JCBプラチナカードへの切り替えは?方法や注意点を紹介

jcbプラチナカードは、直接申し込みをする方法以外にも、現在持っているカードを切り替える方法で発行できます。その場合は、jcbプラチナカードへ切り替える手続きが必要となります。

この手続きですが、現在保有しているカードによっては実施できないほか、通常の申込と同様に審査を受けることとなります。審査などの対策もしっかりと実施しておきましょう。

ここではjcbプラチナカードへ切り替える方法について説明します。

jcbプラチナカードは切り替えでも発行可能

jcbプラチナカードは切り替えでも発行可能

jcbプラチナカードですが、ホームページでの申し込み以外でも、現在持っているカードを切り替える方法でも手に入ります。この場合は、jcbプラチナカードへ切り替えられるカードを持っている状態で、必要な手続きを取ればカードを発行できます。

切り替えによってカードを発行できる方法は、jcb側に信頼できる情報を提供できるという点でメリットがあります。過去に利用しているクレジットカードにより、確実に返済できる情報を伝えられるため、新規申込に比べると信頼性が高くなっているのです。

jcbプラチナカードを発行しやすい方法ではありますが、確実に発行できるわけではないので気を付けてください。また、切り替えられるカードも制限されている点に注意しておきましょう。

jcbプラチナカードへ切り替える方法

jcbプラチナカードを切り替えで手に入れるには、専用の方法を使わなければなりません。手続きの方法を間違えないように気を付けつつ、確実に申し込みを完了させておきましょう。

ここからはjcbプラチナカードへ切り替える方法を説明します。

MyJCBにログインする

MyJCBにログインする

まずはMyJCBへログインしてください。MyJCBというのは、jcb関連のクレジットカードに用意されたマイページです。このマイページから手続きを実施することとなるため、まずは専用のページへログインしてください。

ログイン後は会員ページから切り替えの手続き並行することとなります。

会員ページの「各種お申込み・購入」をクリックする

次に会員ページに存在する、各種お申込み・購入という部分をクリックしてください。この部分に、カードを変更する手続きも一緒に用意されています。jcbプラチナカードを発行したいと考えているなら、この手続きをクリックし、カードの変更を選んでください。

他にも様々な手続きが一緒に加わっていますが、ここで実施するのはカードの変更です。他の部分をクリックしないように気を付けましょう。

カードの変更から「jcbプラチナカード」を選択

最後にカードの変更から、jcbプラチナカードを選んでください。カードの変更では、色々なカードに変更できるよう、カードの名前が多数掲載されています。他のカードと間違えないように、jcbプラチナカードを選ぶようにしてください。

こうしてjcbプラチナカードへの切り替えを申込めば、その時点で手続きは終了となります。後は審査を受けて、問題がなければjcbプラチナカードが郵送されます。一方で、審査に落とされた場合は、現在利用しているカードをそのまま使い続けることとなります。

jcbプラチナカードへ切り替える際の注意点

jcbプラチナカードへ切り替える際の注意点

jcbプラチナカードへ切り替えるためには、様々な注意点を守っておくほか、場合によってはカードの切り替えができない点にも気を付けておきましょう。また、手続きには時間がかかってしまうため、短時間で切り替えられるものと判断しないように気を付けましょう。

ここからはjcbプラチナカードの注意点を説明します。

持っているカードによっては切り替えられない

すべてのカードがjcbプラチナカードへ切り替えられるわけではありません。もし手持ちのカードが切り替え対象外の場合には、新規の申し込みが必要です。

jcbプラチナカードに切り替えられるのは次の5つです。

・JCB一般カード
・JCBカード W
・JCBゴールドカード
・JCB CARD R
・JCB法人カード(ゴールド・プラチナも含む)

上記以外のカードを所有している場合は切り替えの対象外となり、紹介した手続きでは切り替えられません。新規の申し込みからjcbプラチナカードを発行するようにしましょう。

審査の結果次第で断られる場合もある

jcbプラチナカードは審査により、カードを発行しても大丈夫なのかを見ています。審査の結果、カードを利用できないと判断された場合、jcbプラチナカードは発行されません。この場合は、現時点で持っているカードをそのまま利用することとなります。

審査に落とされる理由としては、JCBのカードで返済遅延を起こしている、もしくはJCB側とトラブルを起こしている可能性があると判断された場合です。また、収入が不足しており、返済できないと思われた場合も、審査に落とされてしまいます。

審査を通過するためには、返済できるだけの収入をしっかり確保すること、そして現在使っているクレジットカードを正しく返済することです。これらの手続きがしっかりできていないと、審査を通過できない点に注意しておきましょう。

すぐに切り替えはできない

すぐに切り替えはできない

jcbプラチナカードですが、すぐに切り替えのできるカードではありません。審査にかかる時間もそれなりに長くなっていますし、審査を通過した後もカード発行までに時間がかかります。1週間近くはカードの切り替えに時間が必要ですので、早期の切り替えを考えているなら避けたほうがいいでしょう。

特にjcbプラチナカードのように、高いランクのクレジットカードは審査に時間がかかってしまいます。より安心してカードを利用できるという情報がなければ、JCBがカードを発行してくれないのです。こうした状況により、すぐに審査を完了させ、カード発行の手続きへ移行できない理由があります。

もし、jcbプラチナカードを切り替えで手に入れる際は、時間に余裕を持って審査を受けるように心がけておきましょう。

まとめ

jcbプラチナカードは、新規の申し込み以外にも切り替えでカードを発行できます。カードを切り替えることにより、現在持っているクレジットカードの利用状況などが審査に反映されます。より審査を通過しやすくなるメリットがあるため、場合によってはjcbプラチナカードを発行しやすくなるでしょう。

しかし、カードを切り替えで発行する場合は、指定されたカードを保有し、更に審査を通過する必要があります。確実に審査を通過できるように、審査基準に合わせて収入等を確保するように心がけてください。

JCB プラチナ徹底紹介JCB プラチナは審査が通り易い注目のステータスカード!2019最新情報完全版