスして請求されます。

遅延損害金は、ショッピングでのクレジットカード支払いとキャッシングで、算出の方法が異なります。キャッシングには年率が加わる点に注意が必要です。

延滞日数が短かったり、元の支払い金が少なかったりすると、延滞金が数千円で済むこともあります。「数千円で済むなら大丈夫」と思ってはいけません。遅延損害金に加えて、クレヒスへのダメージも加わるため、お金、信用の両面で大きなペナルティとなります。

ショッピング 元金×遅延損害金年率×延滞日数÷365
キャッシング キャッシング代金×遅延損害金年率×延滞日数×年率÷365

最悪の場合クレジットカードは利用停止処分となる

支払いを滞納してしまうと、最悪の場合、対象のクレジットカードが利用停止になってしまいます。対応が遅れてしまったり、督促や通知をスルーしたりしていると利用停止処分がされます。

ショッピングだけでなく、住宅に関する支払いなどをクレジットカードが停止されると、様々な料金を滞納することも考えられます。延滞の連鎖を防ぐために、滞納してしまったら、すぐにクレジットカード会社に連絡するようにしましょう。

他に所持しているクレジットカードにも利用停止が適用される場合もあります。他のカードがあるから大丈夫とはなりません。

滞納によるペナルティでクレジットカードが利用禁止!どうなるの?

クレジットカードが利用禁止になるだけではペナルティは終わりません。利用禁止の先には、強制解約の可能性も考えられます。

また信用情報に大きなダメージがあり、ローンなどの審査にも影響が出ます。1回の延滞によって、確実にお金や生活の状況を悪化させます。利用禁止後にどうなるのかと合わせて、どうすれば滞納を回避できるのかも解説していきます。

翌日には利用停止そして3か月で強制解約も

クレジットカードによっては、支払いを滞納するとペナルティとして、翌日にも利用停止すると記載のあるカードもあります。規約にある以上、翌日の利用停止も十分あり得るため、すぐに然るべき対応が必要です。

滞納を続けていると、支払いの案内や督促状が送られてきたり、直接電話がかかってきたりするなど支払いを促すコンタクトがあります。面倒だからと放置していると、3ヶ月を目安に、強制解約の可能性があり、所持しているカードにも及ぶことがあります。

すぐに対応すること、絶対放置しないことを必ず守りペナルティを未然に防ぎましょう。

クレジットカードが使えないだけでなく審査に通らなくなる

ブラックリストという言葉を聞いたことがあるでしょう。要注意人物のリストなどで使用される言葉でもあり、滞納を続けるなどした人をブラックリストに載せると言われています。

そこまでいくと、新たなクレジットカードの審査に通らなくなります。信用のできない人には、クレジットカードを与えないという厳しいペナルティです。

数円の滞納でも放置してしまうと、小さなペナルティが大きなペナルティへと発展していくことを忘れてはいけません。

滞納によるペナルティを防ぐにはどうしたら良いの?

クレジットカードの支払いを滞納してしまったら、ペナルティを受けるしかないわけではなく、対策があります。

引き落とし日に利用額をしっかりと支払うための対策をまず意識しましょう。主な滞納によるペナルティ対策は以下の通りです。

  • リボ払いや分割払いへの支払い方法の変更
  • キャッシングや消費者金融でお金を工面する
  • 給料の入る口座などを引き落とし口座にする
  • クレジットカード会社に連絡する
  • お金の使い方を見直す

引き落とし日が近くなり、入金が間に合わないときには、リボ払いや分割払いに変更して、一回の支払いを小さくしましょう。支払い可能な額まで分割することができれば滞納を防ぐことができます。ただ次の月に支払いが持ち越されるため、一時的な対応と捉えましょう。

何とか引き落とし日にお金を工面するのも滞納ペナルティを避ける一つの方法です。キャッシングや消費者金融、信頼できる人への相談などで、お金を確保し、入金することで引き落としに間に合います。お金を借りる方法を選択する場合は、返済が必ずできるときだけにしましょう。

毎月必要な金額を入金している方は、クレジットカードの支払い口座を変更するのもおすすめです。給料が入る口座に設定すれば、お金がないという状況を避けることできます。

対策をしても、どうしても滞納になってしまうという場合は、素直にクレジットカード会社に連絡しましょう。支払いの意思があることを示すことで、支払い日を別に設定するなど柔軟に対応してくれます。

お金の使い方を見直すのも大切です。滞納してしまうほど使ってしまっているのであれば、収入と支出のバランスが合っていないと言えます。収入に合ったお金の使い方にすること、無駄遣いをしないことなどを意識して、根本的な滞納対策をしましょう。

まとめ

信用情報へのダメージや遅延損害金、利用禁止、解約などがクレジットカードの手痛いペナルティにあります。滞納を防ぐ方法としては、リボ払いや分割払いへの変更、クレジットカード会社への連絡、口座設定などがあります。お金の使い方から見直して、最悪の場合に滞納を防ぐ方法をとり、ペナルティを避けましょう。

以上、クレジットカード滞納で受けるペナルティを一挙紹介。残高不足には気を付けよう…という話題でした